2016年9月6日 更新

サラフィナ2014(馬名:ジェニアル)をPOG指名する!?

「サラフィナ2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

15,387

馬体診断

サラフィナ2014 ♂ (馬名:未定)

サラフィナ2014 ♂ (馬名:未定)

父馬:ディープインパクト
母馬:サラフィナ
母父:Refuse To Bend
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:不明
via google imghp
馬体重が現在で450kg前後。牡馬にしてはやや小柄だが、ディープインパクト産駒らしい柔らかそうな筋肉をしている。如何にもキレタイプの馬という作りである。バランスも良く、関係者がホレ込むのもよく分かる。しかしながら、まだ全体的に緩さも垣間見えこれからの成長次第ではとんでもないバケモノになる可能性も秘めていそう。

血統構成

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
サラフィナ Refuse To Bend Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Market Slide Gulch
Grenzen
Sanariya Darshaan Shirley Heights
Delsy
Sanamia Top Ville
Santalina


兄弟馬

特になし

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

母サラフィナは凱旋門賞3着のG1馬。しかしそれ以外でいくととりたてて特徴がなく、近親にも日本活躍馬がいないので血統背景としては、プッシュポイントがない。

前評判

以前の記事でも触れたが、武豊騎手がわざわざ北海道の牧場まで何度も足を運んでその成長を確かめに来る程の入れ込み様。常々、「ディープインパクトにそっくり」と絶賛の声を周囲に漏らしているのだ。管理先も松永幹夫厩舎という事で、デビューの鞍上は武豊騎手でほぼほぼ決定だろう。これは、“ディープ2世”の誕生の予感か??

馬名の由来

未定

編集部内の評価

あの武豊騎手が何度も牧場へ行く程に気にかけている馬。この情報だけでも十分指名に値する情報だ。しかし、個人的に牡馬は500kg近い馬体重が欲しい派でもあるので指名はしない。加えて、預けられた評判馬がこぞって活躍しないジンクスが生まれている松永幹夫厩舎というのも少し気掛かりな点だ。ここは黙って様子見が正解。(田中)
活躍すれば下を指定するだけで現時点で選択候補にあがる事はない。生産、厩舎等々魅力要素がないので個人的にはスルーします。(大川)
18 件

関連する記事

超大物の予感!武豊が惚れ込む良血馬”サラフィナ2014”

超大物の予感!武豊が惚れ込む良血馬”サラフィナ2014”

日本が世界に誇る天才ジョッキー・武豊が今年の秋にデビューする2歳馬のなかで唯一惚れ込んでいる「サラフィナの2014」。もし、武豊が手綱を取ることになれば、この馬で悲願の凱旋門賞制覇を成し遂げることになるかもしれない。
 125,731
土曜函館の湯川特別にホウオウドリームが出走、2連勝なるか

土曜函館の湯川特別にホウオウドリームが出走、2連勝なるか

2戦目の未勝利戦を強烈な末脚で差し切ったホウオウドリーム。勢いに乗って函館の準メイン、湯川特別に連勝を懸けて登場する。鞍上に矢作芳人厩舎所属の坂井瑠星騎手を配し、フレッシュなコンビで降級組や経験馬たちとの戦いに臨む。
 2,117
ヴェリタブルが折り返しの未勝利戦に登場、勝ち上がり目指す

ヴェリタブルが折り返しの未勝利戦に登場、勝ち上がり目指す

前走のデビュー戦(3歳未勝利)では直線前をカットされる不利があり4着に敗退。それでも最後はグンと伸びる脚を見せ能力の一端を覗かせた。超良血馬だけに早い1勝目を期待されるが、一族にしては珍しく中1週での参戦。要注目だ。
 1,659
クリアザトラックが江の島特別を好タイムで完勝、3勝目を飾る

クリアザトラックが江の島特別を好タイムで完勝、3勝目を飾る

全兄にカミノタサハラ、マウントシャスタなどがいるクロウキャニオン一族のクリアザトラック。春のクラシック戦線からは離脱したが、1000万下のマイル戦を優秀な時計で走破。今後は短距離路線でファミリー悲願のGⅠ制覇へ挑む。
 2,847
キラーコンテンツが満を持して登場!!シルクの最高額募集馬

キラーコンテンツが満を持して登場!!シルクの最高額募集馬

昨年のシルクレーシング最高額1億円で募集されたキラーコンテンツ。一度はデビューが決まったもののソエで見送りとなり遂に春のクラシックは棒に振ってしまった。しかし、まだまだ巻き返しはきく筈だ。鞍上は福永祐一騎手。
 2,104

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部