2016年8月22日 更新

〈2016年札幌記念〉ネオリアリズムが逃げ切って重賞初制覇〈結果〉

21日に行われた夏競馬の風物詩レース・札幌記念はC.ルメール騎手騎乗の5番人気ネオリアリズムが逃げ切って重賞初制覇を達成。断然人気を背負ったモーリスは2着、3着にはメンバー唯一の3歳馬レインボーラインが入線した。

551

レース回顧

-2016/08/21 札幌記念(G2) レース動画-

1着:ネオリアリズム(C.ルメール)
2着:モーリス(J.モレイラ)
3着:レインボーライン(福永祐一)

タイム:2分01秒7(稍重)
レース上がり3ハロン:36.9秒
勝ち馬上がり3ハロン:36.9秒
果敢にハナを切る馬がいない中、ネオリアリズムがスッと先頭に立つ。後ろにマイネルフロスト、レッドリヴェール、ヌーヴォレコルト、ヤマカツエースあたりが追走。中団勢にメイショウスザンナ、ヒットザターゲット、ダービーフィズ、モーリスが続いて、後方集団にレインボーライン、スーパームーン、ロジチャリス、最後方にハギノハイブリッドとレッドソロモンという隊列。直線に入っても逃げるネオリアリズムの手応えは十分で後続を引き離しにかかる。ヌーヴォレコルトとヤマカツエースは懸命に追うが差を詰められず、替わってモーリスとレインボーラインが外から脚を伸ばしてくる。しかし、2頭にはネオリアリズムを交わすほどの勢いはなく、ネオリアリズムは最後まで後続を寄せ付けないままゴール。

”ルメールマジック”で重賞初制覇

勝ち馬:ネオリアリズム(牡5歳)

勝ち馬:ネオリアリズム(牡5歳)

父:ネオユニヴァース
母:トキオリアリティー
母父:Meadowlake
調教師:堀宣行(美浦)
via google imghp
今年の札幌記念に生粋の逃げ馬が存在しないことを知ったC.ルメール騎手は躊躇うことなくネオリアリズムをハナへ誘導する。いつもは折り合いを欠く馬だが、この日は良い感じにハミが抜けて完全にリラックスしていた。直線に入っても脚色は一切鈍ることなく、さらにギアを加速させて昨年の年度代表馬モーリスの追撃を見事に完封。鞍上は「G1を勝てるポテンシャルがある。」と秘めた能力に太鼓判を押しており、半兄のリアルインパクトに続けるか大注目だ。次走はG1・天皇賞(秋)へ参戦予定。

絶対王者破れる。次走は「迷っている」

2着馬:モーリス(牡5歳)

2着馬:モーリス(牡5歳)

父:スクリーンヒーロー
母:メジロフランシス
母父:カーネギー
調教師:堀宣行(美浦)
via google imghp
道中は9番手から追走して最大の課題とされた折り合いもバッチリ。手応え抜群で直線に入り、メンバー最速の上がりで追い込んだが、前を行くネオリアリズムとの差は縮まらず、最後は2馬身も離されて僚馬に完敗を喫した。鞍上のJ.モレイラ騎手は「後ろからでは厳しかったね。ただ、折り合いはスムーズだったし、距離も問題なかったよ。」と前向きなコメント。一方でノーザンファームの吉田勝己氏は「一番引っかかるパターンで引っかからなかった。距離もいいと思ったんだけどね。おかしいな。」と首をかしげた。今後については天皇賞(秋)にR.ムーア騎手を迎えて参戦する予定だったが、「そのつもりでいたけど、今は分からない。」とローテーションを再考する可能性も出てきた。年度代表馬の動向に注目が集まる。

レース結果を振り返ってのベスト予想

◎モーリス
◯レインボーライン
▲ヌーヴォレコルト
△ネオリアリズム
△ヤマカツエース
×ヒットザターゲット
×レッドソロモン
やはり本命はG1・4勝のモーリス。対抗に唯一の3歳馬でアーリントンC優勝、NHKマイルC3着などポテンシャルは古馬相手にも十分通用するレインボーライン。単穴に海外帰りだが、実績や自力ではメンバー上位のヌーヴォレコルト。連下に札幌コース2戦2勝のネオリアリズムと重賞3勝のヤマカツエース。ここまでなら勝っても不思議ではないメンバーだろう。あとは展開次第で馬券に絡んできそうなヒットザターゲットとレッドソロモンの2頭を抑えられれば十分な予想と言える。

全着順

着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 単勝オッズ
1 13 ネオリアリズム 57.0 C.ルメール 110.5 2:01.7(稍重) × 17.2
2 15 モーリス 57.0 J.モレイラ 116.6 2 1.6
3 2 レインボーライン 54.0 福永祐一 107.7 クビ 12.3
4 1 ヌーヴォレコルト 55.0 吉田隼人 110.3 1.1/2 5.7
5 7 ヤマカツエース 57.0 池添謙一 106.7 クビ × 8.4
6 6 マイネルフロスト 57.0 松岡正海 106.9 2.1/2 72.0
7 16 ダービーフィズ 57.0 岩田康誠 105.8 1.3/4 123.2
8 4 メイショウスザンナ 55.0 四位洋文 100.6 3/4 141.5
9 3 ハギノハイブリッド 57.0 菱田裕二 105.3 ハナ 53.2
10 9 ヒットザターゲット 57.0 小牧太 109.0 1.1/4 × 23.4
11 10 ダンツキャンサー 55.0 勝浦正樹 98.2 アタマ 166.9
12 12 レッドソロモン 57.0 柴山雄一 98.7 3.1/2 × 27.4
13 11 スーパームーン 57.0 蛯名正義 102.0 1/2 31.8
14 8 トーセンレーヴ 57.0 D.ホワイト 101.3 1.3/4 86.2
15 5 ロジチャリス 57.0 丸山元気 101.3 1.1/4 × 32.4
16 14 レッドリヴェール 55.0 坂井瑠星 102.8 1/2 42.9


配当&本印予想結果

馬連予想 1-2-15 計3点 不的中
単勝 13 1,720 枠連 7-8 920円
複勝 13 320円 ワイド 13-15 560円
15 110円 2-13 1,590円
2 270円 2-15 470円
馬連 13-15 1,330円 馬単 13→15 3,770円
三連複 2-13-15 3,380円 三連単 13→15→2 22,060円
16 件

関連する記事

【2016年神戸新聞杯】断然人気サトノダイヤモンドが秋初戦を制す【結果】

【2016年神戸新聞杯】断然人気サトノダイヤモンドが秋初戦を制す【結果】

25日に阪神競馬場で行われた菊花賞トライアル・神戸新聞杯(G2)は単勝オッズ1.2倍の断然人気を背負ったサトノダイヤモンドが直線、ミッキーロケットとの競り合いを制して優勝。ラスト一冠獲りへ大きな弾みをつけた。
 387
マカヒキがニエル賞を快勝!!大一番・凱旋門賞へ大きな弾み!!!

マカヒキがニエル賞を快勝!!大一番・凱旋門賞へ大きな弾み!!!

今年のダービー馬で仏G1・凱旋門賞へ参戦することが決まっているマカヒキがその前哨戦となるニエル賞に出走して単勝オッズ1.4倍の圧倒的人気に応えて勝利。約3週間後の大一番へ大きな弾みをつけた。
 715
2016年 札幌記念(GⅡ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2016年 札幌記念(GⅡ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

毎年G1級の好メンバーが集結する夏競馬の風物詩・札幌記念。今年は昨年の年度代表馬でG1・4勝のモーリスを筆頭に、2014年のオークス馬ヌーヴォレコルト、3連敗から復活を誓うヤマカツエースなど激戦必至の実力馬が揃った。
 678
札幌記念 2017 結果 動画

札幌記念 2017 結果 動画

日曜日に行われた札幌記念はサクラアンプルールが直線豪快に突き抜けて重賞初勝利を飾った。ゴール前クビ差まで際どく迫ったナリタハリケーンが2着に入線、1番人気のヤマカツエースは見せ場を作るも直線で力尽きて3着に敗退した。
 227
【ホープフルS・結果】レイデオロが無傷の3連勝で重賞初制覇!!

【ホープフルS・結果】レイデオロが無傷の3連勝で重賞初制覇!!

日曜中山9RホープフルS(G2・芝2000m)は、単勝オッズ1.5倍の断然人気に支持されたC.ルメール騎手騎乗のレイデオロが直線一気の末脚で優勝。デビューから無傷の3連勝で来春のクラシックへ向けて大きな弾みをつけた。
 419

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部