2017年5月9日 更新

ヴィクトリアマイルの歴代優勝馬と動画まとめ

古馬牝馬同士の短距離王決定戦、ヴィクトリアマイル。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!

180

2016年 ストレイトガール

2016年05月15日 ヴィクトリアマイル 芝1600m 東京競馬場

1着:⑬ストレイトガール 牝7 55 (戸崎圭太) 7番人気
2着:⑩ミッキークイーン 牝4 55 (浜中俊) 1番人気
3着:⑮ショウナンパンドラ 牝5 55 (池添謙一) 2番人気

タイム=1:31.5(良)
レース上がり3ハロン=34.3
勝ち馬上がり3ハロン=33.4

3連複=6,090円
3連単=48,310円

レース回顧

道中、逃げ馬が入れ替わる激しい展開となり差し馬優勢となったレース。直線で1頭次元の違う競馬をしたのは前年度覇者のストレイトガールだった。10番手から馬場の真ん中を持ったままで先頭に立ち、いざ追い出されると後続を一瞬にして突き放し最後は流す余裕を見せての連覇達成。2着はミッキークイーン、3着ショウナンパンドラと両女王を退けてのものだけに価値の高い勝利となった。引退レースに自ら錦を飾る。

2015年 ストレイトガール

2015年05月17日 ヴィクトリアマイル 芝1600m 東京競馬場

1着:⑤ストレイトガール 牝6 55 (戸崎圭太) 5番人気
2着:⑦ケイアイエレガント 牝6 55 (吉田豊) 12番人気
3着:⑱ミナレット 牝5 55 (江田照男) 18番人気

タイム=1:31.9(良)
レース上がり3ハロン=35.0
勝ち馬上がり3ハロン=33.0

3連複=2,860,480円
3連単=20,705,810円

レース回顧

18番人気ミナレットが快調に飛ばして逃げ、離れた2番手にケイアイエレガント、更に離れた3番手集団が馬群となって追走する展開。しかし、直線に入っても大きくリードを保っていたミナレットが粘り、そこへケイアイエレガントが並びかける競馬。そのままこの2頭で決まりかけたところに、中団から1頭だけ伸びて来たストレイトガールがラスト1完歩でケイアイエレガントをかわして念願のGⅠタイトルを獲得。この上位3頭による決着で3連単は何と2000万円を超える歴代1位の高配当が飛び出る事となった。

2014年 ヴィルシーナ

2014年05月18日 ヴィクトリアマイル 芝1600m 東京競馬場

1着:⑭ヴィルシーナ 牝5 55 (内田博幸) 11番人気
2着:④メイショウマンボ 牝4 55 (武幸四郎) 3番人気
3着:①ストレイトガール 牝5 55 (岩田康誠) 6番人気

タイム=1:32.3(良)
レース上がり3ハロン=34.3
勝ち馬上がり3ハロン=34.3

3連複=50,720円
3連単=407,940円

レース回顧

ディフェンディングチャンピオンのヴィルシーナが意表の逃げを突いてペースは落ち着いた流れとなった。後方勢も動くに動けずそのまま直線コースへ入ると、依然ヴィルシーナが脚を伸ばし続けて先頭をキープ。内からメイショウマンボが伸びて追撃するもその差は縮まらず、ラストはストレイトガールが加わっての3頭で入線するも半馬身差振り切ったヴィルシーナが1着でゴールイン。11番人気の低評価を嘲笑うかの様な逃亡劇だった。3連単は40万円オーバーの高配当。

2013年 ヴィルシーナ

2013年05月12日 ヴィクトリアマイル 芝1600m 東京競馬場

1着:⑪ヴィルシーナ 牝4 55 (内田博幸) 1番人気
2着:⑧ホエールキャプチャ 牝5 55 (蛯名正義) 12番人気
3着:①マイネイサベル 牝5 55 (柴田大知) 5番人気

タイム=1:32.4(良)
レース上がり3ハロン=34.2
勝ち馬上がり3ハロン=34.0

3連複=35,770円
3連単=193,570円

レース回顧

アイムユアーズが作る平均ペースを番手で追走した1番人気のヴィルシーナ。直線ではなかなかエンジンがかからず他馬に追い詰められるシーンも見せたが、坂を駆け上がってからは何とか地力で先頭へ。しかし、ここでも外からホエールキャプチャに詰め寄られる危険な場面となるも、最後は抜群の勝負根性でその追撃もかわして念願のタイトル獲得。オーナーの佐々木主浩氏も嬉しいGⅠ初勝利となった。

2012年 ホエールキャプチャ

2012年05月13日 ヴィクトリアマイル 芝1600m 東京競馬場

1着:⑫ホエールキャプチャ 牝4 55 (横山典弘) 4番人気
2着:⑯ドナウブルー 牝4 55 (C.ウィリアムズ) 7番人気
3着:①マルセリーナ 牝4 55 (田辺裕信) 3番人気

タイム=1:32.4(良)
レース上がり3ハロン=34.2
勝ち馬上がり3ハロン=33.8

3連複=10,790円
3連単=75,320円

レース回顧

全体的に馬群がひと塊のまま直線コースへ。番手からいち早く抜け出したドナウブルーを横目に、持ったままの手応えで先頭に躍り出たホエールキャプチャ。2頭のマッチアップとなるも、最後は余力が十分に残っていたホエールキャプチャに軍配が上がり3歳のクラシックでは叶わなかったGⅠタイトルをここでもぎ取った。3着には同世代の桜花賞馬マルセリーナが入線。1番人気の一世代上の3冠牝馬アパパネは5着に敗退した。

2011年 アパパネ

2011年05月15日 ヴィクトリアマイル 芝1600m 東京競馬場

1着:⑯アパパネ 牝4 55 (蛯名正義) 2番人気
2着:⑬ブエナビスタ 牝5 55 (岩田康誠) 1番人気
3着:④レディアルバローザ 牝4 55 (福永祐一) 3番人気

タイム=1:31.9(良)
レース上がり3ハロン=36.0
勝ち馬上がり3ハロン=34.3

3連複=620円
3連単=3,620円

レース回顧

オウケンサクラが飛ばすペースの中、アパパネVSブエナビスタの対決に注目が集まった。いずれも後方で待機していたが、直線で先に抜け出したのは3番人気レディアルバローザ。それを追うようにしてアパパネが馬場の真ん中から先頭に立ちブエナビスタの追撃を待った。ほぼ最後方の位置から追い込んだブエナビスタの脚を一歩届かず、クビ差でアパパネの勝利。これで牝馬限定戦のGⅠタイトルを5つに伸ばした。上位3番人気内による順当な決着。

2010年 ブエナビスタ

2010年05月16日 ヴィクトリアマイル 芝1600m 東京競馬場

1着:⑪ブエナビスタ 牝4 55 (横山典弘) 1番人気
2着:②ヒカルアマランサス 牝4 55 (内田博幸) 8番人気
3着:⑩ニシノブルームーン 牝6 55 (北村宏司) 11番人気

タイム=1:32.4(良)
レース上がり3ハロン=34.9
勝ち馬上がり3ハロン=33.5

3連複=29,700円
3連単=85,770円

レース回顧

ベストロケーションやブラボーデイジーがやや引き離し気味に逃げる展開となった。直線で大外に持ち出したブエナビスタがジワジワと伸び続け、不完全ながらも地力で先頭に立つ。しかし、いつもの豪快さは鳴りを潜め最後はヒカルアマランサスにクビ差迫られるシーンもあったが何とか振り切ってGⅠタイトルを追加した。3着には後方から伸びたニシノブルームーンが入るも、9着までが0秒2差の大混戦でかろうじて勝利した印象だ。

2009年 ウオッカ

2009年05月17日 ヴィクトリアマイル 芝1600m 東京競馬場

1着:⑥ウオッカ 牝5 55 (武豊) 1番人気
2着:②ブラボーデイジー 牝4 55 (生野賢一) 11番人気
3着:①ショウナンラノビア 牝6 55 (柴田善臣) 7番人気

タイム=1:32.4(良)
レース上がり3ハロン=33.8
勝ち馬上がり3ハロン=33.4

3連複=19,770円
3連単=80,580円

レース回顧

スローペースで逃げたショウナンラノビアが粘り込みを図るも、抜群の手応えで抜け出したウオッカ。脚色が他馬とは全く違いグングン差を広げる内容で圧勝し、最後は流す余裕を見せ7馬身差の大差を付け改めて牝馬同士では敵無しの所を見せつけた。2着には11番人気ブラボーデイジー、3着にショウナンラノビアが逃げ粘っての入線。桁違いのパフォーマンスでファンを唸らせた。

2008年 エイジアンウインズ

2008年05月18日 ヴィクトリアマイル 芝1600m 東京競馬場

1着:⑥エイジアンウインズ 牝4 55 (藤田伸二) 5番人気
2着:⑨ウオッカ 牝4 55 (武豊) 1番人気
3着:②ブルーメンブラット 牝5 55 (後藤浩輝) 4番人気

タイム=1:33.7(良)
レース上がり3ハロン=33.7
勝ち馬上がり3ハロン=33.4

3連複=3,240円
3連単=23,000円

レース回顧

馬群が凝縮される位にゆったりとしたペースで展開されたレース。1番人気ウオッカが大外に持ち出して満を持して抜け出しにかかった所を、その内からエイジアンウインズが足元をすくって前に出た。更に内にもブルーメンブラットが顔を出し3頭による叩き合いとなったが、真ん中のブルーメンブラットが僅かに抜け出てウオッカを破る大金星を上げた。藤田伸二騎手渾身のガッツポーズが印象的な1戦だ。

2007年 コイウタ

2007年05月13日 ヴィクトリアマイル 芝1600m 東京競馬場

1着:④コイウタ 牝4 55 (松岡正海) 12番人気
2着:③アサヒライジング 牝4 55 (柴田善臣) 9番人気
3着:⑯デアリングハート 牝5 55 (藤田伸二) 8番人気

タイム=1:32.5(良)
レース上がり3ハロン=34.3
勝ち馬上がり3ハロン=33.4

3連複=235,020円
3連単=2,283,960円

レース回顧

アサヒライジングの淡々とした逃げに各馬が追走する形となった。マイペースでいけた時のアサヒライジングは粘り腰も一級で、直線半ばまで依然先頭のまま。後続も脚が伸び切らずこのままの態勢で決着するかに思われたが、内から12番人気のコイウタがスルスルと先頭に躍り出ると最後は半馬身差付けての波乱決着。3着には8番人気デアリングハートが流れ込み、3連単は何と200万円を超える高額配当が飛び出した。上位人気勢は後方ままで敗退。

まとめ

以上、ヴィクトリアマイルの過去10年分レースまとめでした。

顕著な傾向としてはまずリピーターの活躍が目立つ事。ここ4年は特に連覇の2頭で決着しているし、それ以前もブエナビスタやウオッカ、ホエールキャプチャなどの好走で見事にリピーターの数珠つなぎ状態となっている。前年の上位勢を軸にする事も一考だろう。

後は逃げ・先行勢の活躍も目立つ。穴を開けるなら前残りの展開というのがこの東京開催の肝だろう。有力どころが追い込み勢ばかりならむしろ前々の競馬でそのまま決まるパターンというのも考えておかなくてはならない。
42 件

関連する記事

日本史上歴代牝馬最強馬(名牝)のランキング【2017年最新】

日本史上歴代牝馬最強馬(名牝)のランキング【2017年最新】

競馬ニュース.TV独自レーティングによるランキング形式で日本競馬史上歴代最強牝馬をまとめてみました。RT116以上を詳しく紹介して振り返ってみましょう。随時レーティング更新しています。
 12,467
【動画、結果】阪神JFの予想に使える歴代レースまとめ

【動画、結果】阪神JFの予想に使える歴代レースまとめ

勝ち馬の多くがその後も名牝として活躍する阪神JF。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 452
オークス(優駿牝馬)の過去結果動画と歴代勝ち馬

オークス(優駿牝馬)の過去結果動画と歴代勝ち馬

牝馬クラシック第二冠、オークス(優駿牝馬)。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 855
【動画、結果】桜花賞の予想に使える歴代レースまとめ

【動画、結果】桜花賞の予想に使える歴代レースまとめ

牝馬クラシック第一冠、桜花賞。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 189
クイーンカップの歴代優勝馬と動画まとめ

クイーンカップの歴代優勝馬と動画まとめ

桜花賞に向けた一足早い前哨戦、クイーンC。その過去11年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 180

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王