2017年4月21日 更新

2017年マイラーズカップの出馬表&予想

安田記念への公式トライアル第一戦目、マイラーズカップ(GⅡ、4歳上、芝1600m)。今年はエアスピネルやブラックスピネルなどの4歳勢や古豪フィエロなどが出走予定。発走は15時35分。

309

独自予想

◎エアスピネル

エアスピネル 牡4歳

エアスピネル 牡4歳

父馬:キングカメハメハ
母馬:エアメサイア
母父:サンデーサイレンス
所属:笹田和秀厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:ラッキーフィールド

通算成績:10戦3勝(3-1-3-3)
主な戦績:2015年デイリー杯2歳ステークス、2017年京都金杯など
via google imghp
前走の東京新聞杯は極端な上がり勝負になって負けた印象。エアスピネル自身、33秒フラットの脚を使っている事からも決して悲観する内容ではない。今回さすがに二の舞いは踏まないだろうし、仮にブラックスピネルがまた逃げたとしても各馬で捕まえに行くレース展開が予想される。そうなればマイルでは安定した走りが出来るエアスピネルを本命に推すのが妥当な展望だろう。

◯プロディガルサン

プロディガルサン 牡4歳

プロディガルサン 牡4歳

父馬:ディープインパクト
母馬:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:9戦2勝(2-2-1-4)
主な戦績:2015年芙蓉ステークスなど
via google imghp
東京新聞杯では目の覚める様な上がり32秒フラットの末脚を見せて2着入線。改めてこの馬の潜在能力を示した1戦だった。前走の金鯱賞では距離延長と気分的な部分もあって凡走。やはり気性的な面も含めてマイルの方がレースもしやすくキレが活かしやすいのだろう。今回、再度2戦2連対のマイルに照準を合わせ安田記念へ向けても賞金加算をしたい所だ。ある意味で最も勝負所の馬と見ての対抗に抜擢。

▲イスラボニータ

イスラボニータ 牡6歳

イスラボニータ 牡6歳

父馬:フジキセキ
母馬:イスラコジーン
母父:Cozzene
所属:栗田博憲厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム(白老町)
馬主:社台レースホース

通算成績:20戦6勝(6-5-4-5)
主な戦績:2014年皐月賞、セントライト記念、共同通信杯など
via google imghp
実績だけなら文句なしのNo.1イスラボニータ。しかし、2014年セントライト記念以降勝ち星から遠ざかり、年々ツメが甘くなって行っている様な気がして仕方がない。逆を言えば勝ち切れない反面、常に馬券へ絡む安定感は見過ごせずとりあえずは単穴以上には推しておかなければいけないだろう。今回大外枠というのが若干気にはなるものの、マイル戦なら無様な競馬はするまい。

▲ブラックスピネル

ブラックスピネル 牡4歳

ブラックスピネル 牡4歳

父馬:タニノギムレット
母馬:モルガナイト
母父:アグネスデジタル
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:14戦4勝(4-3-1-6)
主な戦績:2017年東京新聞杯など
via google imghp
前走の東京新聞杯はデムーロ騎手の奇策もあり展開に恵まれた部分もあっての快勝、という判断で大筋間違ってはいない。が、継続してデムーロ騎手が騎乗する点を踏まえても印をひとつ上げて対応しておくのが無難だ。彼の重賞に関しての勝負強さは周知の事実。ここは3馬身程のアドバンテージがあると見て無条件で単穴に上げておこう。

出馬表&レーティング&予想オッズ

想定RR:109.0

レーティング的には、エアスピネル対イスラボニータだが、フィエロ、プロディガルサン、ブラックスピネル、クルーガー、ヤングマンパワーあたりまでは、この条件での勝負であればいい勝負になりそうではある。頭数少ないがこのあたりをボックスが無難ではある。
 
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 大川 小野寺 田中 予想オッズ
1 サンライズメジャー 牡8 56.0 松若風馬 104.1 105.4
2 アクションスター 牡7 56.0 佐藤友則 100.8 573.1
3 フィエロ 牡8 56.0 福永祐一 110.3 10.6
4 エアスピネル 牡4 56.0 武豊 113.1 2.5
5 ダッシングブレイズ 牡5 56.0 浜中俊 104.3 15.5
6 ヤングマンパワー 牡5 56.0 松岡正海 106.4 14.1
7 プロディガルサン 牡4 56.0 川田将雅 109.7 7.1
8 ブラックスピネル 牡4 56.0 M.デムーロ 108.7 3.9
9 クルーガー 牡5 57.0 松山弘平 107.0 × × 35.0
10 シェルビー牡8 56.0 四位洋文 99.3 485.5
11 イスラボニータ 牡6 57.0 C.ルメール 112.8 3.6


編集部内の見解

本命はエアスピネル、前走は展開が向かなかったが地力は差があるので軸でいいだろう。対抗はイスラボニータ。そろそろ加齢により勢いが落ちてきそうなので少し心配だがクラシック馬そこは走るかぎり地力の違いをみせてほしい。マイルでとてつもない脚をみせたプロディガルサンをもう一度見てみたい。(大川)
◎エアスピネルは前走展開が向かなかったし今回ハイペースになれば。◯プロディガルサンはやはりマイルがベスト。▲ブラックスピネルは前走上手く嵌った感するが力を付けているのは確実。今年は4歳馬で決まってくれれば。(小野寺)
本命は高松宮記念でも凄い脚で5着に入ったフィエロ。地力だけで言えばこのメンバーでも最上位だ。年齢などで人気を下げているなら内枠でスタートが上手い福永祐一騎手が上位に持って来てくれると踏んだ。対抗にやはりイスラボニータ。安定感で言えばこの馬の右に出るものはいない。外枠とは11頭立て、心配は無用。単穴に一発があるとするならプロディガルサン。東京新聞杯の走りが出来ればここを一掃出来る可能性は高い。エアスピネル、ブラックスピネルの2頭はまだ余り評価していないので連下に。(田中)
21 件

関連する記事

2017年東京新聞杯(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年東京新聞杯(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

安田記念に向けて新旧のマイラー達が集う東京新聞杯(GⅢ、4歳上、芝1600m)。今年は年明けの京都金杯を制したエアスピネル、昨年マイル重賞を連勝しているヤングマンパワーなどが出走予定。発走は15時45分。
 375
2017年金鯱賞(GⅡ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年金鯱賞(GⅡ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

大阪杯の前哨戦として春に移設された金鯱賞(GⅡ、4歳上、芝2000m)。今年は前年度覇者のヤマカツエースにキャロットの精鋭ルージュバックやステファノスなどの強豪が出走予定。発走は15時25分。
 363
2017年京都金杯(G3) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年京都金杯(G3) 出馬表&独自予想&予想オッズ

5日の京都金杯(G3・4歳以上・芝1600m)には、昨年のクラシック三冠で上位争いを演じたエアスピネル、虎視眈々と重賞初制覇を狙うアストラエンブレム&ブラックムーン、重賞連勝がかかるマイネルハニーなどが出走予定。
 785
安田記念 2017年 結果 動画

安田記念 2017年 結果 動画

4日に行われた安田記念はサトノアラジンが大外から目の覚める様な末脚で豪快に差し切ってGⅠ初制覇。池江泰寿厩舎は前日の鳴尾記念に続く連日のタイトル獲得。2着に前年度覇者ロゴタイプ、3着にレッドファルクスが入線した。
 1,065
2017年マイラーズカップはイスラボニータ、的中結果

2017年マイラーズカップはイスラボニータ、的中結果

23日に行われたマイラーズカップはイスラボニータが直線インを突いて鮮やかに差し切り、実に2014年セントライト記念以来となる勝利で2年6ヶ月ぶりの美酒を浴びた。2着にエアスピネル、3着にはヤングマンパワーが入線。
 154

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部