2017年9月14日 更新

京成杯オータムハンデの過去結果動画と歴代勝ち馬

秋競馬開幕を告げると同時に大荒れ模様のマイル重賞、京成杯オータムハンデ。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

357

2017年 グランシルク

2017年09月10日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=⑥グランシルク 牡5 56 (田辺裕信) 1番人気
2着=③ガリバルディ 牡6 57 (北村宏司) 11番人気
3着=⑬ダノンリバティ 牡5 56 (松若風馬) 6番人気

タイム=1:31.6(良)
レース上がり3ハロン=34.5
勝ち馬上がり3ハロン=33.4

3連複=13,920円
3連単=68,880円

レース回顧

マルターズアポジー、ウインフルブルーム、ボンセルヴィーソ、マイネルアウラートなどの強力な先行型が多く揃って完全な後方有利の展開。その流れに乗り切ったのが1番人気に支持されたグランシルクだった。4コーナー手前から徐々にエンジンをふかし持続的な末脚を繰り出してあっさりと先行集団を飲み込む圧巻の内容。鞍上田辺裕信騎手の京成杯オータムハンデとの相性が光った1戦でもある。2着に11番人気ガリバルディ、3着にダノンリバティが入線。

2016年 ロードクエスト

2016年09月11日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=⑩ロードクエスト 牡3 55 (池添謙一) 1番人気
2着=③カフェブリリアント 牝6 54 (戸崎圭太) 6番人気
3着=②ダノンプラチナ 牡4 58 (蛯名正義) 2番人気

タイム=1:33.0(良)
レース上がり3ハロン=35.0
勝ち馬上がり3ハロン=34.2

3連複=3,940円
3連単=19,430円

レース回顧

ピークトラムが押し出される様にしてハナに立ちペースは比較的落ち着いた流れに。各馬がひとかたまりの馬群となって直線コースへ入ると、道中後方にいたロードクエストが外目から弾かれる様にして先頭へ躍り出る。馬場の真ん中からカフェブリリアント、更に外からGⅠ馬ダノンプラチナが襲いかかるも、最後まで伸び切ったロードクエストが前年の新潟2歳ステークス以来となる重賞2勝目を飾った。

2015年 フラアンジェリコ

2015年09月13日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=⑫フラアンジェリコ 牡7 53 (田辺裕信) 13番人気
2着=⑧エキストラエンド 牡6 57 (吉田隼人) 11番人気
3着=⑥ヤングマンパワー 牡3 54 (松岡正海) 7番人気

タイム=1:33.3(良)
レース上がり3ハロン=34.6
勝ち馬上がり3ハロン=33.6

3連複=268,440円
3連単=2,227,820円

レース回顧

軽量馬の13番人気フラアンジェリコが直線だけの競馬で全頭を一気に差し切り勝ち。展開が向いたというよりは芝のエアレーション作業が行われ、基本的にキレ味タイプの馬に有利な馬場状態だったという点が考えられる。全着順1馬身以上の差が開かない大接戦というのが如何にもハンデ戦らしい見応えのあるレースだった。2~3着も人気薄が入線し、3連単が200万円オーバーの大波乱決着となった。

2014年 クラレント

2014年09月14日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 新潟競馬場

1着=③クラレント 牡5 58 (田辺裕信) 2番人気
2着=⑥ブレイズアトレイル 牡5 55 (津村明秀) 8番人気
3着=⑦ミトラ セ6 56 (M.エスポジート) 9番人気

タイム=1:33.3(良)
レース上がり3ハロン=33.4
勝ち馬上がり3ハロン=33.3

3連複=40,530円
3連単=153,480円

レース回顧

新潟競馬場での代替開催となったレース。道中番手からソツのない競馬で抜け出したクラレントが、平坦で得意の左回りを活かし最後までしっかりと伸びて重賞6勝目を飾った。2着には後方から唯一32秒台の上がりを使ったブレイズアトレイル、3着には先行からしぶとく残ったミトラが入り、3連単は15万円を超える中波乱。コースが変わっても13着までが3馬身半内に収まる大混戦だった。

2013年 エクセラントカーヴ

2013年9月8日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=⑦エクセラントカーヴ 牝4 52 (戸崎圭太) 3番人気
2着=⑧ダノンシャーク 牡5 58 (内田博幸) 2番人気
3着=⑨ゴットフリート 牡3 53 (田辺裕信) 7番人気

タイム=1:31.8(良)
レース上がり3ハロン=35.1
勝ち馬上がり3ハロン=33.9

3連複=6,860円
3連単=28,140円

レース回顧

少し飛ばし気味に逃げたルナとテイエムオオタカの後ろで絶好のポジションを取ったエクセラントカーヴ。前がバテ始めた所で徐々に進出し、直線で一気に抜け出して4連勝での重賞初Vを飾った。52kgの軽斤量も功を奏したが、逆にトップハンデのダノンシャークはそれが響いて2着まで。3着のゴットフリートは展開が向き何とか3着を死守した形だ。

2012年 レオアクティブ

2012年9月9日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=③レオアクティブ 牡3 54 (横山典弘) 2番人気
2着=①スマイルジャック 牡7 57.5 (田辺裕信) 6番人気
3着=⑪スピリタス セ7 55 (内田博幸) 4番人気

タイム=1:30.7(良)
レース上がり3ハロン=34.5
勝ち馬上がり3ハロン=33.1

3連複=9,890円
3連単=59,410円

レース回顧

前がやり合う展開となりレースはかなりのハイペースに。最後方のインで脚を溜めたレオアクティブが、直線最内から一気に弾けて2着スマイルジャック以下を置き去りにした。タイムは何と31秒を切る日本レコードでの決着となった。3着には4番人気のスピリタスが入線し、レースの派手さとは対象的に3連単は5万円台と順当決着。

2011年 フィフスペトル

2011年09月11日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=⑧フィフスペトル 牡5 57 (横山典弘) 2番人気
2着=⑭アプリコットフィズ 牝4 54 (田中勝春) 7番人気
3着=⑦レインボーペガサス 牡6 57.5 (安藤勝己) 3番人気

タイム=1:31.9(良)
レース上がり3ハロン=35.3
勝ち馬上がり3ハロン=34.7

3連複=6,270円
3連単=35,040円

レース回顧

2番人気のフィフスペトルが直線で一気に抜けだして、2歳時の函館2歳S以来3年ぶりの重賞勝利。2着には軽量ハンデのアプリコットフィズ、3着にも中団から伸びたレインボーペガサスが入線し、3連単は4万を切る低配当となった。レース展開にもよるが、上位入線時の脚質は偏る事が多い傾向だ。

2010年 ファイアーフロート 

2010年09月12日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=⑦ファイアーフロート 牡4 55 (津村明秀) 4番人気
2着=⑨キョウエイストーム 牡5 54 (石橋脩) 7番人気
3着=③キョウエイアシュラ 牡3 54 (内田博幸) 5番人気

タイム=1:32.8(良)
レース上がり3ハロン=34.3
勝ち馬上がり3ハロン=34.3

3連複=11,650円
3連単=66,000円

レース回顧

京成杯オータムハンデでは珍しい前残りの展開。番手でじっくりとレースを進めたファイアーフロートが抜け出し、同じく先行から脚を伸ばしたキョウエイストームの追撃をハナ差凌ぎ切った。3着にも3歳牡馬のキョウエイアシュラが入線し上位人気陣での決着。レース展開を読みきった鞍上津村騎手のファインプレーが光った1戦だ。

2009年 ザレマ

2009年09月13日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=③ザレマ 牝5 54 (内田博幸) 2番人気
2着=⑦アップドラフト セ7 53 (吉田豊) 14番人気
3着=⑭マイネルスケルツィ 牡6 56 (石橋脩) 3番人気

タイム=1:32.1(良)
レース上がり3ハロン=35.3
勝ち馬上がり3ハロン=35.2

3連複=84,770円
3連単=677,660円

レース回顧

前残りの展開から鋭く抜け出したザレマが重賞初勝利を飾った。これまで、重賞で幾度も上位入線していたが惜しい結果が続いていただけに内田騎手も渾身の騎乗だっただろう。2着には14番人気のアップドラフトが入線し、3連単が70万円弱と大きく跳ねた決着。2010年前後までは前々での競馬の方が有利な傾向か。

2008年 キストゥヘヴン

2008年09月14日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=⑯キストゥヘヴン 牝5 55 (藤田伸二) 3番人気
2着=③レッツゴーキリシマ 牡3 53 (北村宏司) 10番人気
3着=④ステキシンスケクン 牡5 56 (後藤浩輝) 2番人気

タイム=1:32.1(良)
レース上がり3ハロン=36.2
勝ち馬上がり3ハロン=35.1

3連複=17,970円
3連単=124,050円

レース回顧

桜花賞馬キストゥヘヴンが後方から徐々に捲って行き、直線半ばで先頭に立つと後続を抑えての貫禄の勝利。藤田騎手の大胆な騎乗と相まって脚質がハマった形ではあるが、これだけ長い脚を使えるのはやはり力のある証拠だ。2着には軽斤量の3歳馬レッツゴーキリシマが入線し、3連単は10万を超え程々に荒れた。

2007年 キングストレイル

2007年09月09日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=②キングストレイル 牡5 57 (田中勝春) 2番人気
2着=③カンファーベスト 牡8 57 (江田照男) 4番人気
3着=⑤マイネルシーガル 牡3 53 (後藤浩輝) 1番人気

タイム=1:32.6(良)
レース上がり3ハロン=34.8
勝ち馬上がり3ハロン=34.4

3連複=3,170円
3連単=12,070円

レース回顧

実力馬のキングストレイルが見事な立ち回りで先行抜け出しからの快勝。セントライト記念以来の重賞2勝目となった。2着にも同じ様な競馬でインから進めたカンファーベストが入り、やはり中山競馬はこういったロスのない競馬が出来る馬の方が有利となるのだろう。特に外枠の追い込み馬にはかなり不利なコース形態である。

2006年 ステキシンスケクン

2006年09月10日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=⑧ステキシンスケクン 牡3 54 (後藤浩輝) 10番人気
2着=⑥カンファーベスト 牡7 57 (江田店) 6番人気
3着=⑭マイネルスケルツィ 牡3 54 (柴田善臣) 2番人気

タイム=1:32.0(良)
レース上がり3ハロン=35.3
勝ち馬上がり3ハロン=35.3

3連複=21,950円
3連単=193,650円

レース回顧

3歳馬のステキシンスケクンがあれよあれよの逃げ切り。軽斤量もあったが、逃げ残りの難しいコースだけに警戒が薄かったという事もあったのだろう。かなり楽なペースで気分よく進めたのが良かった。2着には古豪のカンファーベストがしぶとく脚を伸ばして入線、3着にも同じく3歳馬のマイネルスケルツィが先行から残って3連単は20万円に迫る中波乱となった。

2005年 マイネルモルゲン

2005年09月11日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=②マイネルモルゲン 牡5 57 (柴田善臣) 3番人気
2着=⑤ニシノシタン 牡5 54 (吉田豊) 4番人気
3着=⑩ウインラディウス 牡7 58 (田中勝春) 10番人気

タイム=1:33.3(稍重)
レース上がり3ハロン=36.1
勝ち馬上がり3ハロン=35.5

3連複=17,410円
3連単=76,950円

レース回顧

内からニシノシタンがしごいて先頭へ立ちレースは淀み無く流れる。やや馬群が縦長の展開となるも、各馬にチャンスのある混戦模様。直線に入りニシノシタンが更に後続を突き放しにかかった所へ、中団追走から外目に出したマイネルモルゲンが坂上で一気に捉えてアタマ差かわし切りゴールイン。同レースの連覇を達成した。3着には後方から追い込んだウインラディウスが入線。

2004年 マイネルモルゲン

2004年09月12日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=⑦マイネルモルゲン 牡4 56 (後藤浩輝) 2番人気
2着=①シャイニンルビー 牝5 54 (北村宏司) 5番人気
3着=②マイネルソロモン 牡4 56 (蛯名正義) 1番人気

タイム=1:32.8(良)
レース上がり3ハロン=34.0
勝ち馬上がり3ハロン=34.0

3連複=1,300円
3連単=12,490円

レース回顧

レース途中、外から引っ張りきりの手応えでマイネルモルゲンがハナに立つ意外な展開。しかし、他馬も動くに動けず硬直状態のまま直線コースへ。ペースの主導権を握ったマイネルモルゲンがそのまま後続の追撃を振り切って重賞制覇を達成。クビ差の2着にシャイニンルビー、3着には1番人気のマイネルソロモンが入線した。

2003年 ブレイクタイム

2003年09月14日 京成杯オータムハンデ 芝160...

2003年09月14日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=⑭ブレイクタイム 牡6 58 (松永幹夫) 6番人気
2着=⑩シベリアンホーク 牡3 51 (江田照男) 8番人気
3着=④オースミコスモ 牝4 55 (常石勝義) 7番人気

タイム=1:33.9(良)
レース上がり3ハロン=35.0
勝ち馬上がり3ハロン=34.9

馬単=31,590円
3連複=56,320円
via google imghp

レース回顧

シベリアンホークが悠々と逃げる展開に番手で追走するブレイクタイム。その他ミレニアムバイオやウインラディウス、ボールドブライアンなどの上位人気陣は後方からの競馬となり、結果ペースは完全な前残りに。直線でもシベリアンホークとブレイクタイムの叩き合いとなり、後続は先行勢からオースミコスモがやや迫る程度。最後はブレイクタイムがクビ差競り勝って連覇を達成した。

2002年 ブレイクタイム

2002年09月08日 京成杯オータムハンデ 芝160...

2002年09月08日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 新潟競馬場

1着=⑪ブレイクタイム 牡5 57 (松永幹夫) 1番人気
2着=⑩ミデオンビット 牡5 55 (柴田善臣) 4番人気
3着=④トッププロテクター 牡5 57 (和田竜二) 7番人気

タイム=1:31.9(良)
レース上がり3ハロン=34.3
勝ち馬上がり3ハロン=34.0

馬単=1,370円
3連複=3,730円
via google imghp

レース回顧

終始逃げ馬をマークして追走したブレイクタイムが番手から先に抜け出したミデオンビットを早々に捉えると、坂上から更に加速して後続に4馬身差を付ける完勝で重賞勝利を飾った。タイムも31秒台とかなりの時計を記録。ミデオンビットに僅かハナ差届かなかったトッププロテクターが3着に入線。ブレイクタイムのワンサイドゲームという決着となった。

2001年 ゼンノエルシド

2001年09月09日 京成杯オータムハンデ 芝160...

2001年09月09日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=⑤ゼンノエルシド 牡4 53 (横山典弘) 1番人気
2着=⑦クリスザブレイヴ 牡7 57 (吉田豊) 2番人気
3着=③イーグルカフェ 牡4 57 (田中勝春) 3番人気

タイム=1:31.5(良)
レース上がり3ハロン=35.5
勝ち馬上がり3ハロン=34.5

馬連=470円
via google imghp

レース回顧

3番手追走のゼンノエルシドが、直線でも最速の脚を繰り出し2番人気クリスザブレイヴに4馬身差を付ける圧勝劇。何とタイムはマイルを1分31秒5の日本レコードで走破した。3着にはイーグルカフェが入線し、上位人気3頭による順当な決着に終わった。ゼンノエルシドはこの後のマイルチャンピオンシップを制する事となる。

2000年 シンボリインディ

2001年09月10日 京成杯オータムハンデ 芝160...

2001年09月10日 京成杯オータムハンデ 芝1600m 中山競馬場

1着=⑧シンボリインディ 牡5 57 (岡部幸雄) 1番人気
2着=⑩トロットスター 牡5 56 (的場均) 3番人気
3着=⑥ヴァイタルトラック 牝6 49 (村田一誠) 9番人気

タイム=1:34.5(良)
レース上がり3ハロン=36.3
勝ち馬上がり3ハロン=36.1

馬連=830円
via google imghp

レース回顧

エイシンキャメロンが作る緩いペースを少頭数の馬群が追走する展開。中団で待機していた1番人気シンボリインディが、直線外目を悠々と駆け上がり先に抜け出したトロットスターをクビ差かわして1着でゴールイン。3着には49kgと軽斤量に恵まれたブービー人気のヴァイタルトラックが入線した。

まとめ

以上、京成杯AHの過去18年分レースまとめ。

細かく言うと2014年末に行われた中山競馬場の大規模な改修工事で、馬場そのものの質が変わっている。それまでは先行勢に圧倒的有利で上がりもかかっていたのが、それ以降は32秒台も頻発する様な高速馬場になって追い込みも決まりやすくなっている点に注目だ。

後は、現在5年内で4回田辺騎手が馬券圏内に来ている所もチェックしておきたい。
74 件

関連する記事

セントライト記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

セントライト記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

菊花賞のみならず、天皇賞秋への臨戦過程としても使われるセントライト記念。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 497
新潟2歳ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

新潟2歳ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

長い直線で熾烈な争いが繰り広げられるフレッシュな重賞、新潟2歳ステークス。過去17年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 384
関屋記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

関屋記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

新潟のベストマイラー決定戦、関屋記念。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 447
函館2歳ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

函館2歳ステークスの過去結果動画と歴代勝ち馬

2歳世代の最初の重賞レース、函館2歳ステークス。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 338
エプソムカップの過去結果動画と歴代勝ち馬

エプソムカップの過去結果動画と歴代勝ち馬

幾多の上がり馬を輩出する登竜門的位置付けの重賞、エプソムカップ。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!
 509

関連するタグ

著者

マッケン王 マッケン王