リンフォルツァンドが京都芝2000mの新馬戦でデビュー

リンフォルツァンドが京都芝2000mの新馬戦でデビュー

角居厩舎からまたしても大物候補が初陣に臨む。ローズステークスを制したタッチングスピーチの全妹リンフォルツァンドが満を持して登場だ。血統的に遅咲きの一族だけに春のクラシックに間に合うかはこの初戦次第。鞍上は浜中俊騎手。
サトノアレスが東京新聞杯でGⅠ馬のプライドを賭け勝利を誓う

サトノアレスが東京新聞杯でGⅠ馬のプライドを賭け勝利を誓う

キャピタルステークスでは最速の上がりを駆使し2着と復調気配を感じさせたサトノアレス。昨年はチグハグなレースが続いたものの、マイル路線はこれまで5戦4連対と得意の舞台。東京新聞杯を勝利し2歳王者の復権を期待したい。
セルゲイが新馬戦デビュー、2016年セレクトセールで1億円

セルゲイが新馬戦デビュー、2016年セレクトセールで1億円

2016年のセレクトセールで1億円の値が付いたセルゲイ。母はアメリカの重賞馬で近親にヨーロッパGⅠ馬もいる超良血馬だ。追い切りでは併走馬を相手に豪快デモ。鞍上に福永祐一騎手を迎え日曜の東京芝1800mで初陣に臨む。
オルトシアが日曜京都の新馬戦に出走、母はダートの女王

オルトシアが日曜京都の新馬戦に出走、母はダートの女王

2013年のJBCレディスクラシックを圧勝、その他の牝馬交流重賞も総ナメしたメーデイアの初仔にあたるオルトシア。父にディープインパクトを迎え芝専用機となって新馬戦に登場だ。鞍上は母の主戦も務めた浜中俊騎手がスタンバイ。
ダークナイトムーンがセントポーリア賞で早期2勝目を狙う

ダークナイトムーンがセントポーリア賞で早期2勝目を狙う

前走の未勝利戦を快勝して来たダークナイトムーン。年明け初戦に選んだのは芝1800mのセントポーリア賞だが、ここを連勝出来る様なら皐月賞へのローテーションが明確なものになって来る。陣営としては是が非でも勝ちたい1戦。
オールフォーラヴがゴール前で差し切りデビュー戦を勝利

オールフォーラヴがゴール前で差し切りデビュー戦を勝利

ハイレベルな新馬戦で格好を付けたオールフォーラヴ。アロハリリーが先に抜け出した所をゴール直前で測ったかの様に差し切って初戦を白星で飾った。母レディアルバローザが果たせなかったクラシック制覇へ最後の切符をギリギリ購入。
フォックスクリークが若駒Sで5着敗退、まだまだ成長途上か

フォックスクリークが若駒Sで5着敗退、まだまだ成長途上か

クロウキャニオン一族出身フォックスクリークが、人気を背負った若駒ステークスでまさかの5着に沈んだ。先行策から最後の直線で伸び切れず、もう一頭の有力馬スーパーフェザーと仲良く並んで入線。レースに子供っぽさが残る内容。
アドマイヤジョラスが恋路ヶ浜特別に出走、昇級2戦目で前進

アドマイヤジョラスが恋路ヶ浜特別に出走、昇級2戦目で前進

前走の江坂特別ではガンコ、ラヴィエベールの3着に敗れたアドマイヤジョラス。しかしガンコは続く日経新春杯で3着に入線する活躍を見せただけに相手が悪かった。今回は中京に移動し上位争い必至の恋路ヶ浜特別で3勝目を取りに行く。
ジョンドゥが熱田特別に格上挑戦、待望の初勝利へ注目の1戦

ジョンドゥが熱田特別に格上挑戦、待望の初勝利へ注目の1戦

2億以上の高額取引きされながら未勝利のジョンドゥ。全兄トーセンスターダムなどがおりまばゆい程の良血ぶりが全く見る影も無い成績となっている。遂に未勝利戦も無くなり、後は格上挑戦を続けるしか選択肢は無くなったが果たして。
オハナが菜の花賞を外から強襲、一気の差し切りで2連勝V

オハナが菜の花賞を外から強襲、一気の差し切りで2連勝V

菜の花賞で人気を集めたオハナが好スタートから先行、最後の直線で先に抜け出したダンツクレイオーを坂上で鮮やかに差し切りデビューから無傷の連勝を飾った。上のキロハナ、ハナレイムーンの雪辱を誓いクラシック戦線に駒を進める。
レッドサクヤが3歳500万下に出走、勝って桜花賞路線へ

レッドサクヤが3歳500万下に出走、勝って桜花賞路線へ

赤松賞ではマウレア以下に力負けした印象のレッドサクヤ。十分な休養を取り立て直しを図っての3走目は牡馬混合の500万下戦だ。ここを勝利し、姉がタイトルを手にした同じマイル戦の大舞台へ駒を進めたいところ。鞍上は福永騎手。
プリモシーンがフェアリーSを完勝、クラシックの有力候補へ

プリモシーンがフェアリーSを完勝、クラシックの有力候補へ

フェアリーステークスで2番人気の支持を集めたプリモシーンが最後の直線で力強く抜け出しスカーレットカラー以下を突き放して重賞初V。ディープインパクト産駒の素質馬が覚醒、打倒ラッキーライラックの筆頭として戦線へ殴り込む。
レッドベルローズがフェアリーステークスを3着、痛恨の出遅れ

レッドベルローズがフェアリーステークスを3着、痛恨の出遅れ

フェアリーステークスで人気を集めたレッドベルローズがスタートで後手を踏み道中は外々を追走。直線で懸命に追い詰めるも、コースロスの影響で3着に惜敗した。今後の活躍は精神的な落ち着きを取り戻せるかに懸かっているだろう。
カザンが新年最初の新馬戦に登場、大物が期待のデビュー

カザンが新年最初の新馬戦に登場、大物が期待のデビュー

現3歳世代でも一際注目を浴びていたカザンが遂に初戦を迎える。新鋭の馬主キーファーズから2億越えの高額で取り引きをされた逸材の姿がベールを脱ぐが、果たして一体どんな走りを見せてくれるのだろうか。鞍上はもちろん武豊騎手。
サトノグロワールが新馬で2着、不利もあり不完全燃焼の競馬

サトノグロワールが新馬で2着、不利もあり不完全燃焼の競馬

サトノ軍団のエース候補、サトノグロワールが新馬戦で良血馬キタノコマンドールとの叩き合いに敗れ2着惜敗。しかし、最後の攻防で相手が斜行して来た事により追えないシーンがあった事を考えると次走は確勝級の1戦となるだろう。
193 件