2018年1月19日 更新

超良血ロンドンシーズンが新馬戦でデビュー、近親に菊花賞馬

グレーターロンドン、ダイワエルシエーロの下でロードカナロア産駒のロンドンシーズンが遂に初戦を迎える。年明けから実に3回も抽選ではじかれ予定していたよりもデビューが遅れたが、目標であるマイルGⅠにはまだ間に合う算段だ。

316

遅れに遅れたデビュー戦

昨年末にゲート試験をパスしていたロンドンシーズン

昨年末にゲート試験をパスしていたロンドンシーズン

via google imghp
陣営としても年末のタイミングで初戦を飾りたかったのだろうが、諸々あって年明けにスライド。しかし、そこから3度の除外に遭ってしまい結局1月3週目にまでズレ込んでしまった様だ。万が一にもここで敗れてしまうとローテーション的に桜花賞への出走の芽は絶たれる。それでもその後のNHKマイルカップがあるだけにまだ余裕はあるものの、出来ればすんなりとデビュー戦を勝ち上がっておきたいところ。レースは日曜中山6Rのマイル戦、鞍上は岩田康誠騎手。

ロンドンシーズン

ロンドンシーズン(ロンドンブリッジ2015)

ロンドンシーズン(ロンドンブリッジ2015)

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:ロンドンブリッジ
母父:ドクターデヴィアス
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:下河辺牧場
馬主:下河辺隆行
via google imghp
撮影した時期にもよるだろうが、幼少期の頃は比較的モッサリしたタイプが多いロンドンブリッジ産駒。母とは対照的に古馬になって活躍する傾向もあり、この段階では何とも判断だ難しい。ただ、ロンドンブリッジとロードカナロアの産駒がスピード感の乏しい競走馬となるイメージは無く、どう考えてもマイル前後で先行力を発揮して活躍するタイプだろう。

血統背景

ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
ロンドンブリッジ ドクターデヴィアス Ahonoora Lorenzaccio
Helen Nichols
Rose of Jericho Alleged
Rose Red
オールフォーロンドン Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Full Card Damascus
Belle of the Ball


兄弟馬

ダイワエルシエーロ

ダイワエルシエーロ

牝馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ロンドンブリッジ
母父:ドクターデヴィアス
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:下河辺牧場
馬主:大城敬三

通算成績:13戦5勝(5-1-1-6)
主な戦績:オークス、マーメイドステークス、京阪杯、クイーンカップなど
via google imghp
ビッグプラネット

ビッグプラネット

牡馬

父馬:ブライアンズタイム
母馬:ロンドンブリッジ
母父:ドクターデヴィアス
所属:南井克巳厩舎(栗東)
生産:下河辺牧場
馬主:田中八郎

通算成績:13戦3勝(3-0-0-10)
主な戦績:アーリントンカップ、京都金杯など
via google imghp
グレーターロンドン

グレーターロンドン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ロンドンブリッジ
母父:ドクターデヴィアス
所属:大竹正博厩舎(美浦)
生産:下河辺牧場
馬主:窪田康志

通算成績:11戦6勝(6-1-2-2)
主な戦績:東風ステークスなど
via google imghp

近親馬

キセキ

キセキ

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:ブリッツフィナーレ
母父:ディープインパクト
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:下河辺牧場
馬主:石川達絵

通算成績:9戦4勝(4-1-2-2)
主な戦績:菊花賞など
via google imghp

血統評価:3.3pt

母ロンドンブリッジはG1馬と複数の重賞クラスを出しいる名牝だが体質的に順調さにかける産駒が多いのも特徴である。今回は、成功馬とはかわって非SS系の種牡馬という点がどうでるかだろう。

前評判

父のロードカナロアを管理した安田隆行調教師曰く、『いつも従順で大人しい馬ですね。既に結果を出しているロードカナロア産駒と似ている部分があります。性格的にも母の産駒傾向を見ても、距離適性は思っているよりもあると思います』との事。素直さが武器になれば良いが、闘争心という面ではいざ本番で走ってみないと分からない。

馬名の意味

ロンドンで最も良い季節

母名より連想、縁起の良い所を取って馬の活躍を願うネーミングだろう。ただ、ロンドンブリッジ産駒で自社牧場が馬主となって活躍しているケースは皆無。ここが指名の悩みどころだ。
21 件

関連する記事

グレーターロンドンの下、ブリッジオーヴァーがデビュー

グレーターロンドンの下、ブリッジオーヴァーがデビュー

日曜阪神1Rでロンドンブリッジ産駒ブリッジオーヴァーが待望の初戦を迎える。上にはオークス馬ダイワエルシエーロや今年の安田記念で4着に入ったグレーターロンドンなどがいる超良血馬だ。父にエンパイアメーカー、安田隆行厩舎所属。
 555
アーモンドアイがシンザン記念を圧勝、驚異の末脚で重賞V

アーモンドアイがシンザン記念を圧勝、驚異の末脚で重賞V

未勝利戦を快勝して臨んだアーモンドアイが、初重賞のシンザン記念で強豪牡馬相手に圧巻の追い込みを見せ完勝。出遅れから最後方追走と致命的なロスを重ねながら差し切った競馬は、前走に続き競馬ファンを唸らせる内容だったろう。
 2,816
アンフィトリテがさざんか賞で差し切り勝ち、無敗の2連勝

アンフィトリテがさざんか賞で差し切り勝ち、無敗の2連勝

新馬戦を快勝してさざんか賞に臨んだアンフィトリテが、最後の直線で猛烈な追い込みを見せゴール前で抜け出し2連勝。単勝1.8倍の支持に応え陣営の期待に応える勝利でクラシック戦線に弾みを持たせた。残す課題は距離延長か。
 188
ステルヴィオが朝日杯FSで追い込み2着、距離延長で新味か

ステルヴィオが朝日杯FSで追い込み2着、距離延長で新味か

ステルヴィオが朝日杯フューチュリティステークスで後方待機から外目をグングン加速し、タワーオブロンドンなどの2着争いを制して2着確保。ロードカナロア産駒だが距離が延びて良さそうな1頭で、来年のクラシック戦線も期待大。
 1,312
ハウナニが折り返しの未勝利戦を差し切りV、芝で勝ち上がり

ハウナニが折り返しの未勝利戦を差し切りV、芝で勝ち上がり

ユキチャン一族のハウナニがダートの新馬戦3着後、2戦目の未勝利戦で見事勝利。血統からも芝でこその1頭で、実際にその走りに磨きがかかって鮮やかな差し切りを見せた。一族から初めて芝路線に歩む産駒として今後の走りに注目だ。
 708

関連するタグ

著者

競馬ニュース.tv 編集部 競馬ニュース.tv 編集部