2017年4月7日 更新

2017年桜花賞出走有力馬の重馬場適性診断【稍重~不良】

関西の週末の天気は金土日と雨マーク。これはどう考えても桜花賞も重馬場開催が決定的です。と言う訳で、出走予定の有力各馬に馬場適性があるかどうかを1頭ずつチェックして行きましょう。但し、あくまでも推測の域を脱しませんw

上位人気順から(想定)

1番人気 ソウルスターリング

ソウルスターリング 牝3歳

ソウルスターリング 牝3歳

父馬:フランケル
母馬:スタセリタ
母父:Monsun
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:社台レースホース

通算成績:4戦4勝(4-0-0-0)
主な勝鞍:2016年阪神JF、2017年チューリップ賞など
via google imghp

重馬場適性→◯

これまでの戦績は4戦全て良馬場と重馬場適性については未知数のソウルスターリング。但し、走法や馬格を見ても決して苦手そうな感じは全く受けない。一瞬のキレに関しては他馬の方が勝っている事を考えれば、むしろ馬場が悪くなる事は更に味方している様なものかもしれない。母父にモンズーンがいるだけに力の要る馬場は間違いなく対応出来る事を含めると、得意かどうかは別としても能力面でマイナスに作用する事はほとんど皆無だろう。

2番人気 アドマイヤミヤビ

アドマイヤミヤビ 牝3歳

アドマイヤミヤビ 牝3歳

父馬:ハーツクライ
母馬:レディスキッパー
母父:クロフネ
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:近藤利一

通算成績:4戦3勝(3-1-0-0)
主な勝鞍:2017年クイーンCなど
via google imghp

重馬場適性→◯

アドマイヤミヤビはキレ味豊かな馬と言う印象で思われているだろうが、実は脚を持続的に使ってジワジワと追い込むタイプ。掻き込む走り方から見てもこなせると思われ、母父クロフネの血が濃く出ている印象だけに先ず問題無い。イメージとしてはソウルスターリングと同じ様なポジションにいるので、単純にこの2頭間の能力がレースで問われる事になりそのまま着差に表れるのではないだろうか。但し、臨戦過程においては遥かにソウルスターリングの方が好ましい。

3番人気 リスグラシュー

リスグラシュー 牝3歳

リスグラシュー 牝3歳

父馬:ハーツクライ
母馬:リリサイド
母父:American Post
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:キャロットファーム

通算成績:5戦2勝(2-2-1-0)
主な戦績:2016年アルテミスSなど
via google imghp

重馬場適性→△

母父のアメリカンポストはイギリス競馬で不良馬場でも圧勝している様に血統だけなら適性能力はある筈。が、未勝利戦で見せたレコード勝ちのパフォーマンスだけを見れば明らかに軽い芝でこそのタイプだろう。決してからっきしダメと言う事ではないだろうが、それでも上位2頭よりは割引材料の様に思える。追い込み馬にとってはなかなか難しい戦い方が強いられるだけに、レースでは余程武豊騎手が上手く乗らなければいけない。

4番人気 ミスエルテ

ミスエルテ 牝3歳

ミスエルテ 牝3歳

父馬:フランケル
母馬:ミスエーニョ
母父:Pulpit
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:社台レースホース

通算成績:3戦2勝(2-0-0-1)
主な勝鞍:2016年ファンタジーSなど
via google imghp

重馬場適性→△

血統だけで言えば余裕でこなせると判断するのだが、フォームがピッチ走法で一瞬のキレで勝負するタイプとしては余り向いているとは思えない。ソウルスターリングに勝てるとしたら展開がハマった時のミスエルテかと思っていたが、馬場が悪くなる様なら逆に馬券圏外へ飛ぶ事を想定しておかなくてはならないだろう。追い込み馬で最内枠と言うパターンはファンタジーSと全く一緒。川田将雅騎手が内を突いて伸びて来るとは思えないだけに大外ぶんまわしの伸びずのシーンが容易に想像出来る。

5番人気 ミスパンテール

ミスパンテール 牝3歳

ミスパンテール 牝3歳

父馬:ダイワメジャー
母馬:エールドクラージュ
母父:シンボリクリスエス
所属:昆貢(栗東)
生産:三城牧場(日高町)
馬主:寺田千代乃

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:2017年チューリップ賞2着など
via google imghp

重馬場適性→◎

ダイワメジャー×シンボリクリスエスと来れば上がりが掛かってくれればくれる程にその能力は開花される事間違い無し。チューリップ賞では約半年ぶりとなる競馬で後方からリスグラシューを差し切った実力で、更に叩いた上積みも見込める。そこへ馬場適性の高さも加味されればひょっとすると逆転の目が出て来るかもしれない。いずれにせよ、展開の助けも必要なだけにそこは他力本願な部分もあるが大いに注目したい1頭だ。

6番人気 カラクレナイ

カラクレナイ 牝3歳

カラクレナイ 牝3歳

父馬:ローエングリン
母馬:バーニングレッド
母父:アグネスタキオン
所属:松下武士厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:吉田照哉

通算成績:4戦3勝(2-0-0-1)
主な戦績:2017年フィリーズレビューなど
via google imghp

重馬場適性→△

カラクレナイは非常に線引きが難しい。ローエングリンもアグネスタキオンも重~不良馬場をこなしていただけに血統面はクリア。しかし、走りを見る限りでは余り得意では無さそうな感じもする。ここは走ってみてどうかに賭けるしか無く筆者も断定的な発言は避けたいと思う。但し、ひとつ言える事は、重馬場になればなる程パワー&スタミナが必要となって来るのは確か。そう言う意味で、これまで1400mしか走った事の無い同馬にとってはやや不利な要素が多いと見るべきか。

7番人気 アエロリット

アエロリット 牝3歳

アエロリット 牝3歳

父馬:クロフネ
母馬:アステリックス
母父:ネオユニヴァース
所属:菊沢隆徳(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:4戦1勝(1-3-0-0)
主な戦績:2017年クイーンC2着など
via google imghp

重馬場適性→◯

クロフネ×ネオユニヴァースで重馬場をこなせない産駒はいないだろう。4戦全て良馬場でのレースとなっているが、基本的に走りを見ていればある程度こなせそうな事は分かるもの。アエロリットも例外では無く、フットワークも含めて全てが良い方向に出ると判断して良い。が、後は余り桜花賞向きでないローテーションと実力そのものが足りているかどうかの話にはなって来るのだが…そこは天才横山典弘騎手の手腕を楽しみにしたい。

8番人気 レーヌミノル

レーヌミノル 牝3歳

レーヌミノル 牝3歳

父馬:ダイワメジャー
母馬:ダイワエンジェル
母父:タイキシャトル
所属:本田優厩舎(栗東)
生産:フジワラファーム(新ひだか町)
馬主:吉岡實

通算成績:6戦2勝(2-2-1-1)
主な戦績:2016年小倉2歳Sなど
via google imghp

重馬場適性→◎

別記事でも書いたが、ダイワメジャーも湿った馬場は得意。それに輪をかけてタイキシャトルは不良馬場でとんでもないパフォーマンスを発揮してた程の重馬場巧者だった。その掛け合わせで走らない馬もいないと思うが、レーヌミノルはそもそもの馬体が圧倒的なパワータイプ。小さい重戦車の様なフォルムをしており、雨が降って1番喜ぶべきは同馬に違いない。距離もマイルまでは持つ事から大駆けするならこれだろう。

まとめ

以上、桜花賞出走予定馬(上位8位まで)の重馬場適性診断でした。

何度も申し上げますが、あくまでこれらは筆者の個人的見解によるものです。断定した要素ではありませんので、その点は予めご了承下さい。

それにしても、ソウルスターリングの欠点が未だに見当たりません。重馬場も恐らく普通にこなせると予想され、もしかすると余計にパフォーマンスが上がって圧勝みたいなケースも有り得ますよね。一瞬でかわされるのが唯一の負けパターンかなと思っていたので、これで更に頭固定の買い方が濃厚となって参りました。さて、アナタならどう購入されますか??
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2017年オークス(優駿牝馬)の出馬表&予想

2017年オークス(優駿牝馬)の出馬表&予想

牝馬のクラシック第二冠、オークス(GⅠ、3歳、芝2400m)。今年は桜花賞でまさかの敗退を喫したソウルスターリングに実績馬リスグラシューやアドマイヤミヤビ、桜花賞を制したレーヌミノルなどが出走予定。発走は15時40分。
14,484 view
2017年オークスのサイン馬券は眞子さまの結婚から大予想w

2017年オークスのサイン馬券は眞子さまの結婚から大予想w

絶対王者ソウルスターリングの敗北により一気に混戦模様と化したオークス。非常に読み難い1戦となっています。そこで今回は同レースのサイン馬券を、先に婚約が発表された眞子さまと照らし合わせて徹底検証して行きたいと思います。
6,155 view
2017年チューリップ賞(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年チューリップ賞(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

桜花賞への最短最適ルート、チューリップ賞(GⅢ、3歳、芝1600m)。今年は昨年の2歳女王ソウルスターリングやそのライバル筆頭候補のリスグラシューなどが出走予定。発走は15時35分。
367 view
2017年オークス(優駿牝馬)はソウルスターリング、的中結果

2017年オークス(優駿牝馬)はソウルスターリング、的中結果

日曜日に行われたオークスはソウルスターリングが早め抜け出しから後続を突き放す競馬でGⅠ2勝目を飾る。桜花賞惜敗のリベンジを見事大一番で果たした。2着はモズカッチャン、3着に2番人気アドマイヤミヤビが入線。
242 view
【的中結果】2017年桜花賞はレーヌミノルが鮮やかに抜け出して1冠目を制す

【的中結果】2017年桜花賞はレーヌミノルが鮮やかに抜け出して1冠目を制す

日曜日に行われた桜花賞はレーヌミノルが先行策から早め先頭でそのまま押し切り桜の女王に輝く。二着はリスグラシュー、三着に圧倒的人気を背負ったソウルスターリングが入線し荒れる結果となった。
230 view

共通キーワード

この記事のキュレーター

マッケン王 マッケン王