2016年12月16日 更新

スノースタイル2014(馬名:プラチナムバレット)を指名する!?

「スノースタイル2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

905

馬体診断

スノースタイル2014 ♂ (馬名:プラチナムバレット)

スノースタイル2014 ♂ (馬名:プラチナムバレット)

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:スノースタイル
母父:ホワイトマズル
所属:河内洋厩舎(栗東)
生産:岡田スタッド(新ひだか町)
馬主:ノルマンディーサラブレッドレーシング
via google imghp
芦毛ながら既に白く馬体映えのする見た目。全体的な作りはシャープに感じられ素軽いフットワークをしそうな雰囲気だ。トモ付近の盛り上がりも良く、前肢後肢のバランスも申し分ない。如何にも走って来そうなオーラがプンプン漂う1頭だ。

血統構成

マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
サトルチェンジ Law Society Alleged
Bold Bikini
Santa Luciana Luciano
Suleika
スノースタイル ホワイトマズル ダンシングブレーヴ Lyphard
Nvajo Princess
Fair of the Furze Ele-Mana-Mou
Autocratic
シャルムダンサー グルームダンサー Blushing Groom
Featherhill
ダムスペクタキュラー Spectacular Bid
Damascening


兄弟馬

スマートレイアー 牝

スマートレイアー 牝

父馬:ディープインパクト
母馬:スノースタイル
母父:ホワイトマズル
所属:大久保龍志厩舎(栗東)
生産:岡田スタッド(新ひだか町)
馬主:大川徹

通算成績:23戦8勝(8-3-2-10)
主な勝鞍:阪神牝馬S、東京新聞杯など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:2.4pt

血統背景に強調材料はない、姉にスマートレイアーがいるだけで可能性はあるがギャンブル要素が多いだろう。父も一発あるが安定感のないマンハッタンカフェなので評価ほどの強調材料はない。

前評判

ノルマンディー代表の岡田氏曰く、『スピードに乗った時のフットワークからも大物の雰囲気を感じますし、まだ馬体も大きくなって来るでしょう』と言えば、管理予定の河内調教師は、『こんなに評価の高い馬を預けてもらう事は本当に有り難い。牧場に来る度に良くなっているし、まだまだ成長の余地もありそう。焦らずじっくり事育てて行けば必ず走る筈。期待しています』との太鼓判だ。良い馬である事は間違いない。

馬名の由来

プラチナムバレット

【意味】…プラチナの弾丸

銀色に輝く馬体をプラチナに例え、弾丸の様に勢い良く突き進んで行って欲しいという想いからのネーミングか。昔から芦毛の馬体にはシルバーやホワイトなどと言ったカラーの表記がしっくり来る。良い名前だ。

編集部内の評価

個人的にスマートレイアーが好きだという事からも非常に食指が動く1頭だ。マンハッタンカフェから大物が出て欲しいという願望からも指名関係なく注目はしたい。但し、これが河内厩舎でなくクラシックに実績のある所に預けていてくれたら相当悩んでいただろう。素直に応援だけ。(田中)
アンチ芦毛なので芦毛を選択するのは相当好きな血統でないとないし兄弟活躍してるのが2頭以上いないので検討候補にはあがらない。(大川)
ディープインパクトで牡馬なら選択していたが、ここは見送りたい。(小野寺)
20 件

関連する記事

レッドアンシェルが垂水Sを勝って再度オープンへ、格で圧倒か

レッドアンシェルが垂水Sを勝って再度オープンへ、格で圧倒か

重賞戦線で勝ち負けを繰り返していたレッドアンシェルが1600万下の垂水Sへ出走。前走もダービー卿CTで勝ち馬から0秒5差、ここは相手関係からして1枚も2枚も格下となる。主戦の福永祐一騎手に戻って楽に勝ち上がりたい。
 818
レッドディザイア2014(馬名:ビッグディザイア)をPOG指名する!?

レッドディザイア2014(馬名:ビッグディザイア)をPOG指名する!?

「レッドディザイア2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 988
インヘリットデールが京橋特別で確勝級か、ここでは力が違う

インヘリットデールが京橋特別で確勝級か、ここでは力が違う

降級初戦となった三木特別では同じく1600万クラスから降級のブラックスビーチに完敗したインヘリットデール。しかし、2戦目の今回は相手が全て1000万の現級馬ばかり。さすがにこれは取りこぼせないだろう。鞍上は川田騎手。
 1,114
リナーテが降級の500万下を豪快に差し切る、本格化の兆し

リナーテが降級の500万下を豪快に差し切る、本格化の兆し

良血馬のリナーテが函館の500万下をあっさりと快勝し3勝目。大幅な馬体増に加えて、レース内容も決して楽ではなかったがそこは力の違いを見せ付けて強引ながらも勝利を手繰り寄せた。走りが安定して来てようやく覚醒して来た。
 2,741
ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

エプソムカップで1番人気に支持されたダイワキャグニーだったが、馬場の悪化に対応出来ずよもやの敗退。道中から行きっぷりが悪く、脚元を気にした走りで全く力を出し切れずに終わってしまった。次走以降、良馬場で見直したい。
 1,584

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部