ハヤヤッコが東京1800mの新馬デビュー、先ずは芝で力試し

ハヤヤッコが東京1800mの新馬デビュー、先ずは芝で力試し

シラユキヒメを起点とする白毛馬ファミリーから新たな新星の登場。キングカメハメハを父に持つハヤヤッコが東京の新馬戦に出走する。本来ならダートで活躍する一族だが、血統的もチャンスがあると見て初戦は芝でその走りをチェック。
シロニイがリボン賞で4勝目なるか、降級で楽勝ムード漂う

シロニイがリボン賞で4勝目なるか、降級で楽勝ムード漂う

白毛馬シロニイが降級初戦のリボン賞で勝利を積み重ねるか。前走の東大路ステークスでは中団追走から追い込むも勝ち馬に届かず3着の内容だった。今回、リボン賞のメンバーには他に降級馬がおらずほぼタダもらいの1戦となるだろう。
タンタラス(ブエナビスタ2016)のPOG情報

タンタラス(ブエナビスタ2016)のPOG情報

タンタラスをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
チェッキーノが米子Sで7着、+38kgも直線は伸び脚目立つ

チェッキーノが米子Sで7着、+38kgも直線は伸び脚目立つ

米子ステークスで2年ぶりの実戦復帰となったチェッキーノは馬体重が38kg増で出走。しかし、レースは最後の直線内から伸びて来て7着とブランクを考えれば上々の競馬だったのではないだろうか。負けたとは言え次に繋がる1戦だ。
モアナアネラ(ジェンティルドンナ2016)のPOG情報

モアナアネラ(ジェンティルドンナ2016)のPOG情報

モアナアネラをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

エプソムカップで1番人気に支持されたダイワキャグニーだったが、馬場の悪化に対応出来ずよもやの敗退。道中から行きっぷりが悪く、脚元を気にした走りで全く力を出し切れずに終わってしまった。次走以降、良馬場で見直したい。
アウィルアウェイが新馬戦を持ったまま楽勝、父に初勝利献上

アウィルアウェイが新馬戦を持ったまま楽勝、父に初勝利献上

ジャスタウェイ産駒のアウィルアウェイが新馬戦で桁違いのパフォーマンスを披露。勢いを付けて上がって行くと、直線大外から一瞬の内に前をかわすと、後は馬なりで後続を突き放し余裕の走りでデビュー戦V。兄はインディチャンプだ。
グローブシアターが三田特別を逃げ切りV、2連勝で覚醒寸前

グローブシアターが三田特別を逃げ切りV、2連勝で覚醒寸前

グローブシアターが前走に続き三田特別を楽々と逃げ切って2連勝を達成。長距離路線に転向後、無類のスタミナが活かされて本格化まであと一歩か。これまでの兄弟とは違う形で台頭するも、母シーザリオの血の濃さを見せ付けて欲しい。
ランガディアが1000万下で仕切り直し、重賞まで行ける器

ランガディアが1000万下で仕切り直し、重賞まで行ける器

素質馬ランガディアが降級となる1000万下に登場。前走の湘南ステークスでも1番人気に支持されている様にいずれはオープンクラスで活躍する1頭だろう。同じく降級組のライバルを蹴散らして一気に重賞までステップアップしたい。
カントル(ミスアンコール2016)のPOG情報

カントル(ミスアンコール2016)のPOG情報

カントルをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
ブラヴァス(ヴィルシーナ2016)のPOG情報

ブラヴァス(ヴィルシーナ2016)のPOG情報

ブラヴァスをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
ユラノトが降級戦の麦秋ステークスを楽勝、短距離にもメド

ユラノトが降級戦の麦秋ステークスを楽勝、短距離にもメド

コイウタ産駒のユラノトが1400mの麦秋ステークスを直線鮮やかに差し切り快勝。降級初戦をあっさりと勝ち切り、再びオープンクラスへと舞い戻った。今回、7ハロン戦が懸念されていたが全く苦にせず対応、レースの幅も広がった。
金子真人が凄い、馬主として史上最多のダービー4勝目を飾る

金子真人が凄い、馬主として史上最多のダービー4勝目を飾る

2018年ダービー制覇を成し遂げた金子真人氏。3冠馬ディープインパクト、NHKマイルカップと日本ダービーを変則2冠したキングカメハメハ、ダート最強クロフネ、牝馬3冠のアパパネ、カネヒキリにマカヒキなど豪華絢爛だ。
マッケン王 | 64,599 view
ワグネリアンが平成最後のダービー制す、福永騎手も涙の戴冠

ワグネリアンが平成最後のダービー制す、福永騎手も涙の戴冠

大外枠から前のポジションを取りに行ったワグネリアンが直線で粘るエポカドーロを差し切り、第85回の日本ダービー馬に見事輝いた。鞍上の福永祐一騎手もゴール後に感極まり馬上で涙、19度目の挑戦にして悲願の制覇を達成した。
エアウィンザーがむらさき賞に出走、降級戦で勝利濃厚か

エアウィンザーがむらさき賞に出走、降級戦で勝利濃厚か

エアウィンザーが寿ステークス以来となる休養明けの1戦、むらさき賞に臨む。前走は負けたとは言え相手がトリオンフなのだから仕方がない。ここは降級となり格下レベルの馬相手に取りこぼす様な事は無いだろう。勝って元のクラスへ。
77 件