2017年2月10日 更新

2017年クイーンC(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

ひと足早い桜花賞へのステップレース的位置付けのクイーンC(GⅢ、3歳、芝1600m)。今年はアルテミスS2着のフローレスマジックや前走の百日草特別でカデナを負かしたアドマイヤミヤビなどが出走予定。発走は15時45分。

403

独自予想

◎フローレスマジック

フローレスマジック 牝3歳

フローレスマジック 牝3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:マジックストーム
母父:Storm Cat
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:3戦1勝(1-2-0-0)
主な戦績:2016年アルテミスS2着など
via google imghp
昨年のアルテミスSではリスグラシュー相手に互角の戦いを演じたフローレスマジック。姉と兄にラキシス&サトノアラジンがいる超良血馬で、その高いポテンシャルを十分に発揮したレースだった。その後のリスグラシューの走りを見ても相手関係的にここでは1枚上の印象を受け自信の本命とする。クイーンCと同舞台の東京マイルを2度経験している強みもあるし、何より牝馬の同世代でもNo.1の呼び声も高くここで足踏みはしていられないだろう。

◯アドマイヤミヤビ

アドマイヤミヤビ 牝3歳

アドマイヤミヤビ 牝3歳

父馬:ハーツクライ
母馬:レディスキッパー
母父:クロフネ
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:近藤利一

通算成績:3戦2勝(2-1-0-0)
主な戦績:2016年百日草特別など
via google imghp
前走の百日草特別では後に京都2歳Sを勝つカデナ相手に完勝したアドマイヤミヤビ。レースぶりからも大物の相を漂わせ、かなりの潜在能力を感じさせる1頭だ。フローレスマジックにも乗っていたルメール騎手がこちらを選んだと言う点も好印象で逆転の余地があるとすれば同馬しかいないだろう。正直、この上位2頭の優劣を付けるのはかなりの困難を極めたが大外枠&400mの距離短縮の点でやや分が悪く対抗に落とした。

▲レーヌミノル

レーヌミノル 牝3歳

レーヌミノル 牝3歳

父馬:ダイワメジャー
母馬:ダイワエンジェル
母父:タイキシャトル
所属:本田優厩舎(栗東)
生産:フジワラファーム(新ひだか町)
馬主:吉岡實

通算成績:4戦2勝(2-1-1-0)
主な戦績:2016年小倉2歳Sなど
via google imghp
前走の阪神JFでは3着に好走し持ち前の安定感を見せつけたレーヌミノル。何より、2走前の京王杯2歳Sで牡馬相手に接戦を演じている点はここでも相当な強みと言える。距離的にマイルはギリギリのイメージだが、上位2頭のいずれかが崩れた時に台頭する可能性が高いのは同馬と見て間違いないだろう。ある意味で最も安心して見ていられる分、軸としては一番の適任か。但し、逆を言えばパンチ力が無い分でやや見劣る点も否めない。

△ハナレイムーン

ハナレイムーン 牝3歳

ハナレイムーン 牝3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:ハウオリ
母父:キングカメハメハ
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2016年新馬戦
via google imghp
新馬戦で驚異的な末脚を披露したハナレイムーン。当時、陣営は500万クラスの赤松賞にも登録していた程で相当な自信があったのだろう。その期待に違わぬパフォーマンスを見せて一躍クラシックの有力候補に躍り出たが、重賞のここが試金石の1戦となる。このメンバー相手に2走目でどこまで走れるかは未知数だが、突き抜ける可能性の余地を残しているだけに要注目だ。当然ながら、壁にぶち当たって凡走する危険性も含んでいる。

出馬表&レーティング&予想オッズ

前評価としては、フローレスマジックとアドマイヤミヤビとレーヌミノルが上位、そこに未知数もハナレイムーンを加えた4頭が中心と判断。3着まで想定するのであればそれでも手広く想定するべきレースではないだろうか。
   
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 大川 小野寺 田中 予想オッズ
1 トーホウアイレス 牝3 54.0 柴田善臣 97.0 × 52.9
2 アルミューテン 牝3 54.0 勝浦正樹 94.0 277.6
3 ハナレイムーン 牝3 54.0 石橋脩 103.0 × 11.5
4 コマノレジーナ 牝3 54.0 江田照男 97.0 × 86.3
5 サクセスライン 牝3 54.0 菅原隆一 90.0 1182.2
6 フローレスマジック 牝3 54.0 戸崎圭太 106.0 2.8
7 ディヴァインハイツ 牝3 54.0 内田博幸 97.0 × × 35.0
8 レーヌミノル 牝3 55.0 浜中俊 103.0 3.8
9 (地)ヴィーナスアロー 牝3 54.0 吉原寛人 ---- 494.9
10 スズカグラーテ牝3 54.0 長岡禎仁 90.0 701.5
11 アエロリット 牝3 54.0 横山典弘 97.0 × × 8.7
12 モリトシラユリ 牝3 54.0 吉田豊 97.0 × 61.6
13 スズカゼ 牝3 54.0 大野拓弥 94.0 105.0
14 セイウンキラビヤカ 牝3 54.0 北村宏司 97.0 × 231.3
15 アドマイヤミヤビ 牝3 54.0 C.ルメール 106.0 2.3
16 パフォーム 牝3 54.0 柴田大知 94.0 389.3


編集部内の見解

本命は、フローレスマジック。血統好きだし前走は相手が悪かったし相手より強かったのでここでも中心。マイルは少し忙しそうだが地力でカバーしてほしい。対抗は実績的に一番信頼できるレーヌミノル。牡馬相手でも相手できているレベルのマイラーとなれば信用はしていいだろう。アドマイヤミヤビはカデナに先着しているのが評価できる。ハナレイムーンは新馬のパフォーマンスが最高だったのでここでも通用するはず。あとはちょろっとさわっておく。(大川)
◎はアドマイヤミヤビ。前走カデナを負かした走りは本物でルメールの連続騎乗もプラス。マイルはやや短い気がするが能力は相当高いはず。◯レーヌミノルはここ3走の重賞を見るとマイルならかなりの器だと判断。▲フローレスマジックの前走は相手が悪かった印象。正直この3頭で固いと思うがトーホウアイレスの巻き返しにも期待したい。(小野寺)
本命はフローレスマジック。リスグラシューとの戦い方を見る限りでは世代屈指の存在と見た。ここで負けていてはクラシックどうこうでは無い。対抗にアドマイヤミヤビ。カデナを負かしている点は素直に評価出来るし、何より大物の雰囲気がプンプン。フローレスマジックを逆転するとすればこの馬だろう。上位2頭が抜けていると判断し、後は連下にハナレイムーン、ディヴァインハイツ、レーヌミノルの3頭を挙げておく。注意にまだ連を外していないアエロリット。(田中)
20 件

関連する記事

2017年オークス(優駿牝馬)の出馬表&予想

2017年オークス(優駿牝馬)の出馬表&予想

牝馬のクラシック第二冠、オークス(GⅠ、3歳、芝2400m)。今年は桜花賞でまさかの敗退を喫したソウルスターリングに実績馬リスグラシューやアドマイヤミヤビ、桜花賞を制したレーヌミノルなどが出走予定。発走は15時40分。
 14,634
2017年アンタレスS(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年アンタレスS(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

阪神で行われる春の古馬ダート重賞、アンタレスS(GⅢ、4歳上、ダート1800m)。今年はハイレベルな4歳世代の強豪グレンツェントやロンドンタウン、古豪アスカノロマンなどが出走予定。発走は15時30分。
 228
2017年ダービー卿CT(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年ダービー卿CT(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

中山マイル重賞の荒れるハンデ戦、ダービー卿CT(GⅢ、4歳上、芝1600m)。今年は前年1番人気キャンベルジュニアや素質馬グランシルク、ガリバルディにマイネルアウラートなどが出走予定。発走は15時45分。
 248
2017年フラワーC(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年フラワーC(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

桜花賞&オークスの前哨戦として両睨みが可能なフラワーC(GⅢ、3歳、芝1800m)。今年は怪物候補のファンディーナに阪神JF4着のディーパワンサ、好素材のハナレイムーンなどが出走予定。発走は15時45分。
 457
2017年ファルコンS(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

2017年ファルコンS(GⅢ) 出馬表&独自予想&予想オッズ

NHKマイルCへの数少ない予選会となるファルコンS(GⅢ、3歳、芝1400m)。今年は朝日杯FS3着のボンセルヴィーソにジュニアC覇者のナイトバナレット、素質馬コウソクストレートが出走予定。発走は15時35分。
 294

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部