2017年6月22日 更新

ヴェルテアシャフト(ヒルダズパッション2015)のPOG情報

ヴェルテアシャフトをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

2,848

馬体診断

ヴェルテアシャフト(ヒルダズパッション2015)

ヴェルテアシャフト(ヒルダズパッション2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ヒルダズパッション
母父:Canadian Frontier
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム
via google imghp
デビュー前から既に古馬並の風格を漂わせる1頭。首差しの部分などは2歳の馬とは思えない太さで、如何にも馬体を全体的に使いながら走るフットワークがイメージ出来る。馬産地でも評判はすこぶる良く、キャロットファーム1番馬の呼び声も。管理予定の池江調教師が何度も牧場に足を運んでいるのが良く分かる。馬体重は春の取材時点で501kg。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ヒルダズパッション Canadian Frontier Gone West Mr. Prospector
Secrettame
Borodislew Seattle Slew
Breath Taking
Executricker El Prado Sadler's Wells
Lady Capulet
Trick Trick Clever Trick
Full Virtue


兄弟馬

ジークカイザー

ジークカイザー

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ヒルダズパッション
母父:Canadian Frontier
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:7戦3勝 (3-1-0-3)
主な戦績:蓬莱峡特別など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

母は海外GⅠ馬だがファミリーに日本実績はない。兄は2連勝のあと戦線離脱したがその後、復帰してOPまでのぼりつめてきそうな勢いなので弟にも十分期待出来るのだが、血統背景としてはそれ以上の強調材料はない。

前評判

『一時期は馬体が冴えない時期もあったのですが、その時に少し楽をさせた分が成長に繋がって一回り大きくなりました。動き自体はスピード感があって瞬発力がありそうなフットワークですね。夏を越して更に良くなると思います』との事。距離的には中距離前後に適性があるだろう。

馬名の意味

世界制覇(ドイツ語)

世界一の馬になる事を願って命名。それだけの器だという意味だろう。キャロットファームの期待の高さが名前からも伺い知れる。

編集部の評価

兄もクラシック候補だった事を考えると馬名、馬体、環境申し分ないわけだが個人的には、馬体はタイプではない。走ってくるとはおもいますが、彼の結果次第で兄弟を指名で良いと判断ここは当たったとしても後悔しないと決めて見送る。(大川)
ネット上でも色々と騒がれるレベルで今シーズンの注目度No.1と言っても過言ではない馬。全兄ジークカイザーもデビューから連勝を飾ってクラシック候補に浮上した逸材だった。そういう意味では本馬も早くから動けて故障さえ無ければ主役級の活躍が出来る可能性は十分。動き出しの時期如何では指名しても良いかもしれない。検討中。(田中)
19 件

関連する記事

デルニエオールが白菊賞で2勝目目指す、暴君の妹が大暴れだ

デルニエオールが白菊賞で2勝目目指す、暴君の妹が大暴れだ

伝説の3冠馬オルフェーヴルの全妹デルニエオールが早くも2戦目の舞台へ。今度は牝馬限定戦の500万下戦、白菊賞で確実に賞金を加算する目論見だ。鞍上は兄弟の主戦池添謙一騎手から、若手ホープの松山騎手へバトンタッチとなる。
 2,947
ブレステイキングがデビュー、追い切りでJC出走馬と併せ馬

ブレステイキングがデビュー、追い切りでJC出走馬と併せ馬

堀厩舎の期待馬ブレステイキングが満を持して登場。レース前の最終追い切りでは同厩の先輩サトノクラウンに楽々併入するなど動きは既にオープンクラスだ。1頭強敵なライバルがいるが、ここを勝って早々にクラシック戦線へ乗りたい。
 1,480
レッドヴェイロンが折り返しの未勝利戦に登場、確勝級の1戦

レッドヴェイロンが折り返しの未勝利戦に登場、確勝級の1戦

前走の新馬戦でスーパーフェザーの2着に敗れたレッドヴェイロン。しかし、レースでは終始引っ掛かり気味の内容で不完全燃焼、仕切り直しの未勝利戦で早期勝ち上がりを目指す。鞍上は引き続き、名手武豊騎手。ここは負けられない。
 2,136
マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

マウレアが赤松賞で好メンバー相手にV、桜花賞候補へ名乗り

新馬戦に続き昇級初戦の赤松賞をマウレアが差し切り勝ち。直線馬群の狭い所を割って突き抜ける勝負根性を見せ、見事強敵達を蹴散らしての勝利で連勝を飾った。姉アユサンと姉妹制覇を目指すべく、春の仁川を目指して駒を進めて行く。
 340
ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

ワグネリアンが東スポ杯2歳Sを最速の脚で差し切り重賞制覇

圧倒的人気のワグネリアンが、道中後方から4コーナーで進出。直線外に出すと抜群の反応で先頭に立ち、坂を駆け上がってからはターフビジョンを確認しながら追う余裕の競馬だった。これでクラシック最有力候補が確定、次は弥生賞だ。
 6,605

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部