2016年12月19日 更新

2016年12月3週後の次走注目馬まとめ

2016年12月3週のレース結果を振り返りながら次走以降で追いかけたい馬のまとめを行いました。いよいよ2016年も残り2週。各陣営も暮に向けて一気の出走ピーク。その中から各レース後の注目馬を厳選していますのでどうぞご覧ください。

①ビップライブリー|土曜阪神10R  猪名川特別

ビップライブリー 牡3歳

ビップライブリー 牡3歳

父馬:ダイワメジャー
母馬:フローラルグリーン
母父:フォーティナイナー
所属:清水久詞厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:鈴木邦英
via google imghp

2016年12月17日 猪名川特別 芝1400m 阪神競馬場

1着:ムーンエクスプレス(池添)
2着:ビップライブリー(和田)
3着:センセーション(四位)

レースタイム:1.22.7(良)
レース上がり3ハロン:35.7
勝ち馬上がり3ハロン:35.7
【ビップライブリー】
2着に敗れたものの、完全な前残りの展開の中で唯一ケタ違いの脚で猛追したビップライブリー。決め手は既にオープンクラスのものがあり、後はレースでの安定感が欲しい所だが…得てしてこういうタイプの馬はクラスが上がれば上がる程にしっかりと走れる傾向にある。と言うのも、上のクラスはペースが流れやすい為、終いの脚がしっかりしてさえいればある程度は戦えるのだ。現に4走前の阪神マイルではとんでもないタイムで駆け抜けており、少しでも早い勝ち上がりを期待したい。

②ナムラケイト|日曜阪神8R 3歳1000万下

ナムラケイト 牝4歳

ナムラケイト 牝4歳

父馬:ディープインパクト
母馬:レーヌヴェルト
母父:フレンチデピュティ
所属:五十嵐忠男厩舎(栗東)
生産:いとう牧場(日高町)
馬主:奈村信重
via google imghp

2016年12月18日 3歳1000万下 ダート1800m 阪神競馬場

1着:ナムラケイト(内田)
2着:ロイヤルパンプ(松若)
3着:エポック(ルメール)

レースタイム:1.51.3(良)
レース上がり3ハロン:36.9
勝ち馬上がり3ハロン:36.8
【ナムラケイト】
まだまだ粗削りではあるものの、ダートでのパフォーマンスが高いディープインパクト産駒のナムラケイト。前走よりも更に走りがしっかりとし、1000万下クラスを5馬身差で快勝。時計のかかる阪神の馬場で番手から抜け出しての1800m=1分51秒台はかなり優秀と言えるだろう。今のところ力のいるダートの方が合っていそうで、引き続きその傾向で追いかけたい1頭。

③ロイカバード|日曜阪神9R 元町S

ロイカバード 牡3歳

ロイカバード 牡3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:アゼリ
母父:Jade Hunter
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:寺田寿男
via google imghp

2016年12月18日 元町S 芝1600m 阪神競馬場

1着:ロイカバード(武豊)
2着:ハクサンルドルフ(デムーロ)
3着:レッドライジェル(シュミノー)

レースタイム:1.35.4(良)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:33.5
【ロイカバード】
遂に2億4000万円の高額馬が素質を開花。春のクラシックシーズンは棒に振ったが、マイル路線に照準を絞ってからはその秘めたるポテンシャルを開放し一気にオープン入りを決めた。脚質を追い込みに転換した事で安定した末脚を繰り出せる様になり、安心して見られる様になって来た。後は重賞レベルのメンバー相手にどこまでやれるかだろう。年明け以降のレースに注目。

④ブレイズガール|日曜中京10R 桑名特別

ブレイズガール 牝3歳

ブレイズガール 牝3歳

父馬:ローレルゲレイロ
母馬:アペイロン
母父:エルコンドルパサー
所属:飯田雄三厩舎(栗東)
生産:旭牧場(日高町)
馬主:岡田牧雄
via google imghp

2016年12月18日 桑名特別 芝1200m 阪神競馬場

1着:ブレイズガール(加藤)
2着:スパイチャクラ(丸山)
3着:クローソー(菱田)

レースタイム:1.09.2(良)
レース上がり3ハロン:34.6
勝ち馬上がり3ハロン:33.2
【ブレイズガール】
逃げ馬が2着の展開で、最後方から直線だけで一気のゴボウ抜きを決めたブレイズガール。決してペースが向いたという訳ではなく、この馬が持つ本来の能力がフルに活かされた騎乗だったという事だろう。安定はしないが、勝つ時は鮮やかで派手な競馬。基本的には人気薄のキャラクターであり、オッズやクラスに関係なく自分の競馬が気持ちよく出来ればどのメンバーでも突っ込んで来るタイプか。今後も継続的に警戒したい。

⑤ミツバ|日曜阪神10R ベテルギウスS

ミツバ 牡4歳

ミツバ 牡4歳

父馬:カネヒキリ
母馬:セントクリスマス
母父:コマンダーインチーフ
所属:加用正厩舎(栗東)
生産:タバタファーム(日高町)
馬主:協栄
via google imghp

2016年12月18日 ベテルギウスS ダート2000m 阪神競馬場

1着:ミツバ(横山典)
2着:オリオンザジャパン(内田)
3着:ヨヨギマック(川田)

レースタイム:2.03.6(良)
レース上がり3ハロン:37.1
勝ち馬上がり3ハロン:36.6
【ミツバ】
上がり馬のミツバがオープンを2連勝。逃げた前走とは打って変わって、好位からの競馬。4コーナーで徐々に進出し、直線では鮮やかに抜け出し後続の追撃も軽くシャットアウト。秋のシリウスSでは力負けした印象だったが、この内容を見る限り今後は重賞でも好勝負出来るだろう。距離はあればあるほど良いタイプか。一度地方のダートでも見てみたい。

まとめ

今週のピックアップは以上。

ロイカバードは完全に本格化したと見ていいだろう。実際、関係者が見てあれだけの高額取引されたのだから馬体自体は走る馬なのだろう。ようやくそこに実が入って来て経験値も積んだ事から能力が発揮される様になった。後は2億4000万円以上の活躍を期待して待つばかりだ。

ミツバに関してもオープン戦では安心して見ていられる。逃げて良し、差して良しの展開不問。横山典騎手も完全に手の内に入れており、今後は重賞のタイトルを手に出来るかに焦点が集まる。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2017年3月第4週後の次走注目馬まとめ

2017年3月第4週後の次走注目馬まとめ

2017年3月第4週のレース内容と結果を振り返りながら次走以降で追いかけたい馬をピックアップ。中山・阪神・中京競馬場の全72レースから厳選した5頭を挙げているので是非ご覧いただきたい。
180 view
2017年3月第4週の注目出走馬まとめ

2017年3月第4週の注目出走馬まとめ

3月25、26日に出走を予定している馬の中から好走が期待できる注目馬をピックアップ。3歳世代の新馬戦も先週で終了し、クラシックの勢力図も固まってきた。そしてさらなる高みを目指す古馬勢の戦いにも注目したい。
267 view
2017年3月第3週の注目出走馬まとめ

2017年3月第3週の注目出走馬まとめ

3月18、19、20日に出走を予定している馬の中から好走が期待できる注目馬をピックアップ。3歳世代の新馬戦もいよいよ最終週となり、クラシックに向けた動きも徐々に激化。そしてさらなる高みを目指す古馬勢の戦いに注目だ。
213 view
2017年3月第2週後の次走注目馬まとめ

2017年3月第2週後の次走注目馬まとめ

2017年3月第2週のレース内容と結果を振り返りながら次走以降で追いかけたい馬をピックアップ。中山・阪神・中京競馬場の全36レースから厳選した5頭を挙げているので是非ご覧いただきたい。
302 view
2017年3月第2週の注目出走馬まとめ

2017年3月第2週の注目出走馬まとめ

3月11・12日に出走を予定している馬の中から好走が期待できる注目馬をピックアップ。3歳世代の新馬戦も残すことあと2週となり、クラシックに向けた動きも徐々に激化。そしてさらなる高みを目指す古馬勢の戦いに注目したい。
265 view

共通キーワード

この記事のキュレーター

マッケン王 マッケン王