2017年12月4日 更新

ヴェルテアシャフトが新馬戦を快勝、キャロットFの1番馬

今期POGの中でも大注目のヴェルテアシャフト。全兄にジークカイザーがいる良血馬が新馬戦を圧勝し先ずは難なく1勝目をあげた。馬体、フットワークなどを見てもまだまだ伸びシロがありそうで今後のローテーションに注目が集まる。

4,778

楽々と後続を突き放す内容でV

2017年12月02日 2歳新馬 芝2000m 阪神競馬場

1着:ヴェルテアシャフト 牡2 (M.デムーロ)
2着:シャフトオブライト 牡2 (松田大作)
3着:メイショウスイジン 牡2 (川田将雅)

レースタイム:2:03.1(良)
レース上がり3ハロン:34.6
勝ち馬上がり3ハロン:34.6
外枠からすんなりとハナを切って主導権を握ったヴェルテアシャフト。前半1000m63秒台のスローペースで折り返すと、直線では後続をスッと引き離して最後は流す余裕を見せた。内容的に完勝という感じで、走りにも幼さが見える事からまだまだ伸びシロがありそうな逸材。池江調教師が惚れ込むのも納得だ。ひとまず1勝目をあげた事で今後の選択肢も増えて来るだろうが、陣営が選ぶのは一体どのレースか。

風格、馬体、走りのいずれもが◎

堂々たる姿が既に古馬並のヴェルテアシャフト

堂々たる姿が既に古馬並のヴェルテアシャフト

via google imghp
いよいよ池江泰寿厩舎の秘蔵っ子ヴェルテアシャフトが実戦デビュー。入厩前の牧場時代から評価は高かったが、トレセン内でもその声は変わらず。稽古で動かしても素質のある動きを見せ、普段の時でも落ち着いて悠々と闊歩する姿はまさに一級品のそれ。大成する馬が多い阪神第1週の芝2000m戦に出走させるのも、池江調教師の期待の大きさをすぐに汲み取る事が出来る。鞍上にデムーロ騎手を配して先ずはきっちりと1勝目をモノにしたい。

ヴェルテアシャフト

ヴェルテアシャフト(ヒルダズパッション2015)

ヴェルテアシャフト(ヒルダズパッション2015)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ヒルダズパッション
母父:Canadian Frontier
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
デビュー前から既に古馬並の風格を漂わせる1頭。首差しの部分などは2歳の馬とは思えない太さで、如何にも馬体を全体的に使いながら走るフットワークがイメージ出来る。馬産地でも評判はすこぶる良く、キャロットファーム1番馬の呼び声も。管理予定の池江調教師が何度も牧場に足を運んでいるのが良く分かる。馬体重は春の取材時点で501kg。

血統背景

ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ヒルダズパッション Canadian Frontier Gone West Mr. Prospector
Secrettame
Borodislew Seattle Slew
Breath Taking
Executricker El Prado Sadler's Wells
Lady Capulet
Trick Trick Clever Trick
Full Virtue


兄弟馬

ジークカイザー

ジークカイザー

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ヒルダズパッション
母父:Canadian Frontier
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:9戦3勝 (3-1-1-4)
主な戦績:蓬莱峡特別など
via google imghp

近親馬

特になし

血統評価:1.0pt

母は海外GⅠ馬だがファミリーに日本実績はない。兄は2連勝のあと戦線離脱したがその後、復帰してOPまでのぼりつめてきそうな勢いなので弟にも十分期待出来るのだが、血統背景としてはそれ以上の強調材料はない。

前評判

『一時期は馬体が冴えない時期もあったのですが、その時に少し楽をさせた分が成長に繋がって一回り大きくなりました。動き自体はスピード感があって瞬発力がありそうなフットワークですね。夏を越して更に良くなると思います』との事。距離的には中距離前後に適性があるだろう。

馬名の意味

世界制覇(ドイツ語)

世界一の馬になる事を願って命名。それだけの器だという意味だろう。キャロットファームの期待の高さが名前からも伺い知れる。
兄もクラシック候補だった事を考えると馬名、馬体、環境申し分ないわけだが個人的には、馬体はタイプではない。走ってくるとはおもいますが、彼の結果次第で兄弟を指名で良いと判断ここは当たったとしても後悔しないと決めて見送る。(大川)
23 件

関連する記事

エルディアマンテが未勝利に登場、ここは確実に勝ち上がりたい

エルディアマンテが未勝利に登場、ここは確実に勝ち上がりたい

新馬戦でレッドベルローズと激闘を演じたエルディアマンテ。3着以下には6馬身もの差をつけている事から能力は既にオープンクラスだろう。ローテ的にもこの1戦を取りこぼすとクラシックには間に合わないだけに是が非でも勝ちたい。
 1,436
エリスライトがフリージア賞に出走、ハイレベルな1戦で試金石

エリスライトがフリージア賞に出走、ハイレベルな1戦で試金石

新馬戦で圧勝の走りを見せたエリスライトが2戦目に混合戦のフリージア賞へ。ブレステイキングやギベオンなど、牡馬のクラシック有力候補相手に勝ち切れば一気に桜花賞の本命候補へ浮上する。鞍上はデビュー戦と同じく蛯名正義騎手。
 2,342
パンコミードが折り返しの未勝利を楽に逃げ切りV、素質高い

パンコミードが折り返しの未勝利を楽に逃げ切りV、素質高い

ラブリーデイの全弟パンコミードが好素材をアピール。スタートからすんなりハナを奪うと、マークして来たレッドヴェイロンの追走を楽々と振り切って鮮やかな逃げ切り勝ち。3着以下をちぎっている事からも、同馬の将来性は確かだ。
 664
アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

アロハリリーが中1週で未勝利戦に出走、勝ってクラシックへ

新馬戦で惜しい2着敗退を喫したアロハリリー。クラシックに間に合わせる為には強行軍だが中1週での未勝利戦でどうしても勝つ必要がある。今後の事を考えても楽な競馬内容での勝ち上がりが理想だろう。鞍上は北村友一に乗り替わり。
 1,026
リンフォルツァンドが京都芝2000mの新馬戦でデビュー

リンフォルツァンドが京都芝2000mの新馬戦でデビュー

角居厩舎からまたしても大物候補が初陣に臨む。ローズステークスを制したタッチングスピーチの全妹リンフォルツァンドが満を持して登場だ。血統的に遅咲きの一族だけに春のクラシックに間に合うかはこの初戦次第。鞍上は浜中俊騎手。
 782

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部