2017年4月12日 更新

2017年デビュー予定のロードカナロア産駒POG注目馬一覧

2015年に生まれたロードカナロア産駒の中で、特に注目すべき良血馬や評判馬などをピックアップ。日本ダービーの翌週から新馬戦が始まりますので、ドラフト他お目当ての馬は早めに目星を付けておかれる事をオススメ致します。

ロードカナロア産駒一覧

トゥザヴィクトリー2015 牡 (馬名:トゥザフロンティア)

トゥザヴィクトリー2015 牡 (馬名:トゥザフロンティア)

父馬:ロードカナロア
母馬:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:キャロットファーム
via google imghp
最注目はこれ。トゥザヴィクトリー2015は兄にトゥザグローリーやトゥザワールドを持つ超良血馬。今年のキャロットファーム募集馬の中でも特別な存在の1頭だ。預託先も池江泰寿厩舎でクラシックの常連という事もあり、シーズン中の活躍もかなり期待出来るのではないだろうか。但し、距離的な部分は未知数と言える。
ダイワエルシエーロ2015 牝 (馬名:未定)

ダイワエルシエーロ2015 牝 (馬名:未定)

父馬:ロードカナロア
母馬:ダイワエルシエーロ
母父:サンデーサイレンス
所属:未定
生産:下河辺牧場(日高町)
馬主:未定
via google imghp
オークス馬ダイワエルシエーロの子供。同馬はこれまでブライアンズタイムやジャングルポケットなどのスタミナ色が濃い血統との産駒しか生まれていない。オークスを勝っているものの、本質的にはマイル前後でこそ本領発揮のタイプだっただけに、今回の短距離配合は双方のスピードが全面的に活かされた理想の掛け合わせだろう。
ロンドンブリッジ2015 牝 (馬名:未定)

ロンドンブリッジ2015 牝 (馬名:未定)

父馬:ロードカナロア
母馬:ロンドンブリッジ
母父:ドクターデヴィアス
所属:未定
生産:下河辺牧場(日高町)
馬主:未定
via google imghp
高齢でありながら、近年もグレータロンドンという大物を輩出したロンドンブリッジ。まだまだその繁殖能力は健在で、今回の配合はまさに最強の快速馬が生まれそうな予感がしてならない。これまでの傾向的に少しデビューなどが遅れがちという点は少し気にはなるが、情報を待ちながら指名しても良いレベルの期待馬である。
フサイチパンドラ2015 牝 (馬名:アーモンドアイ) 

フサイチパンドラ2015 牝 (馬名:アーモンドアイ) 

父馬:ロードカナロア
母馬:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング
via google imghp
母はエリザベス女王杯勝ち馬のフサイチパンドラ。産駒は正直、これまで最高でも2勝と余り実績が乏しいがロードカナロアに変わって一発大物が出てもおかしく下地は揃っている。国枝栄厩舎預託という点もシルクレーシングの期待感が伝わって来ているし、何より既に名前が決まっている安心感も心強い。
アビ2015 牡 (馬名:ボアヴィスタ)

アビ2015 牡 (馬名:ボアヴィスタ)

父馬:ロードカナロア
母馬:アビ
母父:Chief's Crown
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:笠松牧場(浦河町)
馬主:シルクレーシング
via google imghp
ダービー馬ディープスカイの弟。アビ産駒もそのディープスカイ以降はほとんど走る産駒を出せていない。しかし、これまでとは毛色の全く違うロードカナロアが付けられた事で再度の突然変異的な産駒が生まれる可能性は十分に有り得る。名伯楽・石坂正調教師の腕が鳴る1頭だろう。
ザレマ2015 牝 (馬名:グランドピルエット)

ザレマ2015 牝 (馬名:グランドピルエット)

父馬:ロードカナロア
母馬:ザレマ
母父:ダンスインザダーク
所属:田村康仁厩舎(美浦)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:社台レースホース
via google imghp
ザレマの産駒にまだ大物は出ていないが、3つ上の兄ミッキーオリビエが4連勝で一気にオープン入りしさぁこれからという所で引退を余儀なくされた。2頭目であのクオリティの産駒を出せたという事は繁殖能力はあると見て良いだろう。このロードカナロアで覚醒する可能性は大いに考えられる。
エヴリウィスパー2015 牝 (馬名:未定)

エヴリウィスパー2015 牝 (馬名:未定)

父馬:ロードカナロア
母馬:エヴリウィスパー
母父:ノーザンテースト
所属:未定
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:未定
via google imghp
2009年産駒のトーセンホマレボシから活躍馬が出ていないが、そもそもデビュー出来ていない馬もいるだけに余り気にしなくて良いだろう。母父ノーザンテーストの配合は今後なかなかお目にかかれない希少産駒となるだろうし、繁栄ファミリーにロードカナロアという新しい血がどうマッチングするのか興味深い配合だ。
モンローブロンド2015 牡 (馬名:サンラモンバレー)

モンローブロンド2015 牡 (馬名:サンラモンバレー)

父馬:ロードカナロア
母馬:モンローブロンド
母父:アドマイヤベガ
所属:安田隆行厩舎(栗東)※予定
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人ホールディングス※予定
via google imghp
コンスタントに活躍馬を出すモンローブロンドの期待の産駒。祖母ソニンクからは何頭も重賞馬が輩出され、今ではその母系ラインかなりの一族に繁栄している。モンローブロンド自体、現役時はスピード色豊かな馬だったのでこのロードカナロアとの掛け合わせは跳ねる気がしてならない。何より金子真人氏がセリで落札しているのだから要注目。
アルーリングボイス2015 牝 (馬名:アンヴァル)

アルーリングボイス2015 牝 (馬名:アンヴァル)

父馬:ロードカナロア
母馬:アルーリングボイス
母父:フレンチデピュティ
所属:藤岡健一厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム(白老町)
馬主:社台レースホース
via google imghp
2014年産駒のオールザゴーがマーガレットSを制覇。アルーリングボイスには基本的に何を付けてもそこそこ安定した馬を出しそうなイメージで、ロードカナロアの繁殖能力さえ高ければ重賞級が産まれても何ら驚きはない。それこそ、母父フレンチデピュティの底力がかなり活きてきそうな配合にも思え個人的にはかなり魅力に感じる。
ヴィートマルシェ2015 牝 (馬名:リリーバレロ)

ヴィートマルシェ2015 牝 (馬名:リリーバレロ)

父馬:ロードカナロア
母馬:ヴィートマルシェ
母父:フレンチデピュティ
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:キャロットファーム
via google imghp
上にサンブルエミューズ、グレナディアーズ、アヴニールマルシェとオープン級の馬がズラリと揃う。ヴィートマルシェ自体は1勝とイマイチの成績だったが、キョウエイマーチの初仔でスピード能力は高くこの配合なら速い馬が出そうな予感。その反面で気性が荒く大成しなかったケースもあるので、堀調教師の元でしっかりと育成後走れる馬となってもらおう。
オリエントチャーム2015 牝 (馬名:チャームザワールド)

オリエントチャーム2015 牝 (馬名:チャームザワールド)

父馬:ロードカナロア
母馬:オリエントチャーム
母父:サンデーサイレンス
所属:未定
生産:追分ファーム(安平町)
馬主:未定
via google imghp
1つ上にアーリントンCを制したペルシアンナイト。母父サンデーサイレンス産駒で勢いのある血統と言えばここだろう。叔父にゴールドアリュールがいるダート色の強い一族で、それこそ芝・ダート共にこなせる万能な短距離馬となりそうな配合。何よりロードカナロアこそダートでバリバリ走れる馬だったと推測する。
カーラパワー2015 牡 (馬名:カーランドクルーズ)

カーラパワー2015 牡 (馬名:カーランドクルーズ)

父馬:ロードカナロア
母馬:カーラパワー
母父:Caerleon
所属:未定
生産:下河辺牧場(日高町)
馬主:未定
via google imghp
兄にマイルCS馬のダノンシャーク。その他、レイカーラなどマイル前後で活躍した馬が多い一族だけにこの配合で目指すはNHKマイルCか。スピード能力は間違いなく、クラシック戦線という意味では後はどこまでスタミナを補えるかにかかっている。下河辺牧場生産ならそこまでひどい産駒は産まれない筈だ。
ブーケフレグランス2015 牡 (馬名:オルファクト)

ブーケフレグランス2015 牡 (馬名:オルファクト)

父馬:ロードカナロア
母馬:ブーケフレグランス
母父:ダンスインザダーク
所属:高柳瑞樹厩舎(美浦)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:社台レースホース
via google imghp
日本最高峰の繁栄ファミリー、スカーレット一族出身。叔母にダイワスカーレットがいる他、重賞馬がズラリの系統の中でやや地味に映るが、ブーケフレグランスの初仔は地方で9勝とそこそこの活躍を見せた。第二子にあたる本馬はロードカナロアに変わって中央で結果を出せる産駒となるだろうか。願わくばこの一族の名に恥じない活躍を見せて欲しい。
ユキチャン2015 牝 (馬名:ハウナニ)

ユキチャン2015 牝 (馬名:ハウナニ)

父馬:ロードカナロア
母馬:ユキチャン
母父:クロフネ
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング
via google imghp
毎年恒例のシラユキヒメ一族による白毛馬。今年はシルクレーシングでハウナニという名前の産駒が美浦からデビュー予定だが、ロードカナロア×クロフネの時点で完全にダート馬をイメージしてしまうのは筆者だけだろうか。前述にもあるが、ロードカナロア自体ダートでも相当走れたと想定しているだけに同馬もその路線に走って行くのは明らか。
ルミナスポイント2015 牝 (馬名:ブライトパス)

ルミナスポイント2015 牝 (馬名:ブライトパス)

父馬:ロードカナロア
母馬:ルミナスポイント
母父:アグネスタキオン
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング
via google imghp
デイリー杯勝ち馬ジューヌエコールの出現でようやく日の目を浴びれそうなルミナスポイント。元々、繁殖能力は高い馬だったが後ひと押しが足りず惜しい産駒ばかりを出して来た。それが重賞を勝った事で、その後の産駒の勢いにも拍車がかかる筈。このタイミングでロードカナロアのお出ましとくれば、サンデーレーシングから早速大物が出現してもおかしくはない。
クィーンズバーン2015 牡 (馬名:未定)

クィーンズバーン2015 牡 (馬名:未定)

父馬:ロードカナロア
母馬:クィーンズバーン
母父:スペシャルウィーク
所属:未定
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:未定
via google imghp
阪神牝馬S勝ち馬クィーンズバーンの初仔にあたる同馬。母の繁殖能力はまだ未知数な部分があるが、母父スペシャルウィークの成功例が多いだけに自ずと期待は高まるばかり。預託先や馬主などの詳細が掴みきれていないが、そこまでデビューが遅れる事もないだろう。タイミング次第では指名したい1頭だ。
ベストクルーズ2015 牡 (馬名:レジェンドソウル)

ベストクルーズ2015 牡 (馬名:レジェンドソウル)

父馬:ロードカナロア
母馬:ベストクルーズ
母父:クロフネ
所属:未定
生産:千代田牧場(新ひだか町)
馬主:未定
via google imghp
2010年のクラシック戦線を賑わせたベストクルーズの初仔。クロフネ産駒はロードカナロアとの相性が良いと見られ、母が当たりの繁殖牝馬ならこの馬がいきなり走って来る可能性が高い。5月生まれとやや遅めの立ち上がりだが、比較的早熟~持続傾向にあった両親だけにそこまで心配する必要はないだろう。

まとめ

以上、2017年デビュー予定のロードカナロア産駒注目の17頭でした。

やはり産駒の多くは母父サンデーサイレンス系の馬に集中している。非SS系の筆頭種牡馬として期待されているだけにこの扱いは当然だろう。しかし、個人的にはフレンチデピュティやクロフネの肌と合うと見ており、選ぶのであればそこからピックアップしても良いのではないだろうか。

後は、確実に短距離馬ばかりになって来ると思うので、POGで指名する場合は牝馬にしておく様に。桜花賞~NHKマイルC路線なら十分戦えるが、牡馬の皐月賞~日本ダービー路線には全くの不向き。そこは割り切って考えて行こう。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2018年POGの有力馬や注目産駒

2018年POGの有力馬や注目産駒

競馬ニュース.TV編集部メンバーが選んだ2018年クラシック候補を先出し。巷で早くも話題となっている注目馬や血統的に有力視されるであろう産駒を中心にまとめました。これらの内容は随時更新して行きますのでご了承下さい。
4,080 view
池江氏が絶賛!2018年POGの目玉ヴェルテアシャフト

池江氏が絶賛!2018年POGの目玉ヴェルテアシャフト

早くも来年のダービー馬候補が現れた。池江調教師が『ヒルダズパッションの2015はバケモノ』と唸り何度も牧場に足を運ぶ程の逸材…それがヴェルテアシャフトだ。母はヒルダズパッション、全兄にジークカイザー。
8,031 view
【POG】2017~2018年G1レーシング有力馬【一口馬主】

【POG】2017~2018年G1レーシング有力馬【一口馬主】

2015年に産まれたG1レーシング所属の産駒を募集された高額順にまとめました。2018年のPOGにご活用頂ければ幸いです。尚、早期掲載の影響で画像が無い産駒も見られますので予めご了承下さい。
1,672 view
【POG】2017~2018年サンデーレーシング有力馬【一口馬主】

【POG】2017~2018年サンデーレーシング有力馬【一口馬主】

2015年に産まれたサンデーレーシング所属の産駒を募集された高額順にまとめました。2018年のPOGにご活用頂ければ幸いです。尚、早期掲載の影響で画像が無い産駒も見られますので予めご了承下さい。
4,140 view
【POG】2017~2018年東京ホースレーシング有力馬【一口馬主】

【POG】2017~2018年東京ホースレーシング有力馬【一口馬主】

2015年に産まれた東京ホースレーシング所属の産駒を募集された高額順にまとめました。2018年のPOGにご活用頂ければ幸いです。尚、早期掲載の影響で画像が無い産駒も見られますので予めご了承下さい。
2,160 view

共通キーワード

この記事のキュレーター

マッケン王 マッケン王