2017年5月29日 更新

日本ダービーの過去結果動画と歴代勝ち馬

牡馬クラシック第二冠、日本ダービー(東京優駿)。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

1,390

日本ダービーの過去データ傾向

・勝ち馬は基本的に上位人気3番人気内から
・2~3着馬は10番人気以下の台頭も有り
・圧倒的に内枠が有利のコース
・皐月賞4着、4番人気以内の馬の巻き返し
・青葉賞組からの参戦は最高2着まで
オークスと同じく、基本的には実力がないと活躍の難しいコース。完全に前走皐月賞組が有利なデータとなっているが、それでも5着以下からの巻き返しはほとんどない。ある程度好走した中から特に内枠に入った馬を中心にして展望して行くのがベストだろう。勝ち馬は3番人気以内、連対馬は10番人気以下からも台頭が可能。日本ダービーのジンクスでもある青葉賞組は未だ勝ち馬がおらず、2着2回が最高着順となっている。その点も留意して印を打って行きたいところだ。

2017年 レイデオロ

2017年05月28日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=⑫レイデオロ 牡3 57 (C.ルメール) 2番人気
2着=④スワーヴリチャード 牡3 57 (四位洋文) 3番人気
3着=⑱アドミラブル 牡3 57 (M.デムーロ) 1番人気

タイム=2:26.9(良)
レース上がり3ハロン=33.8
勝ち馬上がり3ハロン=33.8

3連複=2,220円
3連単=11,870円

レース回顧

超スローペースを見越してレース途中から上がって行ったレイデオロ。番手にピタリ寄せると、直線でも手応え抜群のまま抜け出し後続を寄せ付けず完封劇だった。ルメール騎手の好判断と馬自身の強さが見事に合致。これで藤沢和雄調教師はオークスに続く牡牝クラシックの連勝で、念願のダービートレーナーとなった。2着にスワーヴリチャード、3着がまたしてもジンクスに飲み込まれてしまったアドミラブルが入線。上位人気馬同士の決着となった。

2016年 マカヒキ

2016年05月29日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=③マカヒキ 牡3 57 (川田将雅) 3番人気
2着=⑧サトノダイヤモンド 牡3 57 (C.ルメール) 2番人気
3着=①ディーマジェスティ 牡3 57 (蛯名正義) 1番人気

タイム=2:24.0(良)
レース上がり3ハロン=34.2
勝ち馬上がり3ハロン=33.3

3連複=850円
3連単=4,600円

レース回顧

皐月賞上位3頭による上位争い。道中1000m60秒フラットの平均ペースを中団に構えた各3頭が、同じ位置取りから完全な直線での決め手勝負となった。サトノダイヤモンドが先に抜け出すも、内からマカヒキが強引に間をこじ開け馬体を並べての叩き合い。外から皐月賞馬のディーマジェスティも追いすがるが、この2頭には方を並べられず3着敗退。最後は僅かにハナ差前に出たマカヒキが日本ダービーの栄冠に輝いた。期待されたリオンディーズは5着。

2015年 ドゥラメンテ

2015年05月31日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=⑭ドゥラメンテ 牡3 57 (M.デムーロ) 1番人気
2着=①サトノラーゼン 牡3 57 (岩田康誠) 5番人気
3着=⑪サトノクラウン 牡3 57 (C.ルメール) 3番人気

タイム=2:23.2(良)
レース上がり3ハロン=34.6
勝ち馬上がり3ハロン=33.9

3連複=3,950円
3連単=15,760円

レース回顧

前走の皐月賞で驚異的なパフォーマンスを見せたドゥラメンテ。日本ダービーでは落ち着いた競馬で中団を追走し、直線では堂々と馬場の真ん中を突き抜けて堂々と2冠を達成した。アドマイヤグルーヴ~エアグルーヴの血が覚醒した瞬間だ。2着は内枠からロス無くレースを進めたサトノラーゼン、3着にサトノクラウンが後方から追い込んで入線を果たした。リアルスティールは伸び切れず4着に惜敗。

2014年 ワンアンドオンリー

2014年06月01日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=②ワンアンドオンリー 牡3 57 (横山典弘) 3番人気
2着=⑬イスラボニータ 牡3 57 (蛯名正義) 1番人気
3着=③マイネルフロスト 牡3 57 (松岡正海) 12番人気

タイム=2:24.6(良)
レース上がり3ハロン=34.4
勝ち馬上がり3ハロン=34.0

3連複=27,470円
3連単=103,300円

レース回顧

皐月賞を制した1番人気イスラボニータが3番手から積極的に競馬を進める展開。その直後を徹底マークしていたワンアンドオンリーが直線で先に抜け出すイスラボニータ目標にして一気に脚を伸ばす。坂下で早くも捉えると最後まで脚色が衰える事無くゴールまで駆け抜けた。3着はインを上手く立ち回った12番人気マイネルフロストが入線し、3連単は10万円を超える中波乱決着となった。

2013年 キズナ

2013年05月26日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=①キズナ 牡3 57 (武豊) 1番人気
2着=⑨エピファネイア 牡3 57 (福永祐一) 3番人気
3着=③アポロソニック 牡3 57 (勝浦正樹) 8番人気

タイム=2:24.3(良)
レース上がり3ハロン=35.2
勝ち馬上がり3ハロン=33.5

3連複=17,130円
3連単=54,950円

レース回顧

道中後方にいたキズナとエピファネイア。直線で同じ様な位置取りから先に抜け出したのは真ん中を通ったエピファネイアだった。坂上で何とか逃げ粘るアポロソニックを捉えて頂点が目前に迫ったものの、外から一瞬のキレ味でかわしきったのがキズナだった。これで武豊騎手は日本ダービー5度目の制覇。エピファネイア鞍上の福永祐一騎手は惜しくも初戴冠を逃してしまった。

2012年 ディープブリランテ

2012年05月27日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=⑩ディープブリランテ 牡3 57 (岩田康誠) 3番人気
2着=⑪フェノーメノ 牡3 57 (蛯名正義) 5番人気
3着=⑭トーセンホマレボシ 牡3 57 (C.ウィリアムズ) 7番人気

タイム=2:23.8(良)
レース上がり3ハロン=36.1
勝ち馬上がり3ハロン=34.5

3連複=14,160円
3連単=87,380円

レース回顧

ゼロスとトーセンホマレボシが後続を引き離し逃げる特殊な隊列となったレース。直線でトーセンホマレボシが早め抜け出しを図るも、2番手集団の最前列にいたディープブリランテが坂上で捉えてそここから突き放す競馬。しかし、中団からジワジワと追い込んだフェノーメノがそれに襲い掛かり最後は内外離れた2頭が同時にゴールイン。しかし、僅かにハナ差残したディープブリランテが優勝した。後方から競馬を進めたワールドエースとゴールドシップは4、5着に敗退。

2011年 オルフェーヴル

2011年05月29日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=⑤オルフェーヴル 牡3 57 (池添謙一) 1番人気
2着=①ウインバリアシオン 牡3 57 (安藤勝己) 10番人気
3着=⑦ベルシャザール 牡3 57 (後藤浩輝) 8番人気

タイム=2:30.5(不良)
レース上がり3ハロン=36.5
勝ち馬上がり3ハロン=34.8

3連複=22,950円
3連単=100,300円

レース回顧

降りしきる雨の影響で不良馬場による開催となったレース。各馬が初めての馬場状態で戸惑う中、皐月賞馬のオルフェーヴルはむしろ伸び伸びと走る様に1頭違う脚を見せてほぼ独走状態。かろうじてウインバリアシオンが一緒に追い込むも力の差は歴然だった。直線も一瞬閉じ込められるシーンはあったが、ラストは後続を大きく引き離しての2冠達成となった。3着にベルシャザールが入線。3連単は10万円を超える波乱の決着。

2010年 エイシンフラッシュ

2010年05月30日 日本ダービー(東京優駿)  芝2400m 東京競馬場

1着=①エイシンフラッシュ 牡3 57 (内田博幸) 7番人気
2着=⑧ローズキングダム 牡3 57 (後藤浩輝) 5番人気
3着=⑦ヴィクトワールピサ 牡3 57 (岩田康誠) 1番人気

タイム=2:26.9(良)
レース上がり3ハロン=33.4
勝ち馬上がり3ハロン=32.7

3連複=10,630円
3連単=152,910円

レース回顧

馬群がひと塊となりスローペースから究極の瞬発力勝負となったレース。直線で外からローズキングダムが一気に先頭へ立つ競馬で大勢は決したと思われたが、馬場の真ん中から上がり32秒4の切れを見せたエイシンフラッシュが一瞬の脚で抜け出し快勝。7番人気の低評価を覆す見事な走りだった。1番人気に支持された皐月賞馬ヴィクトワールピサは内から伸びるも3着に敗退した。3連単は珍しく15万円台と大きく荒れる結果となった。

2009年 ロジユニヴァース

2009年05月31日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=①ロジユニヴァース 牡3 57 (横山典弘) 2番人気
2着=⑫リーチザクラウン 牡3 57 (武豊) 5番人気
3着=⑩アントニオバローズ 牡3 57 (角田晃一) 8番人気

タイム=2:33.7(不良)
レース上がり3ハロン=39.7
勝ち馬上がり3ハロン=39.2

3連複=40,320円
3連単=201,960円

レース回顧

不良馬場ながらジョーカプチーノが飛ばして逃げ、前半1000mを60秒切るハイペース。馬場適性とスタミナが要求されるレースとなったが、その中で最も強い走りをしたのがロジユニヴァースだった。道中3番手に位置し前のリーチザクラウンをマーク。直線ではその内を突いて一瞬の脚で抜けだし、最後は4馬身差を付ける圧勝劇で優勝した。横山典弘騎手は念願のダービージョッキー初戴冠。3着には8番人気のアントニオバローズが入線。

2008年 ディープスカイ

2008年06月01日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=①ディープスカイ 牡3 57 (四位洋文) 1番人気
2着=⑦スマイルジャック 牡3 57 (小牧太) 12番人気
3着=③ブラックシェル 牡3 57 (武豊) 6番人気

タイム=2:26.7(良)
レース上がり3ハロン=36.4
勝ち馬上がり3ハロン=34.2

3連複=37,690円
3連単=201,300円

レース回顧

レッツゴーキリシマが飛ばして逃げるもペース自体は平均的なラップ。それよりも馬場が悪く内側はかなり荒れた走りにくい状態となっていた。それでも荒れ馬場を得意とするスマイルジャックが番手から抜け出し直線半ばまで先頭で粘る波乱の予感。しかし、後方から大外に持ち出したディープスカイが豪快に突き抜け一気にかわしてNHKマイルカップに続くGⅠ連勝で変則2冠を達成した。3着はジワジワと伸びたブラックシェルが入線。

2007年 ウオッカ

2007年05月27日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=③ウオッカ 牡3 55 (四位洋文) 3番人気
2着=⑯アサクサキングス 牡3 57 (福永祐一) 14番人気
3着=⑭アドマイヤオーラ 牡3 57 (岩田康誠) 4番人気

タイム=2:24.5(良)
レース上がり3ハロン=34.4
勝ち馬上がり3ハロン=33.0

3連複=248,790円
3連単=2,155,760円

レース回顧

14番人気アサクサキングスが快調に飛ばして直線でも更に後続を離すまさかの展開。そこに突っ込んで来たのが牝馬のウオッカだった。牡馬陣が伸びあぐねる中、馬場の真ん中から豪快に伸びて最後はそのアサクサキングスに3馬身差を付ける快勝で見事に牝馬による日本ダービー制覇の快挙を成し遂げた。3着にアドマイヤオーラが入線し、3連単は何と200万円を超える大波乱決着となった。

2006年 メイショウサムソン

2006年05月28日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=②メイショウサムソン 牡3 57 (石橋守) 1番人気
2着=⑥アドマイヤメイン 牡3 57 (柴田善臣) 4番人気
3着=⑮ドリームパスポート 牡3 57 (四位洋文) 7番人気

タイム=2:27.9(稍重)
レース上がり3ハロン=35.3
勝ち馬上がり3ハロン=35.1

3連複=3,420円
3連単=12,650円

レース回顧

アドマイヤメインが超スローペースに落として絶妙な逃げを打った。それを番手から皐月賞馬のメイショウサムソンがマークする様に追走し、直線でもこの2頭の一騎打ちとなる。直線の半ばから馬体を併せて激しい叩き合いとなるも、最後は外のメイショウサムソンが意地の競り勝ちで見事1番人気に応えての2冠を達成。3着は外から追い込んだドリームパスポートが入った。

2005年 ディープインパクト

2005年05月29日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=⑤ディープインパクト 牡3 57 (武豊) 1番人気
2着=⑦インティライミ 牡3 57 (佐藤哲三) 2番人気
3着=⑮シックスセンス 牡3 57 (四位洋文) 7番人気

タイム=2:23.3(良)
レース上がり3ハロン=34.5
勝ち馬上がり3ハロン=33.4

3連複=2,410円
3連単=4,250円

レース回顧

コスモオースティンとシャドウゲイトが引っ張るややハイペースの中、1.1倍の人気を背負ったディープインパクトは後方待機。4コーナー手前で徐々にエンジンをかけて行くと、直線は大外へ持ち出して1頭だけ異次元の末脚を披露。まさに飛んでる様なフットワークで後続をグングン突き放しての2冠達成だった。2着は内から伸びたインティライミ、3着にはシックスセンスが入線。まさに名前通りの衝撃的な日本ダービーとなる。

2004年 キングカメハメハ

2004年05月30日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=⑫キングカメハメハ 牡3 57 (安藤勝己) 1番人気
2着=⑤ハーツクライ 牡3 57 (横山典弘) 5番人気
3着=⑰ハイアーゲーム 牡3 57 (蛯名正義) 3番人気

タイム=2:23.3(良)
レース上がり3ハロン=35.9
勝ち馬上がり3ハロン=35.4

3連複=3,460円

レース回顧

前半1000mが57秒台という超ハイペースで馬群も縦長の展開。中団に位置していいた1番人気キングカメハメハが4コーナーで一気に進出し直線ハイアーゲームと並んで大外へ持ち出す。そこからスタミナとパワー、持久力に勝ったキングカメハメハが後続を突き放し堂々と人気に応える快勝劇でNHKマイルカップに続くタイトル獲得となった。2着は最後方から追い込んだハーツクライが入線。

2003年 ネオユニヴァース

2003年06月01日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=⑬ネオユニヴァース 牡3 57 (M.デムーロ) 1番人気
2着=③ゼンノロブロイ 牡3 57 (横山典弘) 3番人気
3着=⑱ザッツザプレンティ 牡3 57 (安藤勝己) 7番人気

タイム=2:28.5(重)
レース上がり3ハロン=36.3
勝ち馬上がり3ハロン=35.3

3連複=5,930円

レース回顧

重馬場開催となりスタミナと馬場適性が問われる事となった1戦。番手でレースを進めたゼンノロブロイが絶好の手応えで直線を迎えるも、その内からスルスルと更に勢い良く抜けて来たのが皐月賞馬のネオユニヴァース。外から迫るザッツザプレンティとの3頭による叩き合いから一歩抜け出し、デムーロ騎手に導かれて見事に2冠目も制した。逆に2番人気サクラプレジデントは馬場に泣かされ7着に敗退した。

2002年 タニノギムレット

2002年05月26日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=③タニノギムレット 牡3 57 (武豊) 1番人気
2着=⑪シンボリクリスエス 牡3 57 (岡部幸雄) 3番人気
3着=⑧マチカネアカツキ 牡3 57 (K.デザーモ) 6番人気

タイム=2:26.2(良)
レース上がり3ハロン=35.6
勝ち馬上がり3ハロン=34.7

3連複=5,930円

レース回顧

ペースは落ち着くも隊列が長く後方待機勢には厳しい展開となったレース。中団から徐々に進出したシンボリクリスエスが直線持ったままの手応えで抜け出す。各馬も必死に食らいつくが、12番手追走から大外へ持ち出したタニノギムレットがそれらをまとめてかわし日本ダービーのタイトルを奪取。1頭だけ34秒台の脚を繰り出し次元の違う競馬を見せた。3着は先行から粘ったマチカネアカツキが入線。

2001年 ジャングルポケット

2001年05月27日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=⑱ジャングルポケット 牡3 57 (角田晃一) 1番人気
2着=⑨ダンツフレーム 牡3 57 (河内洋) 3番人気
3着=⑥ダンシングカラー 牡3 57 (江田照男) 11番人気

タイム=2:27.0(重)
レース上がり3ハロン=37.0
勝ち馬上がり3ハロン=35.6

馬連=560円

レース回顧

テイエムサウスポーの大逃げで隊列は超縦長の展開。4コーナーで一気にその差が詰まると各馬横一列となって直線の末脚勝負となった。キレ味では世代屈指の1番人気ジャングルポケットがダンツフレームと並行して伸びるも徐々に差を広げ、最後は余裕の手応えでゴールイン。角田晃一騎手にとっても嬉しいダービーのタイトル獲得となった。3着は11番人気ダンシングカラーが入線。

2000年 アグネスフライト

2000年05月28日 日本ダービー(東京優駿) 芝2400m 東京競馬場

1着=④アグネスフライト 牡3 57 (河内洋) 3番人気
2着=②エアシャカール 牡3 57 (武豊) 1番人気
3着=⑬アタラクシア 牡3 57 (四位洋文) 6番人気

タイム=2:26.2(良)
レース上がり3ハロン=36.1
勝ち馬上がり3ハロン=35.4

馬連=600円

レース回顧

ややハイペースを最後方から追走した皐月賞馬エアシャカール。4コーナー付近で外目を一気に進出すると、直線で外に持ち出すとそこから加速し後続を置いて行く横綱相撲の競馬を見せた。このまま2冠達成かと思われたが、更に大外からアグネスフライトがラスト100mで豪快に追い込み馬体を併せて同時にゴールイン。勢いの良かったアグネスフライトが僅かにかわして、河内洋騎手が念願のダービージョッキーとなった。

まとめ

結果を見てもお分かりかと思うが、2000年以降のダービーで3番人気以外の馬が勝利したのは2010年のエイシンフラッシュのみ。余程の事がない限り、上位3番人気内から勝ち馬が出ると考えて良さそうだ。逆に2着以下は10番人気以下が絡む余地もあるので、ヒモに穴馬を想定して展望しよう。

後は、基本的に差し・追い込み有利。特に皐月賞好走組で内枠に入った差し馬がいればかなり強調してプッシュしたい。複数頭の取捨に悩んだ場合はとにかく内側を優先して印を打って行こう。大きく荒れる事は期待せず、低額配当をしっかりと厚めに張りたいレースだろう。
77 件

関連する記事

日本史上歴代最強馬のランキング【2017年最新】

日本史上歴代最強馬のランキング【2017年最新】

競馬ニュース.TV独自レーティングによるランキング形式で日本競馬史上歴代最強馬をまとめてみました。RT125以上までを詳しく紹介して振り返ってみましょう。随時レーティング更新しています。
 72,900
【動画・結果】神戸新聞杯の予想に使える歴代レースまとめ

【動画・結果】神戸新聞杯の予想に使える歴代レースまとめ

週末に控えた神戸新聞杯の展望も兼ねて、過去10年分の同レース動画を振り返ります。結果内容と合わせて、馬券購入の参考にしてみて下さい。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 340
海外遠征 2016年 まとめ

海外遠征 2016年 まとめ

2016年の日本調教馬による海外遠征でのレース成績をまとめてみました。
 7,122
アロハリリー(ハワイアンウインド2015)のPOG情報

アロハリリー(ハワイアンウインド2015)のPOG情報

アロハリリーをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!
 142
レイエンダが骨折で戦線離脱…全治6ヶ月でクラシック微妙

レイエンダが骨折で戦線離脱…全治6ヶ月でクラシック微妙

先に札幌の新馬戦で圧勝デビューを飾ったレイエンダが骨折している事が分かった。15日に両膝前を手術して術後の経過は順調との事。しかし、復帰までには全治6ヶ月程度かかる見込みで来年の春がほぼ絶望的な状況となってしまった。
 3,794

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王