エルディアマンテが未勝利に登場、ここは確実に勝ち上がりたい

エルディアマンテが未勝利に登場、ここは確実に勝ち上がりたい

新馬戦でレッドベルローズと激闘を演じたエルディアマンテ。3着以下には6馬身もの差をつけている事から能力は既にオープンクラスだろう。ローテ的にもこの1戦を取りこぼすとクラシックには間に合わないだけに是が非でも勝ちたい。
パンコミードが折り返しの未勝利を楽に逃げ切りV、素質高い

パンコミードが折り返しの未勝利を楽に逃げ切りV、素質高い

ラブリーデイの全弟パンコミードが好素材をアピール。スタートからすんなりハナを奪うと、マークして来たレッドヴェイロンの追走を楽々と振り切って鮮やかな逃げ切り勝ち。3着以下をちぎっている事からも、同馬の将来性は確かだ。
アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

新馬戦で惜しい2着敗退を喫したアロハリリー。クラシックに間に合わせる為には強行軍だが中1週での未勝利戦でどうしても勝つ必要がある。今後の事を考えても楽な競馬内容での勝ち上がりが理想だろう。鞍上は北村友一に乗り替わり。
ダイワキャグニーが東京新聞杯で初重賞を狙う、府中は6戦4勝

ダイワキャグニーが東京新聞杯で初重賞を狙う、府中は6戦4勝

素質馬ダイワキャグニーが初タイトル獲得なるか。期待された前走の中山金杯ではまさかの後方追走を余儀なくされ不完全燃焼の内容で5着敗退と悔しい結果。得意の府中に戻って東京新聞杯でその先行力を活かし再び重賞制覇を目論む。
トゥザクラウンが木津川特別で3勝目なるか、試練の1戦

トゥザクラウンが木津川特別で3勝目なるか、試練の1戦

前走のドンカスターカップでは昇級初戦として及第点の走りを見せたトゥザクラウン。展開のアヤで負けたレース内容だけに、今回の木津川特別はきっちり勝ち上がって1600万クラスへ順調に上がりたい所だろう。鞍上はM.デムーロ。
オールフォーラヴがゴール前で差し切りデビュー戦を勝利

オールフォーラヴがゴール前で差し切りデビュー戦を勝利

ハイレベルな新馬戦で格好を付けたオールフォーラヴ。アロハリリーが先に抜け出した所をゴール直前で測ったかの様に差し切って初戦を白星で飾った。母レディアルバローザが果たせなかったクラシック制覇へ最後の切符をギリギリ購入。
ユラノトが摩耶ステークスを勝利、連勝で一気にオープン入り

ユラノトが摩耶ステークスを勝利、連勝で一気にオープン入り

良血馬ユラノトが、前走の1000万下戦に続き昇級戦の摩耶ステークスで突き抜け快勝。レースぶりを見ても強豪馬相手に怯まず馬群を割って伸びて来る内容は立派のひと言。時計面は平凡だが詰めれる伸びシロもあるだけに次も通用か。
キタノコマンドールが新馬を快勝、DMMドリームクラブ初勝利

キタノコマンドールが新馬を快勝、DMMドリームクラブ初勝利

DMMドリームクラブが創設から嬉しい初勝利を挙げた。北野武命名で話題となったデニムアンドルビーの全弟キタノコマンドールが新馬戦を鮮やかに差し切り勝ち。内容も非常に優秀でクラシックを意識出来る素材、今後の動向に注目だ。
ソシアルクラブが阪神JFで8着入線、本格化は来年以降か

ソシアルクラブが阪神JFで8着入線、本格化は来年以降か

ブエナビスタの2番仔ソシアルクラブ。新馬戦のパフォーマンスからキャリア1戦の身で阪神ジュベナイルフィリーズでは5番人気に支持されるも、さすがに好走は難しく8着に終わった。しかし、素質の片鱗は感じられ来年の走りに注目。
エアウィンザーが境港特別を楽々と完勝、遂に本格化の兆し

エアウィンザーが境港特別を楽々と完勝、遂に本格化の兆し

エアスピネルの全弟で良血馬のエアウィンザーがいよいよ覚醒して来た。今年の夏を越えてフットワークも安定の傾向、体幹がしっかりしたのがキッカケで走りにも前向きさが見られるのは何より。境港特別を快勝し目指すはオープン入り。
シーリアが折り返しの未勝利戦に登場、鞍上は一族の主戦

シーリアが折り返しの未勝利戦に登場、鞍上は一族の主戦

シーザリオ産駒で兄にエピファネイア、リオンディーズがいるシーリア。新馬戦は2着に敗退したが、見どころのある内容で叩いた上積み含めて今回はパフォーマンスを更に上げて来るだろう。手綱を取るのは一族を知り尽くす福永騎手だ。
レイデオロが5年ぶりに3歳馬によるジャパンカップ制覇狙う

レイデオロが5年ぶりに3歳馬によるジャパンカップ制覇狙う

今年のダービー馬レイデオロが菊花賞をスルーしジャパンカップ一本のローテーションでビッグタイトル獲得へ。藤沢厩舎からはオークス馬ソウルスターリングとの豪華2頭出し。虎視眈々とその座を狙い、現役最強の名も奪い取りたい。
レッドヴェイロンが折り返しの未勝利戦に登場、確勝級の1戦

レッドヴェイロンが折り返しの未勝利戦に登場、確勝級の1戦

前走の新馬戦でスーパーフェザーの2着に敗れたレッドヴェイロン。しかし、レースでは終始引っ掛かり気味の内容で不完全燃焼、仕切り直しの未勝利戦で早期勝ち上がりを目指す。鞍上は引き続き、名手武豊騎手。ここは負けられない。
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
ハナレイムーンが1000万下を快勝、連勝でOP入り目指す

ハナレイムーンが1000万下を快勝、連勝でOP入り目指す

ノースフライトを祖母に持つハナレイムーンが条件戦の1000万下を余裕のレース運びで連勝。内容からも次走の1600万下で十分通用するものであり、このまま一気にオープン入りを果たしたい。来年の牝馬短距離路線に殴り込みだ。
69 件