2016年11月9日 更新

岡田総帥の真の最終兵器、コスモスが9馬身差のデビュー!!

岡田総帥の秘密兵器はトラストだけじゃない!!先日、フリオーソ産駒のコスモスが川崎競馬でデビューを果たし何と2着に9馬身もの差をつける圧勝劇を演じました。氏の英国ダービー参戦構想はこのコスモス号が引き継ぐ模様です。

コスモス号

コスモス号

コスモス号

父馬:フリオーソ
母馬:カーラ
母父:ゴールドアリュール
所属:河津裕昭厩舎(川崎)
生産:中神牧場(浦河町)
馬主:岡田繁幸
via google imghp
先に札幌2歳Sを制した岡田繁幸氏所有のトラスト号が『この馬で英国ダービーに行く!!』と言う話で盛り上がりましたが、後日栗東の中村厩舎へ転厩となり正式に日本ダービーを目指す事が判明。その代わりに、師が英国ダービー参戦の候補として挙げたのがこのコスモス号なのであります。

血統は新種牡馬のフリオーソに母父ゴールドアリュールというバリバリのダート血統w…昨年の北海道オータムセールで540万円もの安値で取引された同馬ですが、果たして本当にそんな実力がアルのでしょうか??疑問甚だしくして仕方ありませんが、しかしそこは総帥の目利きを信じようではありませんか。

暖めに暖め、ようやく満を持してデビューを迎えた先日の新馬戦をとくとご覧あれ。

圧巻の9馬身差V

2016年11月04日 スパーキングデビュー ダート1400m 川崎競馬場

1着:コスモス(山崎)
2着:ランニングクラウド(藤井)
3着:ソウスケサン(今野)

レースタイム:1.31.6(重)
レース上がり3ハロン:40.5
勝ち馬上がり3ハロン:40.5
【レース回顧】
ややスタートで立ち遅れるものの、しごいて内からハナを主張。スピードの乗りは良くすぐに先頭へと立った。こうなれば能力の違いで他馬の脱落を待つばかり。思惑通りの展開で直線に入る頃には1頭だけの独演場と化していた。後は後続を突き放す一方でゴールした時には2着に9馬身差でフィニッシュ。デビュー戦としては期待通りの楽勝で今後のローテーションが気になるばかりだ。次走もこれくらいのパフォーマンスを期待したい。
デビュー戦で後続を引きちぎるコスモス号

デビュー戦で後続を引きちぎるコスモス号

via google imghp
やはりとんでもなく強かった。初戦だけに目いっぱいに仕上げず、陣営のコメントでは8分程度との事だったそうだ。それでいて、何とタイムは当日のJBCスプリントを除く川崎での今開催No.1の時計を叩き出した。3歳以上のレースも含んでの内容だけにかなりの価値があるだろう。

気になる今後の予定は、12月1~2日のJRA認定戦で2戦目を走りそこを勝利すれば暮れの中山ホープフルSに向かうとの事。年内でこの関門をクリアして行けば、遂に年明けから英国ダービー参戦の動きが本格化して行く事だろう。これは目を離せない注目のレースとなりそうだ。

柴田大知騎手もお墨付き!!

柴田大知騎手

柴田大知騎手

福永祐一騎手らと同期でデビュー。当時は柴田大知&未崎の双子騎手で話題となった。しかし、成績は徐々に低下していき一時は年間未勝利の年も経験。大知騎手はそこから這い上がり、今では50勝を挙げリーディング上位にも名を連ねる有力騎手の一人へと成長した。マイネル軍団の主戦も務める。
via google imghp
実際にトラスト号に騎乗し重賞を制した柴田大知騎手も、コスモス号を『トラスト以上の素質』と評価している。その気持が高ぶっていたのか、前日の公式ブログでは下記の様に綴っているのだ。
今日(木曜)は川崎競馬場でJBCがありましたが、映像で観ていても凄い観衆でしたね。見ているより自分も乗りたい!と改めて思いましたが、そんな川崎競馬場で少し前に話題にしたコスモスが明日(金曜)の2R(15:30発走)でデビューします。頑張ってほしいですし、凄い競馬をするはずなので、お時間のある方はご覧になってください。
ブログ内では“凄い競馬をするはず”というコメントを残しており、少なくともお金を賭けてもらっている立場のプロが地方開催とは言え、レースでの馬の走りに言及するというのは異例の事である。言い切ってしまっても間違いがない程に本人の中では自信があったのだろう。実際、タイムも内容も文句のない競馬をしたのでその見立ては正しかったのだ。

しかも、聞くところによるとデビュー前にかなりの大病を患ってしまい競走馬としても危ういレベルにまで体調が悪化したのだとか…そこから何とか立て直し、半信半疑の状態で出走させたという話も出ており、もしそれが事実ならその状態で今回のパフォーマンスは相当なものかもしれないのである。

まとめ

いよいよ岡田総帥の悲願成就となるか。

諸々の状況を鑑みるに、今回の勝利は決してコスモス号の本来の走りでは無いという事。体調面や急仕上げの日程などを見ても、明らかに5~8分程度の作りだったのではないだろうか。それでいて、あの着差にタイム実績はかなりの評価をしなければならない。ここから相当の上積みを期待出来そうで、予定通りなら12月頭の2戦目にて本当の意味で我々競馬ファンの度肝を抜くシーンが見られる事だろう。

世間では英国ダービー参戦を笑い事の様に話しているが、当の本人は本気も本気。でないと、1000万以上掛かる追加登録料も払わない筈だ。と言うより、そんな馬鹿にしているネット内のアンチですら、本当にコスモス号が英国ダービーへ出走となった時には心の何処かで応援しているに違いないのだ。だったら、現時点でその野望を後押しするポジティブな気持ちで見守っておけば良いと筆者は思うのである。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

武幸四郎騎手や長浜調教師など引退、木幡育也&横山武史がデビュー

武幸四郎騎手や長浜調教師など引退、木幡育也&横山武史がデビュー

武幸四郎騎手、田中博康騎手が今月末での引退を発表。調教師では長浜調教師も定年で引退。また、3月には木幡初広騎手三男坊の育也騎手がデビューを控え親子4人の共演も目前だ。横山典弘騎手三男坊の武史騎手も同じく33期生卒業。
1,010 view
サヤネエが藤田菜七子とのコンビで今週デビュー!!

サヤネエが藤田菜七子とのコンビで今週デビュー!!

3歳牝馬サヤネエが日曜東京でデビューすることが決まった。その名の通り馬名の由来は、NMB48のキャプテンを務める山本彩。注目の鞍上には唯一の女性騎手である藤田菜七子が起用され、これから人気沸騰すること間違いない!!
3,377 view
ノースヒルズの一番馬ワンフォーオールがいよいよ今週デビュー!!

ノースヒルズの一番馬ワンフォーオールがいよいよ今週デビュー!!

国内最大級の馬主・オーナーブリーダーで、キズナやワンアンドオンリーのダービー馬をはじめ、ファレノプシス、アーネストリーなどのG1ホースを輩出したノースヒルズ軍団のエース格ワンフォーオールが今週土曜の中京競馬で福永騎手を背にデビューする。
6,039 view
ディープ最高傑作のマイティドリームが武豊でデビュー!

ディープ最高傑作のマイティドリームが武豊でデビュー!

近頃、栗東トレセンで話題沸騰の新馬・マイティドリーム。ショウナンマイティの弟で、兄と同じ梅田厩舎所属だが、調教で超抜の時計を出しているとの事。名手・武豊騎手を鞍上に配し、関係者の期待を一身にそのデビューを待っている。
29,054 view
フランケルの初年度産駒ライズイーグルが今週土曜に待望の日本デビュー

フランケルの初年度産駒ライズイーグルが今週土曜に待望の日本デビュー

現役時代にデビューからG1・10勝を含む14戦全勝と一度も負けることなく引退した”イギリスの怪物”フランケルを父に持つライズイーグルが今週7月2日の中京競馬でいよいよ日本デビューを果たす。父親譲りの驚異のスピードで初陣を飾れるか大注目だ。
7,165 view

共通キーワード

この記事のキュレーター

マッケン王 マッケン王