2017年1月30日 更新

【ペガサスワールドC】アロゲートが世界最高賞金レースを制す!!

今年から新たに創設された米GⅠ「ペガサスワールドカップ」が28日にフロリダ州のガルフストリームパーク競馬場(ダート1800m)で行われ、アロゲートが後続を5馬身以上突き放して快勝し、3つ目のGⅠタイトルを手にした。

ペガサスワールドカップ(GⅠ)

ペガサスワールドカップ(GⅠ)

via google imghp
今年から新たに創設されたGⅠレース。ガルフストリームパーク競馬場(ダート1800m)を舞台に、世界最高となる総賞金1200万ドル(約13億8000万円)、優勝賞金700万ドル(約8億500万円)を争う。

アロゲートが記念すべき第一回目を制す!!

2017年ペガサスワールドC〈動画・結果〉

米・ガルフストリームパーク競馬場
ダート1800m・GⅠ・12頭立て

1着=アロゲート
2着=シャーマンゴースト
3着=ネオシリック
4着=キーンアイス
5着=ウォーストーリー

9着=カリフォルニアクローム
昨年の世界ランク1位【アロゲート】VS昨年の米年度代表馬【カリフォルニアクローム】の2強対決となった第一回目のペガサスワールドカップ。レースは最内枠からスタートしたアロゲートが楽に3番手を確保し、後ろの4番手に大外枠のカリフォルニアクロームが付ける展開。最後のコーナー手前でアロゲートが先頭に躍り出ると、ここから一気に独走態勢に入り、2着のシャーマンゴーストに5馬身以上の差をつけてゴールした。
アロゲート(牡4歳)

アロゲート(牡4歳)

父:Unbridled's Song
母:Bubbler
母父:Distorted Humor
調教師:B.バファート(米)
通算成績:7戦6勝【6-0-1-0】
主な勝鞍:16'トラヴァースS(GⅠ)・16'BCクラシック(GⅠ)・17'ペガサスワールドカップ(GⅠ)
via google imghp
勝ったアロゲートはこの勝利で、トラヴァースS、BCクラシックに続く3つ目のGⅠタイトルを獲得。昨年は、トラヴァースSでの13馬身差圧勝、BCクラシックでカリフォルニアクロームを撃破したパフォーマンスから、ロンジンワールドレースホースランキングによる世界ランキングで第1位の評価を受けていた。今回、”世界最強馬”の名に相応しい走りを見せ、ここから更なる飛躍が期待される。

2度の年度代表馬カリフォルニアクロームは9着に敗れる

カリフォルニアクローム(牡6歳)

カリフォルニアクローム(牡6歳)

父:Lucky Pulpit
母:Love the Chase
母父:Not for Love
調教師:A.シャーマン(米)
通算成績:27戦16勝【16-4-1-1】
主な勝鞍:16'ドバイワールドカップ(GⅠ)など
via google imghp
アロゲートをマークする形で好位からレースを進めたカリフォルニアクロームだったが、3コーナー過ぎから手応えが怪しくなり、鞍上も激しく追うことなく9着に敗れた。本馬は14年の米二冠馬で、年度代表馬にも14&16年に2度選出。ここまで積み重ねたGⅠタイトルは7つ。

今回、6歳となって迎えた初戦だったが、スタートから行き脚がつかず出ムチを入れられる珍しい場面があり、能力の衰えと共に体調も万全はなかったのだろう。さらに、レース後には右膝の故障が判明し、カリフォルニアクロームはこれで現役を引退。今後は種牡馬として第二の人生を送ることになる。

まとめ

アロゲートの圧勝、カリフォルニアクロームの惨敗と2強の明暗がはっきりと分かれた第一回目のペガサスワールドカップ。カリフォルニアクロームの負け方にはかなりショックだったが、一方で昨年世界1位に輝いたアロゲートはさすがと言ったパフォーマンスを見せてくれた。アロゲートはまだ4歳と若く、ここからカリフォルニアクロームを超える活躍をしてくれる可能性は大いにある。

さらに今後は日本や世界各国からダート界の強豪が参戦する日も近く、賞金だけではなく、レースレベルも世界最高基準になるはず。いつか日本から”世界最強ダート王”が誕生してくれることを願っている。
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【AJCC(GⅡ)・結果】タンタアレグリアが内から抜け出して重賞初制覇!!

【AJCC(GⅡ)・結果】タンタアレグリアが内から抜け出して重賞初制覇!!

22日、中山競馬場で行われたアメリカジョッキークラブカップ(GⅡ・4歳上・芝2200m)は、蛯名正義騎手騎乗の7番人気タンタアレグリアが、最後の直線で内から抜け出して後続の追撃を完封。5歳にして重賞初制覇を飾った。
214 view
【東海S(GⅡ)・結果】4歳馬グレンツェントが差し切って重賞2勝目!!

【東海S(GⅡ)・結果】4歳馬グレンツェントが差し切って重賞2勝目!!

22日、中京競馬場で行われた東海S(GⅡ・4歳上・ダ1800m)は、1番人気に支持された横山典弘騎手騎乗のグレンツェントが、最後の直線で馬群の外から伸びて優勝。重賞2勝目を挙げてGⅠフェブラリーSへの切符を手にした。
215 view
【日経新春杯(GⅡ)・結果】ミッキーロケットがハナ差接戦を制して重賞初制覇!!

【日経新春杯(GⅡ)・結果】ミッキーロケットがハナ差接戦を制して重賞初制覇!!

17日(火)に行われた日経新春杯(GⅡ・4歳上・京都芝2400m)は、和田竜二騎手騎乗の1番人気ミッキーロケットがゴール前で2番人気シャケトラとの激しい追い比べをハナ差制して重賞初制覇を飾った。
181 view
【京成杯(GⅢ)・結果】コマノインパルスが直線一気で重賞初制覇!!

【京成杯(GⅢ)・結果】コマノインパルスが直線一気で重賞初制覇!!

日曜、中山競馬場で行われた京成杯(GⅢ・3歳・芝2000m)は、田辺裕信騎手騎乗の1番人気コマノインパルスが、最後の直線で外から堂々抜け出して勝利。次走は未定だが、順調に行けば予定通りクラシック戦線を歩む。
231 view
【愛知杯(GⅢ)・結果】マキシマムドパリが差し切って重賞初制覇!!

【愛知杯(GⅢ)・結果】マキシマムドパリが差し切って重賞初制覇!!

土曜、中京競馬場で行われた愛知杯(GⅢ・4歳以上・牝・芝2000m)は、後方4、5番手でレースを進めた岩田康誠騎手騎乗の1番人気マキシマムドパリが、直線で外から豪快に追い込んで快勝し、念願の重賞タイトルを手にした。
165 view

共通キーワード

この記事のキュレーター

BRIAN BRIAN