2016年11月12日 更新

2016年福島記念(G3) 出馬表&独自予想&予想オッズ

福島開催の一年間を締め括る重賞レースとして定着している福島記念(G3・福島芝2000m)。今年は、ゼーヴィント&マイネルハニーの3歳馬に加えて、ダイワリベラル、クランモンタナといった実績豊富な古馬勢も集結した。

独自予想

◎マイネルハニー(牡3歳、美浦・栗田博憲厩舎)

マイネルハニー

マイネルハニー

父:マツリダゴッホ
母:ブライアンハニー
母の父:ナリタブライアン
via google imghp
今年3月のスプリングSでは、マウントロブソン、ロードクエスト、ミッキーロケット相手に逃げ粘って2着と好走。日本ダービー(16着)後は休養に充てて、前走10月のアイルランドTで戦線復帰を果たした。2番人気に支持された一戦は、好スタートから先手を奪い、最後はハギノハイブリッドに差し切られたものの、3着以下には4馬身以上のリードを保って2着を確保。このレースを含めて芝2000m以下の距離でハナを切った時は2勝2着2回と大崩れしていない。今回、小回りで先行力が活きる福島コースは本馬にとって申し分ない舞台で、自分の勝ちパターンに持ち込めれば勝ち負け必至だろう。

◯ ゼーヴィント(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)

ゼーヴィント

ゼーヴィント

父:ディープインパクト
母:シルキーラグーン
母の父:ブライアンズタイム
via google imghp
春のクラシックには間に合わなかったが、前々走のラジオNIKKEI賞で重賞初制覇を遂げると、続く前走のセントライト記念では、勝った皐月賞馬ディーマジェスティからクビ差の2着と3歳世代トップクラスの実力を証明した。その後陣営は長距離の菊花賞への参戦を取りやめ、本馬のベスト舞台である芝2000mの福島記念に照準を合わせて順調に調整されてきた。今回、初めて古馬勢との戦いになるが、秘めた高いポテンシャルで捻じ伏せる可能性は十分にある。

出馬表&レーティング&予想オッズ

ゼーヴィントが完全に抜けているので頭固定でも良いだろう。続く古馬勢に安定感がないので、それであれば3歳馬マイネルハニーをはじめとする前々でレースの出来る先行馬を中心に馬券を組み立てるのが良さそうだ。
   
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 大川 田中 小野寺 予想オッズ
1 ダイワドレッサー 牝3 52.0 川須栄彦 99.4 × 12.7
2 ウインインスパイア 牡5 53.0 黛弘人 90.0 × 114.8
3 マルターズアポジー 牡4 54.0 武士沢友治 100.0 28.9
4 ダービーフィズ 牡6 56.0 田中勝春 105.8 67.0
5 マイネルラクリマ 牡8 57.5 丹内祐次 100.6 34.5
6 マーティンボロ 牡7 57.0 中谷雄太 103.9 × 47.3
7 ケイティープライド 牡2 52.0 鮫島克駿 100.5 × × × 38.7
8 シャイニープリンス 牡6 56.5 北村友一 105.4 14.7
9 ファントムライト 牡7 55.0 丸山元気 101.7 27.5
10 マイネルハニー牡3 54.0 柴田大知 102.3 4.5
11 プロフェット 牡3 54.0 石橋脩 102.0 20.7
12 ダイワリベラル 牡5 56.0 北村宏司 102.0 × 7.3
13 ゼーヴィント 牡3 55.0 A.シュタルケ 109.5 2.4
14 アドマイヤフライト 牡7 56.0 吉田隼人 103.9 126.6
15 マイネグレヴィル 牝5 52.0 木幡初也 98.3 108.7
16 クランモンタナ 牡7 56.0 和田竜二 102.1 × × 8.9


編集部内の見解

世代上位ではないものの世代のレベルが高いため、ゼーヴィントやマイネルハニーを中心と考えるべきだろう。次に距離延長が意外にプラスだと考えるマルターズアポジーを単穴にする。52キロだと安定しているケイティープライドと押して押して先行すればクランモンタナまで。ダイワリベラルは距離が対応できれば上位だろう。(大川)
敗れはしたが、前走のアイルランドTでほぼ勝ちに等しい内容だったマイネルハニーが本命。先行策有利の福島競馬場ではかなり信頼出来る1頭と見ている。対抗には3歳牝馬のダイワドレッサー。ラジオNIKKEI賞で牡馬相手に踏ん張った競馬が出来ればここでも内枠を利して勝負になる筈。単穴にはやはりゼーヴィントだが、乗り難しいコースだけに鞍上シュタルケが不安材料。後は手広く流すも、個人的には先行力があり1発のあるプロフェット。(田中)
◎は小回りの福島コースで先行力が生きそうなマイネルハニー。前走の結果から古馬相手にも十分通用する。◯はラジオNIKKEI賞を勝ったゼーヴィントで、あとは古馬との力関係がどうか。▲ダイワリベラルはやはりマイラー色が強いが、過去に戦ってきた相手は一線級ばかり。ローカル重賞なら勝ち負けまである。△マルターズアポジーは福島巧者で押さえる。(小野寺)
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2016年福島記念】伏兵マルターズアポジーが逃げ切って重賞初制覇【結果】

【2016年福島記念】伏兵マルターズアポジーが逃げ切って重賞初制覇【結果】

日曜福島11R福島記念(GⅢ・芝2000m)は、武士沢騎手騎乗の7番人気マルタージアポジーが好スタートから逃げ切って勝利し、待望の重賞初タイトルを手にした。続く2着にゼーヴィント、3着にダイワドレッサーの3歳馬が入線した。
343 view
2016年七夕賞(G3)〈福島・芝2000m〉出馬表&予想オッズ&独自予想

2016年七夕賞(G3)〈福島・芝2000m〉出馬表&予想オッズ&独自予想

サマー2000シリーズの第1戦・七夕賞。今年はリーディングトップの戸崎騎手を配して重賞2賞目を狙うアルバートドックや芝2000mで新境地を開拓したシャイニープリンス、藤懸騎手と人馬初重賞制覇を目指すヤマニンボワラクテら実績馬が揃った。
733 view
2017年京都金杯(G3) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年京都金杯(G3) 出馬表&独自予想&予想オッズ

5日の京都金杯(G3・4歳以上・芝1600m)には、昨年のクラシック三冠で上位争いを演じたエアスピネル、虎視眈々と重賞初制覇を狙うアストラエンブレム&ブラックムーン、重賞連勝がかかるマイネルハニーなどが出走予定。
720 view
2016年カペラS(G3) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2016年カペラS(G3) 出馬表&独自予想&予想オッズ

秋競馬のダート短距離戦の充実を図る目的で2008年に新設されたカペラS(G3・ダ1200m)。今年は、プロキオンS覇者ノボバカラを筆頭に、去年のJBCスプリントでG1制覇を遂げたコーリンベリーなど好メンバーが揃った。
429 view
2016年チャレンジC(G3) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2016年チャレンジC(G3) 出馬表&独自予想&予想オッズ

土曜阪神メインは、芝1800mを舞台に行われるハンデ重賞・チャレンジC(G3)。今年は、重賞4勝を誇るディサイファ、このレース連覇を狙うフルーキー、虎視眈々と古馬撃破を目論む3歳馬ブラックスピネルなどが出走する。
500 view

共通キーワード

この記事のキュレーター

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部