2018年1月30日 更新

東海ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

中京競馬場の中でも少ないGⅡ、ダート重賞の東海ステークス。過去19年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

263

2018年 テイエムジンソク

2018年01月21日 東海ステークス ダート1800m 中京競馬場

1着=⑧テイエムジンソク 牡6 56 (古川吉洋) 1番人気
2着=⑥コスモカナディアン 牡5 56 (丹内祐次) 13番人気
3着=③モルトベーネ 牡6 56 (秋山真一郎) 6番人気

タイム=1:51.8(良)
レース上がり3ハロン=38.1
勝ち馬上がり3ハロン=38.1

3連複=14,690円
3連単=49,170円

レース回顧

圧倒的1番人気テイエムジンソクが危なげない走りで2018年の始動戦を完勝。スタートから楽に先手を取りマイペースに運び、直線コスモカナディアンが迫るも着差こそ僅かでも貫禄の走りで快勝と言える内容だったろう。道中上手く脚を溜めたコスモカナディアンが価値ある2着、6馬身離れた3番手にモルトベーネが入線。

2017年 グレンツェント

2017年01月22日 東海ステークス ダート1800m 中京競馬場

1着=⑧グレンツェント 牡4 55 (横山典弘) 1番人気
2着=④モルトベーネ 牡5 56 (秋山真一郎) 12番人気
3着=⑭メイショウウタゲ 牡6 56 (幸英明) 10番人気

タイム=1:53.2(良)
レース上がり3ハロン=37.1
勝ち馬上がり3ハロン=36.7

3連複=88,830円
3連単=465,440円

レース回顧

ショウナンアポロンが作るスローペースで馬群はギュッと凝縮。前もなかなか止まらず内からインを突いたモルトベーネがラスト200mで先頭へ立ち前残りかと思われた瞬間、中団待機していた1番人気のグレンツェントが外から一気にかわしてレパードS以来となる重賞2勝目。3着には後方から縫う様にして追い込んだメイショウウタゲが入線し、3連単は45万円オーバーの大万馬券となった。

2016年 アスカノロマン

2016年01月24日 東海ステークス ダート1800m 中京競馬場

1着=⑥アスカノロマン 牡5 56 (太宰啓介) 4番人気
2着=⑩モンドクラッセ 牡5 56 (田辺裕信) 2番人気
3着=⑤ロワジャルダン 牡5 56 (横山和) 1番人気

タイム=1:51.9(良)
レース上がり3ハロン=36.8
勝ち馬上がり3ハロン=36.7

3連複=1,120円
3連単=8,200円

レース回顧

2番人気のモンドクラッセがスローペースで逃げる展開となり、それを番手でマークしたアスカノロマンとの叩き合いとなった。完全に行った行ったの競馬で、後続は1番人気のロワジャルダンが3着に入線するのがやっと。結果、アスカノロマンがモンドクラッセを競り落とし待望の重賞初勝利を達成する。いずれも上位人気勢での決着となり、3連単は1万円を切る低額配当となった。

2015年 コパノリッキー

2015年01月25日 東海ステークス ダート1800m 中京競馬場

1着=⑥コパノリッキー 牡5 58 (武豊) 1番人気
2着=⑬グランドシチー 牡8 56 (津村明秀) 9番人気
3着=④インカンテーション 牡5 56 (大野拓弥) 3番人気

タイム=1:50.9(良)
レース上がり3ハロン=37.5
勝ち馬上がり3ハロン=37.5

3連複=7,690円
3連単=50,080円

レース回顧

2番人気ニホンピロアワーズ、1番人気コパノリッキーの両GⅠ馬が先行策を取る展開となるが、ニホンピロアワーズが早々にズルズルと後退。その隙を突いて徹底マークしていたコパノリッキーが番手から一気に抜け出すと、後続を全く寄せ付けず4馬身差の快勝で重賞勝利を達成。2着には9番人気の低評価に反発する様にグランドシチーが後方から追い込んで入線。3着にはインカンテーションが入った。

2014年 ニホンピロアワーズ

2014年01月26日 東海ステークス ダート1800m 中京競馬場

1着=⑭ニホンピロアワーズ 牡7 57 (酒井学) 1番人気
2着=⑫グランドシチー 牡7 56 (M.ギュイヨン) 3番人気
3着=③マイネルバイカ 牡5 56 (松山弘平) 8番人気

タイム=1:50.4(良)
レース上がり3ハロン=37.9
勝ち馬上がり3ハロン=37.5

3連複=5,670円
3連単=15,380円

レース回顧

サトノプリンシパルが作る平均的な流れの中、圧倒的1番人気のニホンピロアワーズは先行して4コーナーまでジッと待機。直線に入ってもほぼ馬なりのまま先頭に立つと、後は後続の動きを見て軽く追い出した程度での2馬身差完勝。ダート王者の貫禄を見せる圧巻の競馬となった。2着には後方からロングスパートでニホンピロアワーズに一時は肉薄したグランドシチーが入線。3着には中団から脚を伸ばしたマイネルバイカ。

2013年 グレープブランデー

2013年01月20日 東海ステークス ダート1800m 中京競馬場

1着=⑮グレープブランデー 牡5 57 (C.ルメール) 4番人気
2着=⑨ナムラタイタン 牡7 56 (柴山雄一) 8番人気
3着=⑥ホッコータルマエ 牡4 55 (幸英明) 1番人気

タイム=1:51.0(良)
レース上がり3ハロン=38.2
勝ち馬上がり3ハロン=37.3

3連複=4,430円
3連単=33,790円

レース回顧

アイファーソングとナムラタイタンが後続を引き離してレースを引っ張る展開。余力を残したナムラタイタンが直線で早々と先頭に立つも、中団から物凄い脚で上がって来たグレープブランデーが一気にかわし、最後は3馬身差突き抜けて久々の重賞勝利。2着はナムラタイタンが死守、3着には1番人気のホッコータルマエが粘り込んでの入線となった。グレープブランデーは勢いそのままに次走のフェブラリーステークスも制する事となる。

2012年 ソリタリーキング

2012年05月19日 東海ステークス ダート1900m 京都競馬場

1着=④ソリタリーキング 牡5 56 (浜中俊) 4番人気
2着=⑩ニホンピロアワーズ 牡7 57 (幸英明) 3番人気
3着=①サイレントメロディ 牡5 56 (藤田伸二) 11番人気

タイム=1:56.4(良)
レース上がり3ハロン=36.5
勝ち馬上がり3ハロン=36.1

3連複=35,710円
3連単=159,380円

レース回顧

この年まで京都ダート1900mでの開催。馬群が一団となって直線へ入り、各馬ラストスパート態勢へ。3番人気のニホンピロアワーズがいち早く抜け出すも、その直後を追走していたソリタリーキングがジワジワと差を詰めてゴール前でクビ差かわして接戦を制す。3着には内からスルスルと伸びて来た11番人気のサイレントメロディが入って3連単は15万円台と程々に荒れた結果となった。1番人気のワンダーアキュートが4コーナーで力尽きて10着に惨敗している。

2011年 ワンダーアキュート

2011年05月22日 東海ステークス ダート1900m 京都競馬場

1着=⑧ワンダーアキュート 牡5 57 (和田竜二) 2番人気
2着=⑮ランフォルセ 牡5 57 (横山典弘) 6番人気
3着=②シルクメビウス 牡5 58 (武豊) 5番人気

タイム=1:53.7(不良)
レース上がり3ハロン=35.3
勝ち馬上がり3ハロン=35.1

3連複=10,650円
3連単=62,720円

レース回顧

やや速めのラップを刻んで逃げるランフォルセを捕まえる様にして4コーナーで馬群が一気に進出。しかし、ランフォルセが二枚腰を使ってまた直線で引き離した所を、インの直後を追走していたワンダーアキュートが更に加速して交わしきった所がゴールイン。時計が1分53秒台と言う破格のタイムで圧勝した。離れた3着にシルクメビウスが入線しての中波乱決着となった。

2010年 シルクメビウス

2010年05月23日 東海ステークス ダート1900m 京都競馬場

1着=②シルクメビウス 牡4 57 (田中博康) 3番人気
2着=⑥トランセンド 牡4 57 (藤田伸二) 1番人気
3着=⑯アルトップラン 牡5 57 (浜中俊) 10番人気

タイム=1:55.4(不良)
レース上がり3ハロン=36.0
勝ち馬上がり3ハロン=35.1

3連複=13,220円
3連単=49,090円

レース回顧

1番人気のトランセンドが快調に飛ばしてそのまま直線へ。余力もたっぷりで後続を突き放したが、1頭だけ大外から猛然と追い込んだのがシルクメビウス。上がりを約1秒も上回る鬼脚でラスト1完歩でトランセンドをクビ差かわしての重賞勝利を飾る。3着には10番人気のアルトップランが後方一気で入線し、結果としてトランセンドを追い掛けた先行勢には厳しいレースとなった。

2009年 ワンダースピード

2009年05月24日 東海ステークス ダート2300m 中京競馬場

1着=⑭ワンダースピード 牡7 58 (小牧太) 2番人気
2着=⑯アロンダイト 牡6 58 (和田竜二) 3番人気
3着=④ボラントス 牡5 57 (池添謙一) 4番人気

タイム=2:23.7(良)
レース上がり3ハロン=37.0
勝ち馬上がり3ハロン=36.8

3連複=5,480円
3連単=28,060円

レース回顧

1番人気のウォータクティクスが逃げる中、レース中盤でアロンダイトが中団から大きく動き先頭に立つ激しいレース展開となる。それに付いて行ったワンダースピードが直線で粘るアロンダイトをかわして突き放した所がゴールイン。3着には中団でジッとしていたボランタスが入線し、結果2~4番人気馬での決着。ウォータクティクスはペースの急変に戸惑ったのか最下位に敗退。

2008年 ヤマトマリオン

2008年05月25日 東海ステークス ダート2300m 中京競馬場

1着=③ヤマトマリオン 牝5 55 (小林徹弥) 13番人気
2着=⑫ラッキーブレイク 牡7 57 (赤木高太郎) 16番人気
3着=⑤フィフティーワナー セ6 57 (岩田康誠) 2番人気

タイム=2:24.0(重)
レース上がり3ハロン=36.7
勝ち馬上がり3ハロン=36.2

3連複=694,610円
3連単=5,137,110円

レース回顧

番手から競馬を進めた16番人気のラッキーブレイクが早め先頭に立つと、内で脚を溜めていた13番人気のヤマトマリオンが脚を伸ばして半馬身差し切っての快勝。3着に中団から徐々に差を詰めた2番人気のフィフティーワナーが入線し、3連単は何と500万円オーバーの大万馬券決着となった。1番人気のワンダースピードも伸びはしたものの4着に惜敗。

2007年 メイショウトウコン

2007年5月20日 東海ステークス ダート2300m...

2007年5月20日 東海ステークス ダート2300m 中京競馬場

1着=②メイショウトウコン 牡5 57 (武幸四郎) 2番人気
2着=⑮ワンダースピード 牡5 57 (小牧太) 11番人気
3着=⑭シャーベットトーン 牡5 57 (吉田豊) 6番人気

タイム=2:26.8(良)
レース上がり3ハロン=37.5
勝ち馬上がり3ハロン=36.5

3連複=39,750円
3連単=217,060円
via google imghp

レース回顧

番手でレースを進めたシャーベットトーンが直線入り口で先頭に立つ積極的な競馬。それを目標にして各馬が追い込みをかける中、ジワジワとワンダースピードが差を詰めかわした。が、更に大外から驚異的な末脚で2番人気メイショウトウコンが一気に差し切った所がゴールインとなった。ワンダースピードが11番人気だった為、3連単は20万円を超える大波乱決着。1番人気のキクノアローはいつもの脚が見られず9着に敗退した。

2006年 ハードクリスタル

2006年5月21日 東海ステークス ダート2300m 中京競馬場

1着=③ハードクリスタル 牡6 57 (藤岡佑介) 5番人気
2着=⑩マイネルボウノット 牡5 57 (後藤浩輝) 3番人気
3着=⑪アルファフォーレス 牡6 57 (川田将雅) 9番人気

タイム=2:23.6(良)
レース上がり3ハロン=37.4
勝ち馬上がり3ハロン=36.9

3連複=17,870円
3連単=144,870円

レース回顧

パーソナルラッシュがジワジワと順位を上げハナに立つ競馬、ペース自体上手く落として淡々とレースは流れる。ヴァーミリアンやヒシアトラスの人気馬は中団から後方まま。4コーナーで一気に前が動き出すとマイネルボウノットが直線で単独先頭に立つも、そこへ外から鮮やかに差し切ったのが5番人気のハードクリスタルだった。前残りの流れを直後の4番手から絶好のポジションで追走した藤岡佑介騎手の好騎乗と言える1戦。3着に9番人気アルファフォーレス。

2005年 サカラート

2005年05月22日 東海ステークス ダート2300...

2005年05月22日 東海ステークス ダート2300m 中京競馬場

1着=⑩サカラート 牡5 57 (秋山真一郎) 6番人気
2着=⑥スターキングマン 牡6 59 (赤木高太郎) 9番人気
3着=⑦タイムパラドックス 牡7 59 (橋本美純) 1番人気

タイム=2:22.6(稍重)
レース上がり3ハロン=36.8
勝ち馬上がり3ハロン=36.8

3連複=37,150円
3連単=342,190円
via google imghp

レース回顧

サカラートがスタートからダッシュ良くハナへ。道中はやや後続を引き離し気味に進め一旦は3コーナー付近でペースを落とす緩急を付けた流れを作る。しかし、また4コーナーでペースアップするとそのまま直線コースでは単独の逃避行。2着スターキングマンに7馬身差を付ける圧勝劇で6番人気の低評価を嘲笑う勝利となった。1番人気タイムパラドックスは3着に入線。

2004年 アンドゥオール

2004年05月23日 東海ステークス ダート2300...

2004年05月23日 東海ステークス ダート2300m 中京競馬場

1着=⑤サカラート 牡5 57 (松永幹夫) 2番人気
2着=⑨タイムパラドックス 牡6 57 (高田潤) 3番人気
3着=⑦ヒシアトラス 牡4 57 (郷原洋司) 7番人気

タイム=2:23.7(良)
レース上がり3ハロン=37.7
勝ち馬上がり3ハロン=37.3

馬単=1,800円
3連複=3,540円
via google imghp

レース回顧

カネツフルーヴが大逃げ、途中から後退しサイレンスボーイがハナに立つ出し入れの激しい展開となる。中団から勝負所で一気に上がって行ったアンドゥオールが直線でも早め先頭から最後まで脚色は鈍らず、後方から追い上げたタイムパラドックスの追撃を半馬身振り切って勝利。松永幹夫騎手の好判断がもたらした1勝とも言える。3着には先行から粘り込んだヒシアトラスが入線。

2003年 ゴールドプルーフ

2003年05月25日 東海ステークス ダート1800...

2003年05月25日 東海ステークス ダート1800m 中京競馬場

1着=④ゴールドプルーフ 牡8 57 (丸野勝虎) 9番人気
2着=②プリエミネンス 牝6 55 (藤田伸二) 1番人気
3着(降)=⑨ディーエスサンダー 牡4 57 (勝浦正樹) 3番人気

タイム=2:26.5(良)
レース上がり3ハロン=37.0
勝ち馬上がり3ハロン=36.8

馬単=23,220円
3連複=9,050円
via google imghp

レース回顧

プリエミネンスが単独ハナに立ってのスローペースでレースを進める。完全に前残りの展開となって、番手で進めたディーエスサンダーとゴールドプルーフを交えた三つ巴に。最後の直線でプリエミネンスが脱落すると、ディーエスサンダーがゴールドプルーフを制して勝利したかに思えた。しかし、途中の斜行で2頭の走行を妨害したとし、2着入線の地方馬ゴールドプルーフが繰り上がり優勝。2着プリエミネンス、3着に降着のディーエスサンダーが入線と後味の悪い決着となってしまった。

2002年 ハギノハイグレイド

2002年05月19日 東海ステークス ダート2300...

2002年05月19日 東海ステークス ダート2300m 中京競馬場

1着=②ハギノハイグレイド 牡6 58 (福永祐一) 1番人気
2着=⑭ワンモアマイライン 牡4 57 (角田晃一) 7番人気
3着=⑬アルアラン 牡6 58 (本田優) 5番人気

タイム=2:22.3(重)
レース上がり3ハロン=37.1
勝ち馬上がり3ハロン=36.4

馬連=1,900円
via google imghp

レース回顧

カネツフルーヴが淡々としたペースで逃げ馬群は縦長の展開に。番手を追走したアルアランが直線早め抜け出しを図るも、その直後でマークしていたワンモアマイラインが馬体を並べて叩き合いとなる。最後までもつれる攻防戦を繰り広げたが、ラスト100mで外から迫ったハギノハイグレイドがあっさりと2頭をかわして1番人気に応える勝利。1頭だけ後方から追い込み力の違いを見せ付けた。

2001年 ハギノハイグレイド

2001年05月20日 東海ステークス ダート2300m 中京競馬場

1着=⑥ハギノハイグレイド 牡5 57 (池添謙一) 5番人気
2着=⑫ミラクルオペラ 牡4 57 (幸英明) 3番人気
3着=⑩タヤスアンティーム 牡6 57 (吉田稔) 9番人気

タイム=2:23.4(良)
レース上がり3ハロン=38.0
勝ち馬上がり3ハロン=37.6

馬連=3,360円

レース回顧

スマートボーイがいつも通り、後続を少し引き離して逃げた1戦。番手にタヤスアンティーム、その直後にミラクルオペラと1番人気ファストフレンドが続く展開となる。4コーナー手前でスマートボーイが後退を始め、その間に縦長だった馬群も一気に凝縮。中団に構えていたハギノハイグレイドが捲る様に上がって行くと、そのまま直線外から豪快に突き抜け快勝。2着に内から差し込んだミラクルオペラ、3着に流れに乗ったタヤスアンティームが入線した。

2000年 ファストフレンド

2000年05月21日 東海ステークス ダート2300m 中京競馬場

1着=①ファストフレンド 牝7 55 (蛯名正義) 1番人気
2着=⑭スマートボーイ 牡6 56 (伊藤直人) 3番人気
3着=⑫マイターン 牡6 57 (橋本美純) 2番人気

タイム=2:24.2(良)
レース上がり3ハロン=37.8
勝ち馬上がり3ハロン=37.4

馬連=700円

レース回顧

平均ペースに落とし込んで逃げたスマートボーイを、番手から追いかけるマイターンとファストフレンド。この隊列は変わらず最後の直線コースへ。必死に粘るスマートボーイに外からファストフレンドが迫ると、ラスト50mで僅かにファストフレンドがクビ差捉えて勝利。3着にそのままマイターンが入線し、上位人気3頭による順当な決着となった。

まとめ

以上、東海ステークス過去19年分のレースまとめ。

何回も施行条件が変わる為、現在のコースでは2013年からの6年間を参考にして欲しい。基本的には4コーナーで5番手以内にいる事が好走ポイントとなる。後は、ここもリピーターが多いので前年の成績やコース相性自体を確認して展望に臨みたいところ。

後は、気になる所としては過去5年間で必ず1番人気が3着以内に入っていると言う事。ダートの実力馬は芝と比べると余り飛びにくい点も考慮しておきたい。
78 件

関連する記事

平安ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

平安ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

京都競馬場の歴史あるダート重賞、平安ステークス。その過去19年分を振り返り、結果内容と合わせて馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 434
アンタレスステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

アンタレスステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

阪神競馬場、春のダート重賞アンタレスステークス。過去19年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 103
フェブラリーステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

フェブラリーステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

年明け1発目のGⅠで、上半期の砂の王者を決定するフェブラリーステークス。過去19年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 399
フローラステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

フローラステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

オークスへ向けた公式トライアル1戦目、フローラステークス。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 307
マーチステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

マーチステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

春のダート戦線を色付ける中山重賞、マーチステークス。過去19年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 124

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部