2016年10月18日 更新

【アルマンゾル&マインディング】凱旋門賞を回避した2頭が英G1制覇!!

15日に英アスコット競馬場にて「英チャンピオンS(芝2000m)」、「クイーンエリザベス2世S(芝1600m)」の伝統のG1レースが行われ、今年の凱旋門賞を回避したアルマンゾルとマインディングの2頭が栄冠に輝いた。

【英チャンピオンS】アルマンゾルが凱旋門賞馬を撃破!!

英チャンピオンS(G1・芝2000m)

1877年に「イギリス競馬の1年を締め括るレース」として創設された英チャンピオンS。それ以降、欧州最高峰のレースとして大盛り上がりを見せていたが、10月上旬にフランスで凱旋門賞、11月にアメリカでBCターフが行われるため、その中間時期にある同レースには有力馬の回避が相次ぐ傾向があった。しかし、同レースの芝2000mの距離が、近年では種牡馬価値を高めるうえで最も重要な距離として、再びレース価値が上昇してきている。

2016年英チャンピオンS【優勝:アルマンゾル】

英チャンピオンS最後の直線&関係者インタビュー

1着:アルマンゾル(C.スミヨン) / 1番人気
2着:ファウンド(R.ムーア) / 2番人気
3着:ジャックホブス(W.ビュイック) / 3番人気
4着:マイドリームボート(A.カービー) / 7番人気
5着:ザグレイギャッツビー(J.ドイル) / 8番人気
アルマンゾル / Almanzor(牡3歳)

アルマンゾル / Almanzor(牡3歳)

父:Wootton Bassett
母:Darkova
母の父:Maria's Mon
調教師:J.C.ルジェ(仏)
通算成績:10戦8勝
主な勝鞍:'16仏ダービー・'16愛チャンピオンS・'16英チャンピオンS
via google imghp
道中は中団のインコースで脚を溜める形となった1番人気のアルマンゾル。直線に入ると、馬場の中央へ進路を変え、鞍上のC.スミヨン騎手のアクションに応えてグングンとスピードアップ。同じタイミングで外からファウンドも追い上げてきたが、瞬発力で勝るアルマンゾルが一気に抜けて2馬身突き放して快勝した。勝ちタイムは2分05秒94。アルマンゾルは今年の仏ダービー→愛チャンピオンS→英チャンピオンSとG1・3連勝。
管理するJ.C.ルジェ師は3歳シーズンはこの一戦で終了し、来年も現役を続行。更に来年は芝2400m戦のタイトルを狙うとして凱旋門賞が最大目標になると明言している。
一方、凱旋門賞優勝から中一週のローテーションで臨んだR.ムーア騎手騎乗のファウンド(牝4歳・愛・A.オブライエン)は最後のひと伸びが足りず2着。これでアルマンゾルには2戦2敗を喫し、リベンジは来年以降に持ち越された。

【QE2世S】マインディングが貫禄勝ちでG1・7勝目!!

クイーンエリザベス2世S(G1・芝1600m)

1955年に創設され、イギリス競馬後半戦のマイル王決定戦として位置付けられているクイーンエリザベス2世S。イギリスのみならず、フランス、アイルランドや他の欧州諸国などからも強豪マイラーが参戦することで知られている。

2016年クイーンエリザベス2世S【優勝:マインディング】

クイーンエリザベス2世S最後の直線

1着:マインディング(R.ムーア) / 1番人気
2着:リブチェスター(W.ビュイック) / 2番人気
3着:ライトニングスペア(O.マーフィー) / 5番人気
4着:オータード(C.ヘイズ) / 4番人気
5着:ガリレオゴールド(L.デットーリ) / 3番人気
マインディング / Minding(牝3歳)

マインディング / Minding(牝3歳)

父:Galileo
母:Lillie Langtry
母の父:Danehill Dancer
調教師:A.オブライエン(愛)
通算成績:12戦8勝
主な勝鞍:'16英1000ギニー・'16英オークス・'16クイーンエリザベス2世S
via google imghp
道中は左右真っ二つに分かれた馬群の中で3、4番手を追走。残り200mの所で一気に先頭に立つと、最後は後続の追撃を半馬身差で退けて1分38秒53のタイムで優勝。この勝利で今年7月のナッソーS以来のG1制覇を遂げ、3歳馬ながらG1は7勝目。昨年の欧州最優秀2歳牝馬の勢いはまだまだ留まることを知らない。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハイランドリールがKG6世&QEステークスを逃げ切り!

ハイランドリールがKG6世&QEステークスを逃げ切り!

先日の英G1・キングジョージ6世&クイーンエリザベスSは、香港ヴァーズ覇者で今年のドバイシーマクラシック4着だったハイランドリールが逃げ切り勝ちを収めてG1を3勝目。注目のエリザベス女王所有のダートマスは3着。
1,307 view
2016年度世界ランクからトップ10の主要GⅠレースをご紹介!!

2016年度世界ランクからトップ10の主要GⅠレースをご紹介!!

先日、IFHA(国際競馬統括機関連盟)から2016年度版の世界主要GⅠレースTOP100が発表。その中から上位10レースをピックアップし各詳細をご紹介致します。尚、日本国内で施行されるレースでは13位の有馬記念が最高位となりました。
583 view
【有馬記念・結果】唯一の3歳馬サトノダイヤモンドが古馬を撃破!!

【有馬記念・結果】唯一の3歳馬サトノダイヤモンドが古馬を撃破!!

日曜中山10R有馬記念(G1・芝2500m)は、C.ルメール騎手騎乗の1番人気に支持されたメンバー唯一の3歳馬サトノダイヤモンドが、ゴール前で粘るG1・3勝馬キタサンブラックをクビ差交わして優勝。
622 view
【朝日杯FS・結果】サトノアレスが強烈な末脚で2歳王者に輝く!!

【朝日杯FS・結果】サトノアレスが強烈な末脚で2歳王者に輝く!!

日曜阪神11R朝日杯FS(G1・2歳牡牝・芝1600m)は、四位洋文騎手騎乗の6番人気サトノアレスが最後の直線、外から力強く伸びて3連勝で初G1制覇を飾り、見事に2歳王者の座に輝いた。
391 view
【阪神JF】ソウルスターリングがデビューから3戦無敗でG1初制覇【結果】

【阪神JF】ソウルスターリングがデビューから3戦無敗でG1初制覇【結果】

日曜、阪神競馬場で行われた2歳女王決定戦・阪神JF(G1・芝1600m)は、1番人気に支持されたC.ルメール騎手騎乗のソウルスターリングが好位から抜け出して快勝。デビューから無傷の3連勝でG1タイトルを手にした。
536 view

共通キーワード

この記事のキュレーター

BRIAN BRIAN