2017年1月11日 更新

【京都金杯・結果】エアスピネルがハナ差接戦を制して重賞2勝目

5日に京都競馬場で行われた京都金杯(G3・4歳以上・芝1600m)は、単勝1.8倍の断然人気に支持された武豊騎手騎乗のエアスピネルが、最後の直線でブラックスピネルとの競り合いをハナ差制し、重賞2勝目を挙げた。

352

エアスピネルがブラックスピネルとの”スピネル対決”を制す

先手を奪ったのは関東馬のペイシャフェリス。差がなくアルマディヴァンが続いて、エアスピネルは行きたがる面を見せながら中団の前目に付く。直線に入るとマイネルハニーがペイシャフェリスを交わして先頭に立つが、エアスピネルが並ぶ間もなくトップに躍り出る。馬場の真ん中からブラックスピネルが一気に差を詰めて来るが、その追撃をハナ差凌いでエアスピネルが2つ目の重賞タイトルを手にした。
エアスピネル

エアスピネル

父:キングカメハメハ
母:エアメサイア
母父:サンデーサイレンス
調教師:笹田和秀(栗東)
馬主:ラッキーフィールド
生産者:社台ファーム
通算成績:9戦3勝
主な勝鞍:'15デイリー杯2歳S(G2)・'17京都金杯(G3)
via google imghp
勝ったエアスピネルは、昨年のクラシック三冠全てに出走し、皐月賞4着、ダービー4着、菊花賞3着と世代屈指の実力を証明した。今年はマイル路線へ矛先を向け、その初戦にこのレースを選択。結果的に着差は広がらなかったが、前半折り合いを欠きながらも自分から勝ちに行ったレースぶりは今後に繋がるはず。絶対王者モーリスが引退した今、次のマイル王へ期待がかかる。

レース結果を振り返ってのベスト予想

◎エアスピネル
◯フィエロ
▲アストラエンブレム
▲ガリバルディ
△マイネルハニー
△ブラックムーン
×ブラックスピネル
×ミッキージョイ
本命は、得意のマイル戦に舞台を戻して死角らしい死角が見当たらないエアスピネル。今年は豪華メンバーが揃った京都だが、エアスピネルの一強ムードと考えて良い。対抗には、阪神Cから続投となるが、地力・実績上位のフィエロ。単穴は、ここにきてようやく本格化しつつあるアストラエンブレムとガリバルディの2頭。続く連下に前走のキャピタルSを快勝したブラックムーン。あとは、最内枠から一発ありそうなブラックスピネル、能力は十分足りるミッキージョイ、逃げ腰しぶといマイネルハニーまで。

全着順

着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 大川 小野寺 田中 単勝オッズ
1 6 エアスピネル 56.5 武豊 113.2 1:32.8(良) 1.8
2 1 ブラックスピネル 55.0 福永 108.4 ハナ × 13.1
3 5 フィエロ 57.5 フォーリー 110.4 1/2 12.7
4 14 アストラエンブレム 54.0 Mデムーロ 105.3 1.1/2 7.1
5 15 マイネルハニー 56.0 柴田大 105.0 1/2 18.8
6 11 ダンツプリウス 55.0 丸山 103.0 1/2 × 42.0
7 2 ケントオー 56.0 和田 103.8 クビ × 43.0
8 12 ミッキージョイ 55.0 横山典 103.0 1/2 × × 15.1
9 4 ブラックムーン 56.0 浜中 104.5 クビ 7.9
10 9 ダイシンサンダー 55.0 岩田 102.0 クビ 110.9
11 7 テイエムタイホー 56.0 102.6 1.1/2 172.3
12 8 ペイシャフェリス 53.0 秋山 100.0 3/4 238.0
13 18 ガリバルディ 57.0 ルメール 106.0 1/2 12.6
14 10 テイエムイナズマ 56.0 古川 101.4 3/4 95.4
15 17 ムーンクレスト 55.0 藤岡佑 104.0 1.1/2 × 144.1
16 3 アルマディヴァン 53.0 池添 100.9 1/2 256.9
17 16 サクラアドニス 52.0 高倉 98.2 3 531.5
18 13 ピークトラム 56.0 シュミノー 99.5 クビ 208.1


配当&本印予想結果

馬連予想 ⑥⑱-④⑤⑭⑮ 不的中
単勝 6 180円 枠連 1-3 830円
複勝 6 110円 ワイド 1-6 450円
1 250円 5-6 400円
5 200円 1-5 1,360円
馬連 1-6 1,120円 馬単 6→1 1,390円
三連複 1-5-6 3,260円 三連単 6→1→5 11,040円


編集部内の回顧

本命エアスピネルは、早め抜け出しだったので着差以上に強かったが想像より弱かった。対抗ガリバルディは不発。次走見直し。アストラエンブレムは展開もあったが久々重賞としては単穴でちょうどよかった。フィエロはやはり地力上位。マイネルハニー、ブラックムーンはこんなもんだろう。ブラックスピネルは見直しが必要そう。この距離が意外にいいのか。(大川)
◎エアスピネルは、着差こそギリギリだったもののやはりマイルがベストだなと。これからマイル路線一本に絞ればG1制覇も視界に入る。◯ブラックムーンは、前走のパフォーマンスを評価したが、まだ対抗レベルの馬ではなかった。▲ガリバルディは、大外響いたし、この程度の馬ではないはず。次は巻き返す。(小野寺)
15 件

関連する記事

【シンザン記念・結果】8番人気キョウヘイが後方一気で重賞初制覇

【シンザン記念・結果】8番人気キョウヘイが後方一気で重賞初制覇

8日に京都競馬場で行われたシンザン記念(G3・芝1600m)は、最後方からレースを進めた高倉稜騎手騎乗の8番人気キョウヘイが最後の直線で一気に先行馬を交わして優勝し、重賞初制覇を果たした。
 326
【フェアリーS・結果】10番人気ライジングリーズンが直線一気で重賞初V

【フェアリーS・結果】10番人気ライジングリーズンが直線一気で重賞初V

8日に中山競馬場で行われたフェアリーS(G3・芝1600m)は、最後の直線で外から脚を伸ばして来た丸田恭介騎手騎乗の10番人気ライジングリーズンが前を行く馬を捕えて勝利。1番人気のアエロリットは2着に敗れた。
 237
【中山金杯・結果】ツクバアズマオーが人気に応えて重賞初制覇

【中山金杯・結果】ツクバアズマオーが人気に応えて重賞初制覇

5日に中山競馬場で行われた中山金杯(G3・4歳以上・芝2000m)は、外から一気に伸びた1番人気ツクバアズマオーがクラリティスカイを競り落として優勝し、キャリア27戦目で見事に重賞初タイトルを手にした。
 245
2017年京都金杯(G3) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年京都金杯(G3) 出馬表&独自予想&予想オッズ

5日の京都金杯(G3・4歳以上・芝1600m)には、昨年のクラシック三冠で上位争いを演じたエアスピネル、虎視眈々と重賞初制覇を狙うアストラエンブレム&ブラックムーン、重賞連勝がかかるマイネルハニーなどが出走予定。
 783
札幌記念 2017 結果 動画

札幌記念 2017 結果 動画

日曜日に行われた札幌記念はサクラアンプルールが直線豪快に突き抜けて重賞初勝利を飾った。ゴール前クビ差まで際どく迫ったナリタハリケーンが2着に入線、1番人気のヤマカツエースは見せ場を作るも直線で力尽きて3着に敗退した。
 181

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部