2017年5月8日 更新

2017年京都新聞杯はプラチナムバレット、的中結果

6日に行われた京都新聞杯はプラチナムバレットが直線大外から豪快な末脚で差し切って優勝。日本ダービーへの最終チケットを何とかもぎ取って見せた。2着はサトノクロニクル、3着にダノンディスタンスが入線。

97

2017年京都新聞杯の結果

2017年京都新聞杯の動画

レース回顧

ウインベラシアスが快調に飛ばして大逃げを打ったが、ペース自体は1000m1分2秒台のスローペース。番手で追走していたダノンディスタンスには絶好の展開となった。後方集団の各馬はそれなりにまとまっていたがスタートで出遅れたインヴィクタが最後方から追う苦しい流れ。そのまま直線に入って末脚勝負となるが、ダノンディスタンスが早めに先頭に立ち押し切る形に持って行くが内からサトノクロニクルが強襲。兄ラーゼンに続く兄弟V目前のところで、外から一気に脚を伸ばしたプラチナムバレットがゴール前でまとめて差し切り重賞初制覇を飾った。

勝ち馬プラチナムバレット

プラチナムバレット 牡3歳

プラチナムバレット 牡3歳

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:スノースタイル
母父:ホワイトマズル
所属:河内洋厩舎(栗東)
生産:岡田スタッド(新ひだか町)
馬主:ノルマンディーサラブレッドレーシング

通算成績:5戦3勝 (3-1-1-1)
主な戦績:2017年京都新聞杯など
via google imghp
昨年末のデビューからコンスタントに使い続けて安定感のある走りを見せていたプラチナムバレット。折り合いに難がなく先行策からしぶとい脚を使うスタイルが主だったが、今回は後方からの競馬で最後のキレも鋭く新味が出た1戦でもあった。姉に重賞馬のスマートレイアーがいる血統で、父はマンハッタンカフェ、母父ホワイトマズルと如何にも距離が長くなって良さそうなタイプ。日本ダービーへの切符のラスト1枚をゲットし期待されたものの、レース直後に故障を発生。惜しくも本番へは駒を進められなくなった。

レースを振り返ってのベスト予想

◎サトノクロニクル
○プラチナムバレット
▲ミッキースワロー
サトノリュウガ
△インヴィクタ
×ダノンディスタンス
メルヴィンカズマ
ゴールドハット

予想回顧

予想としては本命サトノクロニクル、対抗プラチナムバレットが先ず手堅い。単穴にミッキースワローとサトノリュウガを置くも前者は騎手が不安、後者は休み明けでの重賞挑戦と少々荷が重かった様だ。連下候補にインヴィクタを推してみたが、これも元々が実力不足という結果に。メンバー構成から見てもダノンディスタンスの先行有利は濃厚だった為、ここに厚く賭けてみても良かったレースだったと言える。その他、好走を見せたゴールドハットとメルヴィンカズマも入れておきたい。

全着順結果

RR:103.0 ※想定RR:100.9

6着まで差がなくある程度高いレベルと判断。想定よりレベル高かったと考える。その中でプラチナムバレットが結果を出したという事は高く見積もりすぎかもしれないが高いわけではないので低く見積もりすぎた結果だろう。
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 大川 小野寺 田中 単勝オッズ
1 11 プラチナムバレット 56.0 浜中俊 104.0 2:15.2(良) 4.2
2 3 サトノクロニクル 56.0 川田将雅 106.0 アタマ 3.9
3 2 ダノンディスタンス 56.0 和田竜二 103.0 クビ × 17.9
4 5 サトノリュウガ 56.0 池添謙一 103.0 1/2 6.8
5 8 ミッキースワロー 56.0 菊沢一樹 103.0 ハナ × 6.3
6 6 ゴールドハット 56.0 武豊 103.0 クビ × 19.5
7 4 インヴィクタ 56.0 C.ルメール 100.0 1.1/4 4.3
8 9 メルヴィンカズマ 56.0 北村友一 100.0 クビ × × 18.5
9 12 ウインベラシアス 56.0 松山弘平 97.0 1.1/4 83.8
10 7 ハギノアレス 56.0 四位洋文 97.0 3/4 56.4
11 1 カケルテソーロ 56.0 幸英明 90.0 7 33.5
12 10 ユキノタイガ 56.0 富田暁 90.0 クビ 186.1


配当&本印予想結果

馬連予想 ③④⑪-②⑤⑧ 的中
単勝 11 420円 枠連 3-8 770円
複勝 11 170円 ワイド 3-11 350円
3 150円 2-11 970円
2 350円 2-3 1,150円
馬連 3-11 880円 馬単 11→3 1,700円
三連複 2-3-11 3,690円 三連単 11→3→2 15,190円


編集部内の回顧

本命、対抗、単穴まで悪くなかった。ミッキースワローも人気もしてたけどやれる馬だとおもったしサトノリュウガも相手になるとおもっていたのでサトノクロニクルがねばってくれれば完璧だっただけ、完全地力決着ってイメージでインヴィクタを皆より軽視出来たのも良かったがプラチナムバレット頭買う気はないのでしょうがない結果。(大川)
本命プラチナムバレットは予想通り、対抗のインヴィクタは出遅れたが元々の地力不足も影響している筈で少し厚く打ち過ぎた感。それなら単穴のサトノクロニクルを上げておけば完璧だったか。連下のダノンディスタンス、ミッキースワローまでは良いとしてメルヴィンカズマとハギノアレスの2つは少し余計。少頭数だけに絞ってしっかりと的中させ収支を稼ぎたかったところ。(田中)
20 件

関連する記事

2017年京都新聞杯の出馬表&予想

2017年京都新聞杯の出馬表&予想

日本ダービーへの最終東上便、京都新聞杯(GⅡ、3歳、芝2200m)。今年は若葉ステークス3着から巻き返しを狙うインヴィクタや現役トップクラスの末脚を誇るサトノクロニクルなどが出走予定。発走は15時35分。
 521
チャレンジカップ 2017 結果 動画

チャレンジカップ 2017 結果 動画

2日に行われたチャレンジカップはサトノクロニクルが直線鋭く抜け出し、4頭による叩き合いを制して重賞初勝利を達成。2着にデニムアンドルビー、3着にブレスジャーニーが入線した。条件が変わっても3歳馬有利は変わらない。
 277
セントライト記念 2017 結果 動画

セントライト記念 2017 結果 動画

月曜日に行われたセントライト記念は2番人気ミッキスワローが最速の上がりで差し切り重賞初制覇。横山典弘騎手お得意のテン乗りが炸裂。2着にアルアインが入線、3着はサトノクロニクルが入った。上位人気3頭による順当な決着。
 537
ラジオNIKKEI賞 2017 結果 動画

ラジオNIKKEI賞 2017 結果 動画

2日に行われたラジオNIKKEI賞はセダブリランテスが好位から抜け出し無傷の3連勝。鞍上の石川裕紀人騎手と共に人馬にとって嬉しい重賞初制覇となった。2着に逃げたウインガナドル、3着に追い込んだロードリベラルが入線。
 533
阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 結果 動画

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 結果 動画

10日に行われた阪神ジュベナイルフィリーズは2番人気ラッキーライラックが先に抜け出したリリーノーブルを かわし楽々と勝利。無敗の2歳女王に輝くと同時に父オルフェーヴルにGⅠタイトルをプレゼントした。3着にはマウレア。
 700

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部