2016年10月27日 更新

【動画、結果】天皇賞秋の予想に使える歴代レースまとめ

週末に控えた天皇賞秋の展望も兼ねて、過去10年分の同レース動画を振り返ります。結果内容と合わせて、馬券購入の参考にしてみて下さい。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!

2015年 ラブリーデイ

2015年11月01日 芝2000m 東京競馬場

1着=⑧ラブリーデイ/牡5/58 (浜中) 1番人気
2着=⑭ステファノス/牡4/58 (戸崎) 10番人気
3着=⑯イスラボニータ/牡4/58 (蛯名) 6番人気

タイム=1.58.4(良)
レース上がり3ハロン=34.0
勝ち馬上がり3ハロン=33.7

3連複=24850円
3連単=109310円
【レース回顧】
無双状態に入ったラブリーデイが春の宝塚記念に続くGⅠ連勝で現役馬最強の座に名乗りを上げた。前を行くエイシンヒカリをマークしながら直線に入ると抜群の手応えで交わし、後方勢の追撃も難なく交わして余裕の1着入線を果たした。半馬身差まで追い詰めたのは10番人気のステファノス。3着には皐月賞馬のイスラボニータが入り、3連単は10万円を超える中波乱となった。

2014年 スピルバーグ

2014年11月02日 芝2000m 東京競馬場

1着=④スピルバーグ/牡5/58 (北村宏) 5番人気
2着=①ジェンティルドンナ/牝5/56 (戸崎) 2番人気
3着=⑮イスラボニータ/牡3/56 (ルメール) 1番人気

タイム=1.59.7(良)
レース上がり3ハロン=34.6
勝ち馬上がり3ハロン=33.7

3連複=2850円
3連単=23290円
【レース回顧】
1番人気の3歳馬イスラボニータが直線で抜け出しに図るも、内からジェンティルドンナが襲いかかり叩き合いとなる。ラスト100mでジェンティルドンナが捉えたが、それらを大外からまとめて一気に差し切ったのが重賞すら初勝利のスピルバーグだった。東京巧者で1頭だけ違う脚を使い、藤沢和雄厩舎に久々のGⅠタイトルをプレゼントした。

2013年 ジャスタウェイ

2013年10月27日 芝2000m 東京競馬場

1着=⑦ジャスタウェイ/牡4/58 (福永) 5番人気
2着=⑨ジェンティルドンナ/牝4/56 (岩田) 1番人気
3着=⑥エイシンフラッシュ/牡6/58 (デムーロ) 3番人気

タイム=1.57.5(良)
レース上がり3ハロン=35.3
勝ち馬上がり3ハロン=34.6

3連複=1400円
3連単=14310円
【レース回顧】
追い込み一辺倒のジャスタウェイが中団から理想的な展開で直線を迎え、前を行く女王ジェンティルドンナを一瞬にして置き去りにするド派手なパフォーマンスで圧勝した。このレースで一気に覚醒すると翌年のドバイデューティーフリーや安田記念を制し、世界一位のランキングで最強馬の名をほしいままにした。3着には古豪のエイシンフラッシュが入線。

2012年 エイシンフラッシュ

2012年10月28日 芝2000m 東京競馬場

1着=⑫エイシンフラッシュ/牡5/58 (デムーロ) 5番人気
2着=④フェノーメノ/牡3/56 (蛯名) 1番人気
3着=⑥ルーラーシップ/牡5/58 (メンディザバル) 2番人気

タイム=1.57.3(良)
レース上がり3ハロン=36.6
勝ち馬上がり3ハロン=33.1

3連複=3990円
3連単=39520円
【レース回顧】
シルポートが後続を10馬身以上も引き離す大逃げの展開で派手なレースとなったが、直線ではさすがに後続勢に一気に捕まった。その中から抜け出したのは3歳のフェノーメノだったが、更に後ろの最内から高速の末脚でまとめて差し切ったのがエイシンフラッシュだった。デムーロの迷いない好騎乗で勝ったと言っても過言ではない1戦だ。

2011年 トーセンジョーダン

2011年10月30日 芝2000m 東京競馬場

1着=⑫トーセンジョーダン/牡5/58 (ピンナ) 7番人気
2着=⑦ダークシャドウ/牡4/58 (ベリー) 2番人気
3着=⑧ペルーサ/牡4/58 (横山典) 6番人気

タイム=1.56.1(良)
レース上がり3ハロン=35.8
勝ち馬上がり3ハロン=34.2

3連複=22790円
3連単=214010円
【レース回顧】
毎度お馴染みのシルポートが大逃げ。離れた後続勢にとってはやりづらい展開となったが、他馬よりもワンテンポ遅れて仕掛けを打ったトーセンジョーダンが見事な末脚でまとめて差し切ってGⅠ制覇を果たした。1.56.1のタイムはレコード。1番人気のブエナビスタにとっては目標とされる競馬となり難しいレースで4着に敗退した。ダークシャドウとペルーサの4歳勢が2~3着に入り、3連単は20万を超える波乱決着。

2010年 ブエナビスタ

2010年10月31日 芝2000m 東京競馬場

1着=②ブエナビスタ/牝4/56 (スミヨン) 1番人気
2着=⑦ペルーサ/牡3/56 (安藤) 4番人気
3着=⑫アーネストリー/牡5/58 (佐藤) 2番人気

タイム=1.58.2(稍重)
レース上がり3ハロン=34.9
勝ち馬上がり3ハロン=34.1

3連複=1680円
3連単=7480円
【レース回顧】
女王ブエナビスタが名手スミヨンを鞍上に迎え、圧巻のパフォーマンスで勝利を飾った。道中は中団の馬群で待機すると、直線に入ってスペースを見つけるやいなや瞬時に反応して後続をあっという間に突き放した。ラストは流す余裕を見せ、アーネストリーなど相手に現役最強馬の証明をして見せた格好だ。2着には3歳のペルーサが入線。

2009年 カンパニー

2009年11月1日 芝2000m 東京競馬場

1着=③カンパニー/牡8/58 (横山典) 5番人気
2着=②スクリーンヒーロー/牡5/58 (北村宏) 7番人気
3着=⑦ウオッカ/牝5/56 (武豊) 1番人気

タイム=1.57.2(良)
レース上がり3ハロン=33.7
勝ち馬上がり3ハロン=32.9

3連複=9970円
3連単=102110円
【レース回顧】
4コーナーまでひと塊の状態で直線へ。手応え良くスクリーンヒーローが一旦は先頭に立つもののその横から一気に差してきたのが8歳馬のカンパニーだった。前走でウオッカを破った勢いそのままに天皇賞秋も制しGⅠ初勝利。続くマイルCSも射止めて有終の美を飾った。そのウオッカが後方から鋭く追い込むも3着まで。3連単は10万円を超える中波乱。

2008年 ウオッカ

2008年11月2日 芝2000m 東京競馬場

1着=⑭ウオッカ/牝4/56 (武豊) 1番人気
2着=⑦ダイワスカーレット/牝4/56 (安藤) 7番人気
3着=②ディープスカイ/牡3/56 (四位) 3番人気

タイム=1.57.2(良)
レース上がり3ハロン=35.2
勝ち馬上がり3ハロン=34.4

3連複=710円
3連単=3250円
【レース回顧】
天皇賞史に残るレースのひとつ。ライバル関係にある名牝のウオッカとダイワスカーレット2頭が直線で壮絶な叩き合いとなり、内外変わらずゴールイン。長い写真判定の結果、数cmの差でウオッカに軍配が上がったがファンにとってはたまらないレースとなった。3着には3歳のダービー馬ディープスカイが入線。

2007年 メイショウサムソン

2007年10月28日 芝2000m 東京競馬場

1着=①メイショウサムソン/牡4/58 (武豊) 1番人気
2着=⑨アグネスアーク/牡4/58 (吉田隼) 7番人気
3着=⑥カンパニー/牡6/58 (福永) 6番人気

タイム=1.58.4(稍重)
レース上がり3ハロン=35.0
勝ち馬上がり3ハロン=34.6

3連複=36730円
3連単=183380円
【レース回顧】
内枠を利したメイショウサムソンが圧勝。コースロス無く、直線でも逃げるコスモバルクが上手くスペースを開けて最も良い馬場を抜けて来た会心の勝利だった。1枠の武豊には逆らえない。これで天皇賞春秋制覇を成し遂げ、名実共に現役最強馬の座に君臨する事となる。2~3着にはアグネスアークとカンパニーが入るも、直線でのコスモバルクの斜行による不利が痛かった。

2006年 ダイワメジャー

2006年10月29日 芝2000m 東京競馬場

1着=⑭ダイワメジャー/牡5/58 (安藤) 4番人気
2着=⑩スウィフトカレント/牡5/58 (横山典) 7番人気
3着=⑮アドマイヤムーン/牡3/56 (武豊) 2番人気

タイム=1.58.8(良)
レース上がり3ハロン=35.6
勝ち馬上がり3ハロン=35.2

3連複=9120円
3連単=60460円
【レース回顧】
ダイワメジャーが安定の先行策から押し切って天皇賞秋を制覇。逃げるインティライミを睨みつつ、後方勢の動きに合わせて直線へ。そこからは左右から抜け出しを図る馬を見つつ、自身の追い出しを始める圧巻の内容だった。2着には半馬身差でスウィフトカレントが入るも、その着差は永遠に縮まらない決定的な差に思えた。

まとめ

以上、天皇賞秋の過去10年分のレースまとめでした。

その年の馬場状態や展開によって上がりのタイムなども違いレースの質がガラッと変わるレース。但し、総じて逃げ馬には厳しい流れとなっており前を行く馬の選定はしっかりとチェックしておくべきだろう。その他、近々は3歳馬の台頭も目立っているのでそこも要注意。

その他、牝馬の驚くような激走もあったりと格式が高い割に読みにくいレースと言える。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本史上歴代最強牝馬ランキングまとめ【2017年最新】

日本史上歴代最強牝馬ランキングまとめ【2017年最新】

競馬ニュース.TV独自レーティングによるランキング形式で日本競馬史上歴代最強牝馬をまとめてみました。RT116以上を詳しく紹介して振り返ってみましょう。随時レーティング更新しています。
929 view
【動画、結果】中山記念の予想に使える歴代レースまとめ

【動画、結果】中山記念の予想に使える歴代レースまとめ

一流短中距離馬の重要な始動戦でもあるGⅡ中山記念。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
97 view
【動画、結果】京都記念の予想に使える歴代レースまとめ

【動画、結果】京都記念の予想に使える歴代レースまとめ

一級古馬の始動戦として格式高いGⅡ、京都記念。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
142 view
【動画、結果】阪神JFの予想に使える歴代レースまとめ

【動画、結果】阪神JFの予想に使える歴代レースまとめ

勝ち馬の多くがその後も名牝として活躍する阪神JF。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
411 view
【動画、結果】ジャパンCの予想に使える歴代レースまとめ

【動画、結果】ジャパンCの予想に使える歴代レースまとめ

歴戦の古馬が集う世界最強決定戦、ジャパンC。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
360 view

共通キーワード

この記事のキュレーター

マッケン王 マッケン王