2016年12月28日 更新

2016年東京大賞典(G1) 注目馬紹介&出走予定馬(枠順)

12月29日(木)に大井競馬場で行われる第62回東京大賞典(G1・3歳以上・ダ2000m)。昨年の覇者サウンドトゥルーやアウォーディー、ノンコノユメなど6頭のG1ウイナーが集う今回は例年以上に大激戦の予感!!

第62回東京大賞典(G1)

東京大賞典(G1) 1着賞金=8000万円

東京大賞典(G1) 1着賞金=8000万円

一年の総決算として行われる年末のビッグイベント。1955年に「秋の鞍」の名称で創設され、1964年に現在の「東京大賞典」に変更。2011年には地方競馬初となる国際G1に格上げとなり、地方・中央のみならず外国馬も8頭まで出走できるようになり、「真のダート界No.1」を決めるグランプリレースとして毎年大激戦が繰り広げられている。
via google imghp

2015年優勝馬:サウンドトゥルー

2015年第61回東京大賞典(G1)

1着=サウンドトゥルー(大野) / 3人気
2着=ホッコータルマエ(幸) / 1人気
3着=ワンダーアキュート(和田) / 6人気
4着=コパノリッキー(武豊) / 2人気
5着=ナムラビクター(秋山) / 5人気

2016年東京大賞典 注目馬

◆サウンドトゥルー(セ6歳)

サウンドトゥルー

サウンドトゥルー

父:フレンチデピュティ
母:キョウエイトルース
母父:フジキセキ
調教師:高木登(美浦)
馬主:山田弘
生産者:岡田スタッド
通算成績:38戦9勝
主な勝鞍:'15東京大賞典(G1)・'16チャンピオンズC(G1)
via google imghp
昨年の本レースを制して念願のG1タイトルを獲得。その後は【0.1.3.0】と勝ち切れないレースが続いてたが、前走のチャンピオンズCでは後方から自慢の豪脚を炸裂させ、ダート転向後6戦無敗のアウォーディーを差し切って優勝し、一気にダート王者に輝いた。今年はディフェンディングチャンピオンとしてG1・3勝目を目指す。

◆アウォーディー(牡6歳)

アウォーディー

アウォーディー

父:ジャングルポケット
母:ヘヴンリーロマンス
母父:サンデーサイレンス
調教師:松永幹夫(栗東)
馬主:前田幸治
生産者:North Hills Management
通算成績:33戦10勝
主な勝鞍:'16JBCクラシック(G1)
via google imghp
昨年9月にダート転向してからJBCクラシック制覇を含む6連勝で新境地を開拓。前走のチャンピオンズCではサウンドトゥルーの末脚に屈したが、内容としては勝ちに等しいと言って良い。ここまでダート重賞5勝を挙げているように実績と能力は今回のメンバーでも上位クラス。前走の借りを返すためにもここは負けられない一戦になる。

◆コパノリッキー(牡6歳)

コパノリッキー

コパノリッキー

父:ゴールドアリュール
母:コパノニキータ
母父:ティンバーカントリー
調教師:村山明(栗東)
馬主:小林祥晃
生産者:ヤナガワ牧場
通算成績:26戦13勝
主な勝鞍:'14&'15フェブラリーS(G1)
via google imghp
ここまでダートG1・8勝を挙げている現役トップの実力者。今年は、かしわ記念→帝王賞→マイルチャンピオンシップ南部杯と3連勝を挙げていたが、2走前のJBCクラシック(5着)、前走のチャンピオンズC(13着)で2連敗と不振に陥っている印象は否めない。ただ、【2.2.0.1】と相性の良い舞台に戻る今回、今年最後の大一番で巻き返しても不思議ではない。

◆アポロケンタッキー(牡4歳)

アポロケンタッキー

アポロケンタッキー

父:Langfuhr
母:Dixiana Delight
母父:Gone West
調教師:山内研二(栗東)
馬主:アポロサラブレッドクラブ
生産者:Doug Branham
通算成績:18戦7勝
主な勝鞍:'16みやこS(G3)
今年初戦の金蹄S(1600万下)から3連勝を飾り、初重賞挑戦となったシリウスSでは3着に好走。続く2走前のみやこSで待望の重賞タイトルを手にし、前走のチャンピオンズCでは勝ち馬サウンドトゥルーから0秒4差の5着と見せ場を作った。今回も相手は一線級ばかりだが、ここで好走できれば来年へ向けて大きな弾みになる。

出走予定馬(枠順)

1-1 メジャープレゼンス(セ6・兵庫) 加藤和(57.0)

2-2 コパノリッキー(牡6) 戸崎圭(57.0)

3-3 スパイア(牡7・大井) 的場文(57.0)

3-4 モズライジン(牡4) 田辺(57.0)

4-5 ノンコノユメ(牡4) C.ルメール(57.0)

4-6 ハッピースプリント(牡5・大井) 吉原寛(57.0)

5-7 サンドプラチナ(牡3・大井) 矢野(55.0)

5-8 アウォーディー(牡6) 武豊(57.0)

6-9 カゼノコ(牡5) 川田(57.0)

6-10 ヴァーゲンザイル(セ8・浦和) 秋元耕(57.0)

7-11 アポロケンタッキー(牡4) 内田博(57.0)

7-12 コスモカウピリ(牡5・大井) 赤岡(57.0)

8-13 ストゥディウム(牡4・船橋) 石崎駿(57.0)

8-14 サウンドトゥルー(セ6) 大野(57.0)

まとめ

いよいよ明日に迫った今年最後の大一番となる東京大賞典(G1)。今回は、連覇を狙うサウンドトゥルー、ダートで才能が開花したアウォーディー、不振から巻き返しを誓うコパノリッキー&ノンコノユメなど実績豊富な豪華G1ウイナーが集結。
JRAからはその他に、アポロケンタッキー、カゼノコ、モズライジンといった来年の飛躍を誓う新星も参戦し、今年も大激戦が繰り広げられそう。
一方の地方勢は今回も絶対王者不在で、大将格のハッピースプリントも近走はイマイチ。今回も苦戦を強いられることが予想される。

個人的には、豪腕・内田騎手と新たにコンビを組む4歳馬アポロケンタッキーの一発に期待している。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2016年】地方交流G1まとめ【動画】

【2016年】地方交流G1まとめ【動画】

2016年の中央所属馬が出走した地方交流G1レースをまとめてみました。
628 view
2016年チャンピオンズC(GⅠ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2016年チャンピオンズC(GⅠ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

日曜中京メインは、秋の砂王決定戦・チャンピオンズC(GⅠ・ダ1800m)。今年は、ダート転向後6戦無敗のアウォーディー、末脚鋭いノンコノユメ、3歳世代トップのダート巧者ゴールドドリームなど激戦必至の強者たちが揃った。
1,000 view
【結果】2016年・帝王賞はコパノリッキーが圧勝【動画】

【結果】2016年・帝王賞はコパノリッキーが圧勝【動画】

昨日、大井競馬場で行われた帝王賞は5番人気のコパノリッキーが先行押し切りの危なげない勝利。鮮やかな競馬でGⅠ7勝目を見事に飾った。これで陣営は秋の米・ブリーダーズC参戦への意志を強くし、海外遠征のプランが具体的になった。
585 view
【チャンピオンズC】サウンドトゥルーが後方一気を決めて中央GⅠ初制覇【結果】

【チャンピオンズC】サウンドトゥルーが後方一気を決めて中央GⅠ初制覇【結果】

日曜中京11RチャンピオンズC(GⅠ・ダ1800m)は、大野拓弥騎手騎乗の6番人気サウンドトゥルーが、後方から一気の追い込みを決めて待望の中央GⅠタイトルを獲得。見事に新ダート王者の座に上り詰めた。
242 view
2016年中山大障害(J.G1・芝4100m) レース展望&注目馬紹介

2016年中山大障害(J.G1・芝4100m) レース展望&注目馬紹介

23日、中山競馬場で行われる”秋のNo.1ジャンパー決定戦”中山大障害(J.G1)。今年は、連覇を狙うアップトゥデイトを筆頭に、春の中山グランドジャンプ覇者オジュウチョウサンなど見応え満載の好メンバーが集結した。
327 view

共通キーワード

この記事のキュレーター

BRIAN BRIAN