2017年4月8日 更新

種牡馬一年目からVIP待遇!! モーリスの交配相手が凄すぎる件

昨年12月の香港カップ制覇を最後に現役を引退したモーリスが種牡馬生活一年目をスタートさせた。そして世界に名を轟かせた最強マイラーの花嫁に注目が集まるなか、”新人”ながらかなりの豪華牝馬が揃ったと話題になっている。

2,700
昨年12月の香港カップ制覇を最後に社台スタリオンステーションで種牡馬入りしたモーリス。現役時代には伝統のマイルGⅠ安田記念を筆頭に国内と香港のGⅠを6勝し、さらには2015年のJRA賞年度代表馬と最優秀短距離馬にも輝くなど近年の日本競馬を盛り上げたスーパースターだ。

そんなモーリスが今年から種牡馬として第二の馬生を歩むことになったが、注目が集まるのがその花嫁たち。”日本最強マイラー”と名高いモーリスだけにどんな繁殖牝馬が集まるのかと思いきや、何とモーリスは種牡馬一年目から誰もが羨む豪華過ぎる花嫁たちを迎えたようだ。
モーリス(牡6歳)

モーリス(牡6歳)

父:スクリーンヒーロー
母:メジロフランシス
母父:カーネギー
調教師:堀宣行(美浦)
馬主:吉田和美
生産者:戸川牧場
通算成績:18戦11勝
主な勝ち鞍:2015年安田記念などGⅠ6勝
via google imghp

”第二のキンカメ”誕生か?! モーリスの花嫁が豪華過ぎる

種牡馬として新たな馬生を踏み出したモーリスがようやくデビューを果たしたようだ。種付け料が400万円に設定された一年目はすぐに満口となり、今後は国内だけではなくシャトル種牡馬としてオーストラリアでも約285万円で繋養されることも決まっている。

そしてすでに種付けを終えた交配相手だが、ノーザンファームでの生産が一部明らかになった。あまりにも豪華過ぎる繁殖牝馬に大きな期待をせずにはいられない。
ジェンティルドンナ(牝8歳)

ジェンティルドンナ(牝8歳)

父:ディープインパクト
母:ドナブリーニ
母父:Bertolini
調教師:石坂正(栗東)
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:19戦10勝
主な勝鞍:2012年牝馬三冠などGⅠ7勝
via google imghp
ノーザンファームの吉田勝己代表がかねてより明言していた通りに「13冠配合」が実現した。ジェンティルドンナは牝馬三冠をはじめ、3歳時にはあのオルフェーヴルをジャパンカップで負かし、ドバイの地でも並み居る強力牡馬を圧倒した日本が世界に誇る女傑。最近では有馬記念での圧巻のラストランが記憶に新しい。父母ともに海外でGⅠを制しているように強靭なメンタルと高い能力を受け継いだ子どもになってほしい。
ハープスター(牝6歳)

ハープスター(牝6歳)

父:ディープインパクト
母:ヒストリックスター
母父:ファルブラヴ
調教師:松田博資(栗東)
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:11戦5勝
主な勝鞍:2014年桜花賞
via google imghp
ジェンティルドンナ同様初年度にキングカメハメハとの子を出産したハープスターも今年はモーリスと配合された。何と言ってもハープスターの魅力は切れ味鋭い強烈な末脚だろう。特に新潟2歳Sや阪神JFで見せたパフォーマンスはこれから先も長く語り継がれていくはずだ。これにモーリスの血が加わるとなれば、より一層の切れ味を持った子が誕生するかもしれない。
ブエナビスタ(牝11歳)

ブエナビスタ(牝11歳)

父:スペシャルウィーク
母:ビワハイジ
母父:Caerleon
調教師:松田博資(栗東)
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:23戦9勝
主な勝鞍:2011年ジャパンカップなどGⅠ6勝
via google imghp
スペシャルウィークの最高傑作として知られ、ジャパンカップや天皇賞・秋など多くのビッグタイトルを手にしてきたブエナビスタも3年連続で続いたキングカメハメハとの配合から今年はモーリスにチェンジされた。こちらもサンデーサイレンスの4×3のインブリードが完成し、両親以上の活躍が期待される。いつかは日本競馬を牽引するスーパースターになってもらいたい。
シンハライト(牝4歳)

シンハライト(牝4歳)

父:ディープインパクト
母:シンハリーズ
母父:シングスピール
調教師:石坂正(栗東)
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:6戦5勝
主な勝鞍:2016年優駿牝馬
via google imghp
昨年のオークス馬に輝きながらも秋に屈腱炎を発症して志半ばで引退したシンハライト。初年度はエピファネイアやエイシンフラッシュ、ルーラーシップのいずれかとの交配が噂されたが、こちらもサンデーサイレンスの4×3のインブリード効果に期待してモーリスが抜擢された模様。シンハリーズ一族は脚元に不安があるが、これにモーリスが交われば心配ないだろう。
ヴィルシーナ(牝8歳)

ヴィルシーナ(牝8歳)

父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
調教師:友道康夫(栗東)
馬主:佐々木主浩
生産者:ノーザンファーム
通算成績:21戦5勝
主な勝鞍:2013&14ヴィクトリアマイル
via google imghp
ジェンティルドンナが制した三冠全てで2着としのぎを削ってきたヴィルシーナ。3歳時はシルバーコレクターだったが、4歳時にヴィクトリアマイルを制して悲願のGⅠ制覇を達成した。モーリス同様マイル戦を得意としており、産駒もマイル路線が中心になるのではないだろうか。ひょっとしたら父を超える途轍もない最強マイラーが誕生するかもしれない。

まとめ

以上、種牡馬一年目のモーリスの花嫁たちを紹介したが、これはごく一部にしか過ぎず、まだまだ大物を予感させる配合は多くある。ネットでは「やっと第二のキンカメが出てきた」とディープインパクトなどのサンデーサイレンス産駒の種牡馬を父に持つ繁殖牝馬との相性に期待する声が多く上がっている。

順調に進めばモーリス産駒がデビューを果たすのは東京オリンピックが開催される2020年。”日本最強マイラー”の子は父と同様に歴史に名を刻む活躍ができるか。近い将来、モーリスを超える怪物が誕生する可能性は高い。
16 件

関連する記事

モーリス、初年度はジェンティルドンナやブエナビスタなど配合予定

モーリス、初年度はジェンティルドンナやブエナビスタなど配合予定

先日15日に中山競馬場で引退式が行われたモーリス。種牡馬となる初年度には、あの7冠牝馬のジェンティルドンナや名牝ブエナビスタなどの錚々たるメンバーが候補に挙がっていると言う。産駒のデビューする2020年が早くも待ち遠しい。
 2,060
オークス(優駿牝馬)の過去結果動画と歴代勝ち馬

オークス(優駿牝馬)の過去結果動画と歴代勝ち馬

牝馬クラシック第二冠、オークス(優駿牝馬)。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 935
【動画、結果】桜花賞の予想に使える歴代レースまとめ

【動画、結果】桜花賞の予想に使える歴代レースまとめ

牝馬クラシック第一冠、桜花賞。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 194
日本史上歴代牝馬最強馬(名牝)のランキング【2017年最新】

日本史上歴代牝馬最強馬(名牝)のランキング【2017年最新】

競馬ニュース.TV独自レーティングによるランキング形式で日本競馬史上歴代最強牝馬をまとめてみました。RT116以上を詳しく紹介して振り返ってみましょう。随時レーティング更新しています。
 21,695
【動画、結果】チューリップ賞の予想に使える歴代レースまとめ

【動画、結果】チューリップ賞の予想に使える歴代レースまとめ

桜花賞の最重要ステップレース、チューリップ賞。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 172

関連するタグ

著者

BRIAN BRIAN