2017年4月27日 更新

東京新聞杯の歴代優勝馬と動画まとめ

冬の東京マイル重賞、東京新聞杯。その過去11年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!

174

2017年 ブラックスピネル

2017年02月05日 東京新聞杯 芝1600m 東京競馬場

1着:②ブラックスピネル 牡4 56 (M.デムーロ) 3番人気
2着:⑤プロディガルサン 牡4 56 (田辺裕信) 5番人気
3着:⑦エアスピネル 牡4 57 (武豊) 1番人気

タイム=1.34.9(良)
レース上がり3ハロン=32.7
勝ち馬上がり3ハロン=32.7

3連複=1,610円
3連単=15,460円

レース回顧

好スタートから押し出される様にして先手を取ったブラックスピネル。前半の600mが37秒2という超スローペースの展開となり、直線に入っても同馬の余力はタップリ。各馬追い出しにかかるもその差はなかなか縮まらず、後方から32秒フラットの脚を繰り出したプロディガルサンが2着に押し上げるのがやっとだった。結果、デムーロ騎手騎乗のブラックスピネルが初重賞制覇。3着に1番人気エアスピネルが入線し、明け4歳世代の上位独占決着となった。

2016年 スマートレイアー

2016年02月07日 東京新聞杯 芝1600m 東京競馬場

1着:⑥スマートレイアー 牝6 55 (吉田隼人) 5番人気
2着:③エキストラエンド 牡7 57 (岩田康誠) 6番人気
3着:⑩マイネルアウラート 牡5 56 (柴田大知) 11番人気

タイム=1.34.1(良)
レース上がり3ハロン=33.5
勝ち馬上がり3ハロン=33.5

3連複=76830円
3連単=353160円
【レース回顧】
スタートから楽に先頭へ立ったスマートレイアーが直線でも33秒台の上がりを駆使して、マイル路線の牡馬相手に影をも踏ませぬ完勝。5番人気の低評価を覆す鮮やかな逃げ切り勝ちだった。2着にはインからしぶとく脚を伸ばしたエキストラエンド、3着には11番人気のマイネルアウラートが同じく番手から粘り込んで入線し、3連単は30万円オーバーの大万馬券となった。1番人気のダッシングブレイズは直線途中で落馬による競走中止。

2015年 ヴァンセンヌ

2015年02月08日 東京新聞杯 芝1600m 東京競馬場

1着:⑥ヴァンセンヌ 牡6 56 (福永祐一) 3番人気
2着:⑬アルフレード 牡6 56 (柴山雄一) 9番人気
3着:⑩フルーキー 牡5 56 (岩田康誠) 1番人気

タイム=1.35.7(稍重)
レース上がり3ハロン=35.2
勝ち馬上がり3ハロン=34.6

3連複=19820円
3連単=155940円
【レース回顧】
前半3ハロンが36秒3と言うかなりのスローペースから直線でのキレ味勝負に。いち早く馬場の真ん中から抜け出したヴァンセンヌが、外のアルフレード、内のフルーキーとの叩き合いを制し条件戦からの連勝で重賞初制覇を飾った。この後、京王杯SCを経由して安田記念でも2着に善戦。母フラワーパークの血がようやく開花した。3連単は15万円超の中波乱決着。

2014年 ホエールキャプチャ

2014年02月17日 東京新聞杯 芝1600m 東京競馬場

1着:⑦ホエールキャプチャ 牝6 57 (蛯名正義) 8番人気
2着:⑪エキストラエンド 牡5 56 (C.デムーロ) 3番人気
3着:⑫クラレント 牡5 57 (川田将雅) 5番人気

タイム=1.33.2(重)
レース上がり3ハロン=35.1
勝ち馬上がり3ハロン=34.3

3連複=12170円
3連単=96300円
【レース回顧】
2012年のヴィクトリアマイル勝者ホエールキャプチャが同舞台で復活V。後方から競馬を進め、外々を回しての差し切り勝ちだけに非常に強い内容だった。2着争いが熾烈で、内から鋭く伸びたエキストラエンドと早め先頭に立ったクラレント、1番人気コディーノの3頭が壮絶な叩き合いを見せエキストラエンドが2着入線。一旦抜かれるも勝負根性で差し返したクラレントが3着に入った。3連単は10万円弱の中穴配当。

2013年 クラレント

2013年02月03日 東京新聞杯 芝1600m 東京競馬場

1着:⑤クラレント 牡4 56 (岩田康誠) 2番人気
2着:①ダイワマッジョーレ 牡4 56 (丸田恭介) 5番人気
3着:⑧トライアンフマーチ 牡7 56 (横山典弘) 4番人気

タイム=1.32.9(良)
レース上がり3ハロン=33.5
勝ち馬上がり3ハロン=33.0

3連複=3650円
3連単=16490円
【レース回顧】
平均ペースの流れから馬群が固まって直線でヨーイドンの競馬となった。中団の前目から一瞬の脚で抜け出したクラレントがそのままリードを保って重賞3勝目。2着には最速の上がりを駆使したダイワマッジョーレ、3着には内の窮屈なスペースをこじ開けて伸びた古豪トライアンフマーチが入線。1番人気のドナウブルーはキレ負けして10着に敗退した。

2012年 ガルボ

2012年02月05日 東京新聞杯 芝1600m 東京競馬場

1着:⑤ガルボ 牡5 56 (石橋脩) 8番人気
2着:⑥コスモセンサー 牡5 56 (蛯名正義) 4番人気
3着:⑦ヒットジャポット 牡5 56 (後藤浩輝) 7番人気

タイム=1.32.8(良)
レース上がり3ハロン=34.2
勝ち馬上がり3ハロン=33.6

3連複=9430円
3連単=65040円
【レース回顧】
スタートから離し気味に逃げたコスモセンサーが直線でも後続を突き放し逃げ切り態勢に。そこへしぶとく差を縮めたガルボがラスト50mで並びかけゴール前の一完歩でクビ差かわした所がゴールイン。一昨年のシンザン記念以来となる久々の重賞Vを飾った。そこから2馬身半差の3着には外から追い込んだ7番人気のヒットジャポットが入線。1番人気のダノンシャークは精彩を欠いて5着に惜敗した。

2011年 スマイルジャック

2011年02月06日 東京新聞杯 芝1600m 東京競馬場

1着:⑮スマイルジャック 牡6 57 (三浦皇成) 5番人気
2着:③キングストリート 牡5 56 (内田博幸) 7番人気
3着:①ゴールスキー 牡4 56 (リスポリ) 2番人気

タイム=1.32.5(良)
レース上がり3ハロン=35.0
勝ち馬上がり3ハロン=33.9

3連複=9760円
3連単=97600円
【レース回顧】
先行策からキレ味鋭くスパッと抜け出したスマイルジャック。それを一斉に追い掛ける後続もゴール前でグッと詰め寄り、その中からキングストリートが最後一完歩でハナ差まで迫ったが何とかスマイルジャックが残して2年ぶりの重賞勝利。1番人気のダノンヨーヨーは最後方から最速上がりを使うも、0秒3差の7着に敗退した。3連単は10万円弱の配当。

2010年 レッドスパーダ

2010年01月30日 東京新聞杯 芝1600m 東京競馬場

1着:②レッドスパーダ 牡4 55 (横山典弘) 2番人気
2着:④トライアンフマーチ 牡4 55 (C.ルメール) 1番人気
3着:①エーシンフォワード 牡5 56 (柴田善臣) 6番人気

タイム=1.32.1(良)
レース上がり3ハロン=33.9
勝ち馬上がり3ハロン=33.5

3連複=3580円
3連単=14840円
【レース回顧】
引き離して逃げるマイネルファルケを追い掛けるレース展開に。番手の位置につけたレッドスパーダが直線早くも捉えにかかると、脚色は衰えずそのまま最後までリードを広げながらの完勝。2、3着にはそのレッドスパーダの直後で競馬をしたトライアンフマーチとエーシンフォワードの2頭がそれぞれ入線。勝ち時計は1分32秒1と言う速いタイム。レースレベルはともかく、好内容の1戦だった。

2009年 アブソリュート

2009年01月31日 東京新聞杯 芝1600m 東京競馬場

1着:⑥アブソリュート 牡5 56 (田中勝春) 5番人気
2着:⑭キャプテンベガ 牡6 56 (吉田豊) 15番人気
3着:①タマモサポート 牡4 56 (岩田康誠) 9番人気

タイム=1.36.9(不良)
レース上がり3ハロン=37.5
勝ち馬上がり3ハロン=36.7

3連複=139830円
3連単=888960円
【レース回顧】
激しい降雨の影響で芝はドロドロの不良馬場に。適正の差で大きく有利になったアブソリュートが、大外から確かな脚さばきで抜け出し重賞初勝利。2着には15番人気のキャプテンベガ、3着には後方から鋭く追い込んだスマイルジャックが入線し、3連単は90万円弱の大波乱決着となった。上位1~3番人気馬は馬場に泣かされた形だ。

2008年 ローレルゲレイロ

2008年02月02日 東京新聞杯 芝1600m 東京競馬場

1着:⑦ローレルゲレイロ 牡4 57 (藤田伸二) 6番人気
2着:⑨リキッドノーツ 牡7 56 (田中勝春) 13番人気
3着:①タマモサポート 牡5 56 (津村明秀) 12番人気

タイム=1.32.8(良)
レース上がり3ハロン=35.1
勝ち馬上がり3ハロン=34.9

3連複=514280円
3連単=2543450円
【レース回顧】
終始先頭で競馬をしたローレルゲレイロが、直線でもしぶとく粘り続け後続の追撃を首の皮一枚残して勝利。実に新馬戦以来となる2勝目の事だった。大外から豪快に追い込んだ13番人気リキッドノーツが2着、先行から粘り込んだ12番人気タマモサポートが3着に入り、3連単は何と250万円を超える超特大万馬券となった。

2007年 スズカフェニックス

2007年01月27日 東京新聞杯 芝1600m 東京競馬場

1着:⑫スズカフェニックス 牡5 56 (武豊) 1番人気
2着:④エアシェイディ 牡6 57 (安藤勝己) 2番人気
3着:②イースター 牡4 55 (C.ルメール) 5番人気

タイム=1.32.7(良)
レース上がり3ハロン=34.4
勝ち馬上がり3ハロン=33.3

3連複=1720円
3連単=6690円
【レース回顧】
1番人気のスズカフェニックスが道中は後方の競馬でジッと脚を溜め、直線で大外に出すと一気の脚を使って全頭ゴボウ抜き。2着のエアシェイディも同様の脚を繰り出したが位置取りの差でスズカフェニックスに軍配が上がった。3着にも末脚鋭かったイースターが入線し、総じて追い込み馬に向いた展開となった。実際に逃げたシベリアンホークは大きく最下位に敗れている。

まとめ

以上、東京新聞杯過去10年分のレースまとめでした。

穴を開けた馬でさえ元々重賞で好走歴のある実力のある馬などそれなりの実績が必要とされるレースだ。余り気にしなくても良いのだろうが、1番枠の好走もやや目立っているので内枠を少し警戒したいところ。

このレースをステップに春へ向かう馬と、このレースを是が非でも勝って賞金を加算させたい馬とのギャップ差もある筈で、そこの見極めが大きく馬券の取捨に関わって来るのではないだろうか。
36 件

関連する記事

関屋記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

関屋記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

新潟のベストマイラー決定戦、関屋記念。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 456
富士ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

富士ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

マイルチャンピオンシップへ続く1600mの東京予選、富士ステークス。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 336
デイリー杯2歳ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

デイリー杯2歳ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

2歳重賞の中でも格とレースレベルが比較的高いデイリー杯2歳ステークス。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 326
府中牝馬ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

府中牝馬ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

古馬牝馬の頂点を目指す女傑候補が一堂に会する府中牝馬ステークス。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 396
京都大賞典の過去結果動画と歴代勝ち馬

京都大賞典の過去結果動画と歴代勝ち馬

秋の飛躍を誓い、古馬の有力馬たちが集結する伝統の京都大賞典。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 645

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王