2017年10月17日 更新

秋華賞 2017 結果 動画

日曜日に行われた秋華賞はディアドラが直線外から鋭く追い込んで待望のタイトル獲得。2着にはリスグラシュー、3着にはモズカッチャンが入線。雨中の京都競馬場で華やかな牝馬たちによるクラシック戦線の終了が静かに告げられた。

869

秋華賞2017の結果

秋華賞2017の動画

レース回顧

レースは予想通り、カワキタエンカが気合を付けてハナに立つ展開。直後に1番人気アエロリットやファンディーナが追走する前は息の入りにくいペースとなった。馬群は縦長のまま進むが、4コーナーで一気に凝縮。そこのインを徐々に上がって行ったディアドラが、直線上手く外に出すと早めに抜け出したモズカッチャンを鮮やかに捉えて見事な差し切り勝ち。2着は同じく外から追い込んだリスグラシューが入線。ルメール騎手の巧みなエスコートによる勝利となった。

勝ち馬ディアドラ

ディアドラ

ディアドラ

牝馬

父馬:ハービンジャー
母馬:ライツェント
母父:スペシャルウィーク
所属:橋田満厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:森田藤治

通算成績:14戦5勝(5-3-2-4)
主な戦績:秋華賞など
via google imghp
ディアドラが見事な競馬で最後の1冠を制しクラシックホースに。乗り替わりも関係なく、むしろルメール騎手との息もぴったりで人馬一体のレースとなった。が、春の2冠でも最速の上がりを叩き出している事から能力は既に折り紙付き。紫苑ステークスからも大幅な馬体増を見せここに来ての急成長が著しい。このままエリザベス女王杯で古馬含めて、牝馬戦線の統一を狙える1頭だろう。

レースを振り返ってのベスト予想

◎ディアドラ
○リスグラシュー
▲アエロリット
ファンディーナ
モズカッチャン
ラビットラン
△ミリッサ
カワキタエンカ
×リカビトス

予想回顧

本命はレースぶりを見てもディアドラか。出遅れから後方追走を余儀なくされ、決してスムーズではなかった競馬で勝ち切った事は評価に値する。対抗に安定勢力のリスグラシュー。天候、展開不問の同馬は軸に最適の1頭だった。単穴にはアエロリット、ファンディーナ、モズカッチャン、ラビットランの4頭を抜擢。後はミリッサとカワキタエンカを連下におく形で的中にこぎ着けたい。

全着順結果

RR:103.0 ※想定RR:107.2

                                           
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 道永 田中 大川結城 単勝オッズ
1 14 ディアドラ 55.0 Cルメ 108.8 2:00.2 × 6.3
2 7 リスグラシュー 55.0 武豊 107.0 1.1/4 7.0
3 4 モズカッチャン 55.0 Mデム 106.8 ハナ 8.6
4 2 ラビットラン 55.0 和田 107.0 3 9.3
5 8 カワキタエンカ 55.0 北村友 103.8 クビ × 19.4
6 3 ブラックオニキス 55.0 大野 96.5 3 170.2
7 1 アエロリット 55.0 横山典 109.0 クビ 3.6
8 11 ミリッサ 55.0 福永 101.0 1.1/4 17.4
9 17 ポールヴァンドル 55.0 三浦 99.0 1.1/4 × 32.1
10 13 リカビトス 55.0 浜中 91.0 クビ × × 28.0
11 15 ヴゼットジョリー 55.0 菱田 96.3 1 230.5
12 5 ブラックスビーチ 55.0 川田 90.7 1.3/4 106.8
13 16 ファンディーナ 55.0 岩田 107.8 1/2 5.6
14 12 レーヌミノル 55.0 池添 101.5 1.3/4 30.6
15 9 ハローユニコーン 55.0 田辺 90.0 クビ × 174.9
16 6 メイショウオワラ 55.0 松若 97.7 1/2 × × ×× 41.6
17 10 タガノヴェローナ 55.0 90.0 3.1/2 199.3
18 18 カリビアンゴールド 55.0 田中勝 97.8 クビ 71.4


配当&本印予想結果

馬連予想 ①⑦-②④⑧⑪⑫⑭⑯ 的中
単勝 14 630円 枠連 4-7 1,100円
複勝 14 220円 ワイド 7-14 570円
7 190円 4-14 790円
4 270円 4-7 750円
馬連 7-14 1,510円 馬単 14→7 2,900円
三連複 4-7-14 3,180円 三連単 14→7→4 14,760円


危険な人気馬結果 ディアドラ→1着(3番人気)

予想通り後方からの競馬となったが、ルメール騎手の見事な手綱捌きでスムーズに追走。直線も上手く外目に出すと豪快に突き抜けて勝利を飾る。見立てよりも能力が現世代で抜けている印象でこの夏から秋にかけて一気に成長した点も見逃せない。このまま行けば牝馬の頂点にも立てつ器か。

穴馬予想結果 カワキタエンカ→5着(8番人気)

気合をつけてのハナに。これも予想通りだったが、やはり北村友一騎手では御止出来ずハイラップでの暴走。正直、重馬場で59秒1の入りは到底好走出来る範囲のものではない。それでも、上位から大差のない5着という結果はやはり同馬の能力を示す結果だろう。楽逃げならGⅠでも勝負出来る1頭だ。

編集部の回顧

本命カワキタエンカに悔いは無し。ただ、北村友一騎手ではさすがに責務が重過ぎたのだろう。次走は乗り替わりで引き続き本命視したい。対抗にアエロリット、これも致し方ない。横山典弘騎手と心中する他に術は無し。単穴にモズカッチャンも良し、重馬場想定ならファンディーナは連下以下に下げる事も可能だった。それにしても、リスグラシューを単穴以上にしてなかった点は反省の一途に尽きる。(田中)
ファンディーナと心中するつもりだったのでしょうがない。どちらにせよ紫苑組を評価してなかったのでしょうがない。その判断自体は良かったのだが、ディアドラ自体がかなり成長して別馬になっていたという事だろう。そこをちゃんと判断はするべきだった。あとの馬は、馬場適性の差もあるだろう。ファンディーナは一旦復活するまでは軽視でいいだろう。ただ速いタイムだせないとか牡馬に通用しないとかはまずありえない。あのパフォーマンスは間違いなく女傑確定の走りだったので元に戻るだけでいいのだが調整してほしい。(大川)
1着○ディアドラは馬体増が示す通り充実一途、鞍上の絶妙なエスコートで快勝。2着◎リスグラシューには何とか最後の三冠タイトルを取らせてあげたかったが…、それにしてもこの安定感は凄い。3着▲モズカッチャンはパドック気配が前走からガラッと好転、好位から力を余すことなく走り切った。人気も割れ非常に目移りする難解なレースだったが、距離や馬場への適性、展開や馬の状態等、一期一会の競馬において、とても見応えのある一戦だった。予想では高配当を見込んだ印が多く…、これもこのレースに対する自分のスタンスだったゆえ良しとしたい。(結城)

秋華賞2017の予想

◎アエロリット

アエロリット

アエロリット

牝馬

父馬:クロフネ
母馬:アステリックス
母父:ネオユニヴァース
所属:菊沢隆徳厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:7戦3勝(3-3-0-1)
主な戦績:NHKマイルカップ、クイーンステークスなど
via google imghp
前走のクイーンステークスでは古馬相手に楽勝の逃げ切りを見せたアエロリット。NHKマイルカップの内容と言い完全に本格化した印象で、同世代の牝馬同士ならそうそう崩れないのではないだろうか。唯一の不安は札幌からの直行ローテだが、気性が勝ったタイプなので問題にしないだろう。変則2冠の可能性は大いに高い。

◯リスグラシュー

リスグラシュー

リスグラシュー

牝馬

父馬:ハーツクライ
母馬:リリサイド
母父:American Post
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:8戦3勝(2-3-2-1)
主な戦績:アルテミスステークスなど
via google imghp
春のクラシックでは善戦するもあと一歩の所で涙を飲んだリスグラシュー。昨年末の段階ではクラシック最有力候補だっただけに実に勿体なかった。今回有力勢に不安要素が多く、そういう意味では最も安心して見ていられる1頭かもしれない。京都コースを知り尽くす絶好調の鞍上武豊騎手が最後にひと花咲かせるシーンも一考か。

▲モズカッチャン

モズカッチャン

モズカッチャン

牝馬

父馬:ハービンジャー
母馬:サイトディーラー
母父:キングカメハメハ
所属:鮫島一歩厩舎(栗東)
生産:目黒牧場
馬主:キャピタルシステム

通算成績:7戦3勝 (3-1-1-2)
主な戦績:フローラステークスなど
via google imghp
オークスでソウルスターリングに肉薄したモズカッチャン。休み明けのローズステークスでは不甲斐ない競馬となったが、馬場や展開も向かず不発に終わった感が否めない。何と言っても、デムーロ騎手が継続騎乗するという点だけでも十分な強調材料だろう。一発があっても何ら驚かない。

▲カワキタエンカ

カワキタエンカ

カワキタエンカ

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:カワキタラブポップ
母父:クロフネ
所属:浜田多美雄厩舎(栗東)
生産:木田牧場
馬主:川島吉男

通算成績:7戦2勝 (2-2-1-2)
主な戦績:君子蘭賞など
via google imghp
前走のローズステークスでは1番内容の濃いレースを展開したカワキタエンカ。1000m58秒6という無謀にも近いペースを、先行勢ではただ1頭だけ踏ん張っての2着は相当に価値が高い。今回も空が味方する様に週末は雨模様。降雨確率が高くなればなる程、同馬の好走確率も上がると言って良い。北村友一騎手初タイトルのチャンス。

▲ファンディーナ

ファンディーナ

ファンディーナ

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ドリームオブジェニー
母父:Pivotal
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:谷川牧場
馬主:ターフスポート

通算成績:5戦3勝(3-0-0-2)
主な戦績:フラワーカップなど
via google imghp
競馬ファン最大の注目はファンディーナだろう。この馬の取捨が馬券的中最大のポイントと言っても過言ではない。春は皐月賞で1番人気に支持されるなど、怪物候補として話題をかっさらったが、復帰戦のローズステークスではまさかの敗退。それが実力からかメンタル的な部分の影響かは今回の本番で見極めねばならない。一応の抑えとして単穴に指名しておく。

出馬表&レーティング&予想オッズ

想定RR:107.2

                
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 道永 田中 大川結城 予想オッズ
1 アエロリット 牝3 55.0 横山典 112.6 4.0
2 ラビットラン 牝3 55.0 和田 109.0 7.3
3 ブラックオニキス 牝3 55.0 大野 96.3 276.2
4 モズカッチャン 牝3 55.0 Mデム 105.3 9.6
5 ブラックスビーチ 牝3 55.0 川田 92.0 188.4
6 メイショウオワラ 牝3 55.0 松若 100.0 × × × × 145.5
7 リスグラシュー 牝3 55.0 武豊 106.8 3.9
8 カワキタエンカ 牝3 55.0 北村友 103.7 × 20.5
9 ハローユニコーン 牝3 55.0 田辺 90.0 × 300.6
10 タガノヴェローナ 牝3 55.0 90.0 592.4
11 ミリッサ 牝3 55.0 福永 103.0 14.4
12 レーヌミノル 牝3 55.0 池添 103.2 33.4
13 リカビトス 牝3 55.0 浜中 100.0 × × 38.5
14 ディアドラ 牝3 55.0 Cルメ 103.0 × 4.7
15 ヴゼットジョリー 牝3 55.0 菱田 99.5 227.7
16 ファンディーナ 牝3 55.0 岩田 113.7 6.6
17 ポールヴァンドル 牝3 55.0 三浦 103.0 × 37.4
18 カリビアンゴールド 牝3 55.0 田中勝 100.7 65.0


危険な人気馬 ディアドラ(想定3番人気)

紫苑ステークスで大外から豪快に追い込んで勝利したディアドラ。秋華賞は堂々の有力馬として参戦する事になるが、如何せん後方からの競馬しか出来ない不器用なタイプ。加えて、ルメール騎手がテン乗りという事もあり差し届かずというシーンは十分に考えられる。

穴馬予想 カワキタエンカ(想定8番人気)

最重要ステップレースで一番強い競馬をしたと言っても過言ではないカワキタエンカ。良馬場発表ながら完全に下は悪い状態での前半1000m58秒6というペースを1頭だけ粘り切った内容は秀逸だ。事実、それ以外の先行馬は軒並み大敗している事からも同馬の地力の高さは底知れないものがある。

編集部の見解

◎リスグラシュー。調整は今回メイチ組と前回メイチ組で別れ、今回メイチ組の調整は中々順調そう。天候も含め悩んだが、自分の中で3歳馬においては追いかけ続けるのが信条。実力は充分。春の悔しさをここで豊騎手を背に晴らして欲しい。後は展開。◯アエロリット。気を抜かなくなった前走をみて2000でもいけると確信。渋った場合どうかだが残る可能性も大いにある。なんといっても混合GⅠ馬、期待。▲モズカッチャン。仕上げがビシビシで本気度が伝わる。後一歩の栄冠を掴みにきてる。海外血統だし渋っても大丈夫とみる。▲ファンディーナ。期待だけが先行して結果に結びついてないが、そろそろ陣営も期待と結果を結びつけたいだろう。少し人気も落ちそう出し妙味あり。(道永)
本命はカワキタエンカ。ローズステークスの競馬が出来るのならここで崩れる理由が見つからない。後は北村友一騎手の腕次第だが、乗り難しい馬でもないので大丈夫だろう。対抗はアエロリット。すんなり先手を取ってケンカさえしなければこの馬が1番強い。横山典弘騎手のエスコートに注目。単穴にモズカッチャンとファンディーナ。前者はデムーロが鞍上、後者は春の走りをしてくれればあっさりも。この4頭から勝ち馬が出ると見る。(田中)
本命は意地でもファンディーナ。確定で見せているベストパフォーマンスが段違いなので応援する。対抗は、アエロリット。道悪でも問題なさそうだし距離も問題ない。ファンディーナがこけても2頭軸なら大丈夫。ラビットランとカワキタエンカを単穴。前走強かったのでシンプルに。リカビトスは通用すると考えている。紫苑S組は格下だろう。(大川)
オークス馬不在、大混戦の3歳牝馬三冠最終章。本命はローズSを叩いての上昇度が最も顕著なリスグラシュー。週末の雨予報も本馬にとってマイナスにはならない。対抗は紫苑S勝ち馬のディアドラ。こちらも道悪は苦にしない。問題は位置取りだが、そこは鞍上ルメールの手綱捌きに期待。単穴には桜花賞馬レーヌミノルと、前走の敗戦で一気に人気を落としたモズカッチャン。そして、前走で古馬を撃破したNHKマイルCの覇者アエロリットの3頭。レーヌミノルはこの距離までは対応可能で重馬場も追い風、最終追い切りの動きも非常に良かった。クラシックホースの底力を見せてほしい。連下にはラビットランとポールヴァンドル。ヒモにカワキタエンカ、メイショウオワラ、ハローユニコーンまで。ファンディーナは本質的にペースの上がりやすい秋華賞は向かないと見て無印とした。(結城)
52 件

関連する記事

ローズステークス 2017 結果 動画

ローズステークス 2017 結果 動画

日曜日に行われたローズステークスは和田竜二騎手騎乗のラビットランが豪快に大外を突き抜け重賞初V。2着に逃げたカワキタエンカ、3着にはリスグラシューが入線。期待されたファンディーナは重馬場に泣いたのか6着に敗退した。
 626
2017年オークス(優駿牝馬)の出馬表&予想

2017年オークス(優駿牝馬)の出馬表&予想

牝馬のクラシック第二冠、オークス(GⅠ、3歳、芝2400m)。今年は桜花賞でまさかの敗退を喫したソウルスターリングに実績馬リスグラシューやアドマイヤミヤビ、桜花賞を制したレーヌミノルなどが出走予定。発走は15時40分。
 14,826
エリザベス女王杯 2017 結果 動画

エリザベス女王杯 2017 結果 動画

12日に行われたエリザベス女王杯は3歳馬モズカッチャンがデムーロ騎手のエスコートに導かれてGⅠ初制覇。クビ差の2着にクロコスミア、3着はミッキークイーンが入線。ヴィブロス、ルージュバックなどの人気勢はあえなく敗退。
 980
紫苑ステークス 2017 結果 動画

紫苑ステークス 2017 結果 動画

土曜日に行われた紫苑ステークスは1番人気ディアドラが直線外から一気に追い込んで重賞初勝利。2着には早め抜け出しを図ったカリビアンゴールド、3着はポールヴァンドルが入線。ハーツクライ産駒の2頭は圏外に敗退となった。
 249
クイーンステークス 2017 結果 動画

クイーンステークス 2017 結果 動画

日曜日に行われたクイーンステークスは、2番人気アエロリットが意表を突く逃げで快勝。NHKマイルカップに続く連勝をコースレコードタイのタイムで鮮やかに決めた。2着にトーセンビクトリー、3着にクインズミラーグロが入線。
 365

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部