2017年3月2日 更新

【動画、結果】弥生賞の予想に使える歴代レースまとめ

皐月賞に向け最有力候補の馬が集結する弥生賞。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!

194

2016年 マカヒキ

2016年03月06日 弥生賞 芝2000m 中山競馬場

1着:⑪マカヒキ 牡3 56 (C.ルメール) 2番人気
2着:⑩リオンディーズ 牡3 56 (M.デムーロ) 1番人気
3着:④エアスピネル 牡3 56 (武豊) 3番人気

タイム=1:59.9(良)
レース上がり3ハロン=35.1
勝ち馬上がり3ハロン=33.6

3連複=190円
3連単=830円

レース回顧

世代3強が集結した見ごたえのあるレース。昨年度の2歳覇者リオンディーズが4コーナーで引っ張りきりの手応えから直線早くも先頭へ立つも、それを追い掛けるエアスピネルとマカヒキが坂を上がって迫り来る。最後は勢いの勝ったマカヒキが外からリオンディーズをかわして見事に前哨戦を制した。4着以下には5馬身以上突き放す内容だった。3連複は何と200円を切る低額配当。

2015年 サトノクラウン

2015年03月08日 弥生賞 芝2000m 中山競馬場

1着:④サトノクラウン 牡3 56 (福永祐一) 2番人気
2着:⑤ブライトエンブレム 牡3 56 (田辺裕信) 4番人気
3着:②タガノエスプレッソ 牡3 56 (菱田裕二) 10番人気

タイム=2:01.8(稍重)
レース上がり3ハロン=36.4
勝ち馬上がり3ハロン=35.7

3連複=41,050円
3連単=187,960円

レース回顧

圧倒的1番人気のシャイニングレイが番手でレースを進め各馬がそれをマークする展開に。その中で2番人気のサトノクラウンが中団から一気に4コーナーで押し上げると、勢いそのままに直線でもしっかりと伸びて無敗の3連勝で弥生賞を制覇。一躍、最有力候補に名乗り上げた。2着には最後方から脚を伸ばしたブライトエンブレム。3着には10番人気のタガノエスプレッソが入線し、3連単は18万円台と波乱の結果となった。

2014年 トゥザワールド

2014年03月09日 弥生賞 芝2000m 中山競馬場

1着:⑩トゥザワールド 牡3 56 (川田将雅) 1番人気
2着:⑪ワンアンドオンリー 牡3 56 (横山典弘) 4番人気
3着:③アデイインザライフ 牡3 56 (戸崎圭太) 2番人気

タイム=2:01.4(良)
レース上がり3ハロン=36.4
勝ち馬上がり3ハロン=35.7

3連複=1,470円
3連単=3,850円

レース回顧

3連勝中で断然人気のトゥザワールドが完勝。抜群の手応えで直線早くも先頭へ立ち、ラストはワンアンドオンリーに迫られたがハナ差残して重賞初制覇を飾った。追い込んだワンアンドオンリーは最速の上がりを駆使し、本番に向けて良い予行演習となった。離れた3着には素質馬アデイインザライフが入線。人気サイドでの決着となり各券種は低額配当となった。

2013年 カミノタサハラ

2013年03月03日 弥生賞 芝2000m 中山競馬場

1着:⑧カミノタサハラ 牡3 56 (内田博幸) 6番人気
2着:④ミヤジタイガ 牡3 56 (和田竜二) 10番人気
3着:③コディーノ 牡3 56 (横山典弘) 2番人気

タイム=2:01.0(良)
レース上がり3ハロン=35.2
勝ち馬上がり3ハロン=35.0

3連複=34,310円
3連単=461,810円

レース回顧

1番人気のエピファネイアが道中掛かり通しで押し出される様に先頭で直線へ。先に抜け出すも脚が上がり気味の所にもう1頭の人気馬コディーノなど迫る中、大外から豪快にカミノタサハラが差し切って重賞初勝利を飾った。2着には10番人気のミヤジタイガが入線し3連単は46万円の大波乱決着。後のダービー馬キズナは6着に敗退している。

2012年 コスモオオゾラ

2012年03月04日 弥生賞 芝2000m 中山競馬場

1着:⑤コスモオオゾラ 牡3 56 (柴田大知) 9番人気
2着:②トリップ 牡3 56 (田辺裕信) 3番人気
3着:④アーデント 牡3 56 (藤田伸二) 5番人気

タイム=2:03.9(稍重)
レース上がり3ハロン=35.4
勝ち馬上がり3ハロン=35.0

3連複=14,380円
3連単=126,790円

レース回顧

メイショウカドマツが作る前半63秒台のスローペースを各馬ゆっくり追い掛ける展開となる。4コーナーで一気にペースアップすると、番手から先に抜け出したトリップを並ぶ間もなくかわしたコスモオオゾラが1馬身以上の差をつける完勝で皐月賞候補へ加わった。3着には内々で脚を溜めて一気に爆発させたアーデントが入線。1番人気アダムスピークは緩急のペースに乱され8着に敗退した。

2011年 サダムパテック

2011年03月06日 弥生賞 芝2000m 中山競馬場

1着:⑥サダムパテック 牡3 56 (岩田康誠) 1番人気
2着:③プレイ 牡3 56 (松岡正海) 7番人気
3着:④デボネア 牡3 56 (佐藤哲三) 5番人気

タイム=2:01.0(良)
レース上がり3ハロン=34.7
勝ち馬上がり3ハロン=34.2

3連複=3,780円
3連単=18,840円

レース回顧

平均ペースでレースは進み、各馬が能力を発揮出来る絶好の展開。そうなると重賞実績のある1番人気サダムパテックには打ってつけの流れとなり、直線でも堂々と各馬をかわして余裕の完勝となった。2着には何とか早め抜け出して粘ったプレイ、3着は内からスルスルと伸びて来たデボネアが入線。逃げた2番人気のターゲットマシンは最下位に大敗した。

2010年 ヴィクトワールピサ

2010年03月07日 弥生賞 芝2000m 中山競馬場

1着:①ヴィクトワールピサ 牡3 56 (武豊) 1番人気
2着:③エイシンアポロン 牡3 56 (池添謙一) 2番人気
3着:②ダイワファルコン 牡3 56 (北村宏司) 7番人気

タイム=2:06.1(重)
レース上がり3ハロン=36.8
勝ち馬上がり3ハロン=36.1

3連複=2,010円
3連単=5,050円

レース回顧

単勝1.7倍のヴィクトワールピサが道中内目で揉まれる苦しい展開に。番手から競馬を進めた2番人気エイシンアポロンが悠々と抜け出すも、ヴィクトワールピサは直線半ばまで進路を確保出来ない苦しい競馬を強いられる。しかし、スペースを見つけた途端に矢の様な伸びを見せて一瞬で突き抜ける異次元の強さを見せた。その後、岩田康誠騎手に乗り替わり皐月賞も制覇する。3着にはダイワファルコンが入線した。

2009年 ロジユニヴァース

2009年03月08日 弥生賞 芝2000m 中山競馬場

1着:⑩ロジユニヴァース 牡3 56 (横山典弘) 1番人気
2着:②ミッキーペトラ 牡3 56 (田中勝春) 5番人気
3着:⑤モエレエキスパート 牡3 56 (松岡正海) 7番人気

タイム=2:03.5(稍重)
レース上がり3ハロン=35.8
勝ち馬上がり3ハロン=35.8

3連複=8,620円
3連単=26,930円

レース回顧

無敗で重賞2連勝中のロジユニヴァースが単勝1.3倍の人気に圧勝の内容で応えた。道中単独で逃げる展開となりラップも上々。直線では抜群の手応えで後続を楽に突き放すと、最後は手綱を抑える余裕の競馬で皐月賞へ視界良好のスタートとなった。2着には番手から粘り込んだミッキーペトラ、3着はモエレエキスパートが入線。2番人気で前年度2歳チャンピオンのセイウンワンダーは良い所無く8着に沈んだ。

2008年 マイネルチャールズ

2008年03月09日 弥生賞 芝2000m 中山競馬場

1着:③マイネルチャールズ 牡3 56 (松岡正海) 2番人気
2着:⑬ブラックシェル 牡3 56 (武豊) 1番人気
3着:②タケミカヅチ 牡3 56 (木幡初広) 7番人気

タイム=2:01.8(良)
レース上がり3ハロン=35.2
勝ち馬上がり3ハロン=35.1

3連複=5,070円
3連単=23,340円

レース回顧

京成杯を制して来たマイネルチャールズがここも番手から抜け出す万全の競馬で重賞2連勝を達成。2着ブラックシェルも猛然と追い込んだが、着差以上に強い内容でマイネル軍団初のクラシック制覇へ大きな弾みとなる勝利となった。3着には先行からしぶとく脚を伸ばしたタケミカヅチが入線。3番人気のアインラクスは後方から伸び切れず7着に敗退した。

2007年 アドマイヤオーラ

2007年03月04日 弥生賞 芝2000m 中山競馬場

1着:④アドマイヤオーラ 牡3 56 (武豊) 1番人気
2着:⑧ココナッツパンチ 牡3 56 (吉田豊) 6番人気
3着:⑦ドリームジャーニー 牡3 56 (蛯名正義) 2番人気

タイム=2:00.5(良)
レース上がり3ハロン=35.2
勝ち馬上がり3ハロン=34.8

3連複=1,720円
3連単=6,650円

レース回顧

断然人気のアドマイヤオーラが4コーナーで捲る様にして進出。直線入口で強引に早め先頭で抜け出すと、後方から伸びたココナッツパンチの追撃をクビ差振り切ってシンザン記念に続く重賞2連勝で万全の態勢の中皐月賞へ向かった。2歳王者のドリームジャーニーは離れた3着に入線。3連単は1万円を切る低額配当での決着となった。

まとめ

以上、弥生賞の過去10年分レースまとめでした。

基本的にはクラシックの有力候補がきっちりと結果を出して堅く収まるレース。特に既に重賞で実績を上げた上位人気の馬に関しては素直に厚い印を打っても問題無いだろう。人気勢で疑うべきは条件戦を圧勝して来た重賞を未経験のキャリアが浅い馬に絞った方が良い。

後は完全に先行した馬の台頭が目立っており、如何にも中山競馬場向きの起用でタフな馬を穴候補としてセレクトすれば的中も近いのではないだろうか。馬場が渋れば特にパワーが必要となるのでそこも当日の気配を確認しながら予想に入りたい。
42 件

関連する記事

東京スポーツ杯2歳ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

東京スポーツ杯2歳ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

クラシックに直結しやすい府中が舞台の登竜門、東京スポーツ杯2歳ステークス。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 388
日本ダービーの過去結果動画と歴代勝ち馬

日本ダービーの過去結果動画と歴代勝ち馬

牡馬クラシック第二冠、日本ダービー(東京優駿)。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 1,925
現役最強馬のランキング【2017最新】

現役最強馬のランキング【2017最新】

現役のJRA及び各地方所属の日本調教馬の2017年レーティングを毎週更新しております!競馬ニュース.tv独自の指数を元にレーティング化、予想の参考または、JRA発表のものとの比較などお好きにご確認下さいませ。
 62,865
海外遠征 2016年 まとめ

海外遠征 2016年 まとめ

2016年の日本調教馬による海外遠征でのレース成績をまとめてみました。
 7,404
ジャパンカップ 2017 予想 出馬表

ジャパンカップ 2017 予想 出馬表

各国の最強が集う世界一決定戦、ジャパンカップ(GⅠ、3歳上、芝2400m)。今年は連覇を狙うキタサンブラックにダービー馬レイデオロが立ち向かう。その他リベンジに燃えるサトノクラウンなどが出走予定。発走は15時40分。
 195

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王