デビュー&引退

デビュー&引退

デビュー&引退に関する記事

メジェールスーが札幌芝1500mで初陣、大物感たっぷり

メジェールスーが札幌芝1500mで初陣、大物感たっぷり

札幌新馬では日曜日のレイエンダに注目が集まっているが、土曜5Rに出走予定のメジェールスーも評判が高い。母はあのエイジアンウインズ、父にロードカナロアと牡牝の短距離スペシャリストが産んだスピードの結晶をとくとご覧あれ。
 176
アーデルワイゼが新馬戦を完勝、池添学厩舎の隠し玉的存在

アーデルワイゼが新馬戦を完勝、池添学厩舎の隠し玉的存在

近親にGⅠ6勝の名牝ブエナビスタがいるアーデルワイゼが、土曜中京の新馬戦で3番人気ながら他馬を寄せ付けない走りで快勝し一族の名に恥じないデビュー戦を飾った。有力馬が集まる池添学厩舎の中で一躍エース候補に躍り出た。
 173
トゥザフロンティアが新馬戦を追わずに完勝、距離も問題無し

トゥザフロンティアが新馬戦を追わずに完勝、距離も問題無し

大注目のトゥザフロンティアが中京新馬戦で鮮烈デビューを飾った。直線では口向きの悪さからホワイト騎手がまともに追えない中、先に抜け出したアップファーレンを脚力だけで軽くかわす内容で勝利。トゥザ一族から怪物の誕生か??
 1,666
超良血馬のプリュスが土曜中京新馬戦に武豊騎手でデビュー!!

超良血馬のプリュスが土曜中京新馬戦に武豊騎手でデビュー!!

兄に昨年のPOGで話題を総ナメにしたジェニアルを持ち、引き続き注目の牝馬プリュスが新馬戦に登場。新進気鋭の大物馬主キーファーズの所有馬で、当然ながらその鞍上は天才武豊騎手が騎乗。兄の期待の分を妹が背負って駆け抜ける。
 1,036
良血馬のダノンポピーが土曜の福島芝1800mでデビュー

良血馬のダノンポピーが土曜の福島芝1800mでデビュー

ミッキーロケットの下でダイワメジャー産駒のダノンポピーが初陣。芝1800m戦に登録して来る辺り、陣営としては中長距離も含めてこなせると判断しているのだろう。ここを快勝し兄の分まで早々にクラシック戦線へ乗って行きたい。
 515
大物の予感!?ジェネラーレウーノがルメールで函館デビュー

大物の予感!?ジェネラーレウーノがルメールで函館デビュー

スクリーンヒーロー産駒で前評判の高いジェネラーレウーノが日曜函館の新馬戦、芝1800mに登場。母の実績は無いものの馬っぷりが良く、トレセン内でもひと際目立つ存在との事。鞍上にルメール騎手を配するのもその期待の表れだ。
 2,081
メトロポリスがデビュー戦の3歳未勝利で鮮やかな差し切り

メトロポリスがデビュー戦の3歳未勝利で鮮やかな差し切り

オークス3着馬ラブカーナの産駒メトロポリスが3歳7月にして遅めのデビュー。馬体重も500kg以上と、明らかに太め残りの調整段階で経験馬相手に見事な競馬で圧勝した。まだまだ伸びシロがある1頭で今後の活躍に期待が高まる。
 53
新馬戦でヘンリーバローズが僅差の2着、怪物の片鱗も

新馬戦でヘンリーバローズが僅差の2着、怪物の片鱗も

日曜に行われた中京の新馬戦では、ワグネリアンと激しい叩き合いの末ハナ差に敗れたヘンリーバローズ。しかし、3着馬には5馬身もの差をつけており自身の上がりも32秒8と驚異的なタイムだ。間違いなく能力は超一流クラスだろう。
 6,887
ワグネリアンが新馬戦を中京最速の上がり32秒6で差し切る

ワグネリアンが新馬戦を中京最速の上がり32秒6で差し切る

日曜の中京で伝説の新馬戦。1番人気ヘンリーバローズを差し切ったワグネリアンが叩き出した上がり32秒6は中京競馬場での過去最速(古馬含む)を記録した。レース自体の上がり33秒1も新潟競馬場を除く新馬戦では最も速い。
 2,585
ジョンドゥが未勝利戦に登場、繁栄ファミリーの良血馬

ジョンドゥが未勝利戦に登場、繁栄ファミリーの良血馬

全兄にトーセンスターダムを持つジョンドゥが待望のデビュー戦を迎える。一時は詳細が全くの不明で競馬に使えるのかすら微妙だったが、ようやくここまで辿り着いた形だ。日曜中京の3歳未勝利戦でそのベールを脱ぐ。乞うご期待。
 1,234
ゴールドフラッグが全兄と同じ函館芝1800mで初陣

ゴールドフラッグが全兄と同じ函館芝1800mで初陣

ゴールドシップの全弟ゴールドフラッグが予定していたデビューを延ばして稽古を更に積んでようやくのお目見えだ。奇しくも函館芝1800mは同じ条件。先週破られた兄のレコード記録を再びこの弟が更新する可能性も大いに有り得る。
 860
近親にGI馬多数、池江厩舎スヴァルナが2強の一角を崩す??

近親にGI馬多数、池江厩舎スヴァルナが2強の一角を崩す??

日曜の中京新馬戦ではデビュー前から評判の高いヘンリーバローズとワグネリアンの良血対決に注目が集まっているが、スヴァルナも黙っていられない。トーセンラーやスピルバーグなどを近親に持つ血統馬がその争いに待ったをかける。
 1,504
クリノクーニングが新馬でレコードV、オルフェ産駒の初勝利

クリノクーニングが新馬でレコードV、オルフェ産駒の初勝利

注目が集まった日曜函館5Rの新馬戦は、圧倒的1番人気カレンシリエージョとの叩き合いを制したクリノクーニングが1分49秒7の2歳レコードで勝ち上がりを決めた。これが新種牡馬オルフェーヴルの記念すべき産駒初勝利となった。
 477
ミッキーマインドが新馬戦を快勝、福永『馬っぷりが良い』

ミッキーマインドが新馬戦を快勝、福永『馬っぷりが良い』

土曜中京の新馬戦で単勝1.7倍の支持を受けたミッキーマインドが、センス抜群の競馬で完勝しデビューとしては上々のスタートを決めた。騎乗した福永祐一騎手もレース後に『とにかく馬が良いですね』と今後の活躍に期待を寄せた。
 689
フランケル産駒イッツパーフェクトがデビュー、母は英GⅢ馬

フランケル産駒イッツパーフェクトがデビュー、母は英GⅢ馬

14戦14勝の最強馬フランケルを父に持つイッツパーフェクトが日曜中京の新馬戦に登場。母パーフェクトトリビュートもイギリスの重賞馬で世界的な良血馬だ。昨年のソウルスターリングに続き、今年も同産駒の旋風が再び巻き起こる。
 748
トロワゼトワルがデビュー戦を快勝、安田隆厩舎のカナロア産駒

トロワゼトワルがデビュー戦を快勝、安田隆厩舎のカナロア産駒

日曜日の中京5Rで行われた新馬戦は、3頭による激戦の末、ロードカナロア産駒で2番人気のトロワゼトワルが競り勝った。管理するのは父も担当した名門の安田隆行厩舎で、その安田調教師も感慨深い勝利となったのではないだろうか。
 242
ヨハネスブルグ産駒タイセイプライドが新馬戦で持ったまま完勝

ヨハネスブルグ産駒タイセイプライドが新馬戦で持ったまま完勝

2日の中京6Rで行われた新馬戦は、デムーロ騎乗のタイセイプライドが最後の直線ほぼ持ったままで後続を3馬身以上突き放す内容の勝利。馬体もまだ良化余地があり更にパワーアップしそうな注目馬が現れた。父はヨハネスブルグ。
 211
レーツェルが大器の片鱗を見せる走りで新馬戦を見事に勝利

レーツェルが大器の片鱗を見せる走りで新馬戦を見事に勝利

日曜日の福島5Rに行われた新馬戦は、1番人気レーツェルが単騎逃げから直線でも後続を楽々と突き放す強い競馬でV。最後は抑える余裕も見せ、今後も芝の長い所で活躍が期待出来そうな1頭だ。マンハッタンカフェ産駒、伊藤大厩舎。
 263
114 件

デビュー&引退で人気のタグ