2017年8月8日 更新

関屋記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

新潟のベストマイラー決定戦、関屋記念。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

441

2016年 ヤングマンパワー

2016年08月14日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑰ヤングマンパワー 牡4 56 (戸崎圭太) 3番人気
2着=⑫ダノンリバティ 牡4 56 (松若風馬) 7番人気
3着=⑦マジックタイム 牝5 54 (C.ルメール) 1番人気

タイム=1:31.8(良)
レース上がり3ハロン=34.7
勝ち馬上がり3ハロン=33.7

3連複=5,340円
3連単=34,040円

レース回顧

前年度覇者レッドアリオンが外から強引にハナを切る展開。それを各馬が澱みの無い隊列で追走する形となるが、直線コースに入ってダノンリバティが先に抜け出しを図る。その脚があがった所を上がり馬ヤングマンパワーが捉えて堂々と先頭へ立ち最後はクビの上げ下げを制して重賞2勝目を飾った。3着には大外から追い込んだ1番人気マジックタイムが入線。比較的順当な決着に終わる。

2015年 レッドアリオン

2015年08月16日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑫レッドアリオン 牡5 57 (川須栄彦) 2番人気
2着=④マジェスティハーツ 牡5 56 (森一馬) 6番人気
3着=⑩ヤングマンパワー 牡3 53 (松岡正海) 9番人気

タイム=1:32.6(良)
レース上がり3ハロン=33.3
勝ち馬上がり3ハロン=33.3

3連複=25,190円
3連単=109,750円

レース回顧

外枠からスッとハナに立ったレッドアリオン。決して楽なペースではなかったが調子の良さとコース相性で粘り腰を見せ、一旦は並ばれたものの最後に意地で盛り返し1着入線を果たした。2着には直線で豪快に伸びたムラ馬マジェスティハーツ、3着には3歳馬のヤングマンパワーが軽量を生かして粘り込んだ。3連単は10万を超える中波乱決着。

2014年 クラレント

2014年08月17日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑬クラレント 牡5 57 (田辺裕信) 4番人気
2着=⑦ダノンシャーク 牡6 58 (内田博幸) 1番人気
3着=①サトノギャラント 牡5 56 (北村宏司) 6番人気

タイム=1:32.5(稍重)
レース上がり3ハロン=34.4
勝ち馬上がり3ハロン=33.8

3連複=7,000円
3連単=39,800円

レース回顧

ラインブラッドが飛ばす流れを各馬離れた集団となって追いかける展開。直線手前で横一列になった所から1番人気のダノンシャークが抜け出しを図ると、更にその外から実力馬のクラレントが強襲。内からもサトノギャラントが猛追を見せ3頭の叩き合いに。しかし、地力で勝ったクラレントが1着でゴールし、本馬にとって5回目の重賞制覇となった。

2013年 レッドスパーダ

2013年08月11日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=①レッドスパーダ 牡7 57 (北村宏司) 4番人気
2着=⑯ジャスタウェイ 牡4 56 (福永祐一) 1番人気
3着=③レオアクティブ 牡4 56 (横山典弘) 3番人気

タイム=1:32.5(良)
レース上がり3ハロン=34.6
勝ち馬上がり3ハロン=34.4

3連複=2,620円
3連単=17,110円

レース回顧

ナンシーシャインが大きく離して逃げる展開を番手グループの先頭で追いかけるレッドスパーダ。実質の逃げ的なレース運びで、直線も何とか後続を断ち切り重賞制覇を飾った。2着には最後方から猛然と追い込んだ後の世界No.1馬のジャスタウェイが入線。ハナ差の3着にこれまた希代の追い込み馬レオアクティブと展開が向かないながらも実力のある2頭が意地を見せた形だ。

2012年 ドナウブルー

2012年08月12日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑭ドナウブルー 牝4 54 (内田博幸) 1番人気
2着=③エーシンリターンズ 牝5 54 (北村宏司) 5番人気
3着=⑨スピリタス セ7 56 (和田竜二) 8番人気

タイム=1:31.5(良)
レース上がり3ハロン=32.8
勝ち馬上がり3ハロン=32.6

3連複=6,650円
3連単=24,190円

レース回顧

ジェンティルドンナの全姉ドナウブルーが番手の競馬から鋭く抜け出し、最後は内から追いすがるエーシンリターンズとの叩き合いをクビ差制し重賞2勝目を飾る。関屋記念は直線が長いものの、よほどの前潰れにならない限りは先行勢での決着が多い。後も伸びてはいるが、前の馬に32秒台の脚を使われてはどうしようもない。スタートの良し悪しも勝負の分かれ目となる。

2011年 レインボーペガサス

2011年08月07日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑨レインボーペガサス 牡6 56 (安藤勝己) 4番人気
2着=⑫エアラフォン 牡4 56 (福永祐一) 2番人気
3着=⑥サトノフローラ 牝3 51 (北村宏司) 3番人気

タイム=1.32.6(良)
レース上がり3ハロン=34.8
勝ち馬上がり3ハロン=34.0

3連複=5,330円
3連単=35,740円

レース回顧

マイネルファルケがハイペースで飛ばす展開を、少頭数の先頭集団でジッと構えていたレインボーペガサス。直線に入り自然と抜けだす形で先頭に立ち、後は鞍上の激しい檄に応えて後続を振り切った。前走で久々の勝利を飾り勢いに乗ってここも押し切り勝ち。3歳時のきさらぎ賞以来2勝目の重賞制覇となった。2着には最後方から追い込んだ素質馬のエアラフォン。

2010年 レッツゴーキリシマ

2010年08月08日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑯レツゴーキリシマ 牡5 56 (北村宏司) 6番人気
2着=⑨セイクリッドバレー 牡4 56 (松岡正海) 2番人気
3着=⑰リザーブカード 牡7 56 (内田博幸) 10 番人気

タイム=1:32.9(良)
レース上がり3ハロン=33.2
勝ち馬上がり3ハロン=33.2

3連複=18,390円
3連単=130,640円

レース回顧

大外から押し出される様にハナに立ったレッツゴーキリシマ。そのままマイペースへ持ち込むと上がりも33秒2でまとめ、後続も為す術なく圧巻の競馬で重賞初制覇。前走の福島記念を1番人気で惨敗したが、すぐさまの汚名返上となった。2~3着には道中を楽に追走したセイクリッドバレーとリザーブカードが入線。3連単は10万円を超える波乱の決着。

2009年 スマイルジャック

2009年08月09日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑬スマイルジャック 牡4 56 (三浦皇成) 2番人気
2着=⑫ヒカルオオゾラ 牡5 56 (武豊) 1番人気
3着=⑭マイネルスケルツィ 牡6 56 (石橋脩) 13番人気

タイム=1:32.7(稍重)
レース上がり3ハロン=33.7
勝ち馬上がり3ハロン=32.5

3連複=12,990円
3連単=56,290円

レース回顧

1~2番人気のスマイルジャックとヒカルオオゾラ鬼脚の共演。先に抜け出したのは馬群の間を縫って伸びたスマイルジャック。ヒカルオオゾラは無難に大外を進路に選んだのが仇となった形だ。スマイルジャックはスプリングS以来の重賞2勝目。今後も安田記念で2年連続3着に入るなど、短距離路線で息の長い活躍を見せる。

2008年 マルカシェンク

2008年08月10日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑫マルカシェンク 牡5 56 (福永祐一) 1番人気
2着=⑪リザーブカード 牡5 56 (蛯名正義) 5番人気
3着=⑤タマモサポート 牡5 56 (松岡正海) 8番人気

タイム=1:32.8(良)
レース上がり3ハロン=32.9
勝ち馬上がり3ハロン=32.3

3連複=3,920円
3連単=14,170円

レース回顧

素質馬マルカシェンクが大外から豪快に全馬差し切って久々に重賞の美酒を味わった。故障明けからチグハグなレースが続いていたが、ようやくここに来て本来のパフォーマンスが発揮出来る状態にまで戻って来たようだ。デビューから無傷の3連勝でダービー候補にまで上がった大器。このローカル重賞のタイトルではまだ役不足の様である。

2007年 カンパニー

2007年08月05日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑥カンパニー 牡6 56 (福永祐一) 1番人気
2着=⑮シンボリグラン 牡5 56 (柴山雄一) 3番人気
3着=⑩マイケルバローズ 牡6 56 (柴田善臣) 12番人気

タイム=1:31.8(良)
レース上がり3ハロン=33.3
勝ち馬上がり3ハロン=34.5

3連複=19,460円
3連単=84,710円

レース回顧

実力馬カンパニーのワンサイドゲーム。道中後方から追走すると、直線で大外に持ち出し他馬と1秒以上も早い上がりを繰り出し、気付けば3馬身以上離しての勝利で重賞2勝目を飾った。この後、一流クラスと戦い続け最後はGⅠを2連勝して有終の美を飾るに至る。無事是名馬の代表でもある。

2006年 カンファーベスト

2006年08月06日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑬カンファーベスト 牡7 56 (江田照男) 14番人気
2着=⑪ダイワバンディット 牡5 56 (小野次郎) 8番人気
3着=③テレグノシス 牡7 58 (横山典弘) 1番人気

タイム=1:32.5(良)
レース上がり3ハロン=33.5
勝ち馬上がり3ハロン=32.9

3連複=47,800円
3連単=491,010円

レース回顧

14番人気のカンファーベストが道中中団追走から、上手く直線で抜け出し後続の追撃をかわして大金星を挙げた。2着にも番手の競馬から滑り込んだ8番人気のダイワバンディットが入線。1番人気のGⅠ馬テレグノシスが3着に何とか入るも3連単は50万円弱と大きく荒れる結果となった。やはり、勝ち切るにはある程度のポジショニングが必要か。

2005年 サイドワインダー

2005年07月31日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑰サイドワインダー 牡7 57 (福永祐一) 2番人気
2着=⑪ダイワメジャー 牡4 57 (横山典弘) 1番人気
3着=⑭インセンティブガイ 牡4 56 (後藤浩輝) 12番人気
同着=⑱ニューベリー 牡7 56 (柴田善臣) 10番人気

タイム=1:32.3(良)
レース上がり3ハロン=33.8
勝ち馬上がり3ハロン=32.6

3連複=6,640&3,370円
3連単=28,530&13,220円

レース回顧

淡々と流れるペースの中、先行策からきっちり抜け出たダイワメジャーが完全な勝ちパターンで独走態勢へ。しかし、大外から驚異的な末脚で追い込んだサイドワインダーがそれをあっさりとかわして重賞3勝目を飾った。3着にはインセンティブガイとニューベリーの2頭が同着。3連複と3連単は二通りのオッズが飛び出した。

2004年 ブルーイレヴン

2004年08月01日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑫ブルーイレヴン 牡4 56 (吉田稔) 1番人気
2着=⑩ロードフラッグ セ7 56 (田中勝春) 10番人気
3着=⑨マイネルソロモン 牡4 56 (後藤浩輝) 3番人気

タイム=1:32.3(良)
レース上がり3ハロン=33.9
勝ち馬上がり3ハロン=33.6

馬単=4,250円
3連複=5,730円

レース回顧

GⅠ馬ウインクリューガーが逃げる展開を各馬が集団となって詰めて追いかける展開。直線では横一列となって一斉に追い出されるが、先行していたブルーイレヴンが力強い脚取りで一完歩ずつ前に出てジワジワと伸びる。そこへロードフラッグが迫る形となり、最後は先に抜け出したブルーイレヴンがクビ差振り切って重賞勝利を飾った。3着には後方から追い込んだマイネルソロモンが入線。

2003年 オースミコスモ

2003年08月03日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

2003年08月03日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=④オースミコスモ 牝4 54 (常石勝義) 8番人気
2着=⑤エイシンハリマオー 牡5 56 (田中勝春) 4番人気
3着=③アドマイヤマックス 牡4 56 (後藤浩輝) 1番人気

タイム=1:31.8(良)
レース上がり3ハロン=34.7
勝ち馬上がり3ハロン=34.2

馬単=36,890円
3連複=7,130円
via google imghp

レース回顧

逃げ粘るゴーステディを追いかける様にして先行勢のオースミコスモとアドマイヤマックスが競り合う形となった直線。斤量でやや分があったオースミコスモが1馬身程前に出て競り落としたかに見えたが大外から追い込んだエイシンハリマオーが強襲。そこもオースミコスモがかろうじて半馬身残し関屋記念を好タイムで勝利した。

2002年 マグナーテン

2002年07月28日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

2002年07月28日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑧マグナーテン セ6 56 (岡部幸雄) 1番人気
2着=⑦ミデオンビット 牡5 56 (柴田善臣) 9番人気
3着=④ビッグフリート 牡4 56 (安藤勝己) 3番人気

タイム=1:31.8(良)
レース上がり3ハロン=33.8
勝ち馬上がり3ハロン=33.6


馬単=4,600円
3連複=6,810円
via google imghp

レース回顧

ミデオンビットが淡々と逃げるペースを、番手でピッタリ追いかける1番人気マグナーテン。展開は読み通り、直線に入ってもミデオンビットの脚色が衰えずしっかり粘り込みを図る中、マグナーテンは引っ張り切りの手応えでそれをかわす。ラストまで目いっぱい追う事なく、楽々とかわし切るマグナーテンが力の違いをまざまざと見せつけ同レースの連覇を達成した。3着には3番人気ビッグフリートが入線。

2001年 マグナーテン

2002年08月05日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

2002年08月05日 関屋記念 芝1600m 新潟競馬場

1着=③マグナーテン セ5 56 (岡部幸雄) 4番人気
2着=④クリスザブレイヴ 牡7 56 (吉田豊) 8番人気
3着=⑥エイシンプレストン 牡4 58 (福永祐一) 1番人気

タイム=1:31.8(良)
レース上がり3ハロン=33.8
勝ち馬上がり3ハロン=33.4


馬連=5,150円
via google imghp

レース回顧

クリスザブレイヴが逃げる中、小頭数の一団は固まって追走。その中から直線いち早く抜け出したマグナーテンが最後まで後続を寄せ付ける事なく、逃げ粘ったクリスザブレイヴに2馬身半差を付ける圧勝の内容で重賞勝利を飾った。3着に中団から追い込んだ1番人気エイシンプレストンが入線。マグナーテンの強さだけが際立った1戦となった。

2000年 ダイワテキサス

2000年08月06日 関屋記念 芝1700m 福島競馬場

2000年08月06日 関屋記念 芝1700m 福島競馬場

1着=⑦ダイワテキサス 牡8 59 (北村宏司) 3番人気
2着=⑤リワードニンファ 牝6 54 (後藤浩輝) 4番人気
3着=①トウショウノア 牡6 56 (中館英二) 2番人気

タイム=1:43.5(良)
レース上がり3ハロン=36.4
勝ち馬上がり3ハロン=35.9


馬連=1,790円
via google imghp

レース回顧

この年は福島競馬場にて代替え開催。芝1700mで行われる変則的なレースだったが、結果は前年度チャンピオンと前々年度チャンピオンの叩き合いとなる。トウショウノアが逃げる展開を中団から一気に上がって行ったリワードニンファとダイワテキサスの両頭が馬体を併せて追い込んだ。最後は外のダイワテキサスが差し切って同レース2勝目を飾った。1番人気トロットスターは距離に泣き5着敗退。

まとめ

総括で言えば、かなり荒れにくい傾向か。

2007年以降、3連単で10万円強の配当が2回のみとなかなかの堅さ。速いタイムと上がりが連発する競馬ではやはり最低限のスピード能力が必要とされ、根本的に能力の足りない馬は淘汰されるのだろう。

上位入線を考えるには最低でも直線で10番手以下につけないと難しい。余程の実力馬か展開が向かないと後方一気は厳しいレースの様だ。あくまで先行馬を軸にして展望して行きたい。
70 件

関連する記事

東京新聞杯の歴代優勝馬と動画まとめ

東京新聞杯の歴代優勝馬と動画まとめ

冬の東京マイル重賞、東京新聞杯。その過去11年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 170
【動画、結果】マイラーズCの予想に使える歴代レースまとめ

【動画、結果】マイラーズCの予想に使える歴代レースまとめ

安田記念へ向け最強の短距離馬たちが一斉に集うマイラーズC。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 96
レッドヴェイロン(エリモピクシー2015)のPOG情報

レッドヴェイロン(エリモピクシー2015)のPOG情報

レッドヴェイロンをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 547
エプソムカップの過去結果動画と歴代勝ち馬

エプソムカップの過去結果動画と歴代勝ち馬

幾多の上がり馬を輩出する登竜門的位置付けの重賞、エプソムカップ。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 498
京王杯スプリングカップの歴代優勝馬と動画まとめ

京王杯スプリングカップの歴代優勝馬と動画まとめ

安田記念のオフィシャル的前哨戦、京王杯スプリングカップ。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 114

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王