2016年12月13日 更新

蛯名騎手がボートレース女子の忘年会に乱入し大はしゃぎ?

我らが蛯名正義のプライベート画像を入手。これは12月12日に行われた競艇の女子選手が主催した忘年会でのひと幕だ。オフであるレース後の月曜日という事もあり、いつもは厳しい表情の蛯名騎手も可愛い女子に囲まれ心なしか穏やかだ。

酒席での蛯名騎手

競艇女子に囲まれご満悦の蛯名騎手

競艇女子に囲まれご満悦の蛯名騎手

気心の知れた競艇選手たちと一緒に写真撮影。余り見られない様な優しい笑顔の蛯名騎手だ。ちなみにこれは推測の域を脱しないが、後ろの白いパーカーを着ている男性は津村明秀騎手ではないだろうか??…顔の骨格などからしてそうだと思うのだがw
via google imghp
ピースが不自然な蛯名騎手w

ピースが不自然な蛯名騎手w

顔が良い加減で完全に酔っている蛯名騎手。ピースしようとしているのだが余りこういう場面に慣れていないのか、オリエンタルラジオ藤森の『チョリース!!』的なチャラい感じに映っているのが最高の一枚。
via google imghp
これらは日高逸子氏というボートレースの選手が書いたブログ内の画像である。

見たところ、12月12日の夜に開催された合同忘年会との事で埼玉県は戸田市のとある居酒屋で行われた模様。内容から察するに競艇選手と騎手との合同の様だが、こういった繋がりがあるのは知らなかった。同じギャンブルというカテゴリ内のスポーツ同士なので、何か交流会みたいなものがあるのだろうか。

…それにしても、蛯名騎手のホロ酔い加減が良い塩梅である。競馬をしている最中での画像が多くいつも眉間にシワを寄せた険しい表情の多い蛯名騎手だが、この日はお酒の席という事もあり柔らかな表情で撮影に応じているのが微笑ましいではないか。

松岡騎手もちゃっかり参加

松岡騎手は大人気のハーレム状態www

松岡騎手は大人気のハーレム状態www

一方、忘年会で一番人気だったであろう松岡正海騎手との撮影画像。…何だろう、女子達の浮かれ具合がひと目で分かってしまうこの感じw

そこは敬意を表して、騎手陣の長であっただろう蛯名騎手の時にも同じ感じで映らないとイケないのではないだろうか。かなり細かいが、これは人付き合いとしても大事な部分だ。
via google imghp
上の蛯名騎手の画像と比べると、明らかに女性陣のテンションが高いw

やはり年下でイケメンの松岡騎手の方が食いつきが良いのだろう。明らかに頬の緩み加減が蛯名騎手の時と段違い。と言うより、全体的に距離感が近過ぎる。…皆、一様にして近付こうとしているのがひと目で分かるのが面白い。
ブログを書いた日高逸子選手

ブログを書いた日高逸子選手

生年:1961年10月7日
出身:宮崎県串間市
在住:福岡県福岡市
本拠:福岡競艇場

A1ランク選手で2児の母。付いたニックネームは『グレートマザー』。
via google imghp
年齢が55歳という事で蛯名騎手よりも年上。察するに、かなり昔からの付き合いがある仲なのだろう。

その証拠に蛯名騎手は前日の日曜日まで阪神競馬場で騎乗をしており、その翌日には埼玉県の忘年会に参加している。このハードなスケジュールの中で駆け付けるというのは余程の親交が無いと出来ない事だ。そういう意味でも蛯名騎手が心を許せるアスリート仲間の1人なのだ。さすが、“グレートマザー”。

蛯名会の存在

蛯名会メンバーである田辺&津村を交えた飲みw

皆さんは“蛯名会”というものがあるのはご存知だろうか??…いわゆる、芸能界で言う“竜兵会”などと言った大物芸能人を慕うメンバーで構成されたただの飲みサークル的な集まりである。

かくいう騎手の世界にも同様の会が存在しており、この動画は競馬番組のウイニング競馬内でその“蛯名会”にスポットを当てた特集映像である。がっつりのプライベートな飲みで、後輩たち相手にざっくばらんに騒ぐ蛯名騎手の様子が極めて貴重だ。とくとご覧あれ。

まとめ

天才武豊騎手と数少ない同期である蛯名騎手。競馬界においても非常に大切な存在であり、現在も関東のリーディング上位に毎年名を連ねる1流ジョッキーなのだ。

最近は過激な“トントン騎乗”が話題となり、岩田騎手や川田騎手たちと共にネット上で叩かれる対象になりがちだ。しかし、そのフォームの問題とは裏腹に、実際大レースで勝ちまくっている勝負強さは見逃せない。今年も皐月賞と宝塚記念をそれぞれ穴人気で快勝しているし、それよりも忘れてはいけないのが凱旋門賞で2着に2回も入っているその経験値。

ここだけで取って言えば武豊騎手よりも実績が上であり、馬質や条件さえ揃えば日本人騎手の中では最も凱旋門賞の騎乗を依頼したくなる有能な騎手なのだ。個人的にも、蛯名騎手にはダービーなんかより凱旋門賞のタイトルを獲ってもらう事の方が悲願にも思えるのである。

いずれにせよ、JRA競馬ファンも蛯名騎手の貢献度をもっと評価すべき。キャラクター的に何だかイジり甲斐があるってだけで、本当はめちゃくちゃ凄い騎手なんですからね。…ってか、“本当は”とか言ってる次点で自分もだw
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

横山典弘が岩田や蛯名、川田のトントン騎乗を痛烈批判??

横山典弘が岩田や蛯名、川田のトントン騎乗を痛烈批判??

名手横山典弘騎手が“トントン騎乗”について暗に批判めいた発言をしている事が分かった。出どころは某競馬サイトの菊沢一樹騎手に対するインタビュー記事の内容から。岩田、蛯名、川田騎手にとっては耳…いや、お尻の痛い話だ。
878 view
柏木集保がエリザベス女王杯のマリアライト蛯名騎手を批判

柏木集保がエリザベス女王杯のマリアライト蛯名騎手を批判

カリスマ予想家の柏木集保が、某競馬サイト内のコラムにて先日のエリザベス女王杯でマリアライトが被害にあった1コーナーでの不利について独特の見解を述べている。端的に言い表せば、同馬に騎乗した蛯名騎手への痛烈な批判である。
5,481 view
【WASJ2016】海外の出場騎手6名が決定

【WASJ2016】海外の出場騎手6名が決定

8月27・28日に札幌競馬場で開催されるWASJ(ワールドオールスタージョッキーズ)に出場する海外の騎手6名が正式に決まった。なかには日本でもお馴染みの騎手もいれば今回が初来日であまり知られていない騎手もいるのでここで紹介する。
1,132 view
WASJ2016出場騎手が決定!!JRAからは川田他6名

WASJ2016出場騎手が決定!!JRAからは川田他6名

今年も8月末に札幌競馬場で「WASJ」が開催、それに出場する日本人騎手6名が発表された。念願のダービージョッキーとなった川田騎手の他、一定の基準をクリアした日本のジョッキー達が世界の猛者とその技術のしのぎを削り合う。
2,104 view
白熱!! 蛯名&岩田による激しいダンス対決!

白熱!! 蛯名&岩田による激しいダンス対決!

5月8日の東京6Rで蛯名騎手騎乗のノガロと岩田騎手騎乗のショウナンアンセムがゴール前で両者譲らぬ叩き合いになった。結果はノガロがアタマ差でショウナンアンセムを退け優勝したが、一番目立ったのは両騎手の激しいダンス対決だった。
22,873 view

共通キーワード

この記事のキュレーター

マッケン王 マッケン王