2016年11月17日 更新

ポルトフィーノ2014(馬名:未定)をPOG指名する!?

「ポルトフィーノ2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

1,503

馬体診断

ポルトフィーノ2014 ♀ (馬名:未定)

ポルトフィーノ2014 ♀ (馬名:未定)

父馬:ディープインパクト
母馬:ポルトフィーノ
母父:クロフネ
所属:未定
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:未定
via google imghp
現時点での有力な情報はないが、上の2頭が早期デビューで快勝しているので仕上り早の血統には違いない。後は、産駒全体の体質的な弱さをどう払拭出来るかどうかだろう。本馬も予想通りに身体は余り強く無さそうで、ちゃんとデビューするかは未だ不明である。ポルトフィーノ初の牝馬だけに、このまま繁殖入りという選択肢も十分有り得る。何にせよ、POGファンとしては指名も多いだけにターフで走る姿を見てみたいのが本音だ。

血統構成

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ポルトフィーノ クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Seven Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー


兄弟馬

ポルトフォイユ 牡

ポルトフォイユ 牡

父馬:ディープインパクト
母馬:ポルトフィーノ
母父:クロフネ
所属:高野友和(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な勝鞍:新馬戦
via google imghp
ポルトドートウィユ 牡

ポルトドートウィユ 牡

父馬:ディープインパクト
母馬:ポルトフィーノ
母父:クロフネ
所属:高野友和(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:8戦2勝(2-4-0-2)
主な勝鞍:シクラメンS
via google imghp

近親馬

ルーラーシップ 牡

ルーラーシップ 牡

父馬:キングカメハメハ
母馬:エアグルーヴ
母父:トニービン
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:20戦8勝(8-2-4-6)
主な勝鞍:クイーンエリザベスC(GⅠ)、AJCC、金鯱賞など
via google imghp
ドゥラメンテ 牡

ドゥラメンテ 牡

父馬:キングカメハメハ
母馬:アドマイヤグルーヴ
母父:サンデーサイレンス
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:9戦5勝(5-4-0-0)
主な勝鞍:皐月賞、日本ダービーなど
via google imghp

血統評価:1.0pt

ダイナカール>エアグルーヴと続く日本が世界に誇るファミリーで本線といえるアドマイヤグルーヴからドゥラメンテが登場し1つの完結を迎えたわけだが、エアグルーヴ産駒の牝馬で数少ないSS系以外を父にもつ当馬の母ポルトフィーノは貴重な存在であり、兄2頭が戦線離脱するもともにPOGにおいて重要なダービー出走格であるので点数的には重賞馬もいないが安定感は抜群で最強の1pt候補馬といってもいいだろう。1点当馬は牝馬だという事が不安材料ではある。

前評判

正直な所、評判の声すら届いてこない。庭先取引の可能性もあり、馬主は吉田和美氏との噂も。兄2頭は新馬戦・未勝利戦ですぐに勝ち上がっており、血統的な下地は◎なのだが…。日本が誇る近代競馬の結晶とも呼べるような配合だけに、是非とも無事デビューまでこぎ着けて欲しい。

馬名の由来

未定

編集部内の評価

誌面やネットで検索してもまともな情報が無く、本指名には辿りつけない。しかし、個人的には好きな一族だけにデビューはとにかくして欲しい。それが無理なら無事に繁殖へ行き、一族の繁栄に貢献してもらいたいと切に願うばかりである。(田中)
個人的には、アンチエアグルーヴファンだがポルトフィーノ産駒は両方あんまりアンチ感ないのでこの馬が牡馬なら選択候補としては十分だったのだが、牝馬という事で注目するもスルーの予定です。(大川)
20 件

関連する記事

アドマイヤロブソンが1000万下を楽勝、昇級後も即通用か

アドマイヤロブソンが1000万下を楽勝、昇級後も即通用か

復帰初戦を2着敗退したアドマイヤロブソンが叩いた2走目の1000万下で余裕の走りを見せて快勝した。先行抜け出しから後続を全く寄せ付けず7~8割のパフォーマンスで勝ち切った所を見ても、次の1600万下も問題無く通用する。
 1,174
リシュブールが久々の未勝利戦に登場、成長促しパワーアップ

リシュブールが久々の未勝利戦に登場、成長促しパワーアップ

エアグルーヴを祖母に持つ良血馬リシュブール。8月の札幌デビューでは惜しくもルーカスに敗れたが、そこからすぐに実戦で使わずきっちりと馬優先の調整でここまで見送って来た。つまり、陣営としては必勝態勢で臨む未勝利戦となる。
 2,499
アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

アドマイヤミヤビが左前浅屈腱炎で引退…ローズS前に無念

今年のクイーンカップ勝ち馬で、オークスでも3着に入るなどクラシック戦線で活躍したアドマイヤミヤビが屈腱炎により登録を抹消。今週末のローズステークス直前で故障が発生し急遽回避、そこから引退まで一気に駆け下りてしまった。
 1,362
ベストアクターが五頭連峰特別に出走、豪脚炸裂で連勝なるか

ベストアクターが五頭連峰特別に出走、豪脚炸裂で連勝なるか

短距離界の新星ベストアクターが日曜新潟の五頭連峰特別で2連勝を狙う。前走のレースでは驚異的な末脚で古馬を圧倒。キャリアを考えれば、あの走りは今後大きいタイトルを獲得出来るパフォーマンスだろう。ここも一気に突破したい。
 323
キセキが信濃川特別を馬なりで後方から圧巻の差し切り勝ち

キセキが信濃川特別を馬なりで後方から圧巻の差し切り勝ち

素質馬キセキが新潟の信濃川特別で驚異的なパフォーマンスを見せた。道中後方から直線大外へ持ち出すと、追われる事なく加速し持ったままでアッサリとかわしての1着入線。タイムも2000m=1分56秒台という好時計を記録した。
 2,349

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部