2016年7月4日 更新

【結果】〈2016年CBC賞(G3) 〉レッドファルクスが大外一気で重賞初V【動画】

3日に中京競馬場で行われたCBC賞(芝1200m)はミルコ・デムーロ騎手騎乗の3番人気レッドファルクスが大外から豪快な末脚で勝利し重賞初制覇を達成。また重賞2勝目が期待された1番人気エイシンブルズアイは休み明けが響き9着に敗れた。

1,127

レース回顧

-2016年CBC賞(G3)レース動画-

1着:レッドファルクス(M.デムーロ)
2着:ラヴァーズポイント(松若)
3着:ベルカント(藤岡康)

勝ちタイム:1分07秒2(良)
各馬揃ったスタートから戦前の予想通りベルカントがハナに立つ。その後ろにラヴァーズポイントとシンデレラボーイが続いて、エイシンブルズアイ、サドンストーム、ベルルミエール、メイショウライナーが固まってレースを進める。さらに中団から後方にかけてワキノブレイブ、レッドファルクス、スノードラゴンの有力馬が追走し、最後方にサクラアドニスという隊列。
直線に入るとベルカントが逃げ切りを図るが、馬群の外に持ち出したレッドファルクスが一気に脚を伸ばしてくる。エイシンブルズアイは全く伸びず後退すると、ラヴァーズポイントが粘るベルカントとの差を詰めてゴール前で捕らえたが、ここで外からレッドファルクスが牝馬2頭を交わしてゴール。

強烈な末脚で重賞初制覇

勝ち馬:レッドファルクス(牡5歳)

勝ち馬:レッドファルクス(牡5歳)

父:スウェプトオーヴァーボード
母:ベルモット
母父:サンデーサイレンス
所属:尾関知人厩舎(美浦)
馬主:東京ホースレーシング
生産者:社台ファーム
via google imghp
道中は後方集団で脚を溜めて直線で大外に持ち出すと、メンバー最速の上がり3ハロン32.7秒の末脚で豪快に差し切って重賞初制覇を達成。全6勝のうち4勝がダートで、今回は5戦ぶりの芝だったが、中京の芝短距離では2勝をあげており適性は抜群だった。前日の土曜から前残りが続いて各馬が前を意識した展開のなか、後方でじっくりと構え最後に弾けられたのは鞍上のミルコ・デムーロ騎手のファインプレーと言っても良いだろう。レッドファルクスは今後もダートと芝の二刀流になるが、次はダートでの重賞制覇を期待する。

ハンデ50kgを活かして2着に健闘

2着馬:ラヴァーズポイント(牝6歳)

2着馬:ラヴァーズポイント(牝6歳)

父:マイネルラヴ
母:ハートフルシフォン
母父:タマモクロス
所属:高橋康之厩舎(栗東)
馬主:三宅勝俊
生産者:昭和牧場
via google imghp
絶好のスタートから逃げるベルカントの2番手につけると、ゴール手前で交わして勝ったかと思ったが、自力で勝るレッドファルクスに大外から差されて惜しくも2着。鞍上の松若風馬騎手は「いい感じで運ぶことができて、やったと思ったのですが・・・。50kgのハンデもよかったし、よく頑張ってくれました」と悔しさを見せながらも健闘を称えた。7番人気で格上挑戦での2着は今後に大きくつながる内容だったし、夏場にかけて調子を上げるタイプなので次走も要注目だ。

レース結果を振り返ってのベスト予想

◎ベルカント
◯エイシンブルズアイ
▲レッドファルクス
△サドンストーム
△スノードラゴン
×ラヴァーズポイント
×ベルルミエール
×ワキノブレイブ
今年のCBC賞は能力、実績で上位のベルカントとエイシンブルズアイの優勝争いと予想するのがベストだろう。そのなかで、中京競馬が開幕週ということもあり、完全に前残りと考えて先行馬のベルカントを本命に推す。対抗に重賞実績があり、G1でも好走しているエイシンブルズアイを指名。2頭を負かせる存在として勝ち馬のレッドファルクスを▲にするが、近走がダート続きだったことや重賞実績がないので正直、自信を持って推すことはできない。
そしてG1馬ながら、年齢と斤量で割り引いたスノードラゴンと昨年3着のサドンストームの2頭を2、3着候補にし、斤量と先行力が魅力のラヴァーズポイントに加えて、重賞常連のワキノブレイブとベルルミエールを抑えるのが今回のベスト予想になる。

全着順

着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 単勝オッズ
1 11 レッドファルクス 56.0 M.デムーロ 106.0 1:07.2(良) 7.5
2 7 ラヴァーズポイント 50.0 松若風馬 100.0 クビ 19.1
3 5 ベルカント 55.5 藤岡康太 106.4 クビ 4.1
4 9 サドンストーム 56.0 C.ルメール 104.1 1/2 10.1
5 12 ベルルミエール 53.0 太宰啓介 102.2 1.1/4 × 30.3
6 3 スノードラゴン 58.5 大野拓弥 104.2 クビ 9.3
7 8 ワキノブレイブ 56.0 浜中俊 101.1 クビ × 23.2
8 10 シンデレラボーイ 54.0 川田将雅 94.0 1.1/4 7.7
9 2 エイシンブルズアイ 57.0 石橋脩 105.3 1/2 2.9
10 13 サクラアドニス 53.0 和田竜二 99.8 アタマ 197.7
11 6 ラインスピリット 55.0 森一馬 99.3 ハナ × 30.9
12 4 メイショウライナー 54.0 秋山真一郎 94.0 ハナ × 27.1
13 1 ジョディーズロマン 48.0 酒井学 90.0 1.1/2 156.9


配当&本印予想結果

三連単予想 ②③⑤-⑨-④⑥⑧⑫ 計54点 不的中
単勝 11 750円 枠連 5-7 2,380円
複勝 11 300円 ワイド 7-11 2,810円
7 470円 5-11 1,020円
5 190円 5-7 1,460円
馬連 7-11 11,420円 馬単 11→7 19,540円
三連複 5-7-11 18,140円 三連単 11→7→5 136,160円
16 件

関連する記事

〈2016年北九州記念〉バクシンテイオーが差し切り重賞初制覇〈結果〉

〈2016年北九州記念〉バクシンテイオーが差し切り重賞初制覇〈結果〉

21日の小倉11R北九州記念は後方でレースを進めた藤岡康太騎手騎乗の8番人気バクシンテイオーが直線で一気に脚を伸ばして勝利した。2着に断然人気を背負ったベルカント、3着に3番人気オウノミチが入線した。
 470
〈結果〉2016年アイビスSDはベルカントが追い比べを制して連覇達成

〈結果〉2016年アイビスSDはベルカントが追い比べを制して連覇達成

31日に新潟競馬場で行われたアイビスサマーダッシュ(G3.芝1000m)は1番人気ベルカントが2番人気ネロとの一騎打ちを制して見事に連覇達成。これで昨年に続くサマースプリントシリーズ制覇も射程圏に入った。
 429
2016年CBC賞(G3)〈中京・芝1200m〉出馬表&予想オッズ&独自予想

2016年CBC賞(G3)〈中京・芝1200m〉出馬表&予想オッズ&独自予想

日曜日の中京メインはサマースプリントシリーズ第2戦のCBC賞。今年は2014年のスプリンターズS覇者スノードラゴンと前走の高松宮記念5着でようやく充実期を迎えたエイシンブルズアイをはじめ、サマースプリント連覇狙うベルカントが出走する。
 780
【京阪杯】ネロが4馬身差の逃げ切りで待望の重賞初制覇【結果】

【京阪杯】ネロが4馬身差の逃げ切りで待望の重賞初制覇【結果】

日曜京都最終R京阪杯(GⅢ・芝1200m)は、ハナを奪ったM.バルザローナ騎手騎乗の2番人気ネロが、後続の追撃を物ともせず鮮やかに逃げ切って優勝。9度目の重賞挑戦で念願のタイトルを手にした。
 302
【2016年福島記念】伏兵マルターズアポジーが逃げ切って重賞初制覇【結果】

【2016年福島記念】伏兵マルターズアポジーが逃げ切って重賞初制覇【結果】

日曜福島11R福島記念(GⅢ・芝2000m)は、武士沢騎手騎乗の7番人気マルタージアポジーが好スタートから逃げ切って勝利し、待望の重賞初タイトルを手にした。続く2着にゼーヴィント、3着にダイワドレッサーの3歳馬が入線した。
 433

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部