2017年7月12日 更新

2017年セレクトセールの1歳セリ高額取り引き馬一覧

2017年セレクトセールが終わり、2019年のクラシック有力候補が出揃いましたね。来年、再来年デビュー予定の中から特に注目すべき有力馬や高額取り引きされた産駒などを中心にピックアップ。来年のPOGにご参考下さい。

629

リッスン2016 2億7000万円

リッスン2016

リッスン2016

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リッスン
母父:Sadler's Wells
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:里見治
via google imghp
何と言っても驚きが1歳セリでトップとなる2億7000万円もの高額で落札されたリッス2016。全兄姉にローズステークス馬のタッチングスピーチや2017年クラシック戦線で有力候補に挙がったムーヴザワールドなどがいる良血馬だ。とは言え、常に馬体が映える一族という捉え方も出来るのが厄介な点。“ディープインパクト×Sadler's Wells”の配合が他で成功例を見掛けないのもやや気掛かりではある。先ずは1つ下の全妹リンフォルツァンドの活躍を期待したい。里見オーナーの絶好調ぶりにあやかりたい所だ。

シルヴァースカヤ2016 2億6000万円

シルヴァースカヤ2016

シルヴァースカヤ2016

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:シルヴァースカヤ
母父:Silver Hawk
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:キーファーズ
via google imghp
現在、シルバーステートの復活で株価が上昇中のシルヴァースカヤ産駒。例の如く、2017年セレクトセールでもその全弟となるディープインパクト産駒が2億6000万円という高額で取り引きされ話題を集めた。落札したのは新進気鋭の大物馬主キーファーズの松島正明氏。所有馬のレースではほぼ武豊(武幸四郎)騎手を起用する武フリークのオーナーで有名だ。氏の夢は『武豊騎手で凱旋門賞を制する事』だそうで、この馬がその願いを叶えてくれる1頭になるのだろうか。

サミター2016 2億5000万円

サミター2016

サミター2016

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:サミター
母父:ロックオブジブラルタル
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:ダノックス
via google imghp
上位2頭に続く高額馬、2億5000万円で取り引きされたのがサミター2016。母はアイルランドの1000ギニーやアメリカのガーデンシティステークスなど世界各国で重賞を3勝した実力馬で、その初仔からいきなりの注目馬を輩出した。初年度産駒はリスクも高いが、“ディープインパクト×ロックオブジブラルタル”はミッキーアイルでも成功している配合でハズレを引く可能性は低いと見て良いだろう。馬主はダノンのダノックスさん。

シャンパンドーロ2016 1億9500万円

シャンパンドーロ2016

シャンパンドーロ2016

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:シャンパンドーロ
母父:Medaglia d'Oro
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:インゼル
via google imghp
2億にもうすぐ手が届きそうだったシャンパンドーロ2016は1億9500万円で落札。上の2頭(フォギーナイトとカザン)が2億3000万円オーバーの産駒だったので、この馬が少し安く感じてしまうのが不思議な現象だ。正直まだ実績が残せていない一族だけに鵜呑みは出来ないが、毎年高額になる程に馬体や雰囲気には大物感があるのだろう。馬主のインゼルが聞き慣れないが、恐らくキーファーズと同系の会社と推測する。

ガールオンファイア2016 1億8000万円

ガールオンファイア2016

ガールオンファイア2016

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ガールオンファイア
母父:アグネスタキオン
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:小笹芳央
via google imghp
この日のキングカメハメハ産駒最高額となる1億8000万円で取り引きされたガールオンファイア2016。母はまだ産駒が1頭しかいない中で何故ここまで高騰したかというと、祖母レディブロンドが影響している。つまりは、2017年日本ダービー馬のレイデオロと4分の3が同血なのである。その初年度産駒アグニシャインもハービンジャー産駒ながら2戦1勝と好内容で勝ち上がっていた。ある意味で掘り出し物の1頭かもしれない。馬主はホウオウでお馴染みの小笹氏。

キングスローズ2016 1億8000万円

キングスローズ2016

キングスローズ2016

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:キングスローズ
母父:Redoute's Choice
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:NICKS
via google imghp
2017年クラシック戦線で最有力候補にも挙げられたサトノアーサーの半弟にあたるキングスローズ2016。上位3頭の2億超えには及ばなかったが、本馬も1億8000万円の高額でNICKS(冠名スワーヴ)が落札している。父がロードカナロアに変わり筋肉質な馬体となって短距離適性の強い1頭となるだろうが、これまでの産駒を見ると気性も素直で母系によっては中距離も十分に持つと判断する。

ラヴズオンリーミー2016 1億6000万円

ラヴズオンリーミー2016

ラヴズオンリーミー2016

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:DMMドリームクラブ
via google imghp
初日の牝馬最高額となる1億6000万円で落札されたのがラヴズオンリーミー2016。全兄にリアルスティールやプロディガルサンなどがいる言わずと知れた超良血馬だ。“ディープインパクト×Storm Cat”の黄金配合は何頭もの成功例が見られ、本馬も恐らく価格に見合った能力を備えているだろう。何より、特筆すべきは購入者がネット業界最大手のDMM.comという点。詳しい内容は他の記事にてご確認下さいませ。

まとめ

以上6頭が、2017年セレクトセールの初日で高額取り引きされた注目馬。

この他にも、億超えが1歳セリだけで15頭と昨年を1頭を上回る好調な滑り出しで、落札総額においても約5億円の記録更新と非常に景気が良い馬産地業界。どんどん質の高い馬を生産して、世界で戦える競走馬を1頭でも多く輩出して欲しいものである。

POG情報については随時更新予定。どうぞお楽しみに。
23 件

関連する記事

【POG】DMMドリームクラブ有力馬【一口馬主】

【POG】DMMドリームクラブ有力馬【一口馬主】

2015~2017年に産まれたDMMドリームクラブ所属の募集馬を高額順にまとめました。一口馬主アプリのDMMバヌーシー内で購入する際にご活用頂ければ幸いです。尚、早期掲載で画像が無い産駒も見られますのでご了承下さい。
 1,005
DMMバヌーシーの超良血馬ラヴズオンリーミー2016は一口3万2000円!!

DMMバヌーシーの超良血馬ラヴズオンリーミー2016は一口3万2000円!!

8月5日に運用が開始される一口馬主アプリのDMMバヌーシー。その募集馬の中でも大注目のラヴズオンリーミー2016は一口価格が3万2000円になると発表された。同馬の全兄にはドバイターフを制したリアルスティールがいる。
 410
全兄姉以上の活躍が期待出来るノチェブランカ、新潟デビュー

全兄姉以上の活躍が期待出来るノチェブランカ、新潟デビュー

2年前のPOGで1番人気だったフォイヤーヴェルクを全兄に持つノチェブランカ。母はドイツのオークス馬ナイトマジックでそこにディープインパクトが配合され世界的良血と言っても過言ではない。遂にその血が覚醒する1頭の出現か。
 332
5億8000万円の全姉イルーシヴグレイスが注目のデビュー

5億8000万円の全姉イルーシヴグレイスが注目のデビュー

今年のセレクトセール当歳セリで史上2番目の高額取り引きをされた馬の全姉イルーシヴグレイス。ある意味で下の兄弟から視線が集まった形ではあるが、自身も6000万円で募集されている。姉の威厳を胸に額以上の走りを期待したい。
 410
怪物の妹ミカリーニョがデビュー、姉以上のキレ味披露??

怪物の妹ミカリーニョがデビュー、姉以上のキレ味披露??

昨年の朝日杯フューチュリティステークスで牝馬ながら1番人気に指示されたミスエルテの妹ミカリーニョがデビュー。土曜札幌芝1500mの新馬戦で登場する。ハーツクライに変わってイメージチェンジ。鞍上はC.ルメール騎手だ。
 916

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部