2016年7月14日 更新

【結果】ジャパンダートダービーはキョウエイギアが初GⅠ制覇!

3歳ダート王を決定する地方GⅠ・JDDはJRA所属の伏兵キョウエイギアが2着に4馬身もの差をつけて圧勝した。鞍上は戸崎圭太騎手。2着に逃げ粘ったケイティブレイブ、3着には1番人気のゴールドドリームがそれぞれ入線。

キョウエイギア 牡3歳

キョウエイギア 牡3歳

父馬:ディープスカイ
母馬:ローレルアンジュ
母父:パラダイスクリーク
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:村上幹夫(青森県)
馬主:田中晴夫

通算成績:11戦4勝(4-1-3-3)
主な勝鞍:ジャパンダートダービー、鳳雛Sなど
via google imghp

レース映像

2016年7月13日 ジャパンダートダービー ダート2000m 大井競馬場

1着:キョウエイギア(戸崎)
2着:ケイティブレイブ(武豊)
3着:ゴールドドリーム(川田)

タイム:2:05.7
レース上がり3ハロン:38.9
勝ち馬上がり3ハロン:38.5
【レース回顧】
大外からケイティブレイブが勢い良くハナに立つ。その直後を有力所が差のない位置で集団を形成。ペースは淡々と進み、4コーナー手前でケイティブレイブが突き放しそのまま逃げ切るかと思われたが、外から徐々に進出していた4番人気のキョウエイギアがあっさりとかわし最後は4馬身差の圧勝。3着には1番人気のゴールドドリーム、4着には東京ダービー覇者のバルダッサーレがそれぞれ入線を果たす。2番人気のストロングバローズは見せ場もなくズルズルと後退し7着に沈んだ。

レース後のインタビュー

勝利騎手インタビューを受ける戸崎圭太騎手

「勝ててホッとしています。以前からこの馬のレースは見ていましたし、どこからでも競馬が出来るので自信を持って臨みました。行く馬を行かせて、その直後を進める予定で乗りましたが終始手応えも良く、最後もしっかりと反応して伸びてくれましたね。初めての大井もこなしてくれ、このメンバーでも強い競馬を見せてくれました。矢作調教師・オーナーにも大井の頃からお世話になっていましたので勝てて嬉しいです」
先週も戸崎騎手関連の記事を書いたが、相変わらずの絶好調ぶり。決して力が抜けていた訳ではないキョウエイギアを、元主戦場の大井競馬場を熟知した巧みなエスコートで見事に優勝して見せたのだ。戸崎騎手は、同レースをマグニフィカ以来の6年ぶり2勝目。キョウエイギアの勝ちっぷりは伊達にフロックでもなさそうで、今後この新タッグの動向に目が離せなくなって来た。
矢作芳人調教師のコメント

矢作芳人調教師のコメント

「オーナーを始め、関係者皆さんの力が集結した結果です。本当に感無量。体質的な面でなかなか仕上げにくい馬なのですが、ユニコーンSを見送ったのが良い方向に進み今までで一番の状態で出走出来ました。元気が良すぎて1~2コーナー辺りは掛かってしまいましたが、それ以外は完璧なレース運びです。でも、メンバーが強敵揃いだったのでこうも簡単に抜け出すとは思ってもいませんでした。今後については未定ですが、JBCに向かいたいなとは思っています。大井は故郷みたいなものですから、ここでJpnⅠを勝てて本当に良かったです」
via google imghp

各馬のコメント

ケイティブレイブ 牡3歳

ケイティブレイブ 牡3歳

父馬:アドマイヤマックス
母馬:ケイティローレル
母父:サクラローレル
所属:目野哲也厩舎(栗東)
生産:岡野牧場(新ひだか町)
馬主:瀧本和義

通算成績:11戦3勝(3-2-3-3)
主な勝鞍:兵庫チャンピオンシップなど
【2着ケイティブレイブに騎乗した武豊騎手のコメント】
「ペース配分は良かったんですが、3コーナー辺りから他馬が上がって来たのでそこで脚を使わされてしまったのが痛かったですね。でも、それでも諦めずに最後までよく頑張ってくれました」
ゴールドドリーム 牡3歳

ゴールドドリーム 牡3歳

父馬:ゴールドアリュール
母馬:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
所属:平田修厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:吉田勝己

通算成績:6戦4勝(4-1-1-0)
主な勝鞍:ユニコーンSなど
via google imghp
【3着ゴールドドリームを管理する平田調教師のコメント】
「状態は良かったですし、距離も長いとは思わないんですが…唯一、考えられるとしたら2走前にも負けたように地方の砂がこの馬と全く合わないのかも」
バルダッサーレ 牡3歳

バルダッサーレ 牡3歳

父馬:アンライバルド
母馬:メイルリヒト
母父:フジキセキ
所属:中道啓二厩舎(地方)
生産:サンシャイン牧場(日高町)
馬主:伊達敏明

通算成績:15戦3勝(3-0-2-10)
主な勝鞍:東京ダービーなど
via google imghp
【4着バルダッサーレに騎乗した吉原騎手のコメント】
「前走の勝ち方が良かったので今回も強気に乗りました。最後まで粘り強く踏ん張ってくれて、盛り返す気迫も見せてくれましたね」

まとめ

何より、戸崎騎手の好調さが凄い。もはや“飛ぶ鳥を落とす勢い”ではなく、本人自体が大空を自由に飛び回っているかの様に活躍しています。下馬評ではゴールドドリーム&ストロングバローズのユニコーンS組が頭ひとつ抜けていると予想されましたが、終わってみれば両頭共に2着以内にすら来れず。…改めて、競馬には絶対がない事を思い知らされました。

これにて、3歳のダート戦線も一旦閉幕し、これからは秋に向けて古馬たちに混じり大きな舞台へと挑戦して行きます。勝ったキョウエイギア他、各馬の巻き返しにも期待して更に追いかけて行きたいと思います。どうぞお楽しみに。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2016年】地方交流G1まとめ【動画】

【2016年】地方交流G1まとめ【動画】

2016年の中央所属馬が出走した地方交流G1レースをまとめてみました。
741 view
【2016年武蔵野S】8番人気タガノトネールがレコードV【結果】

【2016年武蔵野S】8番人気タガノトネールがレコードV【結果】

土曜東京11R武蔵野S(GⅢ・ダート1600m)は、田辺騎手騎乗の8番人気タガノトネールが1分33秒8のコースレコードで勝利し、重賞2勝目を飾った。尚、戸崎騎手騎乗の1番人気モーニンは、トップハンデが影響したせいか7着に終わった。
461 view
武豊騎手が前人未到の地方全場重賞制覇を達成!!

武豊騎手が前人未到の地方全場重賞制覇を達成!!

4日火曜、金沢競馬場で白山大賞典(G3・2100m・12頭)が行われ、武豊騎手騎乗の1番人気ケイティブレイブが直線抜け出して重賞2勝目を飾った。また、この勝利で武豊騎手は前人未到の地方全場重賞制覇を達成した。
2,981 view
〈結果〉2016年レパードSは2番人気グレンツェントが差し切って重賞初制覇

〈結果〉2016年レパードSは2番人気グレンツェントが差し切って重賞初制覇

7日に新潟競馬場で行われたレパードS(G3)は2番人気グレンツェントが逃げ粘る1番人気ケイティブレイブをゴール手前で差し切って優勝した。3着に6番人気レガーロが入り、3番人気ネクストムーブは7着に終わった。
433 view
2016年ジャパンダートダービー(Jpn1)出馬表&レース展望

2016年ジャパンダートダービー(Jpn1)出馬表&レース展望

毎年JRAや地方競馬各地から世代の実力馬が集結することで注目を集める3歳ダート王者決定戦・ジャパンダートダービー。今年はゴールドドリーム、ストロングバローズのJRA組に加えて、東京ダービーを制した大井のバルダッサーレなど激戦必至の好メンバーが集結した。
1,340 view

共通キーワード

この記事のキュレーター

マッケン王 マッケン王