2016年7月12日 更新

2016年ジャパンダートダービー(Jpn1)出馬表&レース展望

毎年JRAや地方競馬各地から世代の実力馬が集結することで注目を集める3歳ダート王者決定戦・ジャパンダートダービー。今年はゴールドドリーム、ストロングバローズのJRA組に加えて、東京ダービーを制した大井のバルダッサーレなど激戦必至の好メンバーが集結した。

大井競馬場・ダート2000m

大井競馬場・ダート2000mは今回のジャパンダートダービーの他に東京大賞典や帝王賞など地方競馬最高峰のレースが行われることで知られ、中央で言うならば日本ダービーやジャパンカップが行われる東京競馬場・芝2400mのようなもの。地方競馬に携わる人にとっては憧れの舞台である。
google imghp

via google imghp
スタンド前の4コーナー付近からの発走で、スタートから最初のコーナーまではそれなりに距離があるため、外枠の馬の方が自在にポジションを取りに行くことができるのが特徴。それに伴い内側で窮屈な競馬を強いられる馬よりは、外枠から自分のベストな競馬ができる馬の方が好走しやすい。
このレースは世代トップのダート馬が一年の最大目標に掲げていることから実力馬も万全の状態で参戦してくるため、荒れることは少なく実力通りで決まることが多い。過去5年ではいずれも1、2番人気の馬が勝っており、下位人気馬は3着以内にも入っていない。
2000mの舞台は今の時期の3歳馬には不慣れで、且つ想像以上にスピードとスタミナを要求される過酷なレースになる。地方競馬は逃げ・先行馬が有利なイメージだが、直線の長いこの舞台ではどちらかと言えば差し馬が有利な傾向で、逃げ切るには能力が抜けていないと厳しい。

2016年ジャパンダートダービー注目馬

ゴールドドリーム(牡3歳)

ゴールドドリーム

ゴールドドリーム

父:ゴールドアリュール
母:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
所属:平田修厩舎(栗東)
via google imghp
JRAの3歳No.1ダート馬で優勝候補の一番手であることは間違いない。今年2月のヒヤシンスSでは、ストロングバローズ、ラニ、ケイティブレイブの強豪を完封し、前走のユニコーンSでも荒削りながらしっかり勝ち切ったことを考えらればやはり能力は一枚上手の印象。ただ、地方の園田で負けているように小回りコースではパフォーマンスが少し落ちてしまうのが欠点か。そこさえ克服できれば圧勝も十分あり得る。

ストロングバローズ(牡3歳)

ストロングバローズ

ストロングバローズ

父:Mineshaft
母:Chelsea Ballad
母父:Street Cry
所属:堀宣行厩舎(美浦)
via google imghp
名門・堀厩舎が送り出す期待の一頭で、デビューから全6戦で一度も連対を外していない堅実さが魅力。全体的な完成度で言えばゴールドドリームより若干勝っている感じがする。折り合いや展開面でこれといった弱点が見当たらなく、立ち回り次第では逆転できそう。すでにゴールドドリームに2敗しており、今回は勝ってリベンジを果たしたい。

ケイティブレイブ(牡3歳)

ケイティブレイブ

ケイティブレイブ

父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
所属:目野哲也厩舎(栗東)
via google imghp
前走の兵庫チャンピオンSでは単騎逃げからゴールドドリームに7馬身差突き放して圧勝しており、舞台適性も申し分ない。今回も自分のリズムでスムーズに立ち回れればチャンスは十分にある。さらに鞍上には大井での勝ち方を熟知している武豊騎手というのも心強く、天才の手腕に期待大。

バルダッサーレ(牡3歳)

バルダッサーレ

バルダッサーレ

父:アンライバルド
母:メイルリヒト
母父:フジキセキ
所属:中道啓二厩舎(大井)
via google imghp
転入初戦の前走・東京ダービーで後続に7馬身差つけて圧勝し一躍有力候補に浮上した。能力や実績ではJRA組にやや劣るかもしれないが、すでに同舞台を経験しているアドバンテージを活かして上位争いにくい込みたい。地方の名手・吉原寛人騎手を背にどんな走りを見せてくれるか大注目だ。

カツゲキキトキト(牡3歳)

カツゲキキトキト

カツゲキキトキト

父:スパイキュール
母:レイビスティー
母父:キングカメハメハ
所属:錦見勇夫厩舎(愛知)
via google imghp
前走のジャパンダートダービートライアル・東海ダービーでは単勝オッズ1.2倍の圧倒的支持を受け、後続に7馬身差つけて快勝。ここまで目下7連勝と破竹の勢いで関東初参戦。さらに鞍上には女性騎手・木之前葵騎手が騎乗するということもあり注目が集まっている。今までとは相手のレベルが違いすぎるが、一発を狙って悔いのないレースを見せてほしい。

出馬表&予想オッズ

馬番 出走馬 斤量 騎手 予想オッズ
1 サブノクロヒョウ(大井) 56.0 柏木健宏 23.8
2 ダノンフェイス(JRA) 56.0 岩田康誠 4.9
※取消 タービランス(浦和) 56.0 森泰斗
4 キタノアドラーブル(笠松) 54.0 大畑雅章 53.2
5 モリデンルンバ(船橋) 56.0 矢野貴之 90.3
6 ゴールドドリーム(JRA) 56.0 川田将雅 1.9
7 キョウエイギア(JRA) 56.0 戸崎圭太 3.8
8 バルダッサーレ(大井) 56.0 吉原寛人 4.2
9 ストロングバローズ(JRA) 56.0 M.デムーロ 2.3
10 カツゲキキトキト(愛知) 56.0 木之前葵 37.0
11 ノーモアゲーム(JRA) 56.0 内田博幸 7.9
12 キーパンチャー(大井) 56.0 笹川翼 97.5
13 ケイティブレイブ(JRA) 56.0 武豊 3.2
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【結果】ジャパンダートダービーはキョウエイギアが初GⅠ制覇!

【結果】ジャパンダートダービーはキョウエイギアが初GⅠ制覇!

3歳ダート王を決定する地方GⅠ・JDDはJRA所属の伏兵キョウエイギアが2着に4馬身もの差をつけて圧勝した。鞍上は戸崎圭太騎手。2着に逃げ粘ったケイティブレイブ、3着には1番人気のゴールドドリームがそれぞれ入線。
548 view
2016年 ユニコーンステークス (G3・東京・ダート1600m) 出馬表&予想オッズ&独自予想

2016年 ユニコーンステークス (G3・東京・ダート1600m) 出馬表&予想オッズ&独自予想

3歳ダート王決定戦・ジャパンダートダービーへの前哨戦であるユニコーンステークスにはデビューから5戦全てで連対を果たしている名門・堀厩舎所属のストロングバローズが出走。どんな走りを見せてくれるのか大注目だ。
672 view
2016年チャンピオンズC(GⅠ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2016年チャンピオンズC(GⅠ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

日曜中京メインは、秋の砂王決定戦・チャンピオンズC(GⅠ・ダ1800m)。今年は、ダート転向後6戦無敗のアウォーディー、末脚鋭いノンコノユメ、3歳世代トップのダート巧者ゴールドドリームなど激戦必至の強者たちが揃った。
1,083 view
2016年武蔵野S(G3) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2016年武蔵野S(G3) 出馬表&独自予想&予想オッズ

優勝馬にチャンピオンズCへの優先出走権が与えられる武蔵野S(G3・東京ダート1600m)。今年は、フェブラリーS覇者モーニンを筆頭に、初の古馬相手となる3歳世代トップの実力馬ゴールドドリームなどが出走を予定している。
397 view
【結果】2016年・帝王賞はコパノリッキーが圧勝【動画】

【結果】2016年・帝王賞はコパノリッキーが圧勝【動画】

昨日、大井競馬場で行われた帝王賞は5番人気のコパノリッキーが先行押し切りの危なげない勝利。鮮やかな競馬でGⅠ7勝目を見事に飾った。これで陣営は秋の米・ブリーダーズC参戦への意志を強くし、海外遠征のプランが具体的になった。
641 view

共通キーワード

この記事のキュレーター

BRIAN BRIAN