ファストアプローチが2戦目で一変、未勝利戦で5馬身差圧勝

ファストアプローチが2戦目で一変、未勝利戦で5馬身差圧勝

宝塚記念馬サトノクラウンを近親に持つファストアプローチが札幌未勝利を完勝。来日中のティータン騎手が積極的な競馬でエスコートし、直線早め先頭から後続に5馬身差をつける内容で楽々と勝ち上がった。藤沢和雄厩舎期待の1頭だ。
1 件