2016年10月8日 更新

2016年毎日王冠(GⅡ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

優勝馬に天皇賞・秋(G1)への優先出走権が与えられる毎日王冠(G2)。今年は紅一点のルージュバックを筆頭に、アンビシャス、ロゴタイプ、ステファノス、ディサイファなどG1級の好メンバーが集結し大激戦になることは間違いない。

739

レース傾向&展開

東京競馬場・芝1800m

1コーナーと2コーナーの真ん中にあるポケット地点からのスタートとなる東京・芝1800m。スタートして250m地点まで下り坂が続き、さらに3コーナーまで直線になるため、自然とペースが上がり、高速決着になるケースが多く、スピード豊富でキレのある瞬発力を持つ馬が好走しやすい。枠は道中ロスなく立ち回れる内枠が有利で、外目を回らされてスタミナを削られる馬は割引きが必要になる。直線は長いが、開幕週の時期は差し馬より逃げ・先行馬が有利な傾向。理想としては先行集団から中団好位でレースを運ぶのがベストだろう。
種牡馬ではディープインパクトが抜けてトップ。次いでフジキセキ、ハーツクライ、キングカメハメハ、ステイゴールド、シンボリクリスエス、ジャングルポケットが好成績を残している。

レース展開予想

先手争いはマイネルミラノ、ロゴタイプ、ウインフルブルーム、ディサイファが有力。前目のポジションにクラレント、ロサギガンティア、アンビシャスが続いて、後方にヒストリカル、ステファノス、ロンギングダンサー、ダノンシャーク、ルージュバックと展開が予想される。

独自予想

◎ステファノス

ステファノス(牡5歳)

ステファノス(牡5歳)

父:ディープインパクト
母:ココシュニック
母の父:クロフネ
調教師:藤原英昭(栗東)
via google imghp
一昨年の富士S以来勝ち星がないものの、その後はクイーンエリザベス2世C、天皇賞・秋とG1で2着2回の実績を残している。5歳で迎えた今年は鳴尾記念2着→宝塚記念5着と強敵相手にも差のない競馬をしており、約3ヵ月の休養を経て、秋はここを始動戦に定めて調整は万全。力は十分に出せる状態で、得意の東京コース+斤量56kgなら一気に突き抜けても不思議ではない。最大目標はあくまでも天皇賞・秋であるが、前哨戦とはいえ、無様な競馬はできない。

◯ルージュバック

ルージュバック(牝4歳)

ルージュバック(牝4歳)

父:マンハッタンカフェ
母:ジンジャーパンチ
母の父:Awesome Again
調教師:大竹正博(美浦)
via google imghp
デビュー時から”怪物牝馬”と称され、G1制覇は確実と言われた素質馬だが、その後は6連敗を喫するなど案外な結果に。しかし、前走のエプソムCでは大外からメンバー最速32秒8の強烈な末脚を繰り出して快勝。約1年4ヶ月ぶりの勝利を挙げ、完全復活を印象付けた。今回、相手は一気に強化されるが、決め手の高さは見劣りしない。芝1800mでは3勝2着1回と連対率100%を誇っており、最も能力を発揮できる舞台であることは間違いなく、ここで好勝負できれば悲願のG1制覇も近づいてくる。

▲アンビシャス

アンビシャス(牡4歳)

アンビシャス(牡4歳)

父:ディープインパクト
母:カーニバルソング
母の父:エルコンドルパサー
調教師:音無秀孝(栗東)
via google imghp
3歳時にラジオNIKKEI賞を制して重賞初制覇を飾ると、毎日王冠で0.5秒差の6着、天皇賞・秋では勝ち馬ラブリーデイから0.2秒差の5着と古馬相手にも接戦を演じてきた。4歳になって迎えた今年は、中山記念で勝ち馬ドゥラメンテとタイム差なしの2着、産経大阪杯ではキタサンブラック、ラブリーデイ、ショウナンパンドラなどのG1馬を下して重賞2勝目を挙げるなど完全に本格化した印象。前走の宝塚記念は16着と大敗したが、渋った馬場と終始力んだことが影響して不完全燃焼の一戦だった。夏にリフレッシュされた今回は、得意の舞台で巻き返しを狙う。

出馬表&レーティング&予想オッズ

G1馬ロゴタイプよりもステファノスの評価が高く113.8で最上位。ロゴタイプ、アンビシャス、ウインフルブルーム、ディサイファまではそれほど差がなく楽しみなレース。斤量差を考えるとステファノスが頭一つ抜けているか。
 
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 大川 小野寺 田中 予想オッズ
1 ヒストリカル 牡7 56.0 横山典弘 107.9 99.4
2 ステファノス 牡5 56.0 川田将雅 113.8 5.4
3 クラレント 牡7 56.0 小牧太 107.8 × 47.6
4 ロンギングダンサー 牡7 56.0 吉田豊 100.5 124.5
5 ディサイファ 牡7 57.0 武豊 110.3 × 8.5
6 マイネルミラノ 牡6 56.0 丹内祐次 105.7 × × × 32.6
7 アンビシャス 牡4 57.0 C.ルメール 112.1 2.7
8 ダノンシャーク 牡8 57.0 柴田善臣 107.9 × × 85.0
9 ロゴタイプ 牡6 58.0 田辺裕信 112.5 6.7
10 ルージュバック牝4 54.0 戸崎圭太 108.4 3.2
11 ウインフルブルーム 牡5 56.0 柴田大知 111.0 10.5
12 ロサギガンティア 牡5 57.0 北村宏司 108.3 × 38.4
18 件

関連する記事

2016年府中牝馬ステークス(GⅡ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2016年府中牝馬ステークス(GⅡ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

優勝馬にエリザベス女王杯への優先出走権が与えられる府中牝馬S。今年は同レース2年連続2着のスマートレイアー、得意の東京コースで重賞2勝目を狙うマジックタイムなど実績豊富な一流牝馬たちが集結した。
 507
2016年 エプソムカップ (G3・東京・芝1800m) 出馬表&予想オッズ&独自予想

2016年 エプソムカップ (G3・東京・芝1800m) 出馬表&予想オッズ&独自予想

東京競馬場の芝1800mで行われるハンデ重賞・エプソムカップ。今年は2015年のきさらぎ賞以来の勝利を目指すルージュバック、M.デムーロを背に重賞2勝目を狙うフルーキーなど好メンバーが集結した。
 1,945
2017年中山記念(GⅡ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年中山記念(GⅡ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

一流古馬の春への重要なステップレース、中山記念(GⅡ、4歳上、芝1800m)。今年は同期でライバルのアンビシャス&リアルスティール、GⅠ3勝のロゴタイプなどが出走予定。発走は15時45分。
 479
2016年ステイヤーズS(GⅡ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2016年ステイヤーズS(GⅡ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

暮れの大一番・有馬記念へのステップレースに位置付けられているステイヤーズS(GⅡ・芝3600m)。今年は、昨年の同レース覇者アルバートを筆頭に、初重賞制覇を目論むモンドインテロなどスタミナ自慢の好メンバーが集結した。
 554
2016年アルゼンチン共和国杯(G2) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2016年アルゼンチン共和国杯(G2) 出馬表&独自予想&予想オッズ

日本とアルゼンチンの友好、親善の一環として、1963年に創設されたアルゼンチン共和国杯(G2・東京芝2500m)。今年は、佐々木主浩氏所有のシュヴァルグラン&ヴォルシェーブを筆頭に、モンドインテロなど実績馬が集結した。
 683

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部