2017年5月23日 更新

【POG】2017-2018年G1レーシング有力馬【一口馬主】

2015年に産まれたG1レーシング所属の産駒を募集された高額順にまとめました。2018年のPOGにご活用頂ければ幸いです。尚、早期掲載の影響で画像が無い産駒も見られますので予めご了承下さい。

8,164
近年、著しい活躍を見せるG1レーシング。社台グループ第三の刺客として立ち上がったクラブだたが、2017年は皐月賞2着ペルシアンナイトを筆頭に多数の馬が実績を上げサンデーレーシングやキャロットファームに肉薄するまでに成長して来ている。今後、益々注目されて行くだけに、有力視される産駒については誰よりも早くチェックしておくべきだ。もしかすると、クラブ初のG1制覇はこれら2017年デビュー予定の馬によって達成されるかもしれない。上位2大クラブより募集価格が良心的なのも嬉しいところだ。

G1レーシング所属高額馬一覧

タンタスエルテ2015|タンタフエルサ

タンタスエルテ2015 牡 (馬名:タンタフエルサ)

タンタスエルテ2015 牡 (馬名:タンタフエルサ)

価格:8000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:タンタスエルテ
母父:Stuka
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム(白老町)
馬主:G1レーシング

兄弟:パララサルー、タンタアレグリアなど
via google imghp
毎年のG1レーシング目玉と言って良いタンタスエルテ産駒。初仔からアネモネS勝ち馬パララサルーを輩出し、3番仔にしてタンタアレグリアが初重賞制覇とコンスタントに活躍馬を輩出。そして今回は待望のディープインパクト牡馬が初お目見えとかなり期待値が高い。意外にも牡馬クラシックとは余り縁のない国枝栄調教師が久々に燃えている筈だ。

メダリアダムール2015|ブラゾンダムール

メダリアダムール2015 牡 (馬名:ブラゾンダムール)

メダリアダムール2015 牡 (馬名:ブラゾンダムール)

価格:7000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:メダリアダムール
母父:Medaglia d'Oro
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:追分ファーム(追分町)
馬主:G1レーシング

兄弟:フィーユダムールなど
via google imghp
馬体、血統的なものも含めて総合的な評価が高いブラゾンダムール。全姉のフィーユダムールは大成しなかったが、未勝利戦のパフォーマンスを見る限りでは重賞級のポテンシャルがあったのは間違いない。牝馬特有のメンタル的な部分が邪魔をしていたのなら、牡馬に変わった本馬は地味に狙い目だろう。7000万円ならコスパは高い。

ソベラニア2015|ゼーゲン

ソベラニア2015 牡 (馬名:ゼーゲン)

ソベラニア2015 牡 (馬名:ゼーゲン)

価格:7000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:ソベラニア
母父:Monsun
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム(白老町)
馬主:G1レーシング

兄弟:ザイエーデル、ズヴェレーンなど
via google imghp
母ソベラニアはドイツオークス2着の実績馬。既に上2頭が登録されているが、ハービンジャーとステイゴールドの配合でどこまで繁殖能力が未知数ではある。しかし、ディープインパクト×Monsunは堀厩舎でウムブルフの成功例もあるだけに期待出来る余地はある。母父Monsun=ソウルスターリングがおりその勢いにあやかりたい。

レディシャツィ2015|パルクデラモール

レディシャツィ2015 牝 (馬名:パルクデラモール)

レディシャツィ2015 牝 (馬名:パルクデラモール)

価格:5000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:レディシャツィ
母父:Privately Held
所属:鹿戸雄一厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム(白老町)
馬主:G1レーシング

兄弟:ドナアブディアスなど
via google imghp
母レディシャツィはペルーのGⅠウィナー。ひとつ上に全兄ドナアブディアスがいるが、体質的な影響もありデビューが遅れて余り参考にしにくい。本馬自身を見るとかなり馬体が筋骨隆々で、ディープインパクトらしからぬフォルム。そこが吉と出るか凶と出るかではあるが、本質的なスピード値は高そうだ。

ベストロケーション2015|グレンフィナン

ベストロケーション2015 牡 (馬名:グレンフィナン)

ベストロケーション2015 牡 (馬名:グレンフィナン)

価格:5000万円

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:ベストロケーション
母父:クロフネ
所属:鹿戸雄一厩舎(美浦)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:G1レーシング

兄弟:ベストアクターなど
via google imghp
母ベストロケーションはあの名牝ダイナアクトレスの牝系を受け継ぐ日本屈指の繁栄ファミリー出身。現役時代も重賞で活躍するなどスピード能力も高くこれからの活躍が期待出来る。初仔のベストアクターはまだデビューしていないが、2番仔のグレンフィナンもヴィクトワールピサ産駒特有の雄大な馬体で評価は高くいきなり走って来ても不思議ではない。

メーデイア2015|オルトシア

メーデイア2015 牝 (馬名:オルトシア)

メーデイア2015 牝 (馬名:オルトシア)

価格:5000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:メーディア
母父:キングヘイロー
所属:笹田和秀厩舎(栗東)
生産:追分ファーム(追分町)
馬主:G1レーシング

兄弟:初仔
via google imghp
母メーデイアは2013年のJBCレディスクラシック勝ち馬。その他、ダートでは無類の強さを誇る屈強な砂の女王だった。しかし、芝のレースでも上がり33秒台を使って3着に入っている実績があり、決して芝がからっきしダメという訳ではない。そこにディープインパクトが配合される事で完全にクラシックで勝負出来る産駒が出来上がっていると予想する。

ラルナデミエル2015|ラントカルテ

ラルナデミエル2015 牡 (馬名:ラントカルテ)

ラルナデミエル2015 牡 (馬名:ラントカルテ)

価格:4000万円

父馬:オルフェーヴル
母馬:ラルナデミエル
母父:Monsun
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム(白老町)
馬主:G1レーシング

兄弟:リュイザン
via google imghp
母ラルナデミエルは海外の重賞馬で初仔のステイゴールド産駒リュイザンも評価が高かった。ラントカルテは期待のオルフェーヴル初年度産駒にあたり、管理は池江泰寿厩舎。走る走らないを度外視してでもロマンを感じれるという部分だけで指名の価値は十分に高い。母父Monsunが今後のトレンドになる傾向があり要注目の1頭だ。

マンティスハント2015|バイマイサイド

マンティスハント2015 牡 (馬名:バイマイサイド)

マンティスハント2015 牡 (馬名:バイマイサイド)

価格:4000万円

父馬:ステイゴールド
母馬:マンティスハント
母父:Deputy Minister
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:追分ファーム(追分町)
馬主:G1レーシング

兄弟:ゴーハンティング、クロスボウ、サングレーザーなど
via google imghp
兄弟がいずれも違う種牡馬でコンスタントに走る事から繁殖能力は相当に高いマンティスハント。一つ上のディープインパクト産駒サングレーザーもポテンシャルはかなりのものを秘めていた。その点を考えればこのバイマイサイドは大化けする可能性有り。栗毛×ステイゴールド×池江泰寿厩舎=…オルフェーヴル2世??

トップセラー2015|レーガノミクス

トップセラー2015 牡 (馬名:レーガノミクス)

トップセラー2015 牡 (馬名:レーガノミクス)

価格:4000万円

父馬:ロードカナロア
母馬:トップセラー
母父:スペシャルウィーク
所属:池添学厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:G1レーシング

兄弟:ストーリーセラー、レジェンドセラーなど
via google imghp
毎年POGの話題に上るトップセラー産駒。プロモーション→アサーションからの系譜を考えれば繁栄ファミリーの筈だが、期待を超える産駒はまだ現れていない。母父スペシャルウィークは一応の成功例があるだけに、今回趣向を変えロードカナロアを配合された事が良いキッカケになれば。しかし、距離適性的にクラシックは先ず難しいだろう。

まとめ

以上、G1レーシングの2015年産駒募集馬の4000万円までを上位掲載。

今後はその他有力クラブの同ランキングも掲載予定、どうぞお楽しみに。

尚、これらの記事は随時更新予定ですので引き続き御覧下さい。
31 件

関連する記事

オルトシアが日曜京都の新馬戦に出走、母はダートの女王

オルトシアが日曜京都の新馬戦に出走、母はダートの女王

2013年のJBCレディスクラシックを圧勝、その他の牝馬交流重賞も総ナメしたメーデイアの初仔にあたるオルトシア。父にディープインパクトを迎え芝専用機となって新馬戦に登場だ。鞍上は母の主戦も務めた浜中俊騎手がスタンバイ。
 179
エルディアマンテが未勝利に登場、ここは確実に勝ち上がりたい

エルディアマンテが未勝利に登場、ここは確実に勝ち上がりたい

新馬戦でレッドベルローズと激闘を演じたエルディアマンテ。3着以下には6馬身もの差をつけている事から能力は既にオープンクラスだろう。ローテ的にもこの1戦を取りこぼすとクラシックには間に合わないだけに是が非でも勝ちたい。
 1,436
エリスライトがフリージア賞に出走、ハイレベルな1戦で試金石

エリスライトがフリージア賞に出走、ハイレベルな1戦で試金石

新馬戦で圧勝の走りを見せたエリスライトが2戦目に混合戦のフリージア賞へ。ブレステイキングやギベオンなど、牡馬のクラシック有力候補相手に勝ち切れば一気に桜花賞の本命候補へ浮上する。鞍上はデビュー戦と同じく蛯名正義騎手。
 2,342
パンコミードが折り返しの未勝利を楽に逃げ切りV、素質高い

パンコミードが折り返しの未勝利を楽に逃げ切りV、素質高い

ラブリーデイの全弟パンコミードが好素材をアピール。スタートからすんなりハナを奪うと、マークして来たレッドヴェイロンの追走を楽々と振り切って鮮やかな逃げ切り勝ち。3着以下をちぎっている事からも、同馬の将来性は確かだ。
 664
アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

新馬戦で惜しい2着敗退を喫したアロハリリー。クラシックに間に合わせる為には強行軍だが中1週での未勝利戦でどうしても勝つ必要がある。今後の事を考えても楽な競馬内容での勝ち上がりが理想だろう。鞍上は北村友一に乗り替わり。
 1,026

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王