2017年5月23日 更新

今秋デビューのオルフェーヴル産駒、馬名が続々と決定!!

今年デビューを迎えるオルフェーヴル産駒の馬名や詳細が続々と決定してきている。中でもブエナビスタの妹やシンハライトの弟など初年度から豪華なラインナップ。どの馬も偉大な父のようにターフで大暴れしてもらいたい。

3,234

ビワハイジの15「プリメラビスタ」

プリメラビスタ(牝) 栗毛

プリメラビスタ(牝) 栗毛

父:オルフェーヴル
母:ビワハイジ
母父:Caerleon
調教師:池添学(栗東)
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

馬名の由来:最高級の景色(西)
via google imghp
名繁殖牝馬・ビワハイジのラストクロップとなるプリメラビスタ。一族にはジャパンカップなどGⅠ6勝の女傑ブエナビスタを筆頭に、クラシックを賑わせたアドマイヤオーラやアドマイヤジャパン、2歳女王ジョワドヴィーヴルなど活躍馬が並ぶ国内屈指の良血。これに三冠馬オルフェーヴルが仲間入りした今回、一族の期待を背負ってどんな活躍をしてくれるか大きな注目が集まる。母ビワハイジが高齢なのがやや気になるが、そこはフレッシュなオルフェーヴルの頑丈さが良い方に出てほしい。

シンハリーズの15「シンハラージャ」

シンハラージャ(牡) 栗毛

シンハラージャ(牡) 栗毛

父:オルフェーヴル
母:シンハリーズ
母父:シングスピール
調教師:石坂正(栗東)
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

馬名の由来:「ライオンの王国」という意味を持つスリランカの国立公園。母名より
via google imghp
昨年のオークス覇者シンハライトの半弟にあたるシンハラージャ。一族にはその他にアダムスピークやリラヴァティといった重賞ウイナーが並び、全体を通してもほぼハズレのない血統。現在もノーザンファームにて秋のデビューに向けて調整されており、牧場関係者は「スピードがあって動きは抜群」と高評価を与えている。ただ、一族特有の欠点でもある脚元の弱さが唯一の不安材料だが、オルフェーヴルに変わってタフさが加われば名馬になりうる可能性は大いに高い。ファンとしては父と姉の主戦を務めた池添謙一騎手を背に走ってもらいたいが果たして・・・。

ラティールの15「サイン」

サイン(牡) 芦毛

サイン(牡) 芦毛

父:オルフェーヴル
母:ラティール
母父:タマモクロス
調教師:森田直行(栗東)
馬主:ノースヒルズ
生産者:ノースヒルズ

馬名の由来:啓示
via google imghp
半兄に京都大賞典など重賞4勝を挙げたヒットザターゲットがいる血統で、サインは母ラティールのラストクロップとなる。またその体内にはメジロマックイーン、サンデーサイレンス、タマモクロス、ニホンピロウイナーといった日本競馬を彩ってきた名馬の血が流れており、競馬ファンとしては大きな期待をせずにはいられない。9歳ながら今も現役で走っている兄のように弟も息の長い活躍をして感動的なドラマを見せてほしい。これはすでに超追い込み馬確定だろう。

ブラックエンブレムの15「マルーンエンブレム」

マルーンエンブレム(牝) 栗毛

マルーンエンブレム(牝) 栗毛

父:オルフェーヴル
母:ブラックエンブレム
母父:ウォーエンブレム
調教師:小島茂之(美浦)
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

馬名の由来:栗色+母名の一部
via google imghp
母は秋華賞馬で、半兄のブライトエンブレムとアストラエンブレムは現役で活躍しているオープン馬。オルフェーヴル産駒の妹マルーンエンブレムは馬体こそ410kg前後と小柄だが、牧場関係者曰く「走りは素軽く、日に日に成長している」と期待が持てるコメント。ただ、オルフェーヴル×ウォーエンブレムの組み合わせは気性的に危うく、牧場でもすでにわがままぶりを発揮しているようだ。扱う人間はかなり苦労しそうだが、順調にデビューできればそこそこ活躍してくれるはず。

レーヴドスカーの15「レーヴドリーブ」

レーヴドリーブ(牝) 栗毛

レーヴドリーブ(牝) 栗毛

父:オルフェーヴル
母:レーヴドスカー
母父:Highest Honor
調教師:高野友和(栗東)
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

馬名の由来:夢(仏)+オリーブ(仏)、オリーブの花言葉より「勝利」を連想
via google imghp
2歳女王レーヴディソールや重賞勝ち馬レーヴミストラルなどがいる「華麗なるレーヴ一族」の9番子にあたるレーヴドリーブ。8頭の異父兄姉全頭が中央で勝ち上がっているように血統の下地は言うまでもなく十分整っており、妹のレーヴドリーブもほぼ高確率で勝ち上がるのではないだろうか。その反面、この血統の欠点でもある体質の弱さが懸念されるが、オルフェーヴルに変わったことで強化されれば息の長い活躍が見込める。

その他に

アマイロ(牝) 母:キストゥヘヴン 母父:アドマイヤベガ

アランブレラ(牡) 母:クルソラ 母父:Candy Stripes

アデル(牝) 母:ラフアウェイ 母父:タイキシャトル

アンルヴェ(牝) 母:アルデュイナ 母父:クロフネ

ショーンガウアー(牡) 母:マルティンスターク 母父:シンボリクリスエス

ロイヤルバローズ(牡) 母:ゴッドフェニックス 母父:ブライアンズタイム

レーヌアグリュム(牝) 母:ライムライトII 母父:Dalakhani

フィデリオ(牡) 母:エミナ 母父:デインヒル

サルーテ(牡) 母:シンディ 母父:A.P. Indy

レッドゼノビア(牝) 母:ビジュアルショック 母父:Kingmambo

ラントカルテ(牡) 母:ラルナデミエル 母父:Monsun

シーアフェアリー(牝) 母:シーリーコート 母父:Distorted Humor

アドマイヤツルギ(牡) 母:リュシオル 母父:クロフネ

エストゥディオ(牡) 母:ジャッキーテースト 母父:カーネギー

まとめ

いよいよ今秋デビューを迎えるオルフェーヴル産駒。徐々に馬名や馬主、所属厩舎も決まりあとは無事にターフに姿を見せてくれることを願うばかりだ。

なかでも注目は、ビワハイジの子プリメラビスタとシンハリーズの子シンハラージャだろうか。どちらもすでに牧場関係者の評価が高く、確実に走ってきそうな感じがする。来年の牡牝クラシックはオルフェーヴル産駒がディープインパクト産駒を圧倒するかもしれない。ここからはより一層オルフェーヴル産駒の動向に注目してほしい。
google imghp (27985)

via google imghp
33 件

関連する記事

プリメラビスタが未勝利戦に登場、仕切り直しの1戦で美酒を

プリメラビスタが未勝利戦に登場、仕切り直しの1戦で美酒を

ビワハイジのラストクロップ、プリメラビスタ。期待された新馬戦はあえなく8着に敗れはしたが、そこから無理に使う事無く立て直しを図って暮れの未勝利戦に出走する。メンバーは揃った印象だが、ここを勝てば改めてクラシックへ。
 2,966
ラッキーライラックが阪神JFを完勝、2歳牝馬の女王に

ラッキーライラックが阪神JFを完勝、2歳牝馬の女王に

オルフェーヴル産駒のラッキーライラックが阪神ジュベナイルフィリーズを鮮やかに差し切り、無傷の3連勝で2歳チャンピオンに輝いた。まだまだ成長途上で、来年の牝馬クラシックは本格化した同馬が席巻する事になるかもしれない。
 2,141
レーヴドリーブが未勝利戦で2着激走、じきに勝ち上がりか

レーヴドリーブが未勝利戦で2着激走、じきに勝ち上がりか

シルクホースクラブの期待馬レーヴドリーブ。新馬戦では4着に甘んじたが、続く未勝利戦で後方から鋭く追い込んで2着に入線。母レーヴドスカーの底力を見せ付ける内容だった。計算ではオープンまで行ける産駒、次走に目が離せない。
 1,629
シエラが阪神芝1800mの新馬戦デビュー、半兄は重賞2勝

シエラが阪神芝1800mの新馬戦デビュー、半兄は重賞2勝

兄に重賞2勝のアルバートドックを持つシエラが満を持して登場。ロックディスタウンやラッキーライラックなどを輩出するオルフェーヴル産駒にまた新たな大物出現となるか。須貝尚介厩舎期待の1頭、川田将雅騎手が手綱を取る。
 936
デルニエオールが白菊賞で2勝目目指す、暴君の妹が大暴れだ

デルニエオールが白菊賞で2勝目目指す、暴君の妹が大暴れだ

伝説の3冠馬オルフェーヴルの全妹デルニエオールが早くも2戦目の舞台へ。今度は牝馬限定戦の500万下戦、白菊賞で確実に賞金を加算する目論見だ。鞍上は兄弟の主戦池添謙一騎手から、若手ホープの松山騎手へバトンタッチとなる。
 3,196

関連するタグ

著者

BRIAN BRIAN