2017年7月10日 更新

超大物の予感!武豊が惚れ込む良血馬”サラフィナ2014”

日本が世界に誇る天才ジョッキー・武豊が今年の秋にデビューする2歳馬のなかで唯一惚れ込んでいる「サラフィナの2014」。もし、武豊が手綱を取ることになれば、この馬で悲願の凱旋門賞制覇を成し遂げることになるかもしれない。

134,188
「日本の至宝」と呼ばれた名馬ディープインパクトをはじめ、数多くのビッグタイトルを総なめにし、47才になった今でも日本のトップに君臨する武豊が、今年の秋にデビューする2歳馬の中で唯一惚れ込んでいる馬がいる。
その馬とは、”サラフィナ2014”。馬名はまだ決まっていないが、武豊はこの馬だけに会うために頻繁に北海道へ足を運んでいるようだ。

もし、武豊が無事に乗れるようになれば、日本のみならず武豊にとって悲願の凱旋門賞制覇を成し遂げることになるかもしれない。
武豊

武豊

1969年3月15日生まれ(47才)

父は元騎手・調教師の武邦彦。
妻は元タレント・歌手の佐野量子で弟の武幸四郎は武豊同様、栗東所属の現役騎手。

1987年のデビュー以降、「史上初」「史上最年少」「史上最速」の名がついた数々の輝かしい記録を打ち立て、今現在も自らの記録を塗り替えている。

主な代表馬:スーパークリーク・イナリワン・オグリキャップ・メジロマックイーン・エアグルーヴ・ダンスインザダーク・スペシャルウィーク・クロフネ・ステイゴールド・タニノギムレット・ゴールドアリュール・ディープインパクトなど

天才・武豊が惚れ込む「サラフィナ2014」とは

サラフィナ2014(オス)

サラフィナ2014(オス)

父:ディープインパクト
母:サラフィナ
母父:Refuse To Bend

落札額:1億6000万円
馬主:キーファーズ
生産者:社台ファーム
所属予定:栗東・松永幹夫厩舎
父は武豊とともに無敗のクラシック三冠制覇を成し遂げたディープインパクトで、母はフランスのG1レース3勝を誇る名牝サラフィナという超良血馬。

武豊は「ディープインパクトに似ている!」と大絶賛で、馬主のキーファーズ代表松島正昭氏も「武豊で凱旋門賞に行く」と意気込んでいるようだ。
サラフィナ

サラフィナ

フランスの生産馬で現役時代は、サンタラリ賞(2010)・フランスオークス(2010)・サンクルー大賞(2011)とG1を3勝。
凱旋門賞には2度挑戦し、2010年3着、2011年7着で、特に2011年はコリーダ賞(G2)・サンクルー大賞(G1)・フォア賞(G2)を制し3連勝。凱旋門賞では1番人気に支持されている。
サラフィナの現役時代の主戦騎手は現在、日本で大活躍中のC.ルメールで本人もかなり乗りたがっているようだが、馬主は武豊で行くと宣言しているため、残念ながら乗ることはできないだろう。
サラフィナはディープインパクトを付けるためにわざわざ輸入されたらしく、まさに凱旋門賞で雪辱を果たすための配合と言っても過言ではない。

唯一の不安は馬主と厩舎?

血統よし。騎手よし。一見不安材料が見当たらないようにみえるが、ファンの間では大舞台での経験が皆無の馬主と厩舎が一番不安との声が・・・。
株式会社キーファーズ

株式会社キーファーズ

主な所有馬:ミコラソン(500万以下)・ラルク(500万以下)・ユイマール(500万以下)・チカリータ(未勝利)
「幹夫のとこに預けたら終わりですよ 。素質馬の墓場なんですから」

「新参馬主みたいだけど 」

「いい加減に情は捨てて冷静な判断を馬主はするべき
幹夫厩舎に預けたらどんな素質馬も枯れてしまう」

「ラルクの二の舞ですね」

「幹夫のところに預けると素質あってもクラシックは洋梨」
2014年の初出走から全レースで武兄弟しか乗せていないほど「武豊愛」が強い。
最近では高額馬を多く買うことで競馬関係者の間では有名になってきているようだ。
まだ重賞どころかオープンでの勝利もないが、果たして超良血馬のサラフィナ2014は大丈夫なのだろうか・・・。
活躍できずいつの間にか引退という結果にはなってほしくない。
14 件

関連する記事

ジェニアルが未勝利で豪快に突き抜け快勝、遂に勝ち上がる

ジェニアルが未勝利で豪快に突き抜け快勝、遂に勝ち上がる

デビュー前からトップニュースにもなるなど、各メディアから大注目を浴びたジェニアル。始動が遅れて3月に初戦を迎えるもその後しばらく期待に応えられなかったが、4戦目にしてようやく未勝利を脱出。豪快な末脚が炸裂した。
 16,833
超良血馬のプリュスが土曜中京新馬戦に武豊騎手でデビュー!!

超良血馬のプリュスが土曜中京新馬戦に武豊騎手でデビュー!!

兄に昨年のPOGで話題を総ナメにしたジェニアルを持ち、引き続き注目の牝馬プリュスが新馬戦に登場。新進気鋭の大物馬主キーファーズの所有馬で、当然ながらその鞍上は天才武豊騎手が騎乗。兄の期待の分を妹が背負って駆け抜ける。
 1,633
ロードアルバータが意欲の中1週で札幌日刊スポーツ杯に出走

ロードアルバータが意欲の中1週で札幌日刊スポーツ杯に出走

前走の500万下を圧勝したロードアルバータが、中1週のローテーションで札幌日刊スポーツ杯に登場だ。芝2600mの洋芝で結果が出せる様なら、スタミナ的にも菊花賞でのメドが立つ。ここは秋の飛躍に向けても好走したい所だ。
 1,961
タンタグローリアがHTB賞で4着に敗れ3連勝ならず

タンタグローリアがHTB賞で4着に敗れ3連勝ならず

牝馬最後のクラシック秋華賞を目指し、2連勝中のタンタグローリアがHTB賞へ出走。古馬に混じり3番人気に支持されたが、いつもの先行策が取れず後手後手の競馬を強いられ4着に敗退。ローテーション的にも窮地に立たされた。
 1,080
キセキが信濃川特別を馬なりで後方から圧巻の差し切り勝ち

キセキが信濃川特別を馬なりで後方から圧巻の差し切り勝ち

素質馬キセキが新潟の信濃川特別で驚異的なパフォーマンスを見せた。道中後方から直線大外へ持ち出すと、追われる事なく加速し持ったままでアッサリとかわしての1着入線。タイムも2000m=1分56秒台という好時計を記録した。
 2,075

関連するタグ

著者

BRIAN BRIAN