2017年6月13日 更新

函館スプリントステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

夏競馬の開幕を告げる北の短距離王決定戦、函館スプリントステークス。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

642

函館スプリントステークスのデータ傾向

・前走はGⅠかGⅡが好ましい
・それ以外のレースでは前走3着以上が◯
・3~4歳の活躍が中心
・牝馬の好走が顕著
・内枠が圧倒的に有利

近年は10万円以上の馬券が炸裂するなど荒れに荒れている函館スプリントステークス。絶対視されている人気馬があっさりと敗北する事もあるレースで、軸馬絞りも実に難解なイメージがまとわり付く。しかし、データ傾向だけで判断するなら好走馬のパターンは案外シンプルだ。とにかく開幕週という事もあり内枠で先行馬がメイン。それでいて3~4歳、前走はGⅠやGⅡなら尚良し。逆に人気馬で差し・追い込み勢が外枠に入れば軽視したい。5歳以上なら尚更だ。

2016年 ソルヴェイグ

2016年06月19日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=⑯ソルヴェイグ 牝3 50 (丸田恭介) 12番人気
2着=③シュウジ 牡3 52 (岩田康誠) 2番人気
3着=①レッツゴードンキ 牝4 54 (吉田隼人) 7番人気

タイム=1:07.8(良)
レース上がり3ハロン=34.4
勝ち馬上がり3ハロン=34.3

3連複=43,830円
3連単=397,650円

レース回顧

大外枠から好スタートを切ったソルヴェイグ。道中も逃げるローレルベローチェを徹底マークし直接へ。早め抜け出すも内からシュウジが馬体を併せて叩き合いとなり、一旦は前へ出られるがラスト50mで差し返して12番人気の低評価を覆す重賞2勝目を飾った。3着にはレッツゴードンキが入線。3連単は40万円弱の大万馬券となった。

2015年 ティーハーフ

2015年06月21日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=⑨ティーハーフ 牡5 56 (国分優作) 4番人気
2着=⑯アースソニック 牡6 56 (丸田恭介) 14番人気
3着=⑬レンイングランド 牡3 52 (菱田裕二) 12番人気

タイム=1:08.3(良)
レース上がり3ハロン=35.3
勝ち馬上がり3ハロン=34.0

3連複=200,320円
3連単=944,140円

レース回顧

4番人気のティーハーフが道中を最後方で追走後、4コーナーから一気に進出しひとまくりで豪快に突き抜けた。2歳の頃から朝日杯FSに出走するなど素質の片鱗を見せていたが、この夏を越して急成長し3連勝での重賞初制覇。2、3着には共に2桁人気のアースソニックとレンイングランドが入線し、3連単は何と90万オーバーの大万馬券となった。

2014年 ガルボ

2014年06月22日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=③ガルボ 牡7 58 (津村明秀) 8番人気
2着=⑩ローブティサージュ 牝4 54 (三浦皇成) 6番人気
3着=⑨クリスマス 牝3 50 (丸田恭介) 4番人気

タイム=1:08.5(良)
レース上がり3ハロン=34.7
勝ち馬上がり3ハロン=34.1

3連複=89,720円
3連単=872,270円

レース回顧

集団がひと塊の中、直線へ。そこから上手く抜けだした古豪ガルボが重賞4勝目を飾った。圧倒的1番人気のストレイトガールは馬群に閉じこまれ11着敗退。その影響で2、3着にはそれぞれ6、4番人気のローブティサージュとクリスマスが入ったが、3連単は90万弱とかなりの波乱決着となる。ロードカナロアと言いこのレースは絶対視される有力馬が優勝出来ないジンクスがあるのか。

2013年 パドトロワ

2013年06月16日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=⑭パドトロワ 牡6 58 (勝浦正樹) 6番人気
2着=⑤シュプリームギフト 牝5 54 (秋山真一郎) 5番人気
3着=①フォーエバーマーク 牝5 54 (三浦皇成) 3番人気

タイム=1:08.5(良)
レース上がり3ハロン=34.4
勝ち馬上がり3ハロン=34.3

3連複=16,510円
3連単=162,690円

レース回顧

パドトロワが函館スプリントステークスを勝つお手本のような競馬で久々の重賞制覇。ディフェンディングチャンピオンで1番人気のドリームバレンチノはさすがに59kgのハンデが応えたのか、いつもの精彩を欠き7着に敗退。上位入線がいずれもが4コーナー5番手以内の先行馬で決着し3連単は16万円と程よく荒れた。開幕週という事もありこのレースは前につけれないと話にならない。

2012年 ドリームバレンチノ

2012年06月17日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=②ドリームバレンチノ 牡5 56 (松山弘平) 2番人気
2着=①ロードカナロア 牡4 56 (福永祐一) 1番人気
3着=⑩ビスカヤ 牝6 54 (荻野琢真) 11番人気

タイム=1:09.4(良)
レース上がり3ハロン=35.1
勝ち馬上がり3ハロン=34.6

3連複=13,180円
3連単=72,540円

レース回顧

オープンを2連勝中の上り馬ドリームバレンチノが、後の短距離王者ロードカナロアを完封。逆にそのロードカナロアは直線で一旦外に立て直すロスが響いたか。やはり直線の短いコースだけに一瞬の判断ミスが命取りとなる。そういう意味でも中団からやや外枠の器用な先行馬を積極的に狙って行きたいレースと言えよう。

2011年 カレンチャン

201年07月03日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=②カレンチャン 牝4 54 (池添謙一) 1番人気
2着=③テイエムオオタカ 牡3 53 (丸山元気) 3番人気
3着=①アンシェルブルー 牝4 54 (蛯名正義) 2番人気

タイム=1:08.0(良)
レース上がり3ハロン=34.9
勝ち馬上がり3ハロン=34.5

3連複=950円
3連単=4,260円

レース回顧

カレンチャンが先頭集団直後を追走し、きっちりと前を捉え3連勝でゴールイン。この後、キーンランドカップ-スプリンターズSを5連勝で制し一気に短距離女王の座へ駆け上がった。2、3着は共に逃げていた人気馬の2頭が入り3連単は4000円台の平穏決着となる。しかしながら、このレースは夏場という事もあり牝馬が顕著に活躍する傾向にあるので覚えておこう。

2010年 ワンカラット

2010年07月04日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=①ワンカラット 牝4 54 (藤岡佑介) 2番人気
2着=⑬ビービーガルダン 牡6 59 (安藤勝己) 1番人気
3着=⑤アポロフェニックス 牡5 (勝浦正樹) 5番人気

タイム=1:08.2(良)
レース上がり3ハロン=35.1
勝ち馬上がり3ハロン=34.5

3連複=3,060円
3連単=13,220円

レース回顧

実力が抜けた2頭のワンツーフィニッシュ。特に4コーナーでの立ち回りが完璧だったワンカラットに軍配が上がった。同じ位置からのヨーイドンでは、さすがに5kgの斤量差が響いてハンデ頭のビービーガルダンはやや突き放されてしまった印象だ。3着にはここの直後を追走していたアポロフェニックスがギリギリ粘り込んだ。

2009年 グランプリエンゼル

2009年07月05日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=⑥グランプリエンゼル 牝3 51 (熊沢重文) 1番人気
2着=⑭タニノマティーニ 牡9 (秋山真一郎) 8番人気
3着=⑧ブラックバースピン 牡6 (津村明秀) 12番人気

タイム=1:08.5(良)
レース上がり3ハロン=34.7
勝ち馬上がり3ハロン=34.4

3連複=56,950円
3連単=247,900円

レース回顧

前走、NHKマイルCで3着に入ったグランプリエンゼルが軽斤量での1番人気に応えて重賞初勝利。2、3着には同じく前目でレースを進めたタニノマティーニ、ブラックバースピンがそれぞれ入線。両馬共に下位人気で3連単は25万弱と中波乱となった。1度は3着に入った2番人気のエーシンエフダンズが進路妨害で8着降着という内容。

2008年 キンシャサノキセキ

2008年07月06日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=⑥キンシャサノキセキ 牡5 56 (岩田康誠) 1番人気
2着=①トウショウカレッジ 牡6 56 (池添謙一) 5番人気
3着=⑧キングストレイル 牡6 57 (D.ホワイト) 4番人気

タイム=1:08.4(良)
レース上がり3ハロン=35.6
勝ち馬上がり3ハロン=35.3

3連複=3,970円
3連単=12,910円

レース回顧

気性的に大成の難しかったキンシャサノキセキが、古馬になり落ち着いて来た事でようやく安定したレースぶりを見せる。鞍上の指示に従い道中はジッとインで我慢、直線の入り口でグッと強引気味に馬群を割るとそこから真一文字に伸びての快勝。この後、長い活躍の中でスプリントGⅠを2勝する実績を引っさげて種牡馬入りする事となる。

2007年 アグネスラズベリ

2007年07月01日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=②アグネスラズベリ 牝6 54 (角田晃一) 3番人気
2着=④サープラスシンガー 牡3 52 (木幡初広) 6番人気
3着=⑯ブラックバースピン 牡4 56 (四位洋文) 4番人気

タイム=1:08.9(良)
レース上がり3ハロン=35.1
勝ち馬上がり3ハロン=34.6

3連複=8,490円
3連単=52,160円

レース回顧

牝馬のアグネスラズベリが軽斤量を活かして直線をインから強襲。2着には逃げ粘るサープラスシンガーと4コーナーで番手に付けたブラックバースピンが接戦で3着入線。この展開になると、直線の短い函館競馬場では後方勢の為す術は無し。スタートでほぼレースの流れが決まると言っても過言ではない。

2006年 ビーナスライン

2006年07月02日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=⑫ビーナスライン 牝5 54 (秋山真一郎) 13番人気
2着=⑥シーイズトウショウ 牝6 56 (池添謙一) 1番人気
3着=⑪ブルーショットガン 牡7 56 (藤岡佑介) 10番人気

タイム=1:09.1(良)
レース上がり3ハロン=35.0
勝ち馬上がり3ハロン=33.9

3連複=32,350円
3連単=306,260円

レース回顧

出走していた牝馬2頭でのワンツー決着。函館スプリントステークスには珍しく後方一気の競馬で決まり最下位人気のビーナスラインが1着、3着には10番人気のブルーショットガンが入線。2着の1番人気シーイズトウショを絡めても3連単は30万オーバーの大荒れ模様となった。それにしてもこのレースは牝馬がよく来る。

2005年 シーイズトウショウ

2005年07月03日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=②シーイズトウショウ 牝5 55 (池添謙一) 2番人気
2着=⑫ボールドブライアン セ6 56 (鹿戸雄一) 6番人気
3着=⑨ディープサマー 牡3 53 (藤田伸二) 3番人気

タイム=1:09.0(良)
レース上がり3ハロン=35.4
勝ち馬上がり3ハロン=35.3

3連複=10,940円
3連単=51,830円

レース回顧

番手でレースを進めたシーイズトウショウが直線でも軽く抜け出し、後続に一切手出しさせない完勝の内容で同レースの連覇を達成。逃げたディープサマーもしぶとく粘ったが、最後はボールドブライアンに差されて3着に入線。1番人気プレシャスカフェは中団から伸び切れずに9着と大敗した。

2004年 シーイズトウショウ

2004年07月04日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=⑭シーイズトウショウ 牝4 54 (池添謙一) 2番人気
2着=⑩ゴールデンロドリゴ 牡7 56 (横山典弘) 8番人気
3着=③カルストンライトオ 牡6 56 (芹沢純一) 5番人気

タイム=1:09.4(良)
レース上がり3ハロン=35.7
勝ち馬上がり3ハロン=35.5

馬単=10,690円
3連複=22,540円

レース回顧

快調に逃げるカルストンライトオを絶好の位置で追走したシーイズトウショウ。直線に入ると楽な手応えでかわすと後は独走体勢に。最後は抑える余裕の内容で勝利し、前年のCBC賞以来となる重賞2勝目を飾った。2着にはラストでハナ差かわした大外一気のゴールデンロドリゴが入線。3連単は2万円台と低額配当で決着。

2003年 ビリーヴ

2003年07月06日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=⑦ビリーヴ 牝5 56 (安藤勝己) 1番人気
2着=⑨アグネスソニック 牡4 56 (横山典弘) 2番人気
3着=②アグネスソニック 牡3 53 (菊沢隆徳) 10番人気

タイム=1:09.3(良)
レース上がり3ハロン=35.8
勝ち馬上がり3ハロン=35.8

馬単=730円
3連複=9,710円

レース回顧

圧倒的1番人気のビリーヴが4コーナーで押し出される様にして先頭。直線でもスピードの違いをまざまざと見せ付け、2着アグネスソニックに2馬身差を付ける余裕の競馬で人気に応えた。3着に10番人気アタゴタイショウが入って3連複は1万円弱とやや荒れ決着。

2002年 サニングデール

2002年06月30日 函館スプリントステークス 芝1...

2002年06月30日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=⑫サニングデール 牡3 52 (福永祐一) 3番人気
2着=④タイキトレジャー 牡6 57 (横山典弘) 2番人気
3着=⑩ダンツキャスト 牡5 56 (四位洋文) 6番人気

タイム=1:10.3(良)
レース上がり3ハロン=36.8
勝ち馬上がり3ハロン=36.1

馬連=2,640円
via google imghp

レース回顧

3歳馬のサニングデールが前走のファルコンステークスに続く重賞連勝を鮮やかな追い込みで決めた。逃げるショウナンカンプらを、中団から軽斤量を活かして一気の差し切り。2着にも同じく追い込んだタイキトレジャーが入線。3着も後方から脚を伸ばしたダンツキャストと、先行勢には苦しい展開の競馬だった。

2001年 メジロダーリング

2001年07月01日 函館スプリントステークス 芝1...

2001年07月01日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=⑮メジロダーリング 牝5 54 (武幸四郎) 5番人気
2着=⑧タイキトレジャー 牡5 56 (横山典弘) 1番人気
3着=④ブレイクタイム 牡4 56 (松永幹夫) 4番人気

タイム=1:09.5(稍重)
レース上がり3ハロン=36.0
勝ち馬上がり3ハロン=36.0

馬連=2,260円
via google imghp

レース回顧

牝馬のメジロダーリングが快速に飛ばして後続に詰め寄らせず、最後までそのリードを保ったまま牡馬の強豪勢を蹴散らして優勝。2着には最後方から一気の追い込みを見せた1番人気タイキトレジャー、3着に先行したブレイクタイムが入線。実に見事な逃げ切り勝ちだった。

2000年 タイキトレジャー

2000年07月02日 函館スプリントステークス 芝1...

2000年07月02日 函館スプリントステークス 芝1200m 函館競馬場

1着=③タイキトレジャー 牡5 56 (横山典弘) 2番人気
2着=⑥ダイタクヤマト 牡7 56 (芹沢純一) 6番人気
3着=⑤メジロダーリング 牝5 54 (吉田豊) 8番人気

タイム=1:08.7(良)
レース上がり3ハロン=34.8
勝ち馬上がり3ハロン=34.8

馬連=2,580円
via google imghp

レース回顧

逃げるダイタクヤマトをピッタリとマークしたタイキトレジャーが、4コーナー入り口でそのまま先頭に立つとそのダイタクヤマトとの叩き合いを制して重賞勝利。3着にも3番手から流れ込んだメジロダーリングが入線し、完全な行った行ったの競馬で決着した。1番人気ブロードアピールは最後方からの競馬が仇となって6着に敗退した。

まとめ

とにもかくにも同レースは牝馬が中心。格言でも『夏は牝馬』とある様に、実にその傾向がよく出ている。後は先行馬。勝ち切るには4コーナーで5番手以内がマストのポジションだろう。枠もインよりはやや外目のスムーズに立ち回れる方が何かと好都合。逆に差しの人気馬が内枠に入った時は疑ってかかった方が良いと思われる。

全体的に数十万円台の3連単が頻出しているので、軸馬もやや人気薄の安定した先行馬から入る事をオススメする。馬券購入に是非ご参考頂きたい。
72 件

関連する記事

キーンランドカップの過去結果動画と歴代勝ち馬

キーンランドカップの過去結果動画と歴代勝ち馬

札幌で行われる電撃のスプリント重賞、キーンランドカップ。過去12年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 287
セントウルステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

セントウルステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

スプリンターズステークスの最終ステップレースでもあるセントウルステークス。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 292
アイビスサマーダッシュの過去結果動画と歴代勝ち馬

アイビスサマーダッシュの過去結果動画と歴代勝ち馬

直線芝1000mで行われる唯一の重賞、アイビスサマーダッシュ。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 556
CBC賞の過去結果動画と歴代勝ち馬

CBC賞の過去結果動画と歴代勝ち馬

秋のスプリンターズステークスに続く重要な格式高い短距離重賞、CBC賞。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 600
【動画、結果】高松宮記念の予想に使える歴代レースまとめ

【動画、結果】高松宮記念の予想に使える歴代レースまとめ

上半期のスプリント王決定戦、高松宮記念。その過去10年分の動画を振り返ります。結果内容を元にタイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させましょう!!
 137

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王