2017年2月10日 更新

2017年共同通信杯(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

近年のクラシック王道ローテとなりつつある共同通信杯(GⅢ、3歳、芝1800m)。今年は東京スポーツ杯2歳Sで上位入線したスワーヴリチャード&ムーヴザワールドに良血馬のエアウィンザーなどが出走予定。発走は15時45分。

448

独自予想

◎スワーヴリチャード

スワーヴリチャード 牡3歳

スワーヴリチャード 牡3歳

父馬:ハーツクライ
母馬:ピラミマ
母父:Unbridled's Song
所属:庄野靖志厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:NICKS

通算成績:3戦1勝(1-2-0-0)
主な戦績:2016年東京スポーツ杯2歳S2着など
via google imghp
前走の東京スポーツ杯2歳Sではブレスジャーニーと接戦の2着だったスワーヴリチャード。今回のライバルと目されるムーヴザワールドに先着していると言う点と四位洋文騎手の継続騎乗の強みで本命とした。実際、四位騎手は2歳王者サトノアレスがいるにも関わらず、クラシックはこの馬で参戦予定にしている事からも相当な期待度が表れている。昨年の新馬戦では最も大物の風格を漂わせた1頭だけに、ここを勝って堂々と本番に向かいたい。

◯ムーヴザワールド

ムーヴザワールド 牡3歳

ムーヴザワールド 牡3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:リッスン
母父:Sadler's Wells
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:2戦1勝(1-0-1-0)
主な戦績:2016年東京スポーツ杯2歳S3着など
via google imghp
スワーヴリチャードと同じく、新馬戦で度肝を抜くパフォーマンスで勝ち上がったムーヴザワールド。2走目の東京スポーツ2歳Sではそのスワーヴリチャードに負けはしたものの、逆転の余地が十分に感じられる走りで能力は同等かそれ以上だろう。但し、今回戸崎圭太騎手に乗り替わると言う点が非常に怪しい。と言うのも、同馬はエンジンの掛かりが遅く大型馬で乗り難しい面があり、テン乗りがプラスに働く事は考えづらい。対抗に落としておく。

△タイセイスターリー

タイセイスターリー 牡3歳

タイセイスターリー 牡3歳

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:スターアイル
母父:ロックオブジブラルタル
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:田中成奉

通算成績:3戦1勝(1-1-0-1)
主な戦績:2017年シンザン記念2着など
via google imghp
年明け初戦のシンザン記念で2着と好走し改めて地力の高さを証明したタイセイスターリー。あの時の走りを見る限りでは1800mにも対応出来るだろう。行きたがる面やゲートも次第に解消されて来ており、スムーズに走れば上位2頭との逆転は難しくとも3着入線は大いに有り得る。が、まだ完全に信頼出来る所までは行っていないのでこの1戦で同馬のキャラクターを見極めたい。とりあえずの連下指名。

△エアウィンザー

エアウィンザー 牡3歳

エアウィンザー 牡3歳

父馬:キングカメハメハ
母馬:エアメサイア
母父:サンデーサイレンス
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:ラッキーフィールド

通算成績:3戦1勝(1-2-0-0)
主な勝鞍:2017年福寿草特別2着など
via google imghp
新馬戦ではムーヴザワールドとクビ差の好勝負を演じたエアウィンザー。折り返しの未勝利戦を勝ち、年明けの福寿草特別で必勝を期したものの2着に敗れツメの甘さを露呈した。兄エアスピネル程の潜在能力は感じられないが、安定感と言う点とこのメンバー構成ならまだ力上位だろうと考え連下候補に推しておく。しかし、上位2頭とはかなりの開きがある為に逆転の余地は無い。タイセイスターリーと同様に良くて3着入線がいっぱいか。

出馬表&レーティング&予想オッズ

スワーヴリチャードとムーヴザワールドがクラシック掲示板候補でここでは抜けているので1点勝負でもよいだろう。タイセイスターリーとエアウィンザーあたりが血統込みで連下だろうか。
   
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 大川 小野寺 田中 予想オッズ
1 スワーヴリチャード 牡3 56.0 四位洋文 112.0 2.8
2 ディアシューター 牡3 56.0 田辺裕信 94.0 31.1
3 タイセイスターリー 牡3 56.0 C.ルメール 106.0 5.6
4 ムーヴザワールド 牡3 56.0 戸崎圭太 115.0 2.6
5 エアウィンザー 牡3 56.0 武豊 106.0 3.2
6 エテレインミノル 牡3 56.0 石橋脩 94.0 × 202.0
7 ビルズトレジャー 牝3 54.0 田中勝春 97.0 × × × 127.9
8 エトルディーニュ 牡3 56.0 柴山雄一 97.0 × × × 41.0
9 チャロネグロ 牡3 56.0 内田博幸 91.0 × 51.0
10 アサギリジョー牡3 56.0 石川裕紀人 100.0 × × × × 34.8
11 (地)サイバーエレキング 牡3 56.0 今野忠成 ---- 715.4


編集部内の見解

本命はムーヴザワールド。前走負けたものの一番パフォーマンスは高かったので成長込みでぶっこ抜く可能性がある。対抗はスワーヴリチャード。それでも先着馬なので信用はできる。単穴はなしで連下にエアウィンザーとタイセイスターリーだがタイセイスターリーは前走で地力読めたか。エアウィンザーは相手なりに走れると考えてポジティブに連下まで地力は兄より低いのは確定済みだろう。(大川)
◎スワーヴリチャードは高いポテンシャルを評価。あまり差のない◯ムーヴザワールド。▲エアウィンザーは2頭に比べるとやや落ちるが前走休み明けを叩かれたのは良い。△タイセイスターリーは能力は相当だがまだ覚醒するには早い気が。(小野寺)
本命は実績上位のスワーヴリチャード。四位騎手がベタ惚れするその潜在能力を信用する。対抗はムーヴザワールド。正直、戸崎圭太騎手への乗り替わりはマイナス材料だが、それを補って余りあるポテンシャルの爆発に期待したい。この上位2頭に迫れるとしたらエアウィンザーが連下くらい。後は3着入線争いが限界と見て手広く注意を払いたい。(田中)
20 件

関連する記事

2017年アンタレスS(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年アンタレスS(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

阪神で行われる春の古馬ダート重賞、アンタレスS(GⅢ、4歳上、ダート1800m)。今年はハイレベルな4歳世代の強豪グレンツェントやロンドンタウン、古豪アスカノロマンなどが出走予定。発走は15時30分。
 234
2017年ダービー卿CT(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年ダービー卿CT(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

中山マイル重賞の荒れるハンデ戦、ダービー卿CT(GⅢ、4歳上、芝1600m)。今年は前年1番人気キャンベルジュニアや素質馬グランシルク、ガリバルディにマイネルアウラートなどが出走予定。発走は15時45分。
 251
2017年フラワーC(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年フラワーC(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

桜花賞&オークスの前哨戦として両睨みが可能なフラワーC(GⅢ、3歳、芝1800m)。今年は怪物候補のファンディーナに阪神JF4着のディーパワンサ、好素材のハナレイムーンなどが出走予定。発走は15時45分。
 463
2017年ファルコンS(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年ファルコンS(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

NHKマイルCへの数少ない予選会となるファルコンS(GⅢ、3歳、芝1400m)。今年は朝日杯FS3着のボンセルヴィーソにジュニアC覇者のナイトバナレット、素質馬コウソクストレートが出走予定。発走は15時35分。
 295
2017年阪急杯(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年阪急杯(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

スプリンターとマイラーが激突する阪急杯(GⅢ、4歳上、芝1400m)。今年は阪神Cを快勝したシュウジとリベンジを期すロサギガンティア、昨年3着のブラヴィッシモなどが出走予定。発走は15時35分。
 330

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部