2017年8月31日 更新

DMMドリームクラブの一口馬主アプリDMMバヌーシーが登場

DMM.comはDMMドリームクラブを立ち上げ、DMMバヌーシーという最大1万口の募集から手軽に良血馬のオーナーになれる仕組みの一口馬主アプリをリリース開始。記事の後半には手引きを記載しているので皆で登録しよう!!

16,400

クラブ法人名はDMMドリームクラブ

DMMドリームクラブ運営を開始したDMM.com

DMMドリームクラブ運営を開始したDMM.com

via google imghp
競馬の馬主業界にビッグニュースが入って来ました。

あのネットビジネスで有名なDMM.comさんが馬主法人『DMMドリームクラブ』なるものを発足させ、スマホから気軽に馬のオーナーになれる画期的な取り組みを開始。近日中に一口馬主アプリ『DMMバヌーシー』をリリース予定との事で、現在各メディアでもこぞってそのニュースがピックアップされています。

DMMバヌーシーの募集口数は最大1万口‼

一口1万円台から出資が可能‼

一口馬主のクラブや会員の関連図参考

一口馬主のクラブや会員の関連図参考

via google imghp
基本的に一口馬主と言えば、サンデーレーシングやキャロットファーム、社台レースホースなどの社台グループが最も有名なクラブ運営主。しかし、これらの口数は分割が40~400と一口あたり数十万~数百万円程でハードルが高い金額設定なんですね。しかし、今回のDMMバヌーシーの募集口数は何と1万口。つまり、1億円の馬が単純計算で一口1万円から手軽に買えてしまうのであります。当然、その他の諸経費なども合算になる筈なので一概にそうとは言えませんが、それでも冒頭のクラブよりは遥かにお求めやすい価格帯。これなら一般的な所得の人たちでも楽しめそうですね。

アプリで出資馬の情報や成績を確認‼

ワンタッチの操作で愛馬の情報を確認する事が可能に

ワンタッチの操作で愛馬の情報を確認する事が可能に

via google imghp
何と言っても今回の目玉はスマホアプリ内で諸々の作業が出来る点に尽きます。既存の共同クラブは基本的に会報や出資馬の情報を紙媒体で送って来る事がほとんど。勿論、公式サイトでの情報閲覧などネット媒体を駆使している所もありますが…それでも、契約書の取り交わしや特典などの送付についてはまだアナログな手法で行っている筈。が、DMMさんは元々がネットワークビジネスのパイオニア的存在でもありますので、それらの作業を全てアプリ上の操作1つで完了出来る様にしているに違いありません。詳細は今後のアプリ立ち上げ後に直接レポート致します。

セレクトセール2017では早速、超良血馬を3頭購入

ラヴズオンリーミー2016 1億6000万円

ラヴズオンリーミー2016

ラヴズオンリーミー2016

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:DMMドリームクラブ
via google imghp
初日の1歳セリでは上場馬の中でも取り分け目玉的存在に近いラヴズオンリーミー2016を1億6000万円で落札。全兄にドバイターフ勝ち馬のリアルスティールがいる血統馬で、“ディープインパクト×Storm Cat”は幾多の成功例が出ているトレンド配合でもあります。これはかなり期待しても良いんじゃないでしょうか。ちなみに、横で一緒に映っているのがDMM.com取締役の野本巧氏。

ドナブリーニ2016 3億7000万円

ドナブリーニ2017

ドナブリーニ2017

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ドナブリーニ
母父:Bertolini
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:DMMドリームクラブ
via google imghp
そして2日目の当歳セリでド肝を抜かれたのがドナブリーニ2017を史上3番目の高額取り引きとなる3億7000万円で落札した事。全姉にあの7冠馬ジェンティルドンナがいる良血馬で、その実績と獲得賞金額を考えれば元が取れる可能性も0ではありません。何より、この馬のオーナーに約4万円内の価格でなれるという夢の様なお話がまさに現実となるのですね。

シュガーハート2017 1億4500万円

シュガーハート2017

シュガーハート2017

牡馬

父馬:ブラックタイド
母馬:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
所属:厩舎未定
生産:ヤナガワ牧場
馬主:DMMドリームクラブ
via google imghp
ある意味で最も注目された産駒のシュガーハート2017も1億4500万円の高額落札。現役最強馬であるあのキタサンブラックの全弟という事で関係者の視線を一手に集めていた良血産駒です。兄は約13億円もの賞金を獲得していますが、この弟は一体どれくらい稼ぐんでしょうか??落札額はすぐに到達する様な気もしなくはありませんが…さて、果たして??

DMM.com証券口座の開設方法について

8月5日のリリース以降、瞬く間にDMMバヌーシーのアプリをダウンロードしている人たちが急増しています。が、実際にアプリ内で競走馬を所有するには賞金の分配などを受け取る為の『DMM.com証券』の口座を開設しなければいけない様です。そこで、ここでは口座開設に至るまでの手引きをご紹介致します。
手順①

手順①

先ずはIOS、androidのアプリストアにて『DMMバヌーシー』と検索しアプリをインストールして下さい。※又は、当ページの冒頭に表示されている同サイトの広告バナーをクリック
via google imghp
手順②

手順②

インストール後、進んで行くとログイン画面に辿り着きます。初めに赤文字で表記されている『口座開設』をクリックします。
via google imghp
手順③

手順③

既に証券用の口座をお持ちの方はログインして入れますが、ほとんどの方が未開設かと思います。ここでは契約に関する約款や承認事項の確認をして行きます。
via google imghp
手順④

手順④

口座開設にあたっての表明確約書をよく読み、各項目に対して承諾のチェックを入れて行きます。
via google imghp
手順⑤

手順⑤

10項目にチェックを入れると、最後に登録用のメールアドレスとパスワード入力が求められます。これは今後ログインの際に使用するIDとなりますので、メモしておくか入力後に画面をスクリーンショットをして保存しておいて下さい。
via google imghp
手順⑥

手順⑥

上記の登録が完了すると、次に個人情報の入力画面へ移ります。それぞれの項目欄に該当する自身の情報を入力していって下さい。
via google imghp
手順⑦

手順⑦

途中、自己資産や初回振込予定額などの入力を求められますが明確ではなく大体の目安で構いません。
via google imghp
手順⑧

手順⑧

個人情報の入力が完了すると、次に口座開設の関連事項のチェックを求められます。最初に選択する三つの項目は『金利・配当重視』をチェックしておけば良いでしょう。※その他を選択すると余分に入力が求められます
via google imghp
手順⑨

手順⑨

口座開設に関する入力が完了すると、最後にそれぞれの確認画面へ映ります。ここでは、入力した内容に間違いがないかを確認して行きます。
via google imghp
手順⑩

手順⑩

画面の最後まで進み、入力内容が全て正しければ下の『申し込む』をクリックして下さい。
via google imghp
手順⑪

手順⑪

申し込みが完了すると、最後のステップとして本人確認の手続きが求められます。本登録の際に最も間違えやすい内容となりますのでよくご覧下さい。
via google imghp
本人確認書類パターン①と②

本人確認書類パターン①と②

本人確認の際にご用意頂く書類の説明です。

最も簡単なのは②で記載の個人番号カードのみ。交付手続きをしている方はこちらをご用意下さい。

若しくは、①におけるマイナンバーが記載の通知カードか同様の住民票+顔写真付き本人確認書類の2点。顔写真付きの物は一般的に免許証かパスポートで良いでしょう。その他の場合は、同ページの各書類詳細をご確認下さい。
via google imghp
本人確認書類パターン③について

本人確認書類パターン③について

最も面倒なのは③の場合。

マイナンバー記載の通知カードか住民票+顔写真無しの本人確認書類が2通の計3点を用意しなければなりません。後者に該当するのは各種保険証や住民票の写し、福祉手帳や印鑑証明書などです。こちらも同ページの各書類詳細をご確認下さい。
via google imghp
手順⑫

手順⑫

上記①~③のいずれかのパターンで書類を用意出来たら、ページ最後に表示されている『必要書類のアップロード』をクリックします。
via google imghp
手順⑬

手順⑬

カメラ起動をクリックし、本カメラ内で各書類を撮影しそのデータをアップロードします。
via google imghp
手順⑭

手順⑭

手順⑬を完了後、暫く待っているとDMM.com証券本体から画面の様な口座開設完了のお知らせメールが届きます。後は、正式な口座開設通知書が郵便にて先に登録した住所へ届く予定となっております。それに記載されたIDやパスワードを確認し、一口馬主『DMMバヌーシー』を本格的にお楽しみ下さい。
via google imghp

アプリのポイント

実際に賞金が分配される

DMM.com証券口座を開設する事で正当な競走馬用ファンドとなり、その口座内で所有馬がレースで獲得した賞金の入金が行われます。つまりは株などと同じく投資。これは非常に前衛的な取り組みと言えます。

入会金や月々の維持費が不要

ランニングコストは一切の無駄を排除。入会金は年会費はもちろん無料、一口馬主で一番のネックとなる馬を管理する為の維持費もかかりません。何故なら、最初に馬を購入する費用の中にまとめてそれらも含んでいる一括支払いだからなのです。

デビュー前に亡くなった場合などは保険を適用

馬も生き物です。購入したもののケガや病気、事故などでデビューに至らないケースだって存在します。そんな時でも安心なのが競走馬用の保険に加入している点。万が一の場合があっても、購入資金の一部を返還してくれるのであります。

アプリの操作で簡単に愛馬の状況をチェック

スマホ全盛時代に人々が慣れしたんだ様々なアプリと同様の感覚で操作を楽しめます。毎週4本上がって来る愛馬の状況を動画やコメントなどで簡単に知る事が出来るのは非常に嬉しいですね。デビューに至るまでの成長や、現役時代の裏方の世界まで共有体験が可能なのです。

募集馬の質が世界レベル

既にご存知の方も多いでしょうが、現役最強と呼ばれるキタサンブラックやドバイのGⅠを制したリアルスティールの全兄弟などがラインアップ。通常なら持つ事の出来ないレベルの競走馬もワンタッチの操作でオーナーになれるのです。これは他では考えれられない至極のサービスと言えますね。

所属馬の売れ行きがヤバい

8月5日にリリースされてから約1ヶ月が経とうとしていますが、DMMドリームクラブが募集をかけている馬が全ッ然売れていません。…それもその筈で、当初『1万円から買える!!』という触れ込みで情報を流していたのにも関わらず、結果フタを開けてみれば一口4万円前後の馬もチラホラ。それでも安いと言えば安いですが、でもこれで1万口でしょう??新馬戦を勝ったとしても、馬主の手元には560万円位の割合が戻って来てそれを1万で割れば560円ですからね。幾ら維持費などのランニングコストがかからないと言ったってこの募集額の設定は明らかなミステイクだと思います。
ベネンシアドール2015→42000円

ベネンシアドール2015→42000円

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ベネンシアドール
母父:キングカメハメハ
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:DMMドリームクラブ
via google imghp
2015年産駒の目玉と言っても良いベネンシアドール2015。あのデニムアンドルビーの全弟なんですが、8月末現在で何と売れたのが約1000口。これはちょっと厳しい立ち上がりですよね。よく考えて下さいね、42000円が約10000口って総募集額は約4億2000万円ですよ。肝心の一番走ったデニムアンドルビーですら4000万円で落札されて、現在の総獲得賞金が約3億7000万円…完全に割りに合ってません。ってか、普通に考えて高過ぎでしょうよ。
ワナダンス2015→10000円

ワナダンス2015→10000円

牝馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ワナダンス
母父:The Leopard
所属:戸田博文厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:DMMドリームクラブ
via google imghp
募集馬で最安の10000円がこのワナダンス2015。値段設定のお陰か、何とか3000口以上は購入者がいる様ですがそれでも半分も行っていません。馬名は『アイワナシーユー』で、既に入厩も決定しているとの事でデビューも間近。というよりも、デビューまでに売れ残った口数はDMM側が負担するのでしょうが…この価格帯で完売しなければどう考えてもヤバい。ってか、最安とは言えこの馬に1億円もの価値があるのか??
ラヴズオンリーミー2016→32000円

ラヴズオンリーミー2016→32000円

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:DMMドリームクラブ
via google imghp
今年のセレクトセールで話題をかっさらったラヴズオンリーミー2016。1億6000万円で落札され、その募集額に注目していましたが一口32000円。つまり、約3億2000万円という事になりますが…まだ、募集馬の中でなら一番期待出来るのが本馬かもしれません。何と言ってもリアルスティールの全妹ですからね。GⅠの1つや2つ勝ってもおかしくありませんが、勝ったとしても各出資者に返って来るのは1万円いかない程度。これはさすがに誰も買わないでしょうし、実際にまだ400口程度だけw
シュガーハート2017→43500円

シュガーハート2017→43500円

牡馬

父馬:ブラックタイド
母馬:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
所属:厩舎未定
生産:ヤナガワ牧場
馬主:DMMドリームクラブ
via google imghp
最もイタい感じなのがこちらのシュガーハート2017。あのキタサンブラックの全弟で、2016年セレクトセールでは1億4500万円もの高額で落札されましたが募集額は所属馬で最高となる43500円。が、
これは何と200口も売れていません。まぁ、当歳という事もあるでしょうがそれにしても看板馬がこんな状態では完全にコケたと言われてもおかしくありませんよね。そもそもが、キタサンブラックの弟とは言え4億以上もの募集額ってどうなんでしょう。

アプリの作り込みに疑問

そして何より、1番の疑問はこちらの画像。馬を購入すると『マイホース』なるメニュー画面で、自分の所有馬を表すバーチャルホースが用意されるみたいです。しかも、ここでは“餌やり”と“ブラッシング”ボタンが表示されるんですって。いやいや、馬の育成ゲームでも無いんだからこのアクション要りますかね??絶対に必要ないと思うんですけどね…開発の段階で誰か『それは要らないと思います!!』って言えよwww
所有を表す1頭の馬…どうせ、全部同じでしょw

所有を表す1頭の馬…どうせ、全部同じでしょw

via google imghp
“餌やり”のボタンを押したら食べてるけど…で??

“餌やり”のボタンを押したら食べてるけど…で??

via google imghp
この“ブラッシング”の意味www

この“ブラッシング”の意味www

via google imghp

まとめ

以上が『DMMバヌーシー』の簡単な概要となりますが、詳しい内容は今後正式に発表されるリリースや実際に稼働したアプリを元にお届け出来ればと考えております。その他では馬名の決定方法とかどうなってるんですかね??

しかしながら、DMM.comさん…目の付け所が本当にシャープです。まさにライトな競馬ファンが待ち望んでいた珠玉のシステムと言え、スマホ全盛期の現代に見事なマッチングが期待出来るサービスではないでしょうか。これをキッカケに競馬へ興味を持つ人が一人でも増えてくれると良いですね。

今後の更なる追加情報をお楽しみに。

※8月8日付けでアプリの登録手引き概要、8月10日にアプリのポイント、8月31日に募集馬の販売進
捗状況を追記
66 件

関連する記事

2017年セレクトセールの当歳セリ高額取り引き馬一覧

2017年セレクトセールの当歳セリ高額取り引き馬一覧

2017年セレクトセールが終わり、2020年のクラシック有力候補が出揃いましたね。再来年デビュー予定の中から特に注目すべき有力馬や高額取り引きされた産駒などを中心にピックアップ。2019-2020のPOGにご参考下さい。
 2,636
【POG】DMMドリームクラブ有力馬【一口馬主】

【POG】DMMドリームクラブ有力馬【一口馬主】

2015~2017年に産まれたDMMドリームクラブ所属の募集馬を高額順にまとめました。一口馬主アプリのDMMバヌーシー内で購入する際にご活用頂ければ幸いです。尚、早期掲載で画像が無い産駒も見られますのでご了承下さい。
 2,016
共同馬主クラブへ資料請求✨一口馬主になる為には🐴?

共同馬主クラブへ資料請求✨一口馬主になる為には🐴?

ついに共同クラブから『一口馬主』になるための資料が届きました☺️✨凄く綺麗なパンフレットに感動!そして『一口馬主』になるには、こんな手続きがあるんだ、ということも学びました🙌Twitter@seika0705
 990
一口馬主になりたい(∩˃o˂∩)!神戸新聞杯2017の予想

一口馬主になりたい(∩˃o˂∩)!神戸新聞杯2017の予想

前回の記事での書かせていただいた『馬主』のことをいろいろと調べていくうちに、馬主になりたい願望が止められなくなってしまい、ついに!いくつかのホースクラブに資料請求してみました✨!!!Twitter@seika0705
 1,186
2017年セレクトセールの1歳セリ高額取り引き馬一覧

2017年セレクトセールの1歳セリ高額取り引き馬一覧

2017年セレクトセールが終わり、2019年のクラシック有力候補が出揃いましたね。来年、再来年デビュー予定の中から特に注目すべき有力馬や高額取り引きされた産駒などを中心にピックアップ。来年のPOGにご参考下さい。
 1,012

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部