デビュー&引退

デビュー&引退

デビュー&引退に関する記事

フロンティアが楽に逃げ切り新馬戦V、1番人気に応える

フロンティアが楽に逃げ切り新馬戦V、1番人気に応える

土曜に行われた中京メイクデビューではダイワメジャー産駒の1番人気フロンティアが鮮やかな逃走劇で快勝。2着アドマイヤアルバ以下を寄せ付けない内容だった。半兄にジャパンカップ2着の実績を持つドリームパスポートがいる血統。
 187
ローズベリルが日曜中京新馬戦に戸崎圭太騎手でデビュー!!

ローズベリルが日曜中京新馬戦に戸崎圭太騎手でデビュー!!

ブラックスピネル、モーヴサファイアの下でキングカメハメハ産駒のローズベリルが早くも登場。リーディングの戸崎圭太騎手を鞍上に鮮烈デビューを飾る。血統面はもちろん、調教も抜群でいきなり圧勝のシーンもあって驚けない逸材だ。
 1,154
ダノンプレミアムが出世レースの新馬戦を4馬身差衝撃デビュー

ダノンプレミアムが出世レースの新馬戦を4馬身差衝撃デビュー

日曜日の阪神5R新馬戦は、1番人気に支持されたダノンプレミアムが直線で後続を軽々と突き放しデビュー戦を楽勝で飾った。このレースは過去に多数のGⅠ馬が輩出されており、同馬の今後の活躍が大いに期待される。鞍上は川田騎手。
 594
ビコーズオブユーが函館芝1200mで初陣、祖母は米GⅠ馬

ビコーズオブユーが函館芝1200mで初陣、祖母は米GⅠ馬

毎年コンスタントに活躍馬を出す中竹和也厩舎から期待の新馬ビコーズオブユーがお目見え。調教ではジョッキーを背に入念に乗り込まれ、古馬相手に楽々と先着するなど初戦からエンジン全開で動けそうな仕上がり。鞍上は吉田隼人騎手。
 242
藤沢和雄厩舎のレッドガーランドがデビュー、動きも文句なし

藤沢和雄厩舎のレッドガーランドがデビュー、動きも文句なし

土曜東京の新馬戦に、AJCC2着のスーパームーンを半兄に持つレッドガーランドが出走。藤沢和雄調教師も『かっこいい馬』と評価する期待の1頭だ。ディープインパクト×Sadler'sWellsという超良血の始動戦に要注目。
 434
評判馬シエラネバダが阪神最終週の芝1800mで早くもデビュー

評判馬シエラネバダが阪神最終週の芝1800mで早くもデビュー

マウントロブソンを全兄に持つシエラネバダが早々に登場。日曜の阪神芝1800mは数多くの名馬が出走した出世レースと言われており、例に漏れず今年もなかなかの好メンバーが揃った。鞍上は只今絶好調のM.デムーロ騎手が騎乗。
 932
マイネルユキツバキがデビュー戦を大外から見事差し切り快勝

マイネルユキツバキがデビュー戦を大外から見事差し切り快勝

土曜東京新馬戦、1番人気に支持されたマイネルユキツバキが直線で豪快な末脚で一気の追い込みで勝利した。逃げるコスモジョーカーを楽々とかわし4馬身差を付ける完勝の内容。近親にはダートの強豪だったシビルウォーがいる血統だ。
 119
ムスコローソがデビュー戦を5馬身差快勝、戸崎『走りますね』

ムスコローソがデビュー戦を5馬身差快勝、戸崎『走りますね』

新種牡馬のヘニーヒューズを父に持つムスコローソが、新馬戦で直線堂々と抜け出し2着リンシャンカイホウに5馬身差を付ける圧勝劇を飾った。騎乗した戸崎圭太騎手も走りを絶賛。父は日本供用後の産駒としては嬉しい初勝利となった。
 308
マリームーンがデビュー、藤沢厩舎の馬と武豊が4年ぶりタッグ

マリームーンがデビュー、藤沢厩舎の馬と武豊が4年ぶりタッグ

藤沢和雄厩舎ゆかりの血統馬マリームーンが日曜函館5Rの新馬戦に登場。鞍上には天才武豊騎手を迎えるが、同厩舎所属の馬に騎乗するのは2013年7月以来、実に約4年ぶりとなる。久々の東西黄金タッグ結成を見事勝利で飾れるか。
 745
グレーターロンドンの下、ブリッジオーヴァーがデビュー

グレーターロンドンの下、ブリッジオーヴァーがデビュー

日曜阪神1Rでロンドンブリッジ産駒ブリッジオーヴァーが待望の初戦を迎える。上にはオークス馬ダイワエルシエーロや今年の安田記念で4着に入ったグレーターロンドンなどがいる超良血馬だ。父にエンパイアメーカー、安田隆行厩舎所属。
 484
ミーティアトレイルが福永騎手で初陣、近親に活躍馬多数

ミーティアトレイルが福永騎手で初陣、近親に活躍馬多数

日曜阪神5Rにミーティアトレイルが登場。祖母にジャパンカップを制したファビラスラフインがいる血統馬だ。2週連続で新馬戦Vを決めている絶好調の福永祐一騎手を鞍上に迎え、大事な初戦を必勝態勢で臨む。叔父にギュスターヴクライ。
 1,422
ブルヴェルソンが遠征デビュー、姉にショウナンパンドラ

ブルヴェルソンが遠征デビュー、姉にショウナンパンドラ

日曜東京5Rの新馬戦にPOGでも人気沸騰のブルヴェルソンが早くも登場。姉に2015年ジャパンカップを制したショウナンパンドラがいる血統だ。ダイワメジャーに変わりスピード色が強くなった産駒と言える。鞍上はC.ルメール。
 528
藤沢和雄厩舎の期待馬ファストアプローチ、戸崎騎手で初陣

藤沢和雄厩舎の期待馬ファストアプローチ、戸崎騎手で初陣

レピアーウィットに注目が集まる土曜の新馬戦には藤沢厩舎のファストアプローチが同じくデビューを迎える。叔父にサトノクラウンがいる血統、父はイギリスでGⅠ3勝を挙げたドーンアプローチでその初年度産駒。鞍上は戸崎圭太騎手。
 882
ヴァイザーがデビュー戦をV、父は新種牡馬のノヴェリスト

ヴァイザーがデビュー戦をV、父は新種牡馬のノヴェリスト

日曜阪神5Rに行われた新馬戦は新種牡馬ノヴェリスト産駒ヴァイザーが勝利。先行策から直線で鋭く抜け出すと最後までしっかりと伸び、2着タガノスカイハイに半馬身差を付ける内容で完勝した。鞍上は北村友一騎手、高橋亮厩舎所属。
 461
新種牡馬ロードカナロア産駒ステルヴィオがデビュー戦を快勝

新種牡馬ロードカナロア産駒ステルヴィオがデビュー戦を快勝

先の新馬戦で2番人気に支持されたステルヴィオが、先行抜け出しから評判馬サトノオンリーワンを退けて見事に勝利。新種牡馬のロードカナロア産駒が早々に1勝目を挙げた。2018年短距離戦線は同産駒を中心に回るかもしれない。
 636
ケイアイノーテックが2017年新馬戦の勝ち名乗り第1号!!

ケイアイノーテックが2017年新馬戦の勝ち名乗り第1号!!

ダート重賞2勝のケイアイガーベラを母に持つケイアイノーテックが世代最初の新馬戦を快勝。直線でインコースをスッと抜け出す大人の競馬でその快速ぶりを遺憾なく発揮して見せた。まだまだ伸びシロもあり今後の活躍が期待される。
 737
シゲルノコギリザメが調教中の事故で予後不良になっていた

シゲルノコギリザメが調教中の事故で予後不良になっていた

スーパーホーネットの代表産駒として活躍していたシゲルノコギリザメが今月中旬の調教中に故障し、回復の見込みがないと判断され予後不良になっていたことがわかった。ご冥福をお祈りします。
 859
【新馬戦】いよいよ新馬戦最終週!未勝利戦にはあの良血が登場!!

【新馬戦】いよいよ新馬戦最終週!未勝利戦にはあの良血が登場!!

今週で2017年世代による新馬戦も最後となる。中でも注目は、半兄に中山巧者センチュリオンがいるスターズインヘヴンと、未勝利戦からディープインパクト×サラフィナという超良血ジェニアルだ。ここから伝説の幕開けとなるか――
 923
114 件

デビュー&引退で人気のタグ