2018年3月12日 更新

金鯱賞 2018 結果 動画

スワーヴリチャードが直線番手から馬なりで抜け出し、逃げ粘るサトノノブレスを楽にかわして完勝。一方のサトノダイヤモンドはラストで猛追するも3着に敗退。新旧交代までは行かずも、次の大阪杯で真の中距離王者が決まるだろう。

511

金鯱賞2018の結果

金鯱賞2018の動画

レース回顧

サトノノブレスが単騎先頭へ、それにダッシングブレイズが続き注目のスワーヴリチャードとサトノダイヤモンド2頭はその直後。しかし、スローペースと見るや否やスワーヴリチャードが一気に番手まで進出する積極的な競馬。その判断が正しく、直線では粘るサトノノブレスをゴール前済んでのところでかわして1着でゴールイン。サトノダイヤモンドはエンジンの掛かりが遅く、ラスト150mで猛然と追い込むも3着に上がるのが精一杯だった。しかし、凱旋門賞からの帰国初戦、報道では軽いノド鳴りの症状も見られた事から考えると上々の立ち上がりだろう。目標の大阪杯では更にパフォーマンスが上がると見て引き続き古馬の最上位に置きたい。スワーヴリチャードは左回りの安定感抜群、ハーツクライ産駒よろしく成長期のピークに突入した模様だ。

勝ち馬スワーヴリチャード

スワーヴリチャード

スワーヴリチャード

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ピラミマ
母父:Unbridled's Song
所属:庄野靖志厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:NICKS

通算成績:9戦4勝(3-3-0-2)
主な戦績:日本ダービー2着、金鯱賞など
via google imghp
安定のレース運び、番手から逃げるサトノノブレスをきっちりとかわしてゴール姿は王者の風格さえあるスワーヴリチャード。展開的に着差こそ僅かだったが、内容としては文句なしの100点だろう。ここから大阪杯→宝塚記念が既定路線となっているが、問題は右回りでの実績だけ。鞍上のM.デムーロ騎手は否定するものの幾分か走り辛そうにする面を見せているだけに、そこを克服する事が今後の課題だろう。いずれにせよ明け4歳世代としては恐らくトップに躍り出ただけに、どのレースにおいても無様な競馬を見せて欲しくはない。

レースを振り返ってのベスト予想

◎スワーヴリチャード
◯サトノダイヤモンド
△ヤマカツエース
メートルダール
×ブレスジャーニー
ダッシングブレイズ
デニムアンドルビー
サトノノブレス

馬連:想定5点:×不的中、三連単:想定36点:×不的中

本命はスワーヴリチャード、対抗は不調でもサトノダイヤモンド。単穴なし。これは1択。それだけ2頭は強い。それが崩れる想定をしたとしてヤマカツエースともう1頭程度まで。紐は単勝100倍未満でサトノノブレスも想定するが的中ならずが理想の予想だろう。

全着順結果

RR:110.1 ※想定RR:110.5

                     
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 田中 清水 大川結城 単勝オッズ
1 9 スワーヴリチャード 57.0 Mデム 117.2 2:01.6 1.6
2 4 サトノノブレス 56.0 110.6 1/2 × 89.2
3 5 サトノダイヤモンド 57.0 Cルメ 119.9 1 3.3
4 1 ヤマカツエース 57.0 池添 110.1 2.1/2 8.5
5 6 ダッシングブレイズ 56.0 北村宏 106.7 1/2 35.4
6 3 ブレスジャーニー 56.0 三浦 104.7 3/4 × 13.7
7 7 デニムアンドルビー 54.0 Dバル 109.4 クビ × × 47.0
8 2 メートルダール 56.0 福永 104.1 2.1/2 × 9.9
9 8アクションスター 56.0 太宰 102.5 1/2 393.8


危険な人気馬結果 サトノダイヤモンド→3着(2人気)

道中から直線入り口までの反応が遅かったサトノダイヤモンド。最後は意地の末脚を見せて3着に入ったが、やはりコンディションの問題で能力全開とまでは行かなかった様だ。正式な診断では無いらしいが、凱旋門賞後にノド鳴りの兆候も見られていたとの事で先ずは無事にこのままローテーションを進めて頂きたい。

穴馬予想 該当なし

配当&本印予想結果

馬連予想 ⑤⑨-①②③ 不的中
単勝 9 160円 枠連 4-8 5,360円
複勝 9 110円 ワイド 4-9 1,120円
4 520円 5-9 180円
5 140円 4-5 1,740円
馬連 4-9 5,860円 馬単 9→4 7,380円
三連複 4-5-9 4,000円 三連単 9→4→5 24,410円


編集部の回顧

本命ヤマカツエースは既にピーク落ちか。対抗スワーヴリチャードが大方の予想通り完勝、単穴サトノダイヤモンドは最後の1ハロンだけ末を伸ばしすまるで調教代わりの様な走り。向こう正面でスワーヴリチャードが上がって行った時に無理して付いて行かなかった所を見ると、恐らく今回の目的は息遣いを整える為の1戦だったのだろう。大阪杯では巻き返しを期待したい。そう考えるとチームプレーによるサトノノブレスの前残りとも言え、視点を変えれば連下も想定出来たか。(田中)
中京2000メートルというとヤマカツエースというイメージがあるのですが、中京先輩?サトノノブレスがいたのですね。8歳ということと、近走の成績からまったく上げることが出来ませんでした。もっと戦績を穴が開くほどチェックしないと!反省しかありません。本番に向けて軸馬の2頭には良い前哨戦になったのではないでしょうか。ただ右回りに変わるので、やはりダイヤモンドがやや優勢かな。いずれにしても楽しみです。しかし、福永騎手が乗った△、いらなかったですね。騎手のコース相性悪いの分かってましたが、つい馬の能力を過信してしまいました。(清水)
展開がゆるすぎたしサトノノブレスの展開になってしまった。後方でサトノダイヤモンドが他馬をつれてうごかなかった事で更にサトノノブレスが楽になり追跡したスワーヴリチャードが楽々勝利。サトノダイヤモンドは直線だけでやはり現役最強クラスのパフォーマンスを見せておりスワーヴリチャードよりは確定的に強いだろう。この2頭がいてサトノノブレス2着想定はしないのでこれは落として問題ない。(大川)
2着に×サトノノブレスが入って2週続けて倒れそうに。展開面が見え見えだったがヒモが精一杯。印が回せただけで良しとする。(結城)

金鯱賞2018の予想

◎スワーヴリチャード

スワーヴリチャード

スワーヴリチャード

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ピラミマ
母父:Unbridled's Song
所属:庄野靖志厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:NICKS

通算成績:8戦3勝(3-3-0-2)
主な戦績:日本ダービー2着、アルゼンチン共和国杯など
via google imghp
昨年末の有馬記念では大外からキタサンブラックに0秒2差まで迫ったスワーヴリチャード。最も強い競馬をしたのは同馬だろう。とは言え、右回りではパフォーマンスが落ちるのは周知の事実で左回りで更に上向く走りを期待したい。サトノダイヤモンドが凱旋門賞からの帰国初戦で臨戦過程に不安があり、逆転候補としての1番手はこの馬以外に無い。

〇サトノダイヤモンド

サトノダイヤモンド

サトノダイヤモンド

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:マルペンサ
母父:Orpen
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:里見治

通算成績:12戦7勝(7-1-2-2)
主な戦績:菊花賞、有馬記念など
via google imghp
昨年のヨーロッパ遠征ではまさかの2連敗を喫したサトノダイヤモンド。特に凱旋門賞では15着と精神的なダメージも心配される。そこから約半年ものブランク含めてローテーションでも不安材料があり、順調な調整が進んでいるスワーヴリチャードと比較すれば対抗印に落としておくべきか。しかし、終わってみればあっさりの楽勝まである事も考えられる。

▲ヤマカツエース

ヤマカツエース

ヤマカツエース

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ヤマカツマリリン
母父:グラスワンダー
所属:池添兼雄厩舎(栗東)
生産:岡田牧場
馬主:山田和夫

通算成績:28戦7勝(7-1-4-16)
主な戦績:金鯱賞、中山金杯など
via google imghp
現在、金鯱賞を連覇しているヤマカツエース。GⅠクラスでは1枚足りないもののそれ以外の重賞なら胸を張って強い走りを見せ付けるGⅡ大将だ。今回かなりの強敵が2頭揃っているものの、中京では2戦2勝と絶好の舞台だけに一応の逆転候補として単穴に挙げておきたい。馬場が渋れば更に走りも上昇、付け入る隙があるとすればそれら条件面の好転だろう。

出馬表&レーティング&予想オッズ

想定RR:110.5

サトノダイヤモンドの日本復帰戦。順調具合を考えると続くスワーヴリチャードを中心視した方が安全だろう。あとは相手選びなので点数おさえつついくレースだろう。
                
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 田中 清水 大川結城 予想オッズ
1 ヤマカツエース 牡6 57.0 池添 110.0 5.2
2 メートルダール 牡5 56.0 福永 107.3 × 7.6
3 ブレスジヤーニー 牡4 56.0 三浦 104.0 × 9.2
4 サトノノブレス 牡8 56.0 110.4 × 58.3
5 サトノダイヤモンド 牡5 57.0 Cルメ 119.9 2.8
6 ダッシングブレイズ 牡6 56.0 北村宏 105.5 38.2
7 デニムアンドルビー 牡8 54.0 Dバル 109.5 × × 34.4
8 アクションスター 牡8 56.0 太宰 99.4 1495.5
9 スワーヴリチャード 牡4 57.0 Mデム 117.0 2.5


危険な人気馬 サトノダイヤモンド(想定2人気)

一昨年のダービー馬マカヒキがそうであった様に、海外遠征の敗戦をキッカケに馬が走れなくなるケースは大いに考えられる。繊細な動物である馬が一度の大敗でメンタル面を著しく傷つけられると復活まで時間が掛かるのだろう。今回、そこからの帰国初戦という事でどういった走りをするかは未知数とするならばこの馬が飛ぶ可能性が最も高い。

穴馬予想 該当なし

編集部の見解

サトノダイヤモンドは無条件で単穴に、スワーヴリチャードは左回りは良いとしてやや2000mが短く感じられる。それならこの舞台で絶対の自信を持つヤマカツエースを本命にして馬券的妙味を求めたい。(田中)
サトノダイヤモンド、調教の動き今ふたつならば対抗迄。スワーヴリチャード、ここはきっちり勝って本番へ。ブレスジャーニー、気になりますが点数広げられないので。(清水)
本命対抗はスワーヴリチャード、サトノダイヤモンドでいい。当然ならがサトノダイヤモンドの方が強いが調整過程に差がありすぎるのでスワーヴリチャードを本命に。それ以外の勝ち想定は不要だろう。あとはブレスジャーニーとヤマカツエースが相手で鉄板かなと。(大川)
今年の古馬重賞芝のGⅡ戦では4戦中3戦が4歳馬のワンツーと4歳世代がリード。本命は左回りでは連体率100%の4歳馬スワーヴリチャード。器用さには欠けるが器は間違いなくGⅠ級。対抗には前走初重賞制覇の5歳馬メートルダールを抜擢。昨年暮れに約4か月の休み明けで同舞台の中日新聞杯を鮮やかな末脚で差し切った。今回別定のGⅡ戦で相手はかなり強力になるが、前走で見せた瞬発力はここも通用していい。単穴にこのレースを変則連覇中のヤマカツエースと実績断然だが状態面含め不安大のサトノダイヤモンド。連下には2歳時に府中でスワーヴリチャードを差し切ったブレスジャーニー。(結城)
46 件

関連する記事

大阪杯 2018 結果 動画

大阪杯 2018 結果 動画

スワーヴリチャードが道中で大きく捲り4コーナー先頭、そのまま抜け出し押し切る横綱相撲で初タイトルを獲得した。M.デムーロの読みが見事、騎手の腕でもぎ取った1勝だろう。ペルシアンナイト、アルアインの池江2騎が2~3着。
 609
【金鯱賞】4番人気ヤマカツエースが外から差し切って重賞4勝目【結果】

【金鯱賞】4番人気ヤマカツエースが外から差し切って重賞4勝目【結果】

土曜中京11R金鯱賞(GⅡ・芝2000m)は、池添謙一騎手騎乗の4番人気ヤマカツエースが、最後の直線で外から末脚を伸ばして粘るパドルウィールをクビ差交わして勝利し、重賞4勝目を挙げた。
 282
フローラステークス 2018 結果 動画

フローラステークス 2018 結果 動画

1番人気サトノワルキューレが最後方追走から大外一気の競馬で前をまとめて一蹴。番手競馬の2~3着馬を横目に自身はレースの上がりを1秒以上上回る鬼脚を披露した。桜花賞上位組に太刀打ち出来る素材として有力視したい1頭だ。
 416
マイラーズカップ 2018 結果 動画

マイラーズカップ 2018 結果 動画

予想外のハイペースで流れた1戦。先行したモズアスコットが直線早め抜け出し後続のエアスピネルを振り切って重賞初勝利目前となるも、外から一瞬のキレで差し切ったサングレーザーが重賞2勝目を飾った。またも4歳のワンツー決着。
 343
福島牝馬ステークス 2018 結果 動画

福島牝馬ステークス 2018 結果 動画

伏兵キンショーユキヒメが最後の直線で粘る1番人気カワキタエンカを差し切り重賞初制覇。騎乗した秋山騎手はこれで史上5人目となる全場重賞制覇を成し遂げる記念すべき勝利となった。3着にはデンコウアンジュ、3連単は中波乱。
 248

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部