2017年1月24日 更新

有馬4着のヤマカツエースが豪州のクイーンエリザベスSに登録

昨年の昨年の有馬記念で4着に好走したヤマカツエースが、4月8日に豪州で行われるGⅠクイーンエリザベスSに登録している事が分かった。尚、同レースには2016年芝部門の世界最高ランク馬で地元の雄であるウィンクスも出走予定。

352

春にオーストラリアへ遠征か!?

ヤマカツエース 牡5歳

ヤマカツエース 牡5歳

父馬:キングカメハメハ
母馬:ヤマカツマリリン
母父:グラスワンダー
所属:池添兼雄厩舎(栗東)
生産:岡田牧場(新ひだか町)
馬主:山田和夫

通算成績:22戦6勝(6-1-2-13)
主な戦績:金鯱賞、中山金杯、福島記念など
via google imghp
重賞4勝の古豪ヤマカツエースに何と春の豪州GⅠへチャレンジするプランが浮上して来た。

参戦するレースは、南半球で言う秋競馬最大イベント“チャンピオンシップス”のメインにあたるクイーンエリザベスS。同レースには、あの現役世界最強牝馬の呼び声が高いオーストラリアの名馬ウィンクスも出走を予定しており、もしヤマカツエースの参戦が現実化した場合は日本国内でも非常に盛り上がりそうな1戦となる。

【有馬記念での強烈な末脚】

2016年12月25日 有馬記念 芝2500m 中山競馬場

1着:サトノダイヤモンド(ルメール) 1番人気
2着:キタサンブラック(武豊) 2番人気
3着:ゴールドアクター(吉田隼) 3番人気
4着:ヤマカツエース(池添) 8番人気
5着:ミッキークイーン(浜中) 7番人気
上位3頭は人気通りの3強決着となった昨年の有馬記念。

キタサンブラックを始めとする先行勢がそのまま粘り込んだレースの中で、後方からただ1頭だけ他馬とは違う脚で猛追して来た馬が4着に入ったヤマカツエースだった。

2016年シーズンは中山金杯、福島記念、金鯱賞と重賞を3勝するなど全シーズンを通して地味に活躍したが、最後のグランプリでその存在感を堂々と競馬ファンに見せつけた。

豪クイーンエリザベスSとは??

クイーンエリザベスSが行われるロイヤルランドウィック競馬場

クイーンエリザベスSが行われるロイヤルランドウィック競馬場

『クイーンエリザベスS』
格付:GⅠ
条件:3歳以上
距離:芝2000m
賞金:400AUD(約3億4000万円)
via google imghp
名称の変更はあれど、1851年から約160年以上も続く歴史あるレースだ。

3年前からはブリーダーズカップチャレンジの対象レースに指定され、勝ち馬にはブリーダーズカップターフへの優先出走権が付与。賞金も高く、地元の強豪は勿論の事、世界各地の猛者が集結しチャンピオンの座を競い合うエキサイティングな展開が現地の競馬ファンを熱くさせている。

【2015年のレース映像】

2015年4月11日 クイーンエリザベスS 芝2000m ロイヤルランドウィック競馬場

1着:クライテリオン(ウィリアムズ)

5着:トーセンスターダム(ベリー)
 
12着:トゥザワールド(バートン)

レースタイム:2.05.3(重)
レース上がり3ハロン:計不
勝ち馬上がり3ハロン:計不
一昨年の同レースには、池江泰寿厩舎からトゥザワールドとトーセンスターダムの2頭が出走。特に前者は前走のBMW賞(豪)2着が評価され1番人気に支持されていた。が、しかし海外の壁はやはり厚く上記の様に大敗している。

あのウィンクスも出走予定!?

ウィンクス 牝6歳

ウィンクス 牝6歳

父馬:Street Cry
母馬:Vegas Showgirl
母父:Al Akbar
所属:Chris Waller厩舎(豪)
生産:Fairway Thoroughbreds(豪)
馬主:Magic Bloodstock Racing,R.G.Treweeke&Mrs D.N.Kepitis

通算成績:23戦17勝(17-3-0-3)
主な戦績:クイーンズランドオークス、エプソムH、コックスプレート、ジョージライダーS、ドンカスターマイル、コーフィールドSなど
昨年度のワールドベストホースランキングでは芝部門で堂々のトップに輝いた名牝ウィンクス。

2015年のオーストラリアンオークスを負けたのが最後で、現在破竹の13連勝中(内、GⅠ9勝)ととてつもない成績を残しているのだ。その同馬もクイーンエリザベスSには未出走で、地元の陣営としては是が非でも獲っておきたいタイトルの一つだろう。

【圧巻の前走】

2016年10月22日 コックスプレート 芝約2000m ムーニーバレー競馬場

1着:ウィンクス(ボウマン)
2着:ハートネル(マクドナルド)

レースタイム:2.06.3(重)
レース上がり3ハロン:計不
勝ち馬上がり3ハロン:計不
驚異的な強さで無敗のまま終えた昨年。最もハイパフォーマンスだったのが前走のコックスプレートだ。

画像を見てもらえると一目瞭然だが、1頭だけ異次元の走りを見せて後続をぶっちぎっての勝利。しかも、この時の2着馬ハートネルは一昨年のBMW賞でトゥザワールドを破っている事から、ウィンクスの怪物ぶりが如何に凄いかがお分かり頂けよう。

まとめ

以上、ヤマカツエースの遠征に関するまとめでした。

但し、登録段階なので実際にどうなるかはまだ何とも言えません。現実的に見れば幾ら賞金が高いとは言え海外で1戦するのに掛かる諸経費や期間を考えると、その間に国内で数戦している方がよっぽど資金面的にも効率良く稼げますからね。ドバイなどの大レースで招待されない限り、渡航費や現地での管理維持費などは全て馬主負担。その上で海外で入着しなければ賞金も入って来ない訳ですから、そのリスクは想像以上に高いと言えます。

しかしながら、逆を言えば困難な道だからこそのそこに大きな競馬のロマンがあるのです。自分ももし馬主の立場なら、所有馬で海外のGⅠを制覇する事は大きな夢の一つとなる筈。ヤマカツエースの能力や血統から鑑みても、決して不可能では無いポジションだと思います。出走した場合は、あのウィンクスを破って大金星となるビッグニュースが届く事を楽しみに待ちましょう。
20 件

関連する記事

札幌記念 2017 結果 動画

札幌記念 2017 結果 動画

日曜日に行われた札幌記念はサクラアンプルールが直線豪快に突き抜けて重賞初勝利を飾った。ゴール前クビ差まで際どく迫ったナリタハリケーンが2着に入線、1番人気のヤマカツエースは見せ場を作るも直線で力尽きて3着に敗退した。
 214
【動画、結果】ニュージーランドTの予想に使える歴代レースまとめ

【動画、結果】ニュージーランドTの予想に使える歴代レースまとめ

NHKマイルCへの登竜門、ニュージーランドT。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 111
【的中結果】2017年大阪杯はキタサンブラックが初代チャンピオンに輝く

【的中結果】2017年大阪杯はキタサンブラックが初代チャンピオンに輝く

日曜日に行われた大阪杯はキタサンブラックが堂々の先行から王者の貫禄でGⅠ4勝目。年度代表馬に恥じない堂々たる競馬を見せた。二着は積極策のステファノス、三着はヤマカツエースが入線。
 235
2017年競走馬世界ランキング発表...サトノクラウンが日本勢トップ!!

2017年競走馬世界ランキング発表...サトノクラウンが日本勢トップ!!

IFHA(国際競馬統括機関連盟)が、ロンジンワールドベストレースホースランキング(1月1日~3月5日)を発表した。1位タイは昨年に続いてアメリカのアロゲートとオーストラリアのウィンクス、日本勢ではサトノクラウンの4位が最高となった。
 1,529
【的中結果】2017年金鯱賞はヤマカツエースが堂々の競馬で変則連覇達成

【的中結果】2017年金鯱賞はヤマカツエースが堂々の競馬で変則連覇達成

土曜日に行われた金鯱賞はヤマカツエースが連覇達成。時期が移行された事により約3ヶ月での同一重賞連勝となった。2着には逃げたロードヴァンドール、3着はスズカデヴィアスが入線。
 163

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王