中央競馬

中央競馬

中央競馬に関する記事

チャンピオンズカップ2017年有力馬の買いと消し材料

チャンピオンズカップ2017年有力馬の買いと消し材料

週末に控えたダートの大一番、チャンピオンズカップ。上位人気が予想される各有力馬の強調材料と不安要素を競馬ニュース.TV独自の観点で分析して行く。的中に近付ける有益な情報をお届けし、是非とも万馬券をゲットして頂きたい。
 550
ジェネラーレウーノが葉牡丹賞で2勝目狙う、大物感タップリ

ジェネラーレウーノが葉牡丹賞で2勝目狙う、大物感タップリ

スクリーンヒーロー産駒の素質馬ジェネラーレウーノがオープン入りを目指して葉牡丹賞に登場。前走の未勝利戦は明らかにクラスの違う走りで楽勝、昇給した今回は即通用だろう。ここをあっさり連勝しクラシック街道に突き進みたい。
 2,948
グレイルが京都2歳ステークスを快勝、兄に続いて重賞制覇

グレイルが京都2歳ステークスを快勝、兄に続いて重賞制覇

新馬戦快勝後、京都2歳ステークスもあっさりと勝ち上がったグレイル。兄は今年のダービー卿チャレンジトロフィーを制したロジチャリスで、血統的に重賞戦線で活躍する下地は十分。今後はクラシックに向けて駒を進めて行く事になる。
 304
モズアスコットが渡月橋ステークスを快勝、鞍上も大絶賛

モズアスコットが渡月橋ステークスを快勝、鞍上も大絶賛

快進撃を続けるモズアスコットが1600万下の渡月橋Sも難なく快勝し未勝利からの連勝を4で伸ばした。今回騎乗した地方の雄、吉原寛人騎手も『芝でこれだけ伸びる馬は乗った事が無い』とレース後に興奮しながらコメントしていた。
 1,986
ダークナイトムーンが未勝利を快勝、姉に続いて出世コースへ

ダークナイトムーンが未勝利を快勝、姉に続いて出世コースへ

新馬戦2着から臨んだダークナイトムーンが人気に応えて未勝利戦を白星で飾った。出遅れた前走から一転、スタートを決めて先行策を取り抜け出しての楽勝からまだまだ上のクラスで戦えそうな雰囲気。GⅠで好走した兄妹に続けるか。
 1,395
レイデオロが5年ぶりに3歳馬によるジャパンカップ制覇狙う

レイデオロが5年ぶりに3歳馬によるジャパンカップ制覇狙う

今年のダービー馬レイデオロが菊花賞をスルーしジャパンカップ一本のローテーションでビッグタイトル獲得へ。藤沢厩舎からはオークス馬ソウルスターリングとの豪華2頭出し。虎視眈々とその座を狙い、現役最強の名も奪い取りたい。
 4,776
バルデスが東京のウェルカムステークスでオープン入り目指す

バルデスが東京のウェルカムステークスでオープン入り目指す

2連勝中の良血馬バルデスがウェルカムSに登場。7月以来の実戦となるが勢いは継続、先週も兄妹たちが各地で活躍している事からも一族の血が覚醒中だ。ここを楽に勝ち上がり、賢母へまた新たな重賞タイトルをプレゼントしたい。
 2,160
デルニエオールが白菊賞で2勝目目指す、暴君の妹が大暴れだ

デルニエオールが白菊賞で2勝目目指す、暴君の妹が大暴れだ

伝説の3冠馬オルフェーヴルの全妹デルニエオールが早くも2戦目の舞台へ。今度は牝馬限定戦の500万下戦、白菊賞で確実に賞金を加算する目論見だ。鞍上は兄弟の主戦池添謙一騎手から、若手ホープの松山騎手へバトンタッチとなる。
 3,199
レッドヴェイロンが折り返しの未勝利戦に登場、確勝級の1戦

レッドヴェイロンが折り返しの未勝利戦に登場、確勝級の1戦

前走の新馬戦でスーパーフェザーの2着に敗れたレッドヴェイロン。しかし、レースでは終始引っ掛かり気味の内容で不完全燃焼、仕切り直しの未勝利戦で早期勝ち上がりを目指す。鞍上は引き続き、名手武豊騎手。ここは負けられない。
 2,316
2017年ジャパンカップに出走する有力外国馬の情報まとめ

2017年ジャパンカップに出走する有力外国馬の情報まとめ

近年のジャパンカップでは日本馬の活躍が顕著であり、遡れば2006年のウィジャボード以来外国馬で3着以内に入線した馬はいない。しかし、そういう時に限って穴を開けるのが馬券の妙。今年の出走馬について軽くおさらいしてみた。
 1,986
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 7,666
レッドサクヤが赤松賞に登場、連勝でいざ2歳チャンピオンへ

レッドサクヤが赤松賞に登場、連勝でいざ2歳チャンピオンへ

新馬戦を完勝したレッドサクヤが東京500万下、赤松賞に出走。前走は不良馬場ながらしっかりとした脚取りで抜け出す内容、良馬場で更にパフォーマンスは上がると見てここを勝利すれば年末の阪神JFへ弾みが付く。鞍上は浜中騎手。
 202
マイルCS 2017 出走予定馬の重馬場適性【稍重~不良】

マイルCS 2017 出走予定馬の重馬場適性【稍重~不良】

今週土曜日は雨予報で、降雨量によってはマイルチャンピオンシップも重馬場で行われる可能性大。と言う訳で、出走予定の有力馬に道悪適性があるかどうかを1頭ずつチェックして行きましょう。但し、あくまでも推測の域を脱しませんw
 4,711
サングレーザーがマイルCSでタイトル獲得へ、5連勝なるか

サングレーザーがマイルCSでタイトル獲得へ、5連勝なるか

4連勝でスワンステークスを制した3歳馬サングレーザーがマイルチャンピオンシップへ駒を進める。初のGⅠ挑戦で強豪たちとの対戦だが、今の勢いと斤量差を考えると十分互角に渡り合える筈。鞍上は主戦の福永祐一騎手に戻って出陣。
 318
シグナライズが秋明菊賞で2勝目を狙う、怪物産駒が覚醒か

シグナライズが秋明菊賞で2勝目を狙う、怪物産駒が覚醒か

フランケル産駒のシグナライズが前走の未勝利戦を快勝、デビューから3戦目にして初勝利を上げた。連勝を狙って出走するのは秋明菊賞。前走の内容からも昇級即通用だろう、フランケル旋風の目玉となれるか。鞍上は引き続きルメール。
 1,958
ルーカスが東スポ杯2歳Sで世代トップの座をかけ強敵と激突

ルーカスが東スポ杯2歳Sで世代トップの座をかけ強敵と激突

新馬戦を楽勝したルーカスが東京スポーツ杯2歳ステークスであのワグネリアンと初対戦。モーリスの弟という事で潜在能力は一級品の筈だが、それをいち早く証明するには世代No.1の同馬を破る事でそのアピールの大チャンスだ。
 3,707
タニノフランケルが黄菊賞で4着、現状は能力が頭打ちか…

タニノフランケルが黄菊賞で4着、現状は能力が頭打ちか…

フランケルとウオッカの仔タニノフランケルが500万下クラスで足踏み状態だ。期待された黄菊賞でも絶好のポジションからいざ追われて伸びず、逃げる馬を捉えきれず4着敗退と残念な結果に終わっている。やはり適性はマイル前後か。
 31,196
ブロードアリュールが前走と同じ後方一気の競馬で昇級戦勝利

ブロードアリュールが前走と同じ後方一気の競馬で昇級戦勝利

良血馬ブロードアリュールが未勝利戦に続き、母譲りの自慢の末脚を爆発されて500万下クラスを快勝。後方から外を回って伸びて来る姿はまさにブロードアピールさながらと言ったところだ。このままダート短距離界の主役になれるか。
 455
396 件

中央競馬で人気のタグ