2017年4月12日 更新

フランケル産駒ソウルスターリング、ミスエルテの次走が決定

桜花賞で3、11着に敗退したフランケル産駒2頭の気になる次走が決まった。ソウルスターリングは順調ならばオークスへ、ミスエルテはNHKマイルCへ向かう予定で、それぞれ違う舞台で偉大なる父へまた新たなタイトルを献上したい。

1,199

ソウルスターリングはオークスへ

ソウルスターリング 牝3歳

ソウルスターリング 牝3歳

父馬:Frankel
母馬:スタセリタ
母父:Monsun
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:社台レースホース

通算成績:5戦4勝(4-0-1-0)
主な戦績:2016年阪神JF、2017年チューリップ賞など
via google imghp
桜花賞でまさかの敗戦を喫したソウルスターリングは、今後の体調面次第ではあるが順調に行けばクラシック第2戦のオークスでリベンジを誓った。

得意と思われていた道悪が逆に仇となり直線で伸び切れずに3着となってしまったが、裏を返せばそれでも馬券に絡む走りをしたというポテンシャルの高さ。いずれにせよ世代トップクラスの力には変わりないだけに、次の本番でも有力候補の1頭に挙げられるだろう。

距離は大丈夫??

父はご存知フランケルで現役時代の最長距離は2000m。そして母のスタセリタが最長2400mをそれぞれ走破している。父だけで言えば微妙な所だが、母系を辿ればドイツの長距離血統が代重ねされた重厚なラインで余り心配しなくても良いだろう。

それこそ、桜花賞から800m伸びるオークスは出走するほとんどの馬が未知数でもある。その同条件下で信用出来る部分はこれまでの実績と折り合いだけ。その点、両方をクリア出来ている同馬に不安な点はない。
藤沢和雄調教師

藤沢和雄調教師

via google imghp
元気だったらオークスに出ようと思う
何とも藤沢氏らしい端的なコメントで次走予定を発表。

基本的に馬の調子を最優先するだけに、放牧から帰って来たソウルスターリングの体調次第だろう。ただ、本人も桜花賞以外のタイトルを獲った事がなく可能なら同馬で向かいたい筈だ。

今週末は皐月賞で牡馬の有力馬レイデオロが控えており、オークス前に景気付けで勝っておきたい所だろう。定年まで残り僅か。藤沢氏の飽くなき挑戦はまだまだ続いている。

ミスエルテはNHKマイルCへ

ミスエルテ 牝3歳

ミスエルテ 牝3歳

父馬:フランケル
母馬:ミスエーニョ
母父:Pulpit
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:4戦2勝(2-0-0-2)
主な戦績:2016年ファンタジーSなど
via google imghp
朝日杯FS4着後、ぶっつけで臨んだ桜花賞は馬場が全く合わず11着と大敗したミスエルテ。本来、一瞬のキレで勝負するミスエルテに今回の様な条件は厳しかったのだろう。

距離適性を考えてもNHKマイルCがベストで、東京の広く長い直線コースなら同馬の瞬発力が最大限活かされる筈。朝日杯FSでは牡馬陣を押しのけ堂々の1番人気に支持された程の馬だけに、良馬場での巻き返しが期待される。

気になるのは馬体重

デビュー時が464kgのMAXで、その後は走る度にマイナス体重で出走しているミスエルテ。年末から4ヶ月の休養を経て挑んだ桜花賞でもまさかの-4kg。普通なら成長分含めても増加して来て欲しかったのが本音だ。

もしNHKマイルCへ出走するとしても中3週で初めての長距離輸送…正直、体重が増える見込みは一切ない。これで仮に増えて来たのなら完全な調整不足となり、いずれにしても同馬にとっては厳しい戦いとなりそうな予感がする。

むしろ叩いて良くないタイプ??

気性がかなり勝っていて馬もすぐ仕上がるタイプのミスエルテ。得てしてこの手は鉄砲駆けがきき、逆に使い込まれる程に消耗して行くケースが多いのも特徴だ。

ともすれば、桜花賞をぶっつけで臨んだのはあそこがメイチの勝負だった…そこで負けて仕方なくNHKマイルC…ネット上では色々な憶測が飛び交うが、個人的な結論としては余程上手く行かない限り好勝負は難しいと判断する。

まとめ

桜花賞レース後、安藤勝己氏のコメント。
以上の様に、アンカツ氏もソウルスターリング(ミスエルテ含む)の敗因は馬場にありとコメントしている。フランケル産駒自体がどうなのかは断言出来ないが、少なくとも上記2頭に関してはパンパンの良馬場でもう一度その全力のパフォーマンスを見てみたい。

ソウルスターリングは距離延長、ミスエルテは調整&輸送の面で大きいハードルをクリアしなければいけないが、ポテンシャルは牝馬の中でも1、2位を争うレベルなだけにきちんと立て直して来て欲しい所だ。

昨年はフランケルの子供として話題となったが、今後はフランケル=ソウルスターリング&ミスエルテの父、となる様な見事なまでの活躍を期待している。
18 件

関連する記事

2017年オークス(優駿牝馬)の出馬表&予想

2017年オークス(優駿牝馬)の出馬表&予想

牝馬のクラシック第二冠、オークス(GⅠ、3歳、芝2400m)。今年は桜花賞でまさかの敗退を喫したソウルスターリングに実績馬リスグラシューやアドマイヤミヤビ、桜花賞を制したレーヌミノルなどが出走予定。発走は15時40分。
 14,827
【動画】史上最強の怪物・フランケル産駒の無双始まる

【動画】史上最強の怪物・フランケル産駒の無双始まる

歴代競馬の中でも史上最強の呼び声が高いフランケルの初年度産駒が、次々とデビュー戦を快勝している。種牡馬になってもその異次元の強さを仔に宿しており、今後ヨーロッパで再度フランケルブームが巻き起こりそうな予感がして来た。
 54,585
ソウルスターリングがジャパンカップで強豪古馬に再挑戦

ソウルスターリングがジャパンカップで強豪古馬に再挑戦

藤沢厩舎の2枚看板であるソウルスターリング。レイデオロに注目が集まっているが、牝馬のソウルスターリングにも十分チャンスは残っている。斤量53kgは非常にアドバンテージがあり、且つ天皇賞秋の内容からも上位に食い込める。
 3,712
2017年オークス(優駿牝馬)はソウルスターリング、的中結果

2017年オークス(優駿牝馬)はソウルスターリング、的中結果

日曜日に行われたオークスはソウルスターリングが早め抜け出しから後続を突き放す競馬でGⅠ2勝目を飾る。桜花賞惜敗のリベンジを見事大一番で果たした。2着はモズカッチャン、3着に2番人気アドマイヤミヤビが入線。
 347
2017年オークスのサイン馬券は眞子さまの結婚から大予想w

2017年オークスのサイン馬券は眞子さまの結婚から大予想w

絶対王者ソウルスターリングの敗北により一気に混戦模様と化したオークス。非常に読み難い1戦となっています。そこで今回は同レースのサイン馬券を、先に婚約が発表された眞子さまと照らし合わせて徹底検証して行きたいと思います。
 6,633

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王