デビュー&引退

デビュー&引退

デビュー&引退に関する記事

ブレステイキングがデビュー、追い切りでJC出走馬と併せ馬

ブレステイキングがデビュー、追い切りでJC出走馬と併せ馬

堀厩舎の期待馬ブレステイキングが満を持して登場。レース前の最終追い切りでは同厩の先輩サトノクラウンに楽々併入するなど動きは既にオープンクラスだ。1頭強敵なライバルがいるが、ここを勝って早々にクラシック戦線へ乗りたい。
 1,488
エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

エルディアマンテが叩き合いに競り負けるも次走は勝利濃厚か

期待の素質馬エルディアマンテが新馬戦で壮絶な叩き合いの末2着に敗退。しかし、3着以下には6馬身差を付けている事からも同世代では実力が上位なのは間違いない。次走、余程のアクシデントが無ければあっさりと勝ち上がるだろう。
 1,132
フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

フランツが新馬戦を快勝、大外から楽に差し切り大物の片鱗

良血フランツがその血統に恥じない走りを見せ、新馬戦を衝撃的な勝利で飾った。道中は最後方追走、4コーナーで大外を膨らみながら安全なコースに進路を取ると最後は鞍上に軽く追われてサッとかわす調教の様な競馬。素質は一級品だ。
 1,205
レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

レッドベルローズが豪脚一閃で強豪を差し切り、デビュー戦V

ディープインパクト産駒の牝馬レッドベルローズが父譲りの末脚を武器に新馬戦を快勝。道中後方追走から直線大外を豪快に突き抜け、先に抜け出したエルディアマンテとの叩き合いを制して価値ある勝利を手にした。牝馬戦線の有力馬だ。
 888
シーリアが新馬戦で2着、牡馬相手に健闘の内容で次走に期待

シーリアが新馬戦で2着、牡馬相手に健闘の内容で次走に期待

GⅠ馬2頭を兄に持つシーリアが新馬戦で意地の2着入線を果たした。最後の直線で前が狭くなる不利を受けつつも、牡馬相手に最後まで諦めない走りで良血馬の意地を見せた。牝馬限定に戻れば確勝級で、今後の活躍が期待される1頭。
 3,672
ウィキッドアイズが東京の新馬戦でデビュー、兄に重賞馬

ウィキッドアイズが東京の新馬戦でデビュー、兄に重賞馬

半兄にホープフルSを制したハートレーがいるウィキッドアイズが初戦を迎える。先に重賞を制しているロックディスタウンとラッキーライラックに続いてオルフェ3頭目となる牝馬の有力候補へ名乗りを上げたい。鞍上はシュミノー騎手。
 1,005
ミルコメダが芝の新馬戦に登場、兄はあのダートの強豪馬

ミルコメダが芝の新馬戦に登場、兄はあのダートの強豪馬

兄にダートGⅠ9勝の名馬、ヴァーミリアンを持つミルコメダが新馬戦に登場。初戦は芝での走りを拝見する事になるが、父エイシンフラッシュという血統からも適性は高いだろう。しかし、やはり何と言っても砂での活躍が待ち遠しい。
 810
サトノソルタスが雨中の競馬で耐えながらも差し切り初戦をV

サトノソルタスが雨中の競馬で耐えながらも差し切り初戦をV

堀厩舎期待のサトノソルタスが新馬戦でしぶとい競馬を見せ勝利。初戦から厳しい条件の中、きっちりと結果を出す時点で素質とスター性の高さを見せ付けた。無論、良馬場で更にパフォーマンスが上がると見て次走の走りに注目したい。
 2,156
スーパーフェザーが評判に違わぬ走りであっさりと初戦を完勝

スーパーフェザーが評判に違わぬ走りであっさりと初戦を完勝

デビュー前から注目が集まっていたスーパーフェザー。新馬戦でその能力の高さを発揮し、素質馬を相手に楽々と差し切りキャリア初戦を勝利で決めた。まだまだ能力は出し切っていない様子で、次走は良馬場で更に進化した姿を見たい。
 4,304
プリメラビスタが京都土曜の新馬戦でデビュー、強豪と激突

プリメラビスタが京都土曜の新馬戦でデビュー、強豪と激突

名繁殖牝馬ビワハイジの最後の産駒であるプリメラビスタ。偉大なる姉ブエナビスタやジョワドヴィーヴルなど、そうそうたる兄弟馬の中でプレッシャーは相当なものだ。しかし、新種牡馬オルフェーヴルと共に新たな伝説の幕を開ける。
 2,645
オブセッションが雨中の競馬も何のその、1番人気に応えるV

オブセッションが雨中の競馬も何のその、1番人気に応えるV

シルクレーシングの評判馬で藤沢和雄厩舎所属のオブセッションがデビュー戦を見事勝利。道中から徐々に進出を開始し、直線入り口から先頭へ立って後続を振り切る強い内容だった。本来なら良馬場で見たい1頭だけに次走の走りに注目。
 1,581
トーセンアルタイルが伝説の新馬戦でデビュー、兄は5勝馬

トーセンアルタイルが伝説の新馬戦でデビュー、兄は5勝馬

全兄に先の京都大賞典で2着に入ったトーセンバジルがいるトーセンアルタイル。菊花賞当日の新馬戦は“伝説の新馬戦”と呼ばれており、その中でも人気を集めそうな有力馬だ。初戦の走り次第では一気にクラシックの有力候補となる。
 489
レリカリオが京都の新馬戦で芝マイルデビュー、姉は米の怪物

レリカリオが京都の新馬戦で芝マイルデビュー、姉は米の怪物

半姉に今年の米国クラシック戦線を総ナメにするとまで言われたユニークベラを持つレリカリオ。父がタピットからマリブムーンに変わり芝適性がより高くなった産駒となるが、その手始めとして初戦は芝1600mの新馬戦に登場する。
 1,227
ダークナイトムーンが田辺騎手を背に東京芝2000mで初陣

ダークナイトムーンが田辺騎手を背に東京芝2000mで初陣

兄にサダムパテック、全姉にヴィクトリアマイル3着のジュールポレールがいる血統馬ダークナイトムーン。兄弟よりも距離適性に幅がありそうで先ずは中距離の新馬戦でデビューを迎える。ディープインパクト産駒からまた新星の登場か。
 1,119
ブレイニーランが土曜京都の新馬戦でデビュー、姉は2歳女王

ブレイニーランが土曜京都の新馬戦でデビュー、姉は2歳女王

2012年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったローブティサージュを半姉に持つブレイニーランがいよいよ初陣だ。父をディープインパクトに変え配合的にはシンハライトと同じ掛け合わせとなる期待値の大きい1頭。鞍上は川田騎手。
 2,334
マルケッサが東京マイルの新馬戦に登場、兄はあのGⅠ2勝馬

マルケッサが東京マイルの新馬戦に登場、兄はあのGⅠ2勝馬

サトノダイヤモンドを半兄に持つマルケッサが遂に初戦を迎える。父をオルフェーヴルに変え新たな伝説の幕開けとなるか。有力馬が続々とデビューする池江泰寿厩舎の中でも特に期待度の大きい1頭と言える。鞍上はルメール騎手が騎乗。
 1,671
フォックスクリークが新馬戦を勝利、一族の名に恥じぬレース

フォックスクリークが新馬戦を勝利、一族の名に恥じぬレース

金子真人氏期待の新馬フォックスクリークがデビュー戦を白星で飾った。道中先行から早め抜け出し、迫る後続をきっちりと抑えてまるでお手本の様なレースを披露。新馬戦から完成度の高さを見せ付け、クラシック戦線に名乗りを上げた。
 2,543
オハナが牝馬限定の新馬戦を快勝、兄弟で全頭新馬勝ち達成

オハナが牝馬限定の新馬戦を快勝、兄弟で全頭新馬勝ち達成

ノースフライトの孫でディープインパクト産駒のオハナが新馬戦を差し切り勝ち。これで母ハウオリ産駒は初仔のキロハナから合わせて全3頭がデビュー戦を勝利するという離れ業をやってのけた。伸びシロもありそうで今後の活躍に期待。
 764
139 件

デビュー&引退で人気のタグ