2017年4月3日 更新

2017年4月第1週後の次走注目馬まとめ

2017年4月第1週のレース内容と結果を振り返りながら次走以降で追いかけたい馬をピックアップ。中山・阪神競馬の全48レースから厳選した5頭を挙げているので是非ご覧いただきたい。

アドミラブル|土曜阪神9R|アザレア賞

アドミラブル(牡3歳)

アドミラブル(牡3歳)

父:ディープインパクト
母:スカーレット
母父:シンボリクリスエス
調教師:音無秀孝(栗東)
馬主:近藤英子
生産者:ノーザンファーム
通算成績:3戦2勝
via google imghp
単勝オッズ1.9倍の断然人気を集めたアドミラブルが2番人気アドマイヤロブソンに3馬身差つけて快勝。スタート後は後方の外目を追走していたが、スローペースだったため向正面から徐々に進出して2番手へ浮上。直線では一気の加速力で後続を突き離し、最後は流す余裕の勝ちっぷりで未勝利から2連勝を飾った。昨年9月のデビュー戦は9着に敗れたが、喉を手術した2走は馬がガラッと変わった印象。次はダービートライアル・青葉賞(GⅡ)を目指すが、無事に本番へ進めれば面白い存在になる。

スマートアヴァロン|土曜阪神11R|コーラルS

スマートアヴァロン(牡5歳)

スマートアヴァロン(牡5歳)

父:サウスヴィグラス
母:スズカブルーム
母父:スキャターザゴールド
調教師:西園正都(栗東)
馬主:大川徹
生産者:グランド牧場
通算成績:22戦7勝
via google imghp
断然人気スマートアヴァロンが格の違いを見せつけて快勝。スタート後は後方4、5番手で折り合いに専念。直線に入り勝負所で外に持ち出されると、一頭だけ次元の違う末脚で先行勢を一気に交わしてゴール。最後は抑える余裕のパフォーマンスで見事賞金加算に成功した。管理する西園師は「4コーナーで勝てると思った。直線で抜け出してソラを使っていたようにもっと能力はあると思う」と底を見せていないポテンシャルを評価。次はかきつばた記念(JpnⅢ)で重賞初制覇を狙う。

ダイワチャーチル|日曜中山7R|4歳上500万下

ダイワチャーチル(牡4歳)

ダイワチャーチル(牡4歳)

父:ハービンジャー
母:ダノンフローラ
母父:アグネスタキオン
調教師:国枝栄(美浦)
馬主:大城敬三
生産者:社台ファーム
通算成績:14戦2勝
via google imghp
期待の若手・野中悠太郎騎手を背にしたダイワチャーチルが単勝オッズ1.7倍の断然人気に応えて7馬身差の圧勝。8頭立てのレースはスタート後に5番手を追走する展開。3コーナー過ぎから徐々に進出を始めると、4コーナーでは外から捲るように2番手へ浮上。直線に入っても脚色は鈍ることなく後続をグングン突き離してトップでゴール板を駆け抜けた。昨年は同条件で二桁着順を続けてきたが、今年に入ってからは4戦して一度も3着以内を外していないように地力強化が著しい。次が今後占う試金石になるが、是非ともこのコンビで重賞まで進んでもらいたい。

リゾネーター|日曜中山10R|伏竜S

リゾネーター(牡3歳)

リゾネーター(牡3歳)

父:Blame
母:Bluegrass Sara
母父:Tabasco Cat
調教師:牧光二(美浦)
馬主:シルクレーシング
生産者:Hubert Vester
通算成績:4戦3勝
via google imghp
目下2連勝中のリゾネーターが力の違いを見せつけて4馬身差の圧勝。スタート後は好位3番手を確保し、抑えきれない手応えのまま直線入り口で早くも先頭に立つと、鞍上のゴーサインに素早く反応。最後はメンバー最速の上がりを繰り出して後続を突き離した。デビューからコンビを組む木幡巧也騎手は「直線ではいい脚を使ってくれた。クラスが違う感じだった」とレースぶりを絶賛すれば、管理する牧師も「まだ緩い。これからまだまだ伸びる馬」と秘めたポテンシャルに太鼓判を押す。次走以降も注目したい一頭だ。

オールザゴー|日曜阪神10R|マーガレットS

オールザゴー(牡3歳)

オールザゴー(牡3歳)

父:ステイゴールド
母:アルーリングボイス
母父:フレンチデピュティ
調教師:矢作芳人(栗東)
馬主:サンデーレーシング
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:7戦3勝
via google imghp
オールザゴーが距離短縮に成功してキャリア3勝目を挙げた。レースはスタート後に後方2番手で末脚を溜める展開。直線半ばで先行勢に並ぶと、最後はゴール前の接戦から1馬身抜け出した。鞍上の内田博幸騎手は「短い距離が合っている。幅の広がる競馬ができたので今後が楽しみ」と期待を寄せるコメント。母アルーリングボイスは現役時代に芝の短距離で4勝したスプリンターで、本馬も母系の血が濃く出ている印象。今後は1600m以下で飛躍を期待したい。次は短期放牧を挟んでNHKマイルC(GⅠ)へ直行する予定。

まとめ

以上、4月第1週の結果を受けての次走注目馬5頭をピックアップ。

注目はダービー参戦へ大きく前進したアドミラブルだろう。今年の牡馬路線は例年になく混戦ムードが漂う。もし、ダービー出走が叶えばかなり面白い存在になるはずだ。

あとは伏竜Sを快勝したリゾネーター。今回はやや相手に恵まれた感じだが、秘めたポテンシャルは間違いなく本物。次が試金石の一戦になるが、そこは難なくクリアしてもらいたい。是非ともこのコンビでジャパンダートダービーへ。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈2017/04/23〉今週のWIN5予想

〈2017/04/23〉今週のWIN5予想

4月23日(日)のWIN5各対象レースの注目馬と大筋の買い目をここで紹介。あくまで枠順決定前の段階のものであるため、最終的なジャッジは独自の予想スタイルと確固たる信念にお任せしたい!!
247 view
2017年4月第4週の注目出走馬まとめ

2017年4月第4週の注目出走馬まとめ

4月22・23日に出走を予定している出走馬の中から好走が期待できる注目馬をピックアップ。今週から東京・京都開催が始まり、より一層春競馬が盛り上がりそう。そして三冠馬オルフェーヴルの全妹がようやくターフに登場する。
161 view
2017年4月第3週の注目出走馬まとめ

2017年4月第3週の注目出走馬まとめ

4月15、16日に出走を予定している出走馬の中から好走が期待できる注目馬をピックアップ。今週は牡馬クラシック第一弾となる皐月賞が中山を舞台に行われ、前日の阪神でも古馬ダート重賞アンタレスS(GⅢ)と見どころ満載な週末。
203 view
2017年4月第2週後の次走注目馬まとめ

2017年4月第2週後の次走注目馬まとめ

2017年4月第2週のレース内容と結果を振り返りながら次走以降で追いかけたい馬をピックアップ。中山・阪神・福島競馬の全72レースから厳選した馬を挙げているので是非ご覧いただきたい。
194 view
2017年4月第2週の注目出走馬まとめ

2017年4月第2週の注目出走馬まとめ

4月8、9日に出走を予定している馬の中から好走が期待できる注目馬をピックアップ。今週はクラシック第一弾となる桜花賞が行われ、土曜は東西でNZT&阪神牝馬Sと見所満載な週末。そして条件戦にも春競馬らしく好逸材が揃った。
201 view

共通キーワード

この記事のキュレーター

BRIAN BRIAN